トップページ > お知らせ・Blog

試着中に抜けてしまうこともありますが、大丈夫なのでご安心下さい

2018.10.31

スタッフ今堀です。

 

小さいお子様用のメガネフレームとして大人気の商品、

 

トマトグラッシーズ

 

当店では数年前から小さいお子様用のフレームはこのフレームに決め、

その代わりにサイズやカラーバリエーションを揃えるようにしました。

これまで本当にたくさんの方にお買い上げいただき、ご利用いただいております。

実際にお子様が使用された後の親御さんの反応も良く、

「これにして良かったです」と言って下さる方が多いですし、

買い替えの際にもまた同じトマトグラッシーズを選ばれる方も多いです。

 

このトマトグラッシーズの良い所の一つに、

耳に掛かる先セルとよばれる部分の位置を調整できる機能があります。

 

 

上の写真のように穴が開いていて位置を調整することができます。

長すぎる場合にはカットして短くすることもできます。

左右で耳の位置が違う方も実はたくさんおられるのですが、

そうした場合にも左右別々に調整できたりします。

また、ご使用後に頭の大きさが変化されて、

もう少し先セルの位置を後方に下げなければならないような場合にも、

穴の位置を変えることで簡単に調整のやり直しができます。

 

調整後は耳の位置に合わせて専用のネジで固定をします。

 

ご購入が決まった段階で調整をさせていただくのですが、

店頭に並んでいる段階ではまだネジが入っておりません。

先セルが差し込まれただけの状態になっているので、

さわると結構簡単に抜けてしまいます。

 

 

ご試着中によく抜けてしまうこともあるので、

「壊してしまった!」と

親御さんがびっくりされることがあるのですが、

壊れたわけではないのでご安心下さい(笑)

どうぞ気にされないでご試着下さい。

 

試着時にはメーカーから出荷された状態になっており、

フレームが決まりましたら、実際に掛けていただいて

お子さまのお顔に合わせて調整をさせていただきます。

 

また、試着中に何か分からないことなどありましたら

気軽に近くのスタッフまでお尋ね下さい。

 

 

イメージチェンジにおすすめ lafont(ラフォン)

2018.10.30

スタッフ長尾です。

新しくメガネをお作りいただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

lafont(ラフォン) VERVEINE(ヴェルヴェーヌ)

前枠の両サイドは雲をモチーフにデザインされた

フランスのお洒落なメガネフレームです。

 

今までとは違うメガネで

ちょっと雰囲気を変えてみたいというご希望がありましたので

 

プラスチック製のフレームを中心に色々とお試しいただきました。

 

 

数あるフレームの中でこれは!と目に留まったのが

lafont(ラフォン)のVERVEINE(ヴェルヴェーヌ)でした。

 

ラフォンは二本目、三本目のメガネのイメージチェンジにイチオシしたい

スタッフ長尾おススメフレームです。

最後の最後にご紹介しようと、とっておいたのですが、

お客様ご自身で選んでいただいたので、これはもうとっても嬉しかったです(*^_^*)

 

 

黒いフレームはきつい印象になることが多いのですが、

このフレームは丸みのあるデザインと、ツートンカラーになっていることで

とてもソフトな印象のフレームになっています。

それに本物のレース生地が挟み込んであるので優雅な感じがしませんか?

気分もゆったり、お姫様気分。ちょっとオーバーですかね(#^.^#)

 

レンズの方は

デザイン性の優れたフレームなので、そのデザインを壊さないように

フレームカーブに合わせてレンズのカーブが指定できる

「内面非球面レンズ」を使っています。

超高屈折の薄型レンズなので、レンズも枠内にスッキリおさまり

カッコよく仕上がっています。

 

 

VERVEINE(ヴェルヴェーヌ)をはじめ、

lafont (ラフォン)はイメージチェンジにイチオシフレームです。

女性に限らず、男性の方も挑戦してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフおすすめの室内用レンズ、使いやすいと大変好評です!

