トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

パーソナルカラー診断会開催しました

2019.12.22

 

スタッフ長尾です。

昨日午後3時からパーソナルカラー診断会(実践編)を開催しました。

参加いただいたのは3名の方々。

 

まずはパーソナルカラーとは何か。

「色」とは何かについて

 

カラーチャートやサンプルのほかに実際の服や手袋などの小物

お店にあるセリート(メガネ拭きの布)や某伊〇丹のペーパーバッグなど

身近にあるもので説明させていただきました。

 

パーソナルカラーの診断方法(分類法)は

似合う色の特徴を四季イメージで表す「フォーシーズン分類法」です。

似合うカラーをイエローベース、ブルーベースに分け

それぞれさらに春・秋、夏・冬のに分けます。

それぞれの季節が持つイメージでグループ分けしているので

初めて耳にする人にもわかりやすい分類法だと思います。

(*ここで言うイエローベース、ブルーベースは

似合うカラーのベースカラーであって、

肌の色のベースを分けるものではありませんのでご注意ください。)

 

 

カラーのお話のあとはカラー診断をしていきます。

が、その前に好きな色の傾向などを見るために各色選んでいただきました。

心理テストでも何でないので、ゆる~く軽く選んでいただきます。

この時に好きな色=似あうシーズンカラーという人もあれば、真逆という方もあります。

好きな色が似合う色とは限らないということもパーソナルカラーのおもしろいところでもあります。

 

この次に鏡の前に座っていただき診断です。

 

 

一対一の診断も良いですがこうやって複数でカラー診断を行うことで

同じ赤い色、青い色が人により生き生きと見えたり、

顔色が悪くなり元気がないように見えたりするのが客観的に分かり

診断されるのも診断を見ているのも楽しいものです。

 

 

今回は三人のお客様と私で4人。

パーソナルカラーが春夏秋冬と見事に別れました。

似合う色のグループ、苦手な色のグループそれぞれが分かったところで

フリートークタイム(笑)です。

 

あの服を着た時はなぜか「元気ないね」とか「具合でも悪い?」と言われる理由はこれね!

花色合わせにブールーベース、イエローベースを意識するとまとまりやすい

壁の色次第では部屋だって広く見せられる。

なんて話にまで及びました。

 

「面白かったわ」というお言葉をいただき

パーソナルカラー診断会(実用編)終了しました。

参加いただいた皆様ありがとうございました。

本日は午後3時よりパーソナルカラー診断(実践編)を開催します

2019.12.21

本日は午後3時よりパーソナルカラー診断(実践編)を開催します。

 

イベントのスペース確保のため、午後から店内の一部商品を片付けさせていただきます。

 

また、午後3時~5時の間は、スタッフがカラー診断に来られたお客様の対応をさせていただくため、スタッフ一人体制となります。

 

イベント中も通常通り営業しておりますが、お買い上げいただいたメガネのお渡し、フレームの調整、補聴器の調整に来られたお客様の対応などがあった場合、十分な対応ができない場合もございます。

 

あらかじめご了承下さい。

 

 

パーソナルカラー診断にご予約いただいたお客様、ご来店お待ちしております!

トマトグラッシーズのジュニアシリーズ入荷しております

2019.12.20

スタッフ今堀です。

 

最近、子ども用メガネ(ジュニアサイズ)のお客様が増えております。

 

 

以前は3~5歳くらいの就学前のお客様が多かったのですが、そのお客様が小学校に入学され、少し大きめサイズのメガネに買い替えていただくことが多くなりました。

 

当店では、小さいお子様がメガネを作られる場合には、トマトグラッシーズというメガネフレームをおすすめさせていただいております。

 

 

最近ではインターネット等で子ども用のメガネを調べて来られるお客様が増え、こちらが紹介する前からトマトグラッシーズを希望されることが多くなってきました。

 

乳児用のベビー、8歳位までのお子さま向けのキッズ、8歳以上のお子さま向けのジュニアの3タイプがあり、当店で一番売れているのがキッズだったのですが、最近、ジュニアがよく売れるようになってきました。

(8歳というのはあくまでも目安です。顔のサイズや目幅は個人差があります。)

