トップページ > お知らせ・Blog

お客様のお仕事用メガネをお作りしました

2018.03.31

スタッフ今堀です。

 

先日、お手元用のメガネを作りたいとお越しいただいたお客様。

担当させいただいたスタッフ長尾が、よくよくお話をお聞きすると、

お仕事で使われるメガネのようでした。

 

お手元用のメガネというと、

椅子に座って新聞や本を読む時のメガネというイメージですが、

今回のお客様の場合は、

 

①立って台の上に置いてある文字を読む。

②かなり小さくて細かい文字を判別しないといけない。

③手元の作業をしながら、少し離れた位置の文字もみる必要がある。

 

という感じで、少し特殊な環境で使われるようでした。

 

もしかすると、このブログを読まれた方の中には、

「遠近両用レンズにすれば良いんじゃないの?」

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、

今回のようなケースでは遠近両用ではまず無理なのです。

 

なかなか難しいご依頼でしたが、

こういうメガネを作る時こそ専門店の本領発揮です。

 

まずはしっかりと使用される環境を確認していきます。

 

「細かい」と言っても、その程度は人それぞれ違います。

具体的にどのくらいの大きさの文字を見る必要があるのかを

まずはきちんと把握する必要があります。

 

次に大事なのは見る距離の確認です。

電動の光学台の前に立っていただき、

お仕事で作業されるのと大体同じ位の高さに調整します。

その状態で視標などを置き、距離もしっかり確認します。

また、顎を引いて見られるのか、少し顎を上げ気味で見られるのか、

その時の姿勢もチェックします。

 

今回は1~2メール先も見る必要があるということでしたので、

それ位の距離にターゲットを置いて、見え方を確認してもらいます。

この時にも見たい文字の大きさが大事になります。

お客様にお話をお聞きしながら、

できるだけ実際にメガネを使われる環境に近くなるように

お店にある様々な物を使ってセッティングをします。

 

 

今回のお客様のケースでは、

昨日スタッフが長尾がブログで紹介してくれていた

デスクワーク用レンズが一番良さそうだったので、

手元の細かい文字がはっきり見える度数をベースに

少し離れた位置も見えるようにレンズの位置を調整しました。

 

時間はかかりましたが、

なんとかお客様にとって使いやすいメガネになりそうです。

 

メガネを使われる環境は人それぞれ違います。

既製品の老眼鏡のように+2.00とか+3.00とか

そんな簡単には選ぶことができません。

 

どうすればお客様にとって一番使いやすいメガネになるのか・・・

 

それをいつも考えながらメガネを作らせていただいております。

 

 

 

 

 

視生活に変化はありませんか?

2018.03.30

 

スタッフ長尾です。

もうすぐ4月。桜が咲いてツバメが姿を見せ始ました。

季節が大き~く変化しています。

 

4月はお仕事でも変化のある時ですよね

部署の移動があったり、仕事の内容がちょっと変わったりと。

生活環境も大きく変わる時ですね。

 

そんなか今まで使って来たデスクワーク用のメガネが

なんだか見にくい。

使いにくい。

いまひとつスッキリしない。

と感じることはありませんか?

 

メガネの度数が合わなくなった。という事もありますが

仕事内容が変わり、見なくてはならないモノが変わった

という事もあります。

 

例えば、

①のような割と狭い範囲でのお仕事が多かったのに

②③のようにパソコンを見ながらの作業が多くなったような場合。

今まで使っていたメガネでは手元はしっかり見えるけど、

パソコンの画面スッキリ見えない。

顔を近づけたり、人によってはメガネを外さなくてはよく見えない。

ってことが起こります。

(パソコンがノートからデスクトップ型に変わっても見え方に違いが出ます。)

 

逆に②③から①の変わった場合は手元の文字などの見え方にくっきり感が欲しい。

ということが起こって来ます。

 

また、座りっぱなしの事が多かったけど立ったり座ったりと行動範囲が広がった。

というような場合も、今までの眼鏡では歩けなく困る。ということもあります。

 

近くを見るお仕事も人それぞれ。

見たいもの、見えなくては困るもの。が違います。

その方に応じたおすすめのデスクワーク用レンズがあるのです。

 

なんだか今までの眼鏡では仕事がはかどらない、使いにくくて疲れる。

お仕事内容と、デスクワーク用レンズ(の設計)が合ってないのかもしれません。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

