トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

鼻パッドの交換時期って、いつ?

2017.05.31

スタッフ長尾です。

 

メガネをお顔にきちんとのっけてくれる、

小っちゃいけど大事な部品、鼻パッド。

 

 

実は、形や大きさも色々あります。

 

 

一般に、レンズサイズが小さいフレームには、

小さい鼻パッドが付いてることが多いです。

 

 

使われている素材も色々あります。

表面が軟らかくて滑りにくいシリコン製のものや、

透明度が高く硬めなハードタイプのものが代表的。

ちなみに、写真下側のパッドがシリコン製です。

 

 

「鼻パッドがとれた!」

「鼻パッドがちぎれた!」

(シリコン製はやわらかいのでちぎれることもあります。)

そんな場合でも、すぐ交換できるようにいろいろと揃えています。

 

鼻パッド自体は消耗品なので、

ある程度使ったら交換をおすすめします。

で、その時期っていつ頃?

どうなったら交換?

使い続けたらダメなの?

とお問合せもよく頂きます。

 

当店では、

使用を始めて大体一年が交換の目安

と説明させてもらっています。

(素材や使用頻度などによって変わって来ますので、

あくまでも目安としてお考えて下さい。)

 

メガネを毎日使っていただいていると、

汗やホコリ等で肌へのフィット感が弱くなってきたり、

新品の頃より透明感が減ってきます。

毎日の事なので気付き難いかとは思います。

特に女性はファンデーションを使う方が多いので、

鼻パッドの周辺は汚れのたまりやすい場所です。

長い間使い続けているとパッドの表面にキズが付き、

肌を傷めることもあるんですよ。

 

ちなみに、フレームによっては、

ブランド独自の鼻パッドを使用しているものもあり、

そのブランドを取り扱っていない店では交換できないこともあります。

そういう時は、購入されたお店に相談されるか、

ブランドのウェブサイトなどから問い合わせると良いかと思います。

女性に人気のメガネケース紹介

2017.05.30

スタッフ今堀です。

 

当店の女性のお客様の中には、

フレームに付属しているケースやサービス用のケースでは満足できず、

自分の気に入ったケースを別で購入されて、

それを使っておられる方もけっこうおられます。

 

僕のように一日中メガネを掛けている人間の場合は、

ケースはほとんど置きっぱなしなのであまり気になりませんが、

老眼鏡などを持ち歩かれる方にとっては、ケースも大事なんですね。

 

メガネケースもいろんな種類があるのですが、

最近、当店で女性のお客様に人気があるのはこちらのケースです。

 


seisuke88 「花唐草に小鳥」
3,020円

 

京都の老舗アパレル生地加工メーカーが母体のファクトリーブランド、

seiseuke88のメガネケースです。

古くから京都西陣に伝わる文様を現代風にアレンジしたデザイン。

 

 

本日ご紹介したのは「花唐草に小鳥」というデザインです。

 

 

近くでじっくり見ると、とってもかわいらしいデザインになっています。

ブルーとピンクがありますが、どっちも綺麗です。

 

 

日本製なので中もしっかりしています。

一般に販売されているメガネケースに比べると少しお高いですが、

ケースは結構長い期間使えるものですし、

決して高くはないかなと思います。

 

女性にとって老眼鏡というと、

どちらかというと、ネガティブなイメージになるかもしれませんが、

メガネケースは、それをポジティブな気持ちに変えてくれるアイテムです。

自分のお気に入りのメガネケースに入れて持ち運べば、

人前で出すのちょっとが楽しみになりますよ。

 

seiseuke88のメガネケースは、

他にもいろんなかわいいデザインがありますので、

またブログで紹介していきたいと思います。

室内用から始めてみませんか 室内楽々メガネ

2017.05.29

スタッフ長尾です。

 

私も手元が見づらくなってきて、数年が経過しました。

(いわゆる老眼というやつです。)

最初は、目の調節をサポートしてくれるレンズから始まり、

 

 

その後、近く用の度数が少し緩めの「遠近両用レンズ」に。

 

 

遠近両用レンズデビューしたのが、5,6年ぐらい前だったと思います。

最初の頃はそれで手元も十分見えていたのですが、

老眼が進行したのと、元々が遠視の目ということもあって、

遠近両用レンズでデスクワークをするのが辛くなってきました。

 

 

そこで、試してみたのが、

現在使っている室内用レンズです。

 

 

遠近両用レンズに比べると、

中間と近くを見る部分が広めの設計になっています。

(その分、遠くの見え方が悪くはなります。)

 

室内の作業であれば、これ一本でなんでもござれ!です。

パソコンでの入力作業や、書類の書き込み、

店内の様子やお客様のお顔もよく分かります。

 

自宅でも使用していますが、

掃除に洗濯、料理も問題なくできます。

床に落ちている髪の毛もしっかり見えます。

洗濯物の襟や袖の汚れもちゃんと見えます。

テレビも見えるし、軽い裁