2018.10.29

スタッフ今堀です。

 

最近はメガネを使う目的や用途に合わせて

いろんなタイプのレンズを選べるようなりました。

 

 

当店では、お客様のお話をじっくりとお聞きしながら、

お客様の目的に合わせてレンズの度数や種類をご提案させていただくので、

選べるレンズの種類が増えるのはありがたいことです。

 

レンズの種類を大きく分けると、

遠くの見え方を重視した遠近両用タイプのレンズ

歩きやすさを重視した遠近両用タイプのレンズ

中間と手元の見やすさを重視した室内用タイプのレンズ

パソコンなどのデスクワークがしやすいデスクワークタイプのレンズ

などの種類があります。

 

その中でも最近よく売れているのが、

 

室内用タイプのレンズです。

当店では室内用レンズと言ってお客様に説明しております。

 

今月もたくさんのお客様にこの室内用レンズでメガネを作らせていただきました。

男性のお客様もおられますが、特に女性のお客様に好評です。

主に室内で仕事をされている方や、

台所で料理をしたり、庭でガーデニングをされる主婦の方には、

室内用レンズはとても使い勝手が良いようです。

 

 

一週間ほど前に室内用レンズを販売させていただいたお客さまが、

昨日新しいメガネを取りに来て下さったのですが、

掛けてみていただいて見え方を確認してもらったところ、

大変見やすいと言っていただけました。

「せっかくなのでこれで買い物に行ってみます」と

早速新しいメガネを掛けて帰られました。

 

室内用レンズなので室内でしか使えないのかと思いますが、

当店のスタッフは掛けたまま近所のコンビニに買い物に行っております。

遠くは少しぼやけてしまうので車の運転はダメなのと、

日が暮れて暗くなるとさすがに見にくくなるようですが、

メガネを掛けたままで歩くこともできます。

 

当店のスタッフも仕事中は室内用レンズを使っておりますので、

スタッフにお尋ねいただければ、

遠近両用レンズとの見え方の違いなども説明させていただきます。

また、テストレンズを使ってどのような見え方になるのかを

実際に体験していただくこともできます。

気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。デスクワーク用でも目元の美しさにこだわります

2018.10.28

スタッフ今堀です。

 

先日お渡しをしたお客様のメガネのご紹介をさせていただきます。

 

まだお若いのですが、メガネに対する意識がとても高いお客様で、

運転用や度付のサングラスなど、いろんな用途に合わせたメガネを

これまでに何本も作っていただいております。

今回は仕事(デスクワーク)用に使いやすいメガネをご希望でした。

仕事ではパソコンの画面を見ながら、

手元でかなり細かい文字の書類も見なければいけないということだったので、

今回は少し弱めの度数にして、少しでも仕事による目の疲れが

緩和できるようなメガネをお作りさせていただきました。

 

 

フレームはMUGUET (ミュウゲ)のMU-1115です。

 

いろいろお話を伺っていると、

仕事の時には、基本的には正面のモニターを見ながら、

視線だけ下げて手元の書類を見るというスタイルで作業をされているようで、

現在お使いの上下幅の狭い細めのフレームだと

視線を下げた時にレンズの下のフチを外れてしまうので、

もう少し上下幅のあるフレームが良いという希望でした。

 

 

一概にデスクワーク用のメガネと言っても、

見たい物の距離や大きさ、作業をする時の姿勢などは一人ひとり違います。

度数を決める時にはお客様から詳しくお話をお聞きし、

どのような状態で見ておられるのかをしっかりイメージしながら

度数を決めさせてもらっています。

場合によっては仕事で使う道具などを持って来ていただいて、

作業をされている様子を見させていただくこともあります。

 

 

このMU-1115は、見た目は普通のプラスチックフレームですが、

実はフロント(前枠)とテンプル(ウデ)をつなぐ部分が

写真のように金属(チタン)のパーツになっています。

テンプルを広げた際にバネのような役割をしてくれるので、

こめかみが圧迫されるような感じもなく、非常に掛けやすいフレームです。

もう一本別のプラスチックフレームと迷われていたのですが、

最終的に掛け心地の良さでこちらになりました。

 

 

パソコンを見るのでブルーライトカットレンズ・・・・

となりそうですが、

もっと良いレンズがあるのでこちらをおすすめしました。

 

 

スタッフ長尾も愛用している肌美人 BEAUTE (ボーテ)

詳しくは過去のブログをお読み下さい。

 

・商品紹介 青い反射光が気になる女性の方におすすめのレンズです

・商品紹介 パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる

・商品紹介 パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる②

・商品紹介 パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる③

・スタッフの商品レビュー 肌美人BEAUTE(ボーテ) 使っています。

 