 

 

今月も2名のお客様にジュニアをご購入いただきました。

今後はますます売れていきそうな感じがしているので、ちょっと在庫を増やしました。

 

 

今年、キッズフレームコーナーの隣に新たに作ったジュニアフレームコーナーに並べております。

スペースの都合で全部出せておりませんが、いろんなサイズをお試しできるようにさせていただいております。

 

サイズも確認させていただきますので、「うちの子はキッズが良いの?ジュニアの方が良いの?」なんてことがありましたら、気軽にスタッフにお尋ね下さい。

(先ほどもお話ししましたが、年齢だけで自己判断せず、ご購入の際は、眼鏡屋さんのスタッフさんに確認してもらって下さいね。)

 

気になるカラーがありましたら取り寄せも可能です。

気軽にスタッフにお申し付け下さい。

 

 

薄めのカラーレンズを入れて冬用の遮光メガネを作るお客様が増えています

2019.12.18

スタッフ今堀です。

 

12月ももう半分が終わり、今年も残りわずかとなってきましたが、意外にも最近ご年配のお客様からサングラスのお問い合わせが増えております。

 

真夏のように日差しがガンガン照りつけるわけではないので、人目も気にされて薄めのカラーを希望されるお客様が多いのですが、サングラスは遮光が目的なので、そもそもある程度の濃さのカラーレンズが入っております。

 

既製品として販売されているサングラスの中から、薄めのカラーで、しかも好みの色を見つけるというのは、実はかなり難しいものです。

 

そこで、よくご提案させていただくのが、サングラスとして売られているものを購入するのではなく、カラーレンズが入ったメガネを作っていただくことです。

 

 

たとえば最近では、短波長の光を効果的にカットすることで、薄めの色でありながら眩しさを抑えられる機能カラーレンズなども発売されています。

 

白内障の手術をされて、遠くを見るのに度は必要なくなったけれど、眩しさが気になる・・・

そういう方は非常に多いです。

 

そういう方の場合には、手術によって度が合わなくなったメガネの枠を使って、機能カラーレンズを入れていただくことをご提案させていただくのですが、これが結構好評です。

 

 

機能よりも“色”重視の方(特に女性に多い)であれば、通常のカラーレンズをおすすめしております。

カラーのバリエーションが豊富で、色の濃さも選べます。

 

 

長い間使用していて愛着もあるメガネフレームを使って、薄めの色が入った遮光メガネを作る。

そういう方も多いです。

 

厳密には遮光というほどの濃さではないので、微遮光(?)なのかもしれませんが、それでも結構効果を感じていただけます。

 

値段が安いサングラスもたくさん売られているので、カラーレンズを買うのはもったいないと感じられるかもしれませんが、最近の眼鏡レンズは、汚れがふき取りやすいコーティングや、ほこりや花粉が付きにくいコーティングなども付けられるので、長い目で見ればお得なのではないかなと思います。

 

自分の好きな色や濃さが選べるというのも大きなポイントですよね。

 

 

カラーの見本もございますので、気軽にご相談下さい。

パーソナルカラー診断(実践編)こんな内容を予定しています

2019.12.17

 

スタッフ長尾です。

今週末開催の「パーソナルカラー診断」

診断方法(分類法)は似合う色の特徴を四季イメージで表す

「フォーシーズン分類法」です。

全ての人がこの4つのグループにピッタリあてはまる訳ではありませんが

フォーシーズンという色の地図のどのあたりにいるのか目安になり

初めて耳にする人にもわかりやすい分類法だと思います。

 

でも、似合う色のグループが分かっても

色を見分けるのが結構難しいんですよね。

 

 

カラーチャートや分かりやすいサンプルの布等色々ありますが

 

 

サンプル通りに世の中のものは作られていませんよね。

 

なので今回は身の回りのあるものを色々使って

お話しさせていただこうと考えております。

 

小難しいものではありませんので、

パーソナルカラーに興味のある方、面白そうと思われた方ぜひご参加くださいね。

 

イベントの内容は下記の通りとなっております。

 

日時 12月21日(土) 15時から (②時間程度の予定)

参加費 2,000円(税込)

