トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

大人の気品

2016.06.11

スタッフ長尾です。

 

今日はメーカーの営業さんが来られ、新しいフレームを見せてもらいました。

 

 

ちょっと懐かしいような大ぶりのフレーム。

 

そしてこんなフレームも・・・

 

 

キラキラフレームに囲まれて、逆に目をひきました。

 

着物に合いそうだわぁ・・。と思ったら、

「このフレームは着物にもよく合うんですよ。

着物をお召しになる方におすすめなんですよ。」

担当セールスさんに先に言われちゃいました(笑)

 

「着物に合うメガネ、ないかな?」

そんなリクエストをいただくことも時々あるので、早速注文しました。

お店に届いたらブログでご紹介させていただきます。

どうぞ、お楽しみに。

スペックエスパスの新作 入荷しました②

2016.06.10

スタッフ今堀です。

 

先日に続き、今日もスペックエスパスの新作のご紹介です。

 


ES-6094
38,000(税別)

 

シート状のチタンで作られた、スペックエスパスではおなじみのデザイン。

通常のフレームのようにテンプル(腕)を折りたたむことができないのですが、

フロント部分の両サイドにテンプルの先をひっかけることができ、

そうすることでテンプルを収納することができます。

 

 

先日ご紹介したES-6093にはレンズを固定するリムがありましたが、

こちらはレンズに溝を掘ってナイロンの糸で固定するタイプのフレームです。

 

 

これまでのモデルとそれほど変わっていないように見えますが・・・

フロント(前枠)の左右のレンズをつなぐ間の部分、

この部分にスリットが入っています。

 

ちょっとした違いに思えてしまうのですが、

このフロントに施されたわずかな空間によって、

正面から見た時の印象が結構変わります。

ぜひ、従来のモデルと掛け比べて見て下さい。

 

 

スポーティーな服装にも合わせやすいフレームです。

スポーツジムで使うメガネとしてご購入いただいたお客様もおられます。

夜にウォーキングやジョギングされる方にもおすすめですよ。

スペックエスパスの新作 入荷しました①

2016.06.08

スタッフ今堀です。

 

4月に東京で行われた春の展示会(新作発表会)。

その時に予約をしていた、

spec espace(スペックエスパス)の新作が入荷しました。

個人的にも入荷を楽しみにしていた新作です。

2モデル入荷しているのですが、まずは第一弾です。

 


ES-6093
38,000円(税別)

 

おなじみのシート状のチタンで構成されたヒンジレスフレーム。

(※ヒンジとは、フレームの腕(テンプル)を折りたたみをするために

取り付けられている部品のことです。)

 

 

このES-6093の特長は、レンズを固定するためのリムがあることです。

(レンズをはめこむフチの部分のことです)

これまでのモデルの多くはリムのないタイプで、

レンズに溝を掘ってナイロンの糸でレンズを固定していました。

そのため、度数によってはレンズが薄くなりすぎてしまい、

充分な幅の溝が掘れなかったり、レンズが割れる心配もありました。

リムがあることで様々な度数のレンズに対応できるようになっています。

 

 

スペックエスパスといえば、レンズとフレームの間にできるこの空間

横から見た時にすごくカッコ良いんですよね。

たま~に、「メガネ二つ掛けているの?」なんて聞かれたりします(笑)

 

 

黒ベースのカラーのフロントに対し、

リムにはちょっと明るめのカラーが使われています。

正面から見るとレンズの周辺に色が入っているように見えます。

良い感じで程よいアクセントになっています。

 

フレームを手に取って見るだけでなく、

ぜひ、実際に顔に掛けてみて欲しいフレームです。

イーグルビュー、流鏑馬神事で試してきました

2016.06.06

スタッフ長尾です。

 

昨日、近江神宮の流鏑馬神事を見に行ってきました。

午前は小雨交じりのあいにくの空模様だったのですが、

神事が始まり流鏑馬が行われる頃には日も差してきました。

ちょっとホッとしました。

実は流鏑馬神事を見るにあたって、

あるもののお試しをしようと思っていたのです。

 

それは・・・・

 

緑が際立つレンズ、イーグルビューのお試しです

 

 

イーグルビューは、可視光線の中でも特に緑色系の波長が強調 され、

ゴルフコースの芝目をくっきり際立たせてくれるのです。

 

ですが、当店スタッフはだぁ~れもゴルフをしないので、

実際にゴルフ場で試すということができていません。

 

でも緑が際立つということは緑の多い場所、

山の中などを歩く時にも良いってことではないか?と思ったのです。

 

大抵の神社がそうであるように近江神宮も緑に覆われています。

 

 

参道もご覧の通りです。

 

木々が鬱蒼と茂っていて、森林浴しならのんびり歩く。気持ちも良いです。

 

 

この様子にテスターを自分のメガネにセットしてみました。

 


(スマホのカメラの上にサングラスを被せて写真を撮ってみました)

 

どうでしょうか?

日が射しているところと日陰になっているところ、

まだら模様になった白っぽい部分が見やすくなって、

木々の葉の色がくっきりしてませんか?