ブルーライトカットコートのレンズを目元に当てると、

目元に黄みが足されるため、人によっては目の下のくすみが

増した感じになってしまいます。

肌美人BEAUTEはブルーライトカットの機能に加えて、

目元のくすみを目立たなくし、

目元をきれいに見せてくれるカラーレンズです。

今回のお客様はイエローベースのカラーが似合うお客様だったので、

肌美人BEAUTE のノーブルブラウンのカラーを選びました。

 

カラーレンズによって目元も自然な感じになり、

デスクワークをする時の見え方だけなく、

見た目にもこだわったデスクワーク用メガネとなっております。

お買上げいただきありがとうございました。

 

 

本日ご紹介したミュウゲのフレームも別色なら在庫がございます。

気になる方はぜひ店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

マンガで読んで納得。とっても分かりやすいパンフレット入荷しました

2018.10.27

スタッフ今堀です。

 

有害な光から目を守り、目の中のルテインを保護してくれるレンズ、

ルティーナのパンフレットが入荷しました。

 

 

僕が今使っているメガネにもこのルティーナが入っております。

過去に商品レビューも書いておりますので、

興味のある方はぜひそちらもお読み下さい。

 

・スタッフの商品レビュー 話題のレンズ、「ルティーナ」使ってみました

 

 

 

パンフレットの中身はマンガになっていてとってもわかりやすいです!

 

 

 

このルティーナというレンズですが、

使うとすぐに見やすくなるとか、

何か効果があらわれるというレンズではありません。

日常的に使い続けることで、

酸化ストレスやルテインの劣化に影響を与えるHEVと呼ばれる光から目を守り、

加齢性黄斑変性などの目の病気のリスクを減らす。

そういう目的をもったレンズです。

 

最近は筋肉貯金なんて言葉もよく耳にしますが、

若い内から運動する習慣をしっかり身に付けて、

高齢になってからも出来るだけ筋肉を落とさないようにすれば、

寝たきりになるリスクを減らすことができます。

視力貯金なんて言葉はありませんが、

視力を低下させたり、場合によっては失明してしまうような

眼疾患のリスクをできるだけ減らせるように、

今の内から目の健康について考え、

できることをコツコツやっておくことが大事です。

 

本日ご紹介したパンフレットは店頭に置いてありますので、

ぜひ手に取ってご覧になってみて下さい。

 

 

ルティーナのデモンストレーションキットもご用意しております。

興味のある方は気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

 

 

軽いフレームに室内用レンズ、デスクワークもサクサクすすみますよ

2018.10.26

スッタフ長尾です。

とっても軽いフレーム、シルエットのSPXフルリム。

掛けやすいと女性にとても人気です。

今回はこちらの赤いフレームに室内用レンズを入れさせていただきました。

 

スタッフ今堀が担当させていただいたお客様で、

パソコン作業中心ではあるけれど、会議にはホワイトボードなども見たい。

(これはスタッフ長尾イチオシ。室内用レンズがぴったりです。)

そして軽~いメガネならなお良い、というご要望でした。

 

まず最初にご提案させていただいたフレームがSPXフルリム。。

軽さでは当店一番。(フチなしフレームは除く)

掛けているのを忘れて顔を洗いかけたというのは

本当によくある「あるある話」です(笑)

カラーが豊富なのも人気の一つです。

テンプル(ウデ)が折りたためないので、掛けはずして使うのには不向きなのですが、

パソコン作業から会議まで、一日中掛けっぱなしのメガネなら問題はありません。

太すぎない枠のクリアレッドのカラーはお顔映りもバッチです。

 

ちょっとデザイン性のあるフレームやシンプルなフレームも試したいただきましたが。

 

軽さとカラーでシルエットのフレームに決まりました。

デスクワークで手元を見ることも多いので、やはり軽さは重要なポイントですね。

 

軽いフレームをお探しの方。

シルエットのSPXフルリムを体感してみませんか?