※当店で眼鏡をご購入いただいているお客様は無料

定員 先着4名要予約

077-537-1789 担当長尾まで

お電話お待ちしています。

お客様メガネのご紹介。見た目も若く見えて、レンズも軽くなるフレームで

2019.12.16

スタッフ今堀です。

 

今日は久しぶりにお客様のメガネのご紹介です。

 

先月から新規のお客様が急に増えているのですが、今日ご紹介するお客様も新規のお客様です。

隣の草津市からお越しいただきました。

 

現在お使いのメガネが掛けているとすぐに下がってくるので、新しいメガネを作りたいということでした。

 

 

フレームはBCPC (ベセペセ)のBP-3251になりました。

こちらに遠近両用レンズを入れてお作りいただきました。

 

現在お使いのメガネを見させていただくと、結構強い遠視の度数のレンズが入っており、欧州製の細身のフチなしフレームでした。

 

遠視の度数が強い方の場合、近視と違ってレンズの中心部分が厚くなり、レンズ自体も重たくなります。

レンズを薄くする方法もあるのですが、フチなしフレームの場合には穴を空けるためにあえて厚みを出さなければならなくなります。

鼻パッドの金属部分もほとんど調整ができないタイプのフレームでした。

 

 

今回もできるだけ目立たない方が良いということで、フチなしのフレームを希望されておられたのですが、フチがあるタイプのフレームにしていただくことで、レンズを薄く軽くできることを説明させていただきました。

 

 

テンプル(ウデ)の先端はミュールのつま先のようなユニークなデザイン。

メガネに興味のない方にすれば、一見無駄なことに思えるかもしれませんが、先端部分を少し重くすることで、レンズが入って重たくなる前側とのバランスを取るのに役立ちます。

 

レンズが重たくなってしまう方の場合、こうしたちょっとしたことが、かけ心地を左右したりすることもあるので、フレーム選びは大事です。

 

※こちらは同じフレームの別色です

 

最初はフチのあるフレームに対して抵抗感をもたれていましたが、いろんなフレームを試していただいている内にそれも薄れていきました。

 

フレームが目立つことを気にされて、肌なじみの良いカラーを選ばれるという方も多いのですが、ご自身のお顔にちゃんと似合う色のフレームを掛ければ、お顔を引き立ててくれます。

 

最終的には、「結構良いかもしれない」と言っていただくことができました。

わざわざお越しいただいた甲斐があって良かったです。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

「自分はメガネは似合わない」

「目立たないフレームの方が良い、だからフチなしフレーム」

 

そんな風に思い込んでおられる女性のお客様は実はかなり多いです。

 

でも、ちょっと濃いめの色のフチがあるフレームの方が、お顔を引き締めて若々しく見せることができる場合もあります。

 

実際に購入するかどうかは別として、ご来店の際は、今まで掛けたことのないデザインやカラーのメガネもぜひ色々お試しになってみて下さい。

 

お客様のメガネの紹介 室内用レンズとテイラーウィズリスペクト

2019.12.15

 

スタッフ長尾です。

まずはお知らせから。

今週末21日(土)午後3時からパーソナルカラー診断を開催いたします。

少人数でわいわい賑やかで、楽しいもの(ゆるめの感じ)にしたいと考えています。

色の見方や分け方なども説明出来たらなと思っています。

 

スペースと時間の都合上予約をお願いしておりますが、お席まだ余裕がございます。

お電話または当店ホームページの「問い合わせフォーム」より予約をお願い致します。

興味のある方、お時間のある方はぜひご参加ください。

スタッフ長尾が担当させていただきます。

 

 

それでは改めまして、

お客様のメガネの紹介です。

 

今回お作りしたメガネは室内用メガネ、中近両用メガネです。

文字通り室内で使うのにとても便利で見やすいメガネです。(車の運転はできません)

 

最近お家でのんびりゴロゴロしたい時に、

どうもメガネが使いにくいことに気が付いたとのこと。

 

遠近ではテレビは見えるがスマホの画面などの近くが見にくい。

デスクワーク用メガネでスマホ画面は見えるけどは少し離れたところがぼやける。

いちいちメガネを掛け替えるのも面倒、なんとかならないかと思われた時。

 

