トップページ > お知らせ・Blog

パーソナルカラー

色、いろいろ

2018.07.10

 

スタッフ長尾です。

いきなりですが、色って不思議ですよね。

きのうのブログでも

涼しく感じてもらえるように青の布をベースに模様替えを云々・・・とありました。

この涼しく感じる青い色や、暖かさを感じる赤やオレンジン色は

100%に近い人が共有できる客観的で理論的な要素の強い感情で固有感情と言います。

他には白は軽く感じ黒は重く感じるといような感情です。

(沈着冷静ならブルー、情熱的なら赤)

バーゲンやセールの時のポップが赤・オレンジが多いのは

気持ちを高揚させて購入意欲をかきたてる効果ねらい。

で、私は上手くのせられているわけです(笑)

 

それとは違い人が独自に持っている個別の感情に表現感情というものがあります。

例えば「好き・嫌い」、「きれい・汚い」などの主観的で情緒的な感情効果のことです。

ある人には癒される色でも、別の人にはあまり身近に置きたくない色

ということもある訳です。

 

だから色選び色でいろいろ迷うんですよね。

ということで今日のご提案は、

元気になる色でメガネを選びませんか?ということです

元気に見える色ではなく、元気になる色です。

 

私はこの色が好き!という色がありますよね。

理由は色々。

気分が明るくなる色とか、ラッキーカラーだったり。

そんな色選びもいいと思うんです。

 

例えばこんなメガネ。

フランスのメガネフレームは独特の色使い。目に鮮やかです。

このカラーを見て気持ちがアップ⤴する人がいるかも、です。

 

例えばこちらのフレーム。正面から見れば落ち着いたカラー。

 

でも少し斜めから見ればグリーンや紺色が見え隠れ。

テンプル(ウデ)も鮮やかなカラーです。

メガネをかけてしまうと見えなくなりますが、

そこがいいところ、です。

誰も気づかないけど、こんなきれいな色のメガネを掛けてるんだよ。

ヒソカに自慢です。

 

カラーフレームはプラスチックが多いですが、こんなフレームはいかがでしょうか?

メタル(金属)フレームですが、ワンポイントにピンクとブルー。

これはヒソカにではなく、しっかり自慢してください(^o^)

パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる③

2018.05.25

 

スタッフ長尾です。

自然な美肌感を演出してくれる肌美人BEAUTE(ボーテ)

なめらかで透明感のある肌に見せるためパーソナルカラー理論を取り入れています。

色白効果には青みに寄ったカラーグループの「ブルーベース」のカラーと

肌をなめらかに見せる効果の濁りのある色「濁色」が使われています。

 

実際に採用されてた色がこちらの3色です。

ブルーベースが基調になっているなら、

パーソナルカラーがイエローベースグループには不利?

と思われるかもしれませんが、そこは大丈夫。

女性による商品開発チーム「女子開」が企画開発した商品ですから

きちんと考えられています。

 

ブルーベースには肌を白くすっきり見せる効果がありますが

人によっては肌の色が抜け過ぎて寂しげな印象になることがあります。

人は全て同じではありませんし

色白効果があるブルーベースが万能なわけでもありません。

 

ブルーベースに濁色をプラスすることで

肌をより美しく、若々しく見せてくれます。

 

スタッフ長尾個人的におすすめなのがノーブルブラウンです。

このカラーは肌をよりマットで上質に見せてくる感じがします。

だまされた(?!)と思ってテストレンズでぜひぜひお試しください。

店頭でお待ちしています。

 

 

パーソナルカラーを取り入れ、肌を美しく見せる②

2018.05.23

 

スタッフ長尾です。

先日紹介しました女性の肌を美しく見せる肌美人BEAUTE(ボーテ)

肌を白くすっきり見せる効果として、

パーソナルカラー理論の「ブルーベース」が使われていますが(詳しくはこちら

肌にツヤを出したりなめらかにみせる効果に「色の清濁」があります。

これは読んで字のごとく、色が澄んでいるか濁っているかという事なのですが。

 

ある色に(ここでは赤紫)白、黒、グレーが混っていくと・・・・

白が混ざった色は明るく澄んで軽い感じが、

黒が混ざった色は暗くても澄んで重厚な感じが出ます。

グレーが混ざると透明感がなくなり濁りが出てきますが、

輪郭をぼかす効果があるのでその分ソフトな感じがします。

 

白や黒が混ざった色を「清色」

グレーが混ざった色を「濁色」と言いますが、

このグレーの混ざった「濁色」には

肌の色ムラを目立たなくしてなめらかな質感を出す効果があります。

 

・肌を白くすっきり見せる「ブルーベース効果」

・なめらかでソフトな上質肌を演出する「濁色効果」

パーソナルカラー理論のうちのふたつの効果を採用して完成したのが

肌美人BEAUTE(ボーテ)です。

美白・透明感を出しつつ、なめらかで自然。

クールなイメージにも

華やかな印象にも

柔らかい雰囲気にも

自然な美肌感に重点が置かれています。

ほぼ無色なのに色白効果がある8%濃度から

強い日差しも防いで安心の80%濃度まで

テストレンズあるので、どんどん試してみてくださいね。

まずは、メイクとの相乗効果が期待できる自然な濃さ8%から。

薄い色なのに肌の色合い、質感の変化がわかりますよ。

 

 

そして、肌美人BEAUTE(ボーテ)は “ かけるだけ ”で美肌ケア

美肌ケアにはかかせない紫外線カットは標準仕様!

