トップページ > お知らせ・Blog

新しいメガネレンズの選び方 My Select Style

2018.04.30

スタッフ今堀です。

 

当店のブログでご紹介していますが、

最近はレンズメーカー各社から様々なレンズが発売されています。

いろんな選択肢が増えるのはありがたいのですが、

種類が多すぎて逆に選ぶのが難しくなっていたりもします。

 

「遠近両用レンズ、中近両用レンズ、近々レンズなど、

いろんなレンズがあるのは分かるけど、

結局、自分にはどのレンズが良いの?」

そんな風に悩まれる方も多いのではないでしょうか?

もしかすると、

「そもそもそんなにレンズの種類があること自体を知らない。」

そんな方もたくさんおられるのかもしれません。

 

そうした眼鏡業界の現状を踏まえて、

ユーザーがもっと分かりやすくて満足のいくレンズ選びができるように

HOYA社が考えたのが、

My Select Style (マイ セレクト スタイルです。

 

 

具体的には、

これまでのような遠近両用レンズ、中近両用レンズなどに

レンズの種類ごとに分けていたのをやめて、

レンズをタイプ別にラインナップし、

お客様の「見たい」目的に合わせて選べるようになっています。

 

Field(フィールド)タイプ、

City(シティ)タイプ、

Room(ルーム)タイプ、

Desk(デスク)タイプ、

Assist(アシスト)タイプ、

5つのタイプの中からライフスタイルや目的に合わせて

自分にぴったりのレンズを選ぶことができます。

(レンズによっては5タイプではないものもあります。)

また、ご予算に応じてレンズのグレード(設計の違い)も

お選びいただくことができます。

 

とはいえ、5つもタイプがあると選ぶのが難しいですよね。

ご安心下さい。

お客様のライフスタイルや目的をじっくりお聞きしながら、

どのタイプがおすすめなのかをアドバイスさせていただきます。

実際にテストレンズで見え方をお試しいただいたうえで、

レンズを決めていただくことができます。

 

ご自身でこのタイプが良いと思って買いに来られても、

よくよくお話を伺うと、

別のタイプの方が良かったという場合もございます。

スタッフも実際にいろんなタイプのレンズを使っておりますので、

自身の経験も踏まえて最適なレンズをご提案させていただきます。

気軽にスタッフにご相談ください。

 

「白内障手術をしたから老眼鏡だけ」はもう古いかも・・・

2018.04.29

スタッフ今堀です。

 

当店のお客様の中でも、

白内障の手術をされたという方がかなり増えて来ました。

加齢に伴い進行する眼疾患なので、

高齢社会になれば手術が多くなるのは当たり前なのかもしれません。

 

白内障の手術をされると、

多くの場合、目の度数が変わります。

なので、以前使っていたメガネが使えなくなるということはよくあります。

(以前使っていたメガネのレンズの度数が合わなくなるからです。)

 

白内障の手術をされて、

遠くがメガネなしでもすっきりと見えるになったというお客様が多いのですが、

そういうお客様の場合、

手元ははっきりと見えないので、手元用のメガネが必要になります。

新たに老眼鏡を作られたり、

以前使っていたメガネのレンズを老眼鏡用の度数に交換されます。

この時によく使われるのは、単焦点とよばれるレンズです。

眼科でもよく処方されるタイプのレンズです。

 

 

老眼鏡をかければ近くははっきりと見えるようになるのですが、

単焦点レンズの場合はピントが合う距離が一定なので、

手元の新聞などが読みやすい距離にレンズの度数を合わせると、

少し離れた場所のものが見えにくくなります。

たとえば、テレビやパソコンのモニターなどがそうです。

最近ではカラオケの時に困るというお話もよく聞きます。

 

 

こういうケースでは、単焦点の老眼鏡ではなく、

室内用レンズを使うとすごく便利になります。

 

 