*今お使いの眼鏡もご持参いただけると助かります。

春爛漫

2018.03.29

 

スタッフ長尾です。

いきなり春になりましたね。

きのうの坂本、日吉大社も桜が満開一歩手前って感じでした。

今週末はお花見客でごったがえし必至ですねぇ・・・・・

 

 

お店の軒下ガーデンも今年はちょっと変わった色の花も咲きはじめました。

袋をよく見ないで購入、鉢植えしたムスカリ。

 

綺麗なブルーのグラデーションの花を咲かせました。

こんなに綺麗ならもっと密集させて植えておけば良かったと後悔。

育て方の説明書はきちんと読むようにしましょう^_^;

 

軒下の植物には種から育てたものが結構あります。

その中でも苺類が数が一番多いのですが(こぼれ種からどんどん発芽します)、

一般の食用苺とワイルドストロベリーがごちゃごちゃと一緒に植わっています。

今まで区別が付かなかったのですが、今年になって違いに気付きました。

ワイルドストロベリーの方が葉っぱに筋が多くて花びらがまぁるい。

苺できたら食べくらべをやってみようと思います。

植えっぱなしのほったらかしなので、食用苺が酸っぱいかもしれません・・・・・・

とっても可愛くて掛けやすい、レディースサングラス。

2018.03.28

スタッフ今堀です。

 

春というより初夏なのでは?

と思えるくらい、

暖かいを通り越して暑いくらいの日が続いております。

 

 

お店の向かいの駐車場にある桜もすでにこの通り。

入学式のシーズンまでちゃんと残っているのでしょうか(笑)

 

最近、日焼け止めのコマーシャルをよく見るようになりましたが、

そろそろ本格的に紫外線対策を考えないといけませんよね。

そういえば、最近サングラスのお問い合わせが増えて来ました。

 

本日は女性におすすめのサングラスをご紹介したいと思うのですが、

特におすすめなのが、

MUGUET (ミュウゲ)のサングラス。

 

MS-020

サイズ:54□18

カラー:02 Amethyst

27,000円(税込)

 

女性デザイナーがデザインを手がけ、

可愛らしさに上品さもプラスした大人の女性のための眼鏡ブランドです。

サングラスもとっても素敵なデザインのものが多いのですが、

中でもこちらのモデルは個人的に大好きなモデルです。

 

 

このサングラスの特長はサイドのデザイン!

フロントは肌馴染みしやすいプラスチック生地を使いながら、

サイドからテンプル(腕)にかけては華やかな生地を使っています。

 

カラー:04 Sun Aurora

 

別色のこちらも素敵です。

お顔の引き上げ効果もあるフレームシェイプですが、

それでいて、海外ブランドのサングラスのように

顔がきつく見えず、日本人でも違和感なくかけられる

そんな絶妙なシェイプです。

 

 

こちらのカラーも、サイドのデザインがとってもきれいです。

レンズのカラーは、

下にいくほど色が薄くなるグラデーションカラーになっています。

 

大ぶりのプラスチックのサングラスは、

まつ毛がレンズにくっついてしまったり、

フレームのフチが頬に当たってしまったりしがちですが、

こちらのサングラスは特殊な鼻パッドを使っていますので、

そういう心配も少ないです。

デザイン性だけでなく、実用性や掛けやすさも考えてデザインされています。

 

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ラフォンのベストセラーモデル

2018.03.27

 

スタッフ長尾です。

お洒落なフランスのメガネフレームlafont(ラフォン)

 

日本のフレームではお目にかかれない斬新なカラーも人気です。

 

 

なかでも人気なのがこちらのモデル CLAIRE(クレール) 51サイズ

 

ラフォンのベストセラーモデルなんだそうです。

 

カラーが・・・ちょっと派手??? という第一印象の方も多いのですが

アーモンドシェイプと呼ばれる独特のレンズ型は顔なじみも良く

試着をしていただくと、みなさんたちまち虜に!!

 

テンプルの模様は京都の竜安寺の石庭の箒目がモチーフ。

おまけに右側のブルーのフレームは日本限定カラー、親近感もわいてきます(*^_^*)

 

とても人気なのですが、再生産の予定がないそうなのです。

当店にもブルーの日本限定カラーが一本あるのみ!

気になる方は、ぜひ見に来てください。そして試着してみてください。

きっと虜になりますよ♡

花粉対策にメガネ、有効ですよ!