 

一緒に行った友人に試してもらった感想は、

「緑がくっきり。景色がマイルドで眼が楽な感じ。」

でした。

 

感じ方は人それぞれ、個人差があると思います。

テスターを貸出していますので、お好きな場所でお試しできます。

ゴルフ場、トレッキング、ハイキングコースで是非お試ししてみてください。

ご感想をお聞かせいただけると嬉しいです。

 

 

リーフレットのご紹介

2016.06.05

スタッフ今堀です。

 

先日ご来店いただいた新規のお客様。

「ネットで調べたら、認定眼鏡士がいる店だったのでこちらに来ました。」

とおっしゃっておられました。

 

まだまだ認知度の低い認定眼鏡士ですが、

眼鏡店を選ぶ際の基準にされる方も少しずつ増えて来ているようです。

 

さて、そんな「認定眼鏡士」を認定・教育しているのが、

公益社団法人 日本眼鏡技術者協会という組織です。

認定眼鏡士を対象にした生涯教育を開催したり、

消費者の皆さまに認定眼鏡士について知ってもらうために、

様々なPR活動も行っております。

 

 

その活動の一環として、先日このようなリーフレットが送られて来ました。

なかなか可愛らしいイラストが描かれたリーフレットです。

中身をちょっとご紹介しますね。

 

「大切なメガネを長持ちさせるメガネのお手入れ」

こちらには、メガネのお手入れの方法や、

ご使用上の注意事項などがイラストを使って説明されております。

 

加齢による目の病気

こちらのリーフレットには、白内障や加齢黄斑変性など、

加齢に関連した目の病気が紹介されています。

 

僕もざっと目を通してみたのですが、なかなか分かりやすかったです。

メガネをご購入いただいたお客様にお渡ししていこうと思っております。

興味のある方は気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

シルエットユーザーに大人気です

2016.06.04

スタッフ今堀です。

 

紫外線とともに、強い日差しが気になる今日この頃。

サングラスをお求めになられるお客様や、

メガネを作る際に薄めのカラーを入れられるお客様が多くなってきました。

 

そんな中で、シルエットのフレームをお使いのお客様に、

特に人気があるのがこちらのアイテムです。

 


スタイルシェイズ

 

 

シルエットのフレームに取り付けることができます。

 

 

こんな感じで簡単にサングラスに変身します。

 

 

取り付け方法もとっても簡単です。

スタイルシェイズの裏側を見ると、

レンズとレンズの間のブリッジと呼ばれる部分がフックのようになっており、

 

 

この部分に、フレームのブリッジを差し込むだけです。

ちょっと押してやれば、パチンとはまります。

 

一部対応していない商品もありますが、
ブリッジの素材がチタンのものであれば大体使えます。

 

 

外出の時だけサングラスとして使ったり、

車を運転する時にだけスタイルシェイズを装着。

お買い物やお友達とランチにはいつもの眼鏡。

場面に合わせて使い方がいろいろできて、とっても便利です。

 

ただ、人気商品のため、

ご注文いただいてから2~3週間お待ちいただいております。

お時間がかかりますことご了承くださいませ。

白内障手術後に

2016.06.03

スタッフ長尾です。

 

昨日に続き、本日もカラーレンズのお話です。

白内障の手術をされると、眼の中のレンズが真っ新になるため、

まぶしさを訴えられる方がとても多いです。

特にこれからの季節は陽ざしが強いのでつらいですよね。

 

ならばサングラスをということになるのですが、

難しいのが色の濃さ、濃度です。

多くの女性が希望されるカラーは、

色の濃度は薄め、日常使いで違和感のないもの。

つまり・・・

まぶしくなくて、近所にお買い物にも行けるサングラスを希望されます。

 

ですが、

 

市販されているサングラスはまぶしさをやわらげるためのものなので、

可視光線の透過率が50%以下のものが大多数です。

 

 

このようにかなり濃い目です。

そこでおすすめしているのが、

お手持ちのメガネのレンズをカラーレンズに交換すること、です。

当店では度数の入っていないカラーレンズを常備しています。

 

 

お好きな色で、お好みの濃度のレンズをその場でお入れいたします。

(*フチなしフレームなど対応できないものもあります。)

 

お気に入りのフレームをサングラスに変身!!

させませんか?

もちろん、サングラスカラーの濃いレンズもございますよ!

 

カラーレンズの片玉交換

2016.06.02

スタッフ長尾です。

 

「カラーレンズの片方だけキズ付いてしまったので、

片側だけ交換できますか?」

 

そんなお問い合わせを時々いただきます。

 

無色のレンズなら全く問題ないのですが、

おしゃれ用カラーレンズの場合はちょっと注意が必要です。

 

カラーレンズの交換自体は可能です。

 

 

ですが、現在使われているレンズと色が揃わない場合があります

できるのであれば、

左右一組での交換をおすすめします。

レンズの染色はその日の気候(温度や湿度)に左右され、

同じカラーの同じ濃度で注文しても、

全く同じ仕上がりになるとは限らないのです

(色の確認は人間の目でおこなっています。)

 

特に長く使っているレンズについては、

紫外線の影響などで色が多少変化していることもあります。

左右を完全に同じ色にするというのはすごく難しいのです。

 

その点を納得していただいたうえでの交換なら良いのですが、

多くのお客様は両方同時に交換されます。

やはり左右で色が違うのは嫌ですもんね。

 

調光レンズ(紫外線などに反応して色が変わるレンズ)や、

偏光レンズ(魚釣りの時水面の反射が気にならないレンズ)は、

一組での交換 となりますのでご注意ください。