室内用レンズというのは、

遠近両用レンズのようにいろんな距離が見られる度数が

一枚のレンズの中に入っているのですが、

遠近両用レンズに比べると、

中間と手元を広く設計されています。

 

本日お越しいただいたお客様も、

白内障の手術をされてレンズの交換に来ていただいたのですが、

以前からこの室内用レンズをご愛用いただいており、

単焦点の老眼鏡にしたら色々と不便になるから、

術後の目の度数に合わせた室内用レンズをご希望されました。

 

「白内障の手術をして遠くが見えるようになったから、

老眼鏡だけあれば良い。」

そんな風に思っていると、

日常生活の中で色々不便な思いをすることもこともあります。

お仕事や趣味で特別に細かい文字や作業される場合は別ですが、

そうでなければ単焦点の老眼鏡よりずっと使いやすいレンズがあります。

 

お店で実際にお試しいただくこともできますので、

気軽にスタッフにご相談下さい。

肌美人BEAUTE(ボーテ) テスト用カラーレンズが届きました

2018.04.28

 

スタッフ長尾です。

先日ご紹介しましたレンズカラー。

掛けるだけで自然な美肌感を演出してくれる肌美人BEAUTE(ボーテ)

 

お試しいただけるテストレンズが到着。

販売開始の5月1日に何とか間に合いました。

サンプルは、濃度8%とちょっと濃いめの40%の二種類です。

 

 

まずお試しいただきたいのは濃度8%のうす~いカラー!

上からノーブルブラウン

クリアモーヴ

シアグレー なのですが、ブラウン以外は何色だかわかりにくいですよね?

こんなので本当に効果があるのかな・・・?と思っちゃうかもしれませんね。

でも、実際にスタッフ同士で掛け比べをしてみましたが

こんな薄い色なのに目元印象の変化がよく分かるんです!

「あっ、くすみが消えた?!」

「目元が明るくなった・・・」

「メイク効果あり??」等々

ほぼ無色なのに不思議な色マジック。

是非!是非!お試しを!!(楽しいですよ(*^。^*))

 

サングラス用の濃いめのカラーより薄いカラーの方が分かりやすいですよ。

 

 

この肌美人BEAUTE(ボーテ)はブルーライト(青色光)もカットしてくれるのですが

一般的なブルーライトカットレンズよりも

レンズ反射光の色がソフトで目立ちにくいので

ブルーのギラギラした反射光が苦手な方にもオススメです。

肌に瞳に嬉しいレンズカラーです。

実はいろんな長さがあるのをご存知ですか?

2018.04.27

スタッフ今堀です。

 

メガネを購入されたことがある方であれば、

フレームにもサイズがあることは何となくご存知かと思います。

洋服ならS、M、Lなど、

靴なら26、26.5、27といった感じです。

メガネの場合もフレームをよ~く見るとサイズが表示されています。

 

 

この画像では、先セルと呼ばれる耳に掛けるプラスチックの部分、

この部分にこのようなサイズの表示がありますが、

フレームによっては他の場所に表示されていることもあります。

 

表示されているサイズには、

レンズサイズ(レンズの横幅)、鼻幅、テンプル(腕)の長さといった

情報があるのですが、

今日は、テンプル(腕)のサイズ(長さ)についてお話したいと思います。

 

先ほどの画像をよく見ていただくと、真ん中あたりに、

55□15-145mmという表示があるのがお分かりいただけると思います。

この145mmというのがテンプルのサイズになります。

 

 

眼鏡の教科書などではこのように説明されています。

それをもとにイラストを作ってみました。

(字が小さくて読みにくくてすみません。)

 

レンズの大きさについては気にされる方も多いかもしれませんが、

テンプルの長さを気にされる方はほとんどおられません。

もしかすると、

「どれも一緒じゃないの?」

そんな風に思っておられた方もおられるかもしれませんね。

でも、実はいろんなサイズ(長さ)があるんですね。

 

