トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

ラフォンを楽しんでいただけたでしょうか?

2016.12.25

スタッフ長尾です。

 

本日で終了となりました。楽しんで頂けましたでしょうか?
メガネって、こんなに楽しいんだぁ って思って頂けたら幸いです。
ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

 

********************************************************
空き時間にせっせと(針で指を傷つけばがら)励んだ工作。

やっと完成しました。

サービス用のメガネケースを入れるための箱です。

結構楽しい作業でしたが、
室内楽々メガネの度数(特に手元用)が
ゆるくなってきたことに気付いたあき箱リメイクでした。

人気のモデルです

2016.12.24

スタッフ今堀です。

 

今日はクリスマスイヴということで、
夜はクリスマスケーキを食べるという方も多いのではないでしょうか?
どうぞ楽しいイブをお過ごし下さい。

 

さて、月曜日から始まったラフォンのイベントも、
いよいよ残すところ今日を入れて2日となりました。
せっかくたくさんのフレームがあるので、
紹介できるだけ紹介させてもらおうと思います。

 

本日ご紹介するのはこちらのモデルです。


GLACE (グラス)

 

実はこちらのモデル、
当店でラフォンを取り扱うことになる前に発売されたモデルです。

 

ただ、日本ではかなり人気があったようで、
発売当時とは異なるカラーでリニューアルされています。

ラフォンにしては(?)ちょっと落ち着いたカラーも多く、
初めてラフォンを掛ける方やちょっとイメージを変えてみたい
という方にもオススメです。
個人的にはこのカーキが気に入っていますが、
こちらはメーカーさんよりお借りしているフレームなので、
イベントが終了したら返却となります。

こちらもメーカーさんよりお借りしているフレームです。
濃いめのカラーレンズを入れてサングラスにしてあります。
他にもブラウン系やワイン系のカラーレンズにすることもできます。

 

イベント終了とともにお店から去っていくフレームもたくさんあるので、
早めのチェックがおすすめです。
ご来店お待ちしております。

ラフォンのプラスチックフレーム

2016.12.23

スタッフ長尾です。

 

今日はラフォンのプラスチックフレームについて
ちょっことお話させて頂きます。

通常プラスチックのメガネフレームを作る時は、
フレームの生地メーカーが作ったサンプル生地の中から作るのですが
ラフォンはサンプルに頼らず自ら生地をデザインしています。

 

だから、他では目にすることない鮮やかでカラフル。

植物の細胞のようなデザインなど、ユニークなフレーム達に

目が釘付けになっちゃいます。

 

それから、よ~く注意して見ないと見逃してしまうのが
段落ちカッティングと呼ばれる技法です。
こちら は表面の生地を削ることで

白×黒のダブルカラーの配色が生まれています。

 

きれいな曲線のカッティングがそのまま

フレームのアクセントにもなっています。

 

プリント生地を挟み込んだこんな可愛らしフレームありますよ。

隠れた所にある工夫、美しさの秘密。
是非、確かめてみてくださいね。
ご来店をお待ちしています。

女王

2016.12.22

スタッフ長尾です。

 


見て掛けて、たくさん楽しんでくださいね。

 

そのたくさんあるフレームの中から今日はこちらをご紹介いたします。

REGINA (レジーナ) 49サイズ

 

あれっ?カラフルで遊び心にあふれたデザインのラフォン にしては

地味ではないか?と思った方いらっしゃいませんか?

 

正面から見ればそうですが、
一たびテンプル(ウデ) を開けば、エッチング加工された

幾何学模様が鮮やかな色で目に飛び込んできます。
見る人の角度によってびっくりさせたりうならせたり。
ラフォンの本領発揮です

 

70年代のクラシックスカーフをイメージした幾何学模様も

じっくりとご覧くださいませ

 

ちなみに、REGINA (レジーナ) というのは
女性の名前であり、トランプのクイーンの事でもあるそうです。

 

情熱的な赤の女王様もいらっしゃいます。

ラフォンを楽しむ一週間

25日(日曜日)まで開催しています。

ラフォンのエッチング加工

2016.12.21

スタッフ今堀です。

 

只今当店ではラフォンを楽しむ一週間を開催中です。

ということで、本日もラフォンの魅力について語らせていただきます。

 

ラフォンのコレクションには、
上の画像のようなレース模様や幾何学模様が施された
フレームがたくさんあります。

こうしたデザインに魅せられてラフォンのフレームを購入される
そんな女性のお客様も多いです。

 

かくいう僕自身も、
初めてラフォンのコレクションをじっくり見せてもらった時に、
一番心が引かれたのが美しいレース模様でした。

ラフォンでよく使用されるレース模様は、
「エッチング」と呼ばれるヨーロッパで昔から使われている
古典的な装飾技術を眼鏡に応用したものだそうです。
最近では数多くの眼鏡メーカーがこの技術を使用しています。

 