チラツキの原因青色光を取り除くブルーライトカットで

顔をしかめることによる表情ジワもブロック!

肌に関するお悩み解決に力を貸してくれます。

 

じっくり時間をかけて似合うメガネ選び

2018.04.01

 

スタッフ長尾です。

メガネのイマホリではメガネをお作りする際、

ご希望があればパーソナルカラー診断を行っています。

 

先日もご予約をいただきカラー診断をさせていただきました。

でもまずは、眼の測定です。

どんな時にどんなものをどんなふうにみたいのか。

お仕事で使う?

車の運転用にしっかり見えるように?

お家でゆったり読書?

目的に合わせたレンズ設計と度数を選んだところでカラー診断です。

 

ドレープ(布)を使い似合う色のグループを探していきます。

 

今回のお客様のパーソナルカラーは

鮮やかで力強い色が特長のカラーがお似合い。

でも淡いパステルカラーも似合うメリハリの効いたカラーが得意な冬の人でした。

 

ここからが楽い楽しいフレーム選びの時間です。

似合うカラーのフレームに似合うフレームの形をいろいろかけていただきます。

 

勿論お客さまのご要望もしっかりとお聞きしますよ。

 

 

そして決まったフレームはこちら。

可愛いフレームですがブラックがきりっとしたシャープさを出しています。

 

黒という色はシンプルな色ですが、掛けこなすのがなかなか難しい色です。

でもさすがはパーソナルカラーがの方です。

重くなりがちなカラーを明るくすっきり掛けこなしていらっしゃいました。

ご本人もご家族の方もこのフレームがいい!思いも一致しました。

あとはレンズが到着するのを待つのみです。←スタッフも楽しみしています。

 

じっくり時間をかけてのフレーム選び(所要時間:約2時間)。

なんか面白そう。ちょっと興味がわきました?

気になったら、お気軽にお問い合わせくださいね。

パーソナルカラー診断。 鏡の前に座る、その前に

2017.10.25

 

スタッフ長尾です。

パーソナルカラーを使ってフレーム選びのお手伝いをさせていただく

「シンデレラコース」

 

パーソナルカラー診断を行う時の質問の一つに

「どんな格好で診断をうけるの?」というのがあります。

 

普段の服装で大丈夫です。(ピアスなどのアクセサリーは外していただきます。)

 

メイクは落としていただくのが基本ですが、

どうしてもダメ・NG、ということでしたら。

出来るだけ薄く、ナチュラルメイクでお越しください。

リップとチークは診断前にとっていただくようお願いします。

 

そのほか気になることがありましたら、何でも気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています。

パーソナルカラー診断は、鏡の前に座ることから始まります

2017.10.20

 

スタッフ長尾です。

メガネのイマホリではパーソナルカラー診断を行い

フレーム選びのお手伝いをさせていただくサービスが始まりました。

その名も「シンデレラコース」

ゆっくりリラックス、楽しみながら似合うフレームを探していくスペシャルコースです。

 

でもあまりなじみのない言葉、「パーソナルカラー診断」の

「診断」ってどんなことをするのかな?と、ちょっと不安かもしれませんね。

 

カウンセリングの後は、鏡の前に座っていただくだけ

ドレープと呼ばれる布を各色ごと(赤・ピンク・青等々)に

胸元にあててお顔映りを確認していきます。

 

第三者だからよく分かるという事もありますが、

ご自身でも似合う色、似合わない色でこんなにも印象が変わるか!

とわかるんですよ。この時が楽しいんです。

 

茶色、紺色、グレーにホワイトも色んな色合いがあります。

私は茶色は似合わないから・・・・。

茶色という色も一色ではなく、た~くさんあります。

似合う茶色があれば苦手な茶色もあり、それは人それぞれなのです。

だから、似合う茶色もあるんですよ。

それを探していくのもパーソナルカラー診断の目的の一つでもあるんです。

まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

楽しみながら、似合う色を探していきましょう。

 

*パーソナルカラー診断のみのサービスは行っていません。

パーソナルカラーがわかると

2017.09.16

 

スタッフ長尾です。

 

いろいろな色の中から自分に似合う色を探し出すのが

パーソナルカラー診断です。

 

でも、パーソナルカラーは黄色や赤といった色を限定するのではなく、

「明るい」や「やわらかい」・「深い」といった

共通の特徴を持った複数の色のグループです。

 

