トップページ > お知らせ・Blog

パーソナルカラー

パーソナルカラー 夏

2018.09.23

 

スタッフ長尾です。

パーソナルカラーの各シーズンのフレームを紹介して来ましたが、

「夏」のカラーだけついでのような紹介になっていました。

そこで、今日あらためて「夏」のカラーを紹介いたします。

 

パーソナルカラー夏のフレームカラーはこのような感じです。

 

暑い夏のイメージには原色の赤や緑がふさわしそうですが

パーソナルカラーの夏は、

明るくソフで少しグレイがかった涼しげな色味のグループです。

ラベンダーや、スモーキーピンクなどソフトな色は印象がぼやけることがあるのですが

夏の人は輪郭が立体的に、肌の調子が整って滑らかに見えます。

ライトブルーグレーはおすすめカラーです。

 

こちらのフレームのグリーンは顔色を悪く見せる傾向にありますが・・・

夏の人はかえって血色がでて華やかにな感じになるんです。

内側の生地ががクリアーなのも大事なポイントです。

 

プラスチックフレームは色の面積が大きいので抵抗があるわ・・・

ということであれば、

このように色をワンポイントに使ったフレームもあります。

まずはいろいろと試してみてくださいね。

 

 

パーソナルカラー夏の人は明るい色も、ちょっと暗めの色も似合ます。

 

*オリジナルカラーとは多少異なってる場合があります。

あくまでもイメージとしてとらえてください

パーソナルカラー 春

2018.09.19

 

スタッフ長尾です。

きょうはパーソナルカラー「春」を紹介します。

 

パーソナルカラー春はこんなカラーです。

春の人が似あう色は、濁りのない明るく澄んだカラフルな色。

「鮮やかで軽やか」フワフワした可愛らしい色味のグループです

 

本人の好き嫌いを問わず、ちょっと派手!?

と思われるオレンジやグリーンを若々しくキュートに着こなしちゃいます。

 

こちらのグリーンとライトブラウンのツートンのプラスチックフレーム。

アクセントカラーとしてもおススメですが、

内側(鼻より)のライトブラウンは顔色を明るくする効果もあります。

フレームが上手く目の下の影をカバーしてくれるので、

パーソナルカラー関係なく、試してみる価値はありますよ。

 

「春」の人は、濁りのある色や曖昧な色が苦手です。

シックな装いをする時でも

少しだけ鮮やかな色でポイントを効かせるといいですよ。

*オリジナルカラーとは多少異なってる場合があります。

あくまでもイメージとしてとらえてください。

パーソナルカラー 冬

2018.09.16

 

スタッフ長尾です。

先日、パーソナルカラー秋と夏のフレームを紹介したので

今日は「冬」を紹介します。

 

これから数か月後にやって来る冬。パーソナルカラー冬はこんなカラーです。

冬の人が似合う色は、重厚感があって落ち着いた色味。

「クールで鮮やか」が冬カラーの特徴なので

クリスマスカラーの緑と赤をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

 

コントラストがハッキリした色の組み合わせを、かっこよく着こなせるんですね。

 

ちょっと暗めだけれど、光にかざすと鮮やかなロイヤルパープルのフレームは

シャープにきりっとした印象に見せたい時にぴったりの色。

目元メイクのアクセントカラーにおすすめですよ。

(メイク全体とのバランスは大事です!)

 

そして、冬の人が得意な色が 黒」 「BLACK」です。

重くなりがちな黒を明るくすっきり、さらりと着こなせちゃうんですね。

↑上の黒いフレームはきらきらスワロフスキーが目元を彩って

カッコ良さに可愛らしさもプラス。

カッコ良いも、可愛いも。カラーを味方になりたい自分を演出しちゃいましょう。

 

 

 

冬の人は他にもパステルカラーのよう色も得意だったりします。

下の図、左一番上ペールのグループのような淡いカラーも似合います。

オリジナルカラーとは多少異なってる場合があります。

あくまでもイメージとしてとらえてください。

パーソナルカラー秋

2018.09.11

 

スタッフ長尾です。

店内も秋仕様に模様替えされました。

 

パーソナルカラーを意識してデザインされたものは数少なく

はっきりくっきりと分類が難しいのですが・・・・

パーソナルカラー秋のフレームをご紹介します。

三本ある真ん中のイエローとブラウンのフレームカラーはそのものズバリの秋の色です。

食べ物のたとえで恐縮ですが、栗にかぼちゃ。

収穫の秋にふさわしい(!?)色味です。

 

