トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

色の入ったレンズを片方だけ交換する時は注意が必要です

2019.01.19

スタッフ今堀です。

 

最近のメガネのほとんどは、プラスチックのレンズが使用されています。

むか~しはガラスでした。(今でもあることはあります。)

ガラスレンズに比べると圧倒的に軽くて、

割れる心配もほとんどないプラスチックレンズですが、

レンズ表面は結構簡単にキズが付いてしまいます。

 

つい先日も、

「ぶつかった際にレンズに大きなキズが入ってしまったんだけど、

購入してから1年ちょっとしか経っていないので、

キズが入った方のレンズだけを交換できませんか?」

という相談を受けました。

 

 

小さいお子さんやお年寄りのお客様は、

転倒したり、物や人にぶつかったりして、

レンズにキズを付けて来られることがよくあります。

キズが付いたのが片方のレンズだけの場合には、

キズが付いた方のレンズだけを交換することも可能です。

レンズ代も一枚分の料金で済みます。

 

ただ、ちょっと気を付けていただかなければならないのが、

レンズに色が入っている場合です。

 

レンズ工場で無色のレンズを手作業で染色しているのですが、

その時々の状態によって色が微妙に変化します。

(以前、レンズの工場見学に行かせていただいた時にも、

気温や湿度に合わせて調整をしていると話されていました。)

年数が経っている場合も、

レンズの色が褪せてしまっていたりするので、

同じ色で注文したのにもかかわらず、

古いレンズと新しいレンズで色が違っていたりすることがよくあります。

さらに、大体5年位でカラーレンズの規格が変わるので、

以前使用していたカラーと全く同じカラーがなくなってしまう、

そういうことも起こります。

なので、できることなら両方とも交換していただくのがベストです。

 

そういったことを説明させていただき、

ご本人にも納得していただけたので、

今回はキズが入った方だけのレンズ交換をさせていただきました。

 

 

ちなみに・・・

無色のレンズの場合でも、

メーカーやレンズの種類の違いや、コーティングの種類などによって、

レンズの見た目が少し違うことがあります。

上の写真は、それぞれレンズのコーティングが違うのですが、

それによって反射光の色も異なっています。

 

片方のレンズだけの交換を希望される場合には、

もし以前購入した時の控えなどが残っていましたら、

いっしょにお持ちいただけると助かります。

(当店でご購入いただいている方は大丈夫です。)