2018.03.26

スタッフ今堀です。

 

ここ数日、ぽかぽかと暖かい日が続いております。

そのためなのか、花粉用のメガネがよく売れております。

 

 

いつもコンタクトだけど、この時期だけはメガネを使う。

そんな方も多いのかもしれません。

 

先日の新聞記事にこんなのが載っておりました。

 

 

普通のメガネで半分から約3分の1に、

花粉防止仕様のメガネだと約6分の1に花粉の付着量が減る。

そんな研究結果も出ているそうです。

 

最近の眼鏡用レンズは、

UVカットが標準で付いていますので、

花粉もいっぱい飛散していて紫外線もどんどん強くなる

まさに今の時期、

メガネは非常に強力な味方になってくれます。

 

裸眼だと、目は無防備な状態と言っても過言ではありません。

 

最近は、目の健康に影響を与えるHEVという光をカットするような

そんなレンズも発売されています。

視力の補正だけでなく、目の健康を守るためにメガネを掛ける。

少しずつですが、そんな時代が近づいている気がします。

 

 

記事の中でも紹介されていた名古屋眼鏡スカッシーシリーズ

当店でも取り扱っております。

分からないことなどありましたら気軽にスタッフにお尋ね下さい。

 

同じように見えるかもしれませんが、実は違います

2018.03.25

スタッフ今堀です。

 

当店で人気の眼鏡ブランドの一つ、

spec ēspace (スペックエスパス)

 

一般的なメガネフレームの価格に比べると、

ちょっと高いフレームにはなるのですが、

それでも気に入ってお買い上げいただいております。

 

 

一枚のチタンシートから作り出されるフレームで、

テンプルを折りたたむのではなく、

レンズとフロントの間にできた開放部分に

テンプル(ウデ)を引っかけて収納するというユニークな構造です。

初めて見られた方は大抵、

「これ何?どうなっているの??」

という反応を示されます。

 

上の写真のように、フレームを並べた時に、

非常に“ディスプレイ映え”するフレームでもあるのですが、

そのユニークなデザインにばかり目が行ってしまい、

何となく全て同じフレームのように錯覚されるお客様もおられます。

 

でも、この4本とも全て異なるモデルで、

よく見ると、レンズのシェイプ(玉型)が違います。

 

ES-6088

カラー:11p

 

こちらはレンズの上下幅が浅めのモデルです。

今回ご紹介する4本の中では一番細身のモデルです。

 

ES-6094

カラー:28

 

こちらのモデルは上下幅が深めです。

遠近両用レンズなども十分入るサイズですね。

ブリッジ部分にスリットのような切れ目が入っていて、

ツーブリッジのようなデザインになっています。

 

ES-6095

カラー:04

 

こちらもES-6094同様、

上下幅が深いモデルなのですが、

レンズの横幅はちょっと小さめになっています。

全体的に丸みをもたせたレンズシェイプになっていて、

シャープな感じのデザインが苦手な方におすすめです。

 

ES-6093

カラー:44

 

上記のモデルは全て

レンズに溝を掘ってナイロンの糸で固定するタイプですが、

こちらの6093は、レンズを入れるためのリムが付いています。

写真では分かりにくいのですが、

フロント部は濃いめの茶色で塗装されていて、

リム部分は明るい茶色になっています。

それにより、リムの色が良いアクセントになっています。

 

フレームの構造は同じでも、

モデルによってレンズの玉型はけっこう違いますので、

ぜひ、色々見比べたり、実際に掛けて試してみて下さい。

 

ずっと気になっていたアレ、ようやく作れました。

2018.03.24

スタッフ今堀です。

 

先日もご紹介した私物のボレーのアイウェア。

 

6th SENSE (シックスセンス)

 

また同じものを紹介するのかと思われるかもしれませんが、

実は先日ブログに載せた写真と大きな違いがあります。

 

 

こちらが先日載せた写真です。

違いが分かりますでしょうか?(笑)

 

よ~く見ていただくと、

レンズが変わってるのがお分かりいただけるかと思います。

グリーンのミラーがなくなり、レンズの色も若干変化しています。

でも、それよりも大きな変化があります。

 

実は上の画像の方は、

レンズの中に度付レンズが埋め込まれています。

(ちなみに下の画像は度付レンズの入ったインナーフレームが

内側に入っております。)

 