パーソナルカラー秋の色は深みのある色が多く、

和服などに使われる日本伝統色は秋の色が多いことも大きな特徴です。

だから秋のみどりいろは、抹茶のみどりいろが代表カラーです。

 

渋いモスグリーンやちょっとくすんだサーモンピンクは

地味に見えたり、年齢より上に見えたりしがちですが

パーソナルカラー秋の人はかえって華やかに見えます。

地味な色をつややかに着こなせるんですね。

 

手前の丸い形のフレームはブローと呼ばれる上の眉のような飾りが秋の色

大人っぽい秋の人にちょっぴり可愛らしをプラスしてくれそうです。

まずはじゃんじゃん試着してみてくださいね。

 

 

ちなみにこの秋の色を一番苦手とするのがパーソナルカラー夏の人です。

大人っぽさを通りこして、老けて見えちゃいます・・・(スタッフ長尾は夏です。)

夏色のフレームはこちら

涼しげな明るくソフトな色が特徴的なグループです。

パーソナルカラーって難しい?!

2018.08.12

 

スタッフ長尾です。

いろいろな色の中から自分に似合う色を探し出すのがパーソナルカラー診断です。

似合う色を「春」夏「秋」「冬」のイメージになぞらえて4つに分ける方法

フレーム選びのお手伝いとして当店でも診断を行っています。

とは言っても、

何をどう分けるの????難しそうだよね・・・。

色って色々たくさんあるし、よくワカラナイ。

という方も多いと思います。

まずはご自分の好きな色の傾向を確認してみてください。

 

下のA・B・C・Dはある共通の特徴を持った複数の色でグループ分けしたものです。

この中から好きな色のグループを一つ選ぶとしたらはどれでしょうか?

なんとなく、で構いません。

 

深みのあるA?

明るめのB?

はっきりしたC?

ソフトなD?

もしかしたら、好きな色が散らばっている!って方もいらっしゃるかもしれません。

 

こうやって主観的に選んだ色は

ご自身の洋服選びやインテリアのカラーにも反映されていますよね。

好きな色=似合う色と限らないところが難しいところですが・・・。

 

でもパーソナルカラーが分かると

似合う色が分かるのは勿論ですが、

似合わない色はなぜ似合わないのか、その理由も分かります。

主観的に選んでいる洋服の色も、一歩引いた客観的な目で選ぶことが出来ます。

 

 

ちなみに上の4つの色わけですが

グループAは「秋」

グループBは「春」

グループCは「冬」

グループDは「夏」

イメージとちょっと違う季節があるかも。

でも、それにももちろん理由があります。

なんか面白そう、ちょっと興味がわきました?

気になったらお気軽にお問い合わせくださいね。

男性もご活用ください。パーソナルカラー診断

2018.07.17

 

スタッフ長尾です。

先日男性の方のパーソナルカラー診断をさせていただきました。

パーソナルカラー診断は基本的に女性も男性も同じ。

似合う要素は男女同じ、なんです。

ただ、男性は自らすすんでカラー診断を受けられることは稀です。

だいたいは奥様やお嬢様にすすめられて

いいよ別に(そんなの受けなくても)、でもまぁ、しょうがないなぁ。

という感じでは始めせて頂くことが多いのですが・・・。

 

事前説明やアンケート等の後に診断を始めると・・・・。

青なら青のそれぞれ微妙に違うテストカラーを当てた時に

顔色が良く見えたり、顎のラインがスッキリシャープに見えたりすることや

髭剃り後が濃くなったように見える顔色の変化に

こちらがびっくりするぐらい興味津々で色んな質問が飛んできたりします。

(こんなところも男女同じなんですね。)

 

 

この顔色の変化は濃い色味に限った時に起こる現象ではなくて、

白などの薄い色でも見え方に違いが出てきます。

一口に白と言ってもオフホワイトから生成りの白、アイボリーといろいろあります。

 

パーソナルカラーは男性には関係ないように思われがちなのですが、

スーツのシャツ選びにも応用していただけます。

白いシャツでも、素材やメーカーにより色味が違ってます。

似合う色が分かればシャツ(服)選びに迷いが無くなります。

 

分かれば色々便利、自分に似合う色。

パーソナルカラー診断、男性の方も是非ご活用ください。

 

 