 

レンズの形も丸いモノや、四角い形のものもあります。黒やカーキもありますよ。

男性の方も是非、お試しください。

お客様のメガネのご紹介。掛けやすいなあ~と感心されたフレームです

2018.10.25

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

「だいぶ長い間今のフレームを使っているので、

そろそろ新しいフレームでメガネを作りたい」と

ご来店いただいたお客様。

どのようなフレームが良いですかとお聞きしたところ、

「黒いフチではっきりしたものが良いな」ということでした。

 

黒縁のメガネを何本か掛けてみていただいた結果、

こちらのフレームを大変気に入っていただきました。

 

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)

UNION (ユニオン)

 

レンズが入るフチの部分はプラスチック素材で、

左右のレンズをつなぐブリッジ部分にはメタル素材を使用した

コンビネーションフレームです。

 

 

テンプル(ウデ)はブランドオリジナルの細身のβチタン製テンプル。

程よいしなりがあって、非常に掛け心地が良いです。

色違いになりますが、僕もこのunionを使っています。

 

現在お使いのメガネにはガラスのレンズが入っているのですが、

せっかく軽いフレームなのでレンズも軽い方が良いなということで、

今回はプラスチックレンズをお使いいただくことになりました。

 

 

ガラスレンズに比べるとキズが付きやすいということ、

何年かお使いいただくとコートが傷んでくるので

その時にはレンズの交換をしていただく必要があること、

そういった注意事項をご説明し、

レンズの洗浄方法についてもご説明させていただきました。

 

新しいメガネを取りに来ていただいてお渡しし際には、

あまりの軽さと掛け心地の良さに、

「これは良いなあ~、すごく掛けやすいわ」と

喜んでいただきました。

お買上げいただきありがとうございました。

 

 

本日ご紹介したフレームですが、別色なら在庫もございます。

気になる方はぜひ店頭でお試しになってみて下さい。

 

春の展示会で初日で完売してしまったフレームがようやく入荷しました

2018.10.24

スタッフ今堀です。

 

今日は先日入荷した新しいフレームのご紹介です。

 

TAYLOR WITH RESPECT (テイラーウィズリスペクト)

TRIM (トリム)

サイズ:46□21

カラー:02. Dameged Gold

36,700円(税込)

 

TAYLOR WITH RESPECTは、

昨年の秋に誕生したばかりの新しい眼鏡ブランドです。

今年の春に東京で2ND COLLECTIONの展示会(新作発表会)があり、

僕たちスタッフも新しいモデルを見に行って来ました。

 

 

本日ご紹介するTRIMはその時に予約していたフレームです。

実は、僕たちが参加したのが展示会2日目だったのですが、

なんと、TRIMは初日で初回発送分が売り切れてしまっておりました。

追加分で予約をし、半年の時を経てようやく入荷してまいりました。

 

カラー:03. Brown Gold & Gradation

 

デザイナーさんいわく、

モデル名のTRIM(トリム)は、

画像の不要な部分を取り除く「トリミング」が由来なのだそうです。

レンズを囲むリム線(レンズが入るフチの部分のこと)に

トリミングをするかのように手を加えデザインされています。

 

 

「クラウンパント」と呼ばれる形状のフレームデザイン。

最近はクラシックなデザインのメガネフレームが流行していることもあって、

ボストン型のフレームが大人気ですが、

ボストンはヨーロッパでは「パント」と呼ばれていて、

パントの中でもフレームの上の部分が真っ直ぐになったデザインのことを

「クラウンパント」と呼ぶそうです。

たしかによく見ると上側は真っ直ぐになっています。

 

TAYLOR WITH RESPECTのフレームは、

デザインだけを見るとよくあるクラシックフレームなのですが、

フレームの品質にもにこだわっていて、すごく丁寧に作られています。

流行に関係なく、お客様に似合うメガネをおすすめしたいという考えがあって、

当店ではあまりクラシックなデザインのフレームを取り扱っていないのですが、

TAYLOR WITH RESPECTの場合、

デザインだけではなく、デザイナーさんの人柄と、

日本が世界に誇る眼鏡のまち、鯖江の眼鏡づくりの技術にこだわった

掛け心地がよくデザイン性の高いメガネフレームを気に入り、

このブランドを取り扱っております。

 

 

ブランドのウェブサイトをご覧いただくと、

フレームの一つ一つのパーツにどんな素材が使われていて、

どのようなメッキ処理がされているかまで詳しく載っています。

ぜひ、ウェブサイトをご覧になってみて下さい。

 

 

丸いメガネやボストン型とはまた違った良さがあります。

フレーム自体も非常に軽く仕上がっているので、

掛け心地もかなり良いフレームです。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

ルティーナ室内レンズでもオススメする理由

2018.10.23

 