一般的には、

男性用(メンズ)フレームのテンプルは長め、

女性用(レディース)フレームのテンプルは短め、

子ども用(キッズ・ジュニア)フレームのテンプルはかなり短め、

となっております。

 

 

テンプルの長さは135mm。

女性用のフレームで一番よく使われている長さです。

 

 

テンプルの長さは145mm。

耳の後ろの部分がだいぶ伸びたのがおわかりいただけると思います。

こちらは男性用のフレームになりますが、

少し長めのテンプルが採用されています。

 

 

テンプルの長さは130mm。

ちょっと短めのサイズになります。

こちらも女性用のフレームですが、

小顔の女性向けのレンズサイズが小さいモデルです。

それに合わせてテンプルサイズも短めになっています。

 

 

テンプルの長さは125mm。

こちらはジュニアフレームのテンプルです。

写真をみていただくと分かるように、

耳の後ろの部分がほとんどありません。

このマネキンの耳位置で合わせるとすると、

かなり後ろ側、先セル(オレンジのプラスチック部分)の先端の

太い部分で調整をしなければならないので、調整が難しくなります。

できればもう少し長めのテンプルの方が良さそうです。

 

 

テンプルの長さは151mm。

けっこう珍しい長めのサイズになります。

耳の後ろ側がだいぶ余っているのが分かるかと思います。

このマネキンの耳位置で合わせるとすると、

かなり前方で調整しないといけないので、

曲げた先セル部分が非常に長くなってしまい、

折りたたんだ時に不恰好になったり、

ケースに収納できなくなったりする可能性があります。

 

代表的なテンプルの長さを紹介しました。

いろんな長さがあるのが分かってもらえたかなと思います。

頭の奥行の長さ、耳の位置は個人差がかなりあります。

男性でもすごく前方に耳がある人もいれば、

女性でもすごく後方に耳がある人もいます。

特に、極端に前方や後方に耳がある方の場合は、

テンプルのサイズが非常に重要になってきます。

 

それから、最近は男女どちらでも掛けられるような

そういうデザインのフレームも結構あります。

 

 

たとえば、こちらは最近女性に人気がある

ボストンシェイプのフレームです。

小顔の女性が、

あえて少し大きめのフレームをかけたりすることもあるので、

正面から見ているとそれほど違和感がありませんが、

 

 

こちらのフレームは男性が掛けられるように、

テンプルの長さは144mmとちょっと長めになっています。

このフレームを小顔の女性が掛けると、

テンプルの調整をした時に耳の後ろがかなり余る心配があります。

(具体的には曲げた先がかなり長くなります)

出来上がった自分のメガネを見たら、

店頭に並んでいた時の状態とは全然違う・・・

そんなことにもなりかねないので注意が必要です。

 

メガネを作る際には、

テンプルサイズ(長さ)もちょっと気にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームとはまた違う魅力があるシルエットのサングラス

2018.04.26

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのは、

オーストリアのブランド、シルエットのサングラス。

 

世界的にも有名な眼鏡ブランドであり、

当店でも毎月必ず売れる人気のブランドです。

超軽量フレームとして有名なブランドなのですが、

フレームの軽さ以外にも、

シンプルなデザインを気に入って購入されるお客様も多いです。

 

フレームに関しては、

それほど主張しないシンプルなデザインのものが多いのですが、

サングラスは結構、挑戦的なデザインになっています。

本日ご紹介するExplorer Line Extensionというモデルも、

なかなかに刺激的なデザインです。

 

レンズ形状:8690

フレームカラー:6220

38,900円(税込)

 

 

ツーブリッジタイプのフロント。

ミラーコートが施されたレンズが目をしっかり隠し、

何となく近未来的な雰囲気も感じさせるデザインです。

フロントの一部をくり抜くようなかたちでレンズが入れらています。

 

 

写真では分かりにくいですが、

フロント部分は、薄いシート状の樹脂素材でできています。

形も非常にカッコいい感じなので、男性におすすめの形です。

 