「次は室内用メガネがいいですよ。

見え方がとても自然で近くが見えやすいのでおすすめです。」

というスタッフ長尾の言葉を思い出していただきご来店いただきました。

 

視力の測定は前回を参考に早速テストレンズでお試し。

 

お次はフレームです。

実はお客様、事前にホームページでフレームの候補を選んできてくださいました。

TAYLOR WITH RESPECT  fuse サイズ: 50□20-144

 

フレームカラーがとても綺麗で素敵!と思われたそうです。

実際に掛けたいただくと、とてもお似合いなのですが

カーキとワインのカラーがどうも賑やかすぎる。

落ち着かない雰囲気になるので別カラーでお試しいただきました。

 

これはクリアカラーなのですが、このクリアちょっと特殊なクリアです。

 

ほんのりピンク色で、乳白色のようなごくごく薄い濁あります。

シンプルなカラーですが、こちらのほうがお顔立ちもスッキリ。

より自然に掛けこなしていただけます。

普段のお洋服などを考慮してこちらのカラーに決定いたしました。

 

 

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)は

男性よりのデザインで、女性には鼻幅が広めになるためズレやすくなります。

そこで鼻幅を狭め鼻パッドも交換して、

きちんとした場所で掛けられてズレにくいように調整しました。

これでゆったりとした休日を過ごしていただけると思います。

ごろごろと何もしない休日の午後、至福の時ですね(*´▽`*)

 

出来上がりまでもう少しおまちくださいね。

お買い上げありがとうございました。

 


室内用メガネは私自身も使っていますが見え方がとても自然で、

掃除洗濯料理に簡単な裁縫(ボタン付程度の作業)もできます。

テレビは見えるし、スマホやタブレットの画面もきちんと見えます。

買い物も行けちゃいますから(歩きが基本)日常生活はほぼ問題なしです。

階段の上り下りもへちゃら、難なくこなしています

ミーティング等で資料見てホワイトボードを見て。なんてことも自然にできます。

 

遠近両用メガネよりも慣れやすいので

遠近両用メガネを敬遠される女性の方にお勧めです。

テストレンズでお試しもできます。お気軽にお声掛けください。

40歳になったら知っておきたい目とメガネのこと

2019.12.14

スタッフ今堀です。

 

最近、こんな冊子を店頭に置いております。

 

40歳になったら知っておきたい目とメガネのこと

 

こちらの冊子は、東海光学株式会社というレンズメーカーが作っているものです。

(今日も午前中に2名のお客様にお渡ししました。)

 

「なんで40代なの?」と思われた方もおられるかもしれません。

体力の衰えを感じたり、なかなか疲れが取れなくなったり、少しずつ「老い」を感じ始める時期であったりしますが、目も同様に大きな変化が訪れる時期なのです。

 

 

近くにピントを合わせるための力は、40~50代にかけて大きく低下します。

長時間近くを見続けてから遠くを見た時、遠くになかなかピントが合わなかったり、パソコンやスマートフォンを見た後にすごく目が疲れるようになったりします。

 

老視(いわゆる老眼)とよばれる症状です。

 

以前、あるレンズメーカーのセミナーで聞いたことがありますが、「老眼の症状を感じ始めた時、どうしますか?」という質問に対し、一番多い回答は、「我慢する」だそうです。

最近では、ハ〇キルーペを掛けるという回答が多そうですが・・・

 

 

遠近両用タイプや室内用タイプのレンズなど、最近は老眼対策用のレンズが色々発売されているのですが、そういったレンズを早めに使ってみようと思われる方は、まだまだ少数です。

 

昔は怖くて掛けられないなど言われていた遠近両用レンズですが、最近ではレンズの性能もすごく良くなってきていますので、今は早い時期から慣れていってもらえれば、大抵の方が慣れられます。

 

ちなみに、「まだ大丈夫」と思って我慢し続けた方が、後になって後悔する場合もありますので、当店ではお客様になるべく早めに使っていただくようアドバイスさせていただいております。

 

ちなみに、なぜ早い時期から使い始めると良いのかもこの冊子の中で説明されています。

 