スタッフ長尾です。

日常生活の中で紫外線対策は常識になっていますよね。

それは夏に限らず一年中。

UVカットの日傘にアームカバー、衣類にだってUVカット機能つきです。

当然メガネレンズもUVカット機能は標準装備で

眼を紫外線から保護してくれます。

 

最近では「UVカット+目に悪影響を与える光から目を守る」

という目の健康を考えた機能レンズが登場しています。

その中のひとつが東海光学の「ルティーナ」です。

「加齢黄斑変性」の予防が期待できるレンズとして注目されています。

「加齢黄斑変性」は眼の中にあって物を見るのに重要な部分「黄斑部」が

紫外線等の強い光でダメージをうけることで起こる目の病気の一つです。

その黄斑部にはダメージを抑制してくれる「ルテイン」という色素が含まれています。

 

紫外線などによる損傷から黄斑部のダメージを防いでくれているのですが、

このルテインも光を多く浴びることで減少してしまいます。

この黄斑部を守る「ルテイン」の減少を保護してくれるレンズが「ルティーナ」です。

遠近両用レンズや室内レンズ、健康に気を遣う方にもオススメしています。

 

とここまで読んで

室内で使う「室内用レンズ」には特に必要ないんじゃない?

紫外線も家の中なら気にすることもないと思うしねぇ。

と思われた方、いらっしゃいますよね。

 

ところがですね、

「ルテイン」に影響を与えるのは紫外線だけではないのです。

人間が見ることができる光、可視光線の中にも影響を与える光があるのです。

それは青い光。

「青」と言っても緑色に近い色から、紫色に近いものまで幅は広いのですが。

 

問題の「青い光」は下の図、より紫外線に近い部分。

紫外線

まぶしさで疲れ目の原因と言われるブルーライト(パソコンやスマホなどのからの光)に

はさまれた部分の(400~420nm)の光です。

とても狭い範囲の光ですが、目の健康に影響しているんです。

(UVカットだけではカバーしきれない)

ルティーナ、室内でもお役立ちのレンズですよねっ(*^。^*)

 

それに、室内レンズと言っても意外とお家の外に出たりしてませんか?

洗濯物を干したり、取り込んだり。

お庭の花に水遣りしたり。

不用意に日差しを浴びる時ありませんか?

室内レンズも使い慣れてくると、結構外で使うんですよね。(私もそうです。)

うっかり日焼けも、黄斑変性も予防する。

目の健康を守るレンズ「ルティーナ」をおすすめる理由です。

 

 


ルテインに影響をあたえるものとして他に

加齢

ストレス

喫煙

偏食 等々・・・があります。


春に向けて今から準備中です

2018.10.22

スタッフ今堀です。

 

本日は眼鏡とは全く関係ないガーデニングのお話です。

良かったらお付き合い下さい。

 

先日、スタッフ長尾に教えてもらいながら

チューリップの球根を植えてみました。

 

 

植物を育てるのは多分、小学校の理科以来(?)

何をどうしたら良いのか分からず、

とりあえず自分の気に入った植木鉢を買って来て(笑)、

チューリップなら小さいお子さんも喜ぶだろうということで、

スタッフ長尾に球根選びと植えるのを手伝ってもらいました。

 

当店の店頭には、軒下ガーデンニングと称して

メガネのイマホリの“生き物がかり”ことスタッフ長尾が

色んな植物を植えて育ててくれています。

 

過去の軒下ガーデニングの様子です。

 

お店の前を通る人たちも、よく足を止めて草花を見ておられます。

ブログ用のフレームの写真を店の前で撮っているのですが、

「いつもきれいなお花が置いてあるね」と声をかけてもらったりします。

 

僕自身は植物のことは全然分からないので、

これまではスタッフ長尾に全て任せっきりにしていたのですが、

少しくらいは自分でもやってみようかなと思い、

軒下に参加させてもらうことにしました。

 

スタッフ長尾からは、

咲いた時の状態をイメージしながら球根を植えるようにアドバイスを受けました。

前列と後列で花の色が変わる並びになるように植えてみました。

来年、花が咲いた時にどうなっているかが今から楽しみです。

球根が枯れてしまわないようにしっかりお世話したいと思います。

(これが一番大事ですね!)