トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お仕事内容が変わると、メガネを変えたほうがいい場合もあります

2020.03.10

 

スタッフ長尾です。

3月から4月は季節が大きく変わる時期ですね。

お仕事でも転勤や部署移動など生活環境も変わる頃かと思います。

 

大人のメガネ(遠近両用、室内等々)を使う年代では

デスクワークなどで「あれっ?何か見にくいな・・。」

と感じることが出やすい頃でもないかと思います。

 

メガネを新しくしてまだ1~2年ぐらいなのに

まさか!!老眼が進んだ?!

と思われるかもしれませんが、もしかしたらそれは

仕事内容が変わったことが原因かもしれません。

 

例えば、

デスク(手元)から少し離れた所の人や物が見える室内用メガネを使用していた方が

・                当店内の写真です。スミマセン

 

比較的近く30~50cmぐらいの範囲でのパソコン作業が多くなったという場合

手元の書類や資料の文字を見にくいと感じたりします。

 

室内用のメガネはその名の通り

お部屋の中で歩き回ったり資料を見たりするのにはとても便利なメガネなのですが

長い時間手元で文字を読んだり書いたりするのはちょっと辛くなります。

 

 

私自身も日常的には室内用メガネを使用しています。

簡単なパソコン作業(レンズ注文やデーター管理の入力)が出来て

ご来店されたお客様のお顔も見えます。

 

ただ、住所一覧を見ながらハガキに文字を書く

というような作業になると途端にしんどくなります。(1~2まい程度なら大丈夫)

そんな時はデスクワーク用のメガネに掛け替えています。

 

パソコンが普及してから

何を見るのか?

それを見るのにどれぐらい離れているのか?

作業時間は長いのか、短いのか?

デスクワークの作業内容も大きく変わってきています。

 

目的別にメガネも色々な種類があります。

何か見にくい、使いづらい。

お困りのことがありましたらご相談ください。

その時は今お使いのメガネもご持参くださいませ。

 


2月から毎週木曜日のほかに第2、第3水曜日も定休日となりました。

明日11日(水)、明後日12日(木)はお休みさせていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。