興味のある方は無料でお配りしておりますので、気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わった収納の仕方をするメガネフレームです

2019.12.13

スタッフ今堀です。

 

当店では、量販店ではほとんど取り扱っていない、少し珍しい眼鏡フレームも取り扱っております。

 

その中の一つに、spec espace (スペックエスパス)という眼鏡フレームがあります。

 

こんな感じの眼鏡フレームです。

 

元々は僕自身がこのブランドに興味があって、自分でも掛けてみたいなと思って取り扱いを始めたブランドでもあります。

 

おかげさまで、老若男女問わず人気の眼鏡ブランドとなり、これまでたくさんのお客様にご購入いただいております。既に2本目を購入いただいているお客様もおられるほどです。

 

 

デザインが一般的なメガネフレームと違うので、初めて目にされたお客様は結構驚かれます。

 

 

フレーム本体からレンズ部分が浮き上がるような構造になっていて、写真のようにサイドに空間ができます。

 

顔にかけた時にできる空間、これがこのフレームの最大の特長なのですが、人によってはメガネを2本掛けているようにみえるみたいで、僕もこのメガネを掛けている時に、「メガネを2本掛けているのかと思った」と何度か言われたことがあります(笑)

 

 

スペックエスパスのフレームは、テンプル(ウデ)を折りたたむネジが付いておらず、フロント(前枠)部分とテンプルが一体となっております。

 

ケースに収納する際には、上の写真のように先端部分をフロントに引っ掛けて固定します。

 

 

テンプルを結構曲げる必要があるのですが、初めて試着されたお客様は、「壊れないかな?」と心配になるようです。

 

店頭に並んでいるフレームを大事に取り扱って下さるお客様が多いので、お店としてはすごく嬉しいのですが、こちらのフレームに関しては、グイっと曲げてもらって大丈夫です。

 

 

「試着したいんだけど、掛けると元に戻せるかどうか心配で・・・」

 

そんな風に言って下さるお客様も時々おられるのですが、安心してご試着下さい。

もし、戻せなくなったら気軽にスタッフに声をおかけいただければ大丈夫です。

 

 

当店のウェブサイトの中の「ブランド紹介」のページでも紹介しておりますので、興味をもたれたお客様はぜひご覧下さい。

 

また、現在開催中の「ご褒美メガネキャンペーン」の対象ブランドでもあります。

キャンペーン期間中にスペックエスパスのフレームをお買い上げいただいたお客様には、オリジナルクオカードをプレゼントさせていただいております。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧下さい。

お手頃価格の旧モデル在庫あります

2019.12.11

スタッフ今堀です。

 

当店のお客様の中にも愛用者が多い人気眼鏡ブランド、シルエット

 

そのシルエットの定番モデルが、最近リニューアルされました。

 

 

TITAN MINIMAL ART THE ICON

 

「アイコン」と呼ばれるフレームで、当店でも大変人気の商品です。

 

 

カラーリングと耳にかかる“先セル”と呼ばれる部分のデザインが新しくなったようです。

 

ただ、ちょっと残念なお知らせが・・・・

 

リニューアルされた新モデル、値上がりしております。

それもかなりの値上げです(泣)

 

旧モデルのお値段が39,600円(税込)

新モデルのお値段が50600円(税込)

 

税込みで11,000円の値上がりです。

なかなかすさまじい上がり方ですね・・・

 

「フレームで5万かぁ・・・さすがにそれはなあ」

そう思われた方に朗報です。

 

当店、まだ旧モデルが残っております。

 

 

在庫がまだ数本残っており、それが売り切れたら新モデルを仕入れる予定です。

素材や機能などはほとんど同じにもかかわらず、先ほどお話した通り、価格はだいぶお安いです。

カラーさえ気に入っていただければ、こちらにするのもアリです。

 

さらに、只今キャンペーン開催中です。

 

ご褒美メガネキャンペーン

 

シルエットの眼鏡フレームも対象ブランドとなっておりますので、ご購入いただいたお客様にはオリジナルクオカードをプレゼントさせていただきます。

 

 

本日ご紹介したフレームは、今秋に新しくなったシルエットコーナーに展示しております。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。