当店にて4万円以上のメガネをお買い上げいただけるお客様には

パーソナルカラー診断のサービスも行っております。

担当スタッフが不在の場合もありますので、

事前にお電話にてご予約をお願い致します。

お客様のメガネのご紹介。パーソナルカラー診断でフレームのカラー選び

2018.07.16

スタッフ今堀です。

 

先日、滋賀県の東近江市からメガネを作りに来ていただきました。

(東近江市、僕もサイクリングでよく行きます。)

 

今年の春にご夫婦でご来店いただき、

その時は奥さまのメガネをご購入いただいたのですが、

今回はご主人のメガネを作らせていただきました。

 

 

春に奥さまのメガネを作らせていただいた際、

パーソナルカラー診断をさせていただいていたのですが、

今回、ご主人もそれを受けてみたいというご希望だったので、

スタッフ長尾がカラー診断をさせていただきました。

 

パーソナルカラー診断は、

男性でも女性でもできるらしいのですが、

正直、あまり男性で興味をもってくださる方は少ない・・・・

関心を示していただくのは、ほとんどが女性の方です。

そういう理由もあって、

今回はちょっと珍しい(?)男性のお客様のカラー診断をさせていただきました。

 

せっかくの機会なので、ご本人様の承諾をいただいて

カラー診断の様子を撮影させていただきました。

(ブログへの掲載もご許可いただきありがとうございました。)

 

パーソナルカラー診断というと、

「赤は似合うけど、青は似合わない」というような、

自分に似合う特定の色を見つけるというようなイメージがありますが、

実はそういうわけではありません。

 

 

簡単に説明しますと、色のグループが4つに分かれていて、

それぞれのグループの中に赤、青、緑、紫などの色があります。

色布を当てながら、どのグループの色が似合うかを判断するのが、

パーソナルカラー診断です。

 

 

たとえば、こちらは緑色。

黄色が入った緑や、青みが入った緑など、

緑といっても、それぞれ色が違います。

4種類の緑の布を当てて、顔色の変化などを見ながら

どのグループの緑が似合うのかを見ています。

 

 

こちらは青色。

「青が好き」と思っていても、どんな青でも似合うというわけではなく、

自分にとっては“苦手な青”もあります。

 

 

ピンクもあります。

合わせる色によっては、元気がなくなって見えたり、顔が青白く見えたり・・・

実際にやってみると、皆さん驚かれます。

 

そんな感じで、いろんな色で試してみて、

最終的にどのグループの色が一番合っているのかが決まります。

人によっては必ずしも一つのグループの色だけでなく、

別のグループでもこの色なら大丈夫というのもあります。

 

 

今回のお客様は、あらかじめフレームを選んでいただいていて、

パーソナルカラー診断を受けていただく前の段階で、

いくつかフレームの候補があったのですが、

診断の結果を受けてこちらのカラーのフレームになりました。

カラー診断の結果をフレーム選びに見事に生かすことができました。

 

 

メガネが完成して取りに来ていただいた時に、

自分の似合う色が分かるカラーチャートをプレゼントさせていただきます。

洋服選びの際などにご活用下さい。

 

当店にて4万円以上のメガネをお買い上げいただけるお客様には

パーソナルカラー診断のサービスも行っております。

(担当スタッフが不在の場合もありますので、

事前にお電話にてご予約をお願い致します。)

メガネを作ろうと思っている方で、

フレームのカラーでお悩みの方や、パーソナルカラー診断にご興味のある方は、

ぜひ、ご活用ください。

 

 

 

 

色、いろいろ

2018.07.10

 

スタッフ長尾です。

いきなりですが、色って不思議ですよね。

きのうのブログでも

涼しく感じてもらえるように青の布をベースに模様替えを云々・・・とありました。

この涼しく感じる青い色や、暖かさを感じる赤やオレンジン色は

100%に近い人が共有できる客観的で理論的な要素の強い感情で固有感情と言います。

他には白は軽く感じ黒は重く感じるといような感情です。

(沈着冷静ならブルー、情熱的なら赤)

バーゲンやセールの時のポップが赤・オレンジが多いのは

気持ちを高揚させて購入意欲をかきたてる効果ねらい。

で、私は上手くのせられているわけです(笑)

 

それとは違い人が独自に持っている個別の感情に表現感情というものがあります。

例えば「好き・嫌い」、「きれい・汚い」などの主観的で情緒的な感情効果のことです。

ある人には癒される色でも、別の人にはあまり身近に置きたくない色

ということもある訳です。

 

だから色選び色でいろいろ迷うんですよね。

ということで今日のご提案は、

元気になる色でメガネを選びませんか?ということです

元気に見える色ではなく、元気になる色です。

 