だから似合う色のグループ(パーソナルカラー)が分かると。

色に対する判断基準が出来るので色選びに迷いがなくなります。

同じグループから色を選ぶと自然と調和のとれたコーディネートができます。

・・・等々楽しい事、便利な事がたくさんあります。

 

フレーム選びにも活用できますので、

興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

詳しくはホームページの「シンデレラコース」をご覧ください。

 

 

*パーソナルカラー診断のみのサービスは行っておりません。

 

 

 

パーソナルカラー診断

2017.08.20

スタッフ長尾です。

 

似合う色を探し出すパーソナルカラー診断
先日もお一人診断させていただきました。

パーソナルカラー講座③

お店からのニュースレターや、店内のボードなどでご案内をしていますが、
まだまだなじみが薄いようでどんなものなのかちょっと不安。
というかたも多いみたいです。

 

でも、大丈夫ですよ
似合う色についてはもちろんですが、
そもそもなぜパーソナルカラーというものがあるのか?
どんな理由で似合う色をグーループで分けているのか?
という基本のキホンのお話から。
パーソナルカラー講座②

好きな色の簡単なテストみたいなものを試していただいたりして
パーソナルカラー診断4.14の1

リラックスしたところでカラードレープを使ってカラー診断を始めます。
パーソナルカラードレープ

ここが一番楽しい所なんですよ。
あえて似合わない色をあてて、お顔映の比較をしたりもしますよ
似合う色・似合わない色でこんなに印象が変わる、驚きの場面でもあります。
そして、似合う・似合わない色が分かったところでフレーム選び。楽しいですよ!
ちょっと受けてみようかな~気持ちが動きました?
まずはお気軽にお問い合わせくださいね。(長尾が不在の場合もありますので・・・・)

 

メガネのイマホリではパーソナルカラー診断を使った
新しいサービスを9月から始める予定です(予約制)
詳しい内容が決定次第ブログ等でご案内しますので
フレーム選びに是非ご利用くださいませ。

色を味方に

2017.06.07

スタッフ長尾です。

 

誰でも自分だけに「似合う色」があってそれをパーソナルカラーと呼んでいます。
だから、「赤い色」と言っても、色々な赤があって
「似合う赤」もあれば、「似合わない赤」もあるんです。
と書いたのが先日2日でした
パーソナルカラー色相環小

黄色寄りの赤から青い色に近い赤まで、赤い色は沢山ありますよね。
パーソナルカラー青味と黄味
パーソナルカラーでは基本的に全ての色を
「黄味より」「青味より」に分類していて、
黄み寄りをイエローベース。
青味よりをブルーベース。 と呼んでいます。

 

当然メガネフレームの赤にも色々な赤があり
イエローベースと、ブルーベースわけられます。
色調がわかりやすプラスチックフレームで分類してみました。

 

イエローベースの赤いフレーム。
PCイエローベースの赤

ブルーベースの赤いフレーム。
PCブルーベースの赤

イエローベースが似合えば、血色がよく元気にみえます。
ブルーベースが似合えば、色白ですっきりした印象になります。
色って、不思議な力をもっていますよね

 

そしてこのイエロー、ブルーのベースによるグループ分けはファッション以外に
インテリアなどの身近な生活空間の中で活用できるんです。
お部屋の雰囲気も変えられます。
聞けば「、あぁ・・・。なるほど!」ってなります

 

ヒントは二つの画像。
PCブルーベースの赤と緑

PCベースちぐはぐ

どちらかちぐはぐな感じ、しませんか

似合う色は、貴女をより美しくしてくれます

2017.06.02

スタッフ長尾です。
似合う色、似合わない色って難しいですが、

 

例えば、赤色。
「私は赤は似合わないから・・・・」そう思っている方いらっしゃいますよね。
赤にもいろんな赤があります。
似合う赤があれば似合わない赤もあります。

パーソナルカラー青味と黄味
の赤は、右と左それぞれ共通点があります
左の赤は、少し朱色に近い色    右の赤は、少し紫に近い色

 

色の変化を表した色相環に照らし合わせてみると
パーソナルカラー色相環小
黄色により近い赤と、青により近い赤という言い方が出来ます。
パーソナルカラーでは、
イエローベース
ブルーベース
と呼んでいます

 

黄み寄りの色肌を血色よく明るく見せてくれます。
これは赤に限らず緑色やピンクでも同じ効果が有ります。
ただ似合わないと、肌がくすんだ印象になってしまいます。

 

青み寄りの色肌の色が白くすっきりした印象になります。
グレーやブラウンでも同じ、黄み寄り、青み寄りがあります。
これも似合わないと、白さを通り越し不健康な感じなってしまいます。

 

メガネフレームは顔に直接のせるので、肌映りの良し悪しが分かります。
同じ形で、同じサイズのフレーム。
パーソナルカラーアキット

でも、色の違いでお顔の印象が大きく変わります

 

貴女もカラーマジック、体験してみませんか?