レンズ形状:8155

フレームカラー:6220

38,900円(税込)

 

同じタイプですが、こちらはブリッジが一本で、

左右が少し吊り上ったような形になっています。

こちらは女性のお客様におすすめの形です。

 

 

日本ではなかなか見慣れない形なので、

最初はちょっと抵抗があるかもしれませんが、

掛けてみると結構大丈夫です。

こちらのカラーの他にもう一色あったのですが、

そちらは女性のお客様にご購入いただきました。

 

 

忘れてはいけないのが、

このサングラスをデザインしているのがシルエットだということ。

当然、メガネフレーム同様、サングラスも非常に軽量です。

実際に手に取ってみてもらえば、

あまりの軽さに驚かれると思います。

 

海外のアパレルブランドのサングラスなどは、

機能性よりもデザインが重視されているので、

非常に重いものや掛けにくいものも多いです。

今使っているサングラスがすぐにずれてきてしまったり、

しばらく掛けていると鼻が痛くなってくる、

そんな方にもぜひお試ししてもらいたいサングラスです。

 

フレームとはまた違った魅力があるシルエットのサングラス。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

からだ想いのプレゼントキャンペーン開催中

2018.04.25

ただいま当店では、

東海光学のルティーナシリーズをご購入いただいたお客様に

抽選で「からだ想いの」グッズが当たるプレゼントキャンペーンを開催中です。

 

キャンペーン期間は2018年7月31日(火)までとなっております。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧下さい。

話題のレンズ、「ルティーナ」。プレゼントキャンペーン開催中です!

2018.04.25

「目に悪影響を与える光から目を守る」

そんなコンセプトで開発された新しいタイプの眼鏡レンズ、

「ルティーナ」

 

 

現在発売中の雑誌、『からだにいいこと6月号』にも

目にいいおススメの習慣として、

ルティーナを入れたメガネを日常的にかけることを紹介していました。

目の健康という観点から大変注目を集めているレンズです。

 

ただいま当店では、

このルティーナをお買い上げいただいたお客様に

「からだ想いの」グッズがもらえるプレゼントキャンペーンを開催中です。

 

 

店頭でお渡しするリーフレットに記載されている賞品の中から

ご希望のものを一点ご選択下さい。

申し込みの手続きは全てこちらでやらせていただきますので、

お客様は賞品をお選びいただくだけで大丈夫です。

 

紫外線から目を守る目的で、

メガネやサングラスを掛けている方は多いと思います。

でも、それだけではカットできない有害な光もあります。

せっかく毎日メガネを掛けているのなら、

UVカットにルテイン保護の機能も加えた方がお得です。

スタッフも実際に使用しております。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

近視や遠視のレンズはもちろん、

遠近両用レンズにも対応しております。

興味のある方は気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

 

 

 

肌美人

2018.04.24

 

スタッフ長尾です。

 

先週大阪で開催された東海光学のレンズセミナーでは

美白・透明感をきわだたせるレンズカラーの発表もありました。

 

パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せるカラー。

その名は・・・

一秒で、目元美人へ。 肌美人BEAUTE(ボーテ)

 

「似合う色」のパーソナルカラー理論に基づき、

女性による商品開発チーム「女子開」が企画開発した商品なんです。

だから、

「顔色効果は分かるけど、レンズに色を入れるのは抵抗があるのよ・・・。」

という方でもかけやすい濃度8%とかなり薄めのもからあります。

(濃度は20%。40% 80%があります。)

ちなみに濃度10%はこの程度

 

そんなに薄い色で肌を美しく見せる効果がほんとにあるのぉ・・????

と疑いの目を向けられられそうですがそこはパーソナルカラー理論により、

目元のくすみを目立たなくし、テカリ感もおさえなめらかでソフトな上質肌を演出。

「ほぼ無色なのに自然な美肌感」です。

 

なぜこのような肌見せ効果が生まれるのか?