ボレーのアイウェアに度付レンズを入れる

RXプログラムというサービスがあるのですが、

RXプログラムを使って自分用のレンズを作ってみました。

 

 

レンズは海外で生産されるため、

注文してから一か月ほどかかります。

暖かくなった頃に使えると良いなと思って注文していたので、

ちょうど良いタイミングで入荷しました。

 

こんなカードもレンズといっしょに送られてきます。

 

裏側にはレンズの度数と注文したユーザーの名前が書かれています。

 

フレームとセットで注文することもできますが、

今回は今使っているアイウェアのレンズだけを交換したかったので

レンズだけ注文しました。

 

インナーに度付のレンズを入れた状態。

 

埋め込みの度付レンズが入った状態。

しっかり軽くなっています。

僅か数グラムかもしれませんが、

鼻にのっかる重量を減らせるのは大きいです。

 

 

もともと使っていたレンズのカラー(写真左)は、

コントラストが非常によくなるので気に入っていました。

RXプログラムでは、残念ながら同じカラーが選べなかったので、

レンズのカラーによる見え方が気になっていたのですが、

そこまで大きな違いはなく、安心しました。

(グリーンのミラーがなくなったのは残念ですが・・・)

 

くり抜いた度付レンズを埋め込むと初めて聞いた時は、

正直すごくカッコ悪そうと思っていたのですが、

実物を見ると全然大丈夫でした。(笑)

実際に自転車に乗りながら試してみて、

見え方を確認してみたいと思います。

 

普段は自宅に持ち帰っておりますが、

どんな感じなのか見てみたいという方がおられましたら、

事前にご連絡いただければお店に持って行きます。

度数が違うので見え方の確認はちょっと無理ですが、

外見がどんな感じになるのかは見ていただけると思います。

正直お値段はそれなりにしますので、

まずは実物を見てから考えていただく方が良いと思います。

興味をもたれた方は、

スタッフ今堀まで気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキット (AKITTO)の直営店がオープンしました。

2018.03.23

スタッフ今堀です。

 

装いに華やぎを添えるアクセサリーのように

掛けることでより女性らしさが引き立つようなアイウェア。

 

そんなデザインコンセプトの眼鏡ブランド、

アキット (AKITTO)

 

当店でも女性のお客様から圧倒的な支持を得ているブランドです。

今月も既に2名のお客様がアキットのフレームを選ばれました。

 

そんなアキットの直営店が昨日オープンしました。

 

AKITTO直営店 「megane no kawakami」

 

お店の場所は東京都港区白金台です。

詳しくはAKITTOの公式ウェブサイトをご覧ください。

 

 

来月、新しいお店で新作の発表が行われますので、

スタッフ長尾とともに見に行って来ようと思っております。

 

アキットユーザーの皆さま、

東京へ行かれた際は、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

フレーム選び、鼻幅も重要ポイント2

2018.03.22

 

スタッフ長尾です。

先日のブログで、

フレームのサイズ選びには鼻幅も重要ですよというお話をしました。

詳しくはこちらをご覧ください

 

目幅が狭めの方は鼻幅が狭い(短い)フレームが

  

お顔とのバランスが取れてスッキリ眼鏡美人になれるのです。

 

じゃあ、目幅がちょっと広めの場合はフレームの鼻幅が広い方がいいってこと?!

 

その通り!!です。

 

例えばこちらの二本のフレーム。レンズの玉型サイズは同じ48サイズ。

小顔の方用の小さめフレームですが、

鼻幅は上のフレーが20mm、下は14mmでかなりの差があります。

 

このようなフレームを二本、目幅が少し広めの方に掛けてもらうと・・・

 

みなさんのご想像通り、

右のイラスト、狭い鼻幅のフレームだと目が広がってみえちゃいます

目頭側がものすごく空いてしまっているせいなんですね。

さらにこの黒いフレームは

メガネのテンプル(ウデ)が太いので

対面した時に視線が顔の外側に集まりやすくなります。

錯覚に錯覚が重なって、目幅を余計に広く見せてしまっているのです。

 

左のイラストはその逆、

ちょっと目を引くデザインの広めの鼻幅のフレームは、

視線がお顔の中心に集まるので、顔のパーツも錯覚で中心に寄って見えるのです。

 

 

狭かったり、広かったり。結構重要なフレームの鼻幅。

でも最初は気にせず、いろんなフレームを掛けてみてください。

感覚、第一印象もこれまた大事です。