ラフォンの資料には、このエッチングの作業工程も載ってあるので、
ちょっとご紹介したいと思います。

①ステンレスシートに玉型を印刷します。
②マスキングシートに腐食されたくない部分(レース模様のデザイン)を印刷。
③マスキングシートをステンレスシートに貼り付けます。
④酸の混入した液体にシートを浸します。
⑤腐食時間によって線の太細を調整します。
⑥腐食を免れた部分だけが残ります。
⑦必要なパーツだけが残ります。
⑧ロー付けやカラーリングの工程に入ります。

 

1990年代後半には、当時のデザイナーであったロランス・ラフォンが
エッチングの技法を取り入れてフレームをデザインしていたそうです。
ただ、当時はステンレスのロー付けはメッキやカラーはがれが多く、
なかなか大変な作業だったようです。
ここ数年、デジタルプログラムのエッチング技術が定着し、
ステンレスのロー付け加工が改良されたことによって、
より複雑なデザインをフレームに施せるようになってきました。

ラフォン_レース模様③

現在店頭にはたくさんのラフォンのフレームが並んでおりますが、
その中にはエッチングを用いたフレームもたくさんあります。
ぜひ、実際にご覧いただけたらと思っております。

 

ご来店お待ちしております。

楽しいメガネがいっぱいです

2016.12.20

スタッフ今堀です。

 

只今当店では、ラフォンを楽しむ一週間を開催中です。

店頭はラフォン一色に染まっております。

 

さて、そんなラフォンのフレームですが、
実は当店の取扱い商品の中ではちょっと特殊なブランドでもあります。

当店の経営理念といいますか、メガネ作りの基本的な考え方は、
「快適に見えて素敵に見られる、そんなメガネをお客様にお作りする」です。

 

特にメガネをお使いいただくお客様が、
そのメガネを使うことで快適に見えるということを大切にしています。
そのためには、適切な度数やレンズ選択が大事になるわけですが、
それとともにフレーム選びもとても重要になります。

 

正確に度数を測定して合わせたレンズが入っていても、
フィッティングが悪くてすぐにずれ落ちてしまうフレームや、
長時間掛けているとこめかみや鼻が痛くなるフレームだと、
フレームの事が気になって快適に見ることができません。

 

「快適に見える」ためには、快適に掛け続けられるフレームが必要です。

 

そうすると、
やはり日本人の骨格構造やフィッティングのことをよくわかっている
国内のメーカーが製造した日本製のフレームが良いということになります。
実際、当店のフレームは国内メーカーの商品が中心になっています。
オーストリアのブランドとしてシルエットがありますが、
こちらも機能性や掛け心地の良さを重視したブランドです。

 

ただ、機能性を重視したフレームばかりをお店に並べていると、
似たようなデザインのフレームがたくさん店頭に並ぶことになります。
そうすると、なんだかあまり楽しくないし、ワクワクしないんです・・・


でも、ラフォンは違います。
普段は見飽きるほどいろんなメガネを見ているのですが、
展示会でラフォンのブースに行くとすごく楽しい!


ブースの前にも常に人が集まっていて、
ディスプレイやフレームに見入っていたり、写真を撮ったりしています。
今年はどんな新モデルが出たんだろうとワクワクします。
「メガネって楽しいな」と心から思えるブランドです。

 

機能性、掛け心地、調整のしやすさ・・・・
それはもちろん大事ではあるのですが、
そればかりをフレームに求めてしまうと、
いろんなデザインのメガネを掛ける楽しさやワクワク感
そういったものが失われていきます。

 

もちろん、楽しさやワクワク感ばかり追い求めて、
機能性や掛け心地を無視したフレームばっかりになっても駄目なのですが、
普段店頭でお客様に販売する僕たち自身が、
メガネを掛ける楽しさも忘れないように、
そして、お客様にもメガネを掛ける楽しさを知ってもらえるように、
そんな思いで置いているのがラフォンというブランドなのです。

今回のイベントでは一人でも多くの方にラフォンというブランドを知ってもらい、
いろんなフレームを実際に掛けてみてもらって、
メガネを掛けることは決してネガティブなことじゃなくて、
実はとっても楽しいことなんだなと感じてもらえたらと思っています。

 

今週末までですが、たくさんのフレームが並んでおりますので、
ぜひ気軽に見に来ていただけたらと思っております。

デザイナーさんが素敵なディスプレイを作ってくれました

2016.12.19

スタッフ長尾です。

 

ラフォンを楽しむ一週間 始まりました。

 

中でもやっぱりレジャンドゥが人気です。

絵画を見に行くよう様な感じで、お気軽にお越しくださいね。

 

さて、おはなしが変わります。
先日ミュウゲのフレームが届きました。
フレームと一緒にこのようなものが入っていました。

(フレームの紹介は後日あらためまして)

これ、フレームをディスプレイするための道具なんです。

 

10月に行われた展示会でのこと。
ミュウゲのデザイナーである細川さんとお話する中で、

「こういうのがあったらいいなと思うディスプレイってあります?」

という話になりました。

 

それで、私、
せっかくミュウゲのフレームはテンプル(腕)が美しいので、

そのテンプルをうまく見せて展示できるようなディスプレイが欲しい!