私はこの色が好き!という色がありますよね。

理由は色々。

気分が明るくなる色とか、ラッキーカラーだったり。

そんな色選びもいいと思うんです。

 

例えばこんなメガネ。

フランスのメガネフレームは独特の色使い。目に鮮やかです。

このカラーを見て気持ちがアップ⤴する人がいるかも、です。

 

例えばこちらのフレーム。正面から見れば落ち着いたカラー。

 

でも少し斜めから見ればグリーンや紺色が見え隠れ。

テンプル(ウデ)も鮮やかなカラーです。

メガネをかけてしまうと見えなくなりますが、

そこがいいところ、です。

誰も気づかないけど、こんなきれいな色のメガネを掛けてるんだよ。

ヒソカに自慢です。

 

カラーフレームはプラスチックが多いですが、こんなフレームはいかがでしょうか?

メタル(金属)フレームですが、ワンポイントにピンクとブルー。

これはヒソカにではなく、しっかり自慢してください(^o^)

パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる③

2018.05.25

 

スタッフ長尾です。

自然な美肌感を演出してくれる肌美人BEAUTE(ボーテ)

なめらかで透明感のある肌に見せるためパーソナルカラー理論を取り入れています。

色白効果には青みに寄ったカラーグループの「ブルーベース」のカラーと

肌をなめらかに見せる効果の濁りのある色「濁色」が使われています。

 

実際に採用されてた色がこちらの3色です。

ブルーベースが基調になっているなら、

パーソナルカラーがイエローベースグループには不利?

と思われるかもしれませんが、そこは大丈夫。

女性による商品開発チーム「女子開」が企画開発した商品ですから

きちんと考えられています。

 

ブルーベースには肌を白くすっきり見せる効果がありますが

人によっては肌の色が抜け過ぎて寂しげな印象になることがあります。

人は全て同じではありませんし

色白効果があるブルーベースが万能なわけでもありません。

 

ブルーベースに濁色をプラスすることで

肌をより美しく、若々しく見せてくれます。

 

スタッフ長尾個人的におすすめなのがノーブルブラウンです。

このカラーは肌をよりマットで上質に見せてくる感じがします。

だまされた(?!)と思ってテストレンズでぜひぜひお試しください。

店頭でお待ちしています。

 

 

パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる②

2018.05.23

 

スタッフ長尾です。

先日紹介しました女性の肌を美しく見せる肌美人BEAUTE(ボーテ)

肌を白くすっきり見せる効果として、

パーソナルカラー理論の「ブルーベース」が使われていますが(詳しくはこちら

肌にツヤを出したりなめらかにみせる効果に「色の清濁」があります。

これは読んで字のごとく、色が澄んでいるか濁っているかという事なのですが。

 

ある色に(ここでは赤紫)白、黒、グレーが混っていくと・・・・

白が混ざった色は明るく澄んで軽い感じが、

黒が混ざった色は暗くても澄んで重厚な感じが出ます。

グレーが混ざると透明感がなくなり濁りが出てきますが、

輪郭をぼかす効果があるのでその分ソフトな感じがします。

 

白や黒が混ざった色を「清色」

グレーが混ざった色を「濁色」と言いますが、

このグレーの混ざった「濁色」には

肌の色ムラを目立たなくしてなめらかな質感を出す効果があります。

 

・肌を白くすっきり見せる「ブルーベース効果」

・なめらかでソフトな上質肌を演出する「濁色効果」

パーソナルカラー理論のうちのふたつの効果を採用して完成したのが

肌美人BEAUTE(ボーテ)です。

美白・透明感を出しつつ、なめらかで自然。

クールなイメージにも

華やかな印象にも

柔らかい雰囲気にも

自然な美肌感に重点が置かれています。

ほぼ無色なのに色白効果がある8%濃度から

強い日差しも防いで安心の80%濃度まで

テストレンズあるので、どんどん試してみてくださいね。

まずは、メイクとの相乗効果が期待できる自然な濃さ8%から。

薄い色なのに肌の色合い、質感の変化がわかりますよ。

 

 

そして、肌美人BEAUTE(ボーテ)は “ かけるだけ ”で美肌ケア

美肌ケアにはかかせない紫外線カットは標準仕様!

チラツキの原因青色光を取り除くブルーライトカットで

顔をしかめることによる表情ジワもブロック!

肌に関するお悩み解決に力を貸してくれます。