については文章で書くのが難しいので(文章力がないもので・・・。)

このような二色のシートで色白効果と肌質感変化を

店頭でご説明させていただきますね。

 

さらにこの肌美人BEAUTE(ボーテ)は紫外線カットは勿論

ブルーライト(青色光)も効果的にカットします。

濃度8%のカラーならお仕事シーンでも掛けて頂くこともできます。

 

セミナーでは開発チーム「女子開」の方が実際に掛けていらっしゃいましたが

カラーが入っているようには見えず自然な感じでしたし、

たしかに目元の肌の質感もアップして(見え)ます。

メイクとカラーを合わせれば相乗効果も期待できます。

 

期待度満点(?!)の肌美人BEAUTE(ボーテ)なのですが、

実は販売開始が5月1日(火)なのです。

あと少しの時間お待ちくださいませ。

よく似ていますが、ちょっと違うんです

2018.04.23

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのはこちらのフレーム。

 

AKITTO (アキット) pin1

サイズ:48□20

カラー:SG

 

先日このブログでpin2というフレームをご紹介したのですが、

そちらの姉妹のようなモデルです。

同時に発売されたので、双子の姉妹かもしれません(笑)

 

 

ちなみにこちらがpin2です。

1と2、色以外に違いがあるのですが、わかりますでしょうか?

すぐに気が付いたという方はなかなか観察力がある方です(笑)

 

 

間違い探しみたいになっていますが、

こちらを見ていただくと、

違いが分かってもらえるのではないかなと思います。

そう、レンズの玉型がちょっと違うんです。

先端のカラーリングについ目がいってしまうので、

違いがわかりにくいのですよね。

 

 

サイドの上側の部分がちょっとカクっとなっています。

ちなみに僕はこれを見て、

小さい子どもが描くチューリップの花をイメージしました。

メガネレンズのシェイプとしては珍しい形ですよね。

 

pin2の方は、先ほどのゴールドベースにサイドの部分だけ

青のカラーが付いたモデルしか在庫が残っておりませんが、

pin1の方は、最初の画像(サイドがピンクのモデル)と、

 

カラー:MG

 

マット(艶消し)のゴールドをベースにしたこちらのカラーの

2色を在庫しております。

ちなみにこちらのカラーは、

サイドではなくフロントの上側の一部に青色のカラーが入っています。

ただ、鮮やかな青ではなく、少しグレーの入った落ち着いた青です。

同じフレームでも、カラーによって雰囲気が全然違いますので、

実際に見てもらうのが一番良いかなと思います。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

「ルティーナ」を選ばれるお客様が増えています

2018.04.22

スタッフ今堀です。

 

先日、大阪でレンズのセミナーが開催されたので、

スタッフ長尾とともに行ってきました。

今回セミナーを開催したのは、

レンズメーカーの東海光学

 

 

最近では、

目の健康をサポートするレンズに力を入れており、

睡眠をサポートする夜専用のレンズなど、

他のメーカーでは作っていないユニークな商品もあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

そんな東海光学のレンズの中でも、

最近、特に人気があるのがこちらのレンズです。

 

“ルティーナ”

 

最近の眼鏡用レンズには、

ほとんどのレンズに紫外線カットが入っています。

このルティーナも当然紫外線カットが入っているのですが、

それに加え、

 

 

網膜の黄斑部に存在する「ルテイン」という色素にダメージを与える

有害な光からも目を守ってくれる機能をもっています。

 

つい先日、レンズの交換にお越しいただいたお客様も

このルティーナを選ばれました。

実は、こちらのお客様は、

当店で初めてルティーナをお買い上げいただいたお客様でもあります。

前回お買い上げいただいた時に気に入っていただき、

また今回もルティーナをお選びいただきました。

 

 

店頭にはルティーナの効果が分かるこんなキットもございます。

興味のある方は気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。