そんなリクエストをしてみました。
こんな感じで、ここがまっすぐでフレームを立てて置けるなにかいいもの・・・

こちらの的を射ない、グダグダの内容に
「こんな感じでしょうかね?」と、
ささぁ~とイラスト風(?)に描いてくださったのですが、
それが実物となって届いたのです。

 

ビックリ!!うれしいぃ!!!
細川さん、ボストンクラブの皆さまありがとうございました。

 

早速ミュウゲコーナーで置いてみました。

シンプルだけどおしゃれ、上品だけどかわいい。
大人の女性に人気のアイウェア(メガネフレーム) ミュウゲです。


きれいなテンプル(ウデ)がきれいな姿で見ることが出来ます

 

只今、ラフォンを楽しむ一週間を開催中ですが、

ミュウゲのコーナーもいっしょに楽しんでくださいね。
ご来店をお待ちしています

間引きはつらい・・・

2016.12.18

スタッフ長尾です。

 

いよいよ明日から、

が始まります。

 

カラフルなフレームや個性的なデザインのフレームがたくさん揃いました。

見ているだけでも楽しいですよ。

美術館に絵画を見に行くような感じで、気軽にお越しください。

 

さて、冬らしい寒い日が続いて外に出て行くのに勇気が要りますが
日向に置いた植木鉢は意外とぬくぬくしています。

さわった手のひらがじわ~と暖かくなります
寒空にもかかわらず芽がたくさん出たのは
太陽と素焼きの植木鉢のお陰かもしれません。

 

その芽も大きくなってきて、鉢の中がかなり窮屈そうになって来ました。
いつも間引きが出来ず、暴れ放題で手が付けられなくなるので
今日は心を鬼にして間引きを開始!!
引き抜けないのでハサミでチョッキン

 

なんとかここまで、すっきりさせました。

クロッカスの芽も5、6個出てきました。
チューリップと百合の芽は何時になるのかなぁ・・・・
鉢の中で腐ってなきゃいいのですが。

ラフォンを楽しみましょう

2016.12.17

スタッフ長尾です。

 

来週月曜日から始まる

ケースの中でおめかししてフレーム達がやって来ましたよ。

カラフルで

おっしゃれ~なフレーム達です。

こんな可愛らしいプリント模様のフレームの有りますよ

蓮の花がモチーフだそうです。
(咲かけのチューリップの蕾みたいだなと私は思っています)

 

19日(月)から始まります。みんなでlafont. を楽しみましょう。
ご来店心よりお待ちしていま~す

室内用メガネならお出かけも出来ますよ

2016.12.16

スタッフ長尾です。

 

昨日の定休日に店内の照明をLEDライトに交換しました。

照明の色合いはそのままなので雰囲気は今まで通りで変わっていません。
でも明るさは以前より1~2割増し。
出来上がりのメガネの見え方を確認していただくのに要注意。
気を付けなければ (明るすぎるのも問題なのです。)

 

さて、メガネのイマホリで絶賛おすすめのメガネレンズ
そんなに世にあまり知られていないのがもどかしい、
室内用(中近両用)レンズ
手元が見にくくなる世代に、とっても便利なメガネなんですよ。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

お買い物で値段を見たり賞味期限の確認しつつ、お店の中も歩けちゃう。
手元の資料を見ながらの会議だって楽々。みんなの顔もしっかり見えますよ。
遠近両用メガネより断然手元が見やすいんです。
今までメガネを使ったことのないかたでも、
比較的慣れやすいのもオススメのポイントなのです。
こつこつ(?)とおすすめし続け、愛用者が増えつつあります。

 

まずはお仕事用にとおすすめして使い始めていただいたお客様。
手元を見ながらパソコン画面も見やすいし、離れた人の顔も見える。
これなら日常の活動に不便さは感じない。
という事でお仕事用とは別に
お出かけにも使える室内用レンズを作っていただきました。
メガネの掛け替えをしなくていいのは、とても楽なんですよね

 

せっかく新しいメガネを作っていただくので
今までとは違うテイストでイメージチェンジ。
気持ちもワクワクしてきちゃうメガネ出来ました。

フレームは入荷したばかりのAKITTO の nuf

ちなみにカラーはライトブラウン。

 

テンプル(ウデ)はほんのりピンクです。

「これなら本の立ち読みもできるわ
これはさすがに大きな声でおすすめ出来ませんが
確かに、ささっ~と拾い読み出来ちゃいますね。

 

こんな風に便利な 室内用レンズ。
室内に限らず外出にも使える便利なレンズです。
是非トライしてみてくださいね。
テストレンズを用意してお待ちしています。

 

*注 室内用レンズでは車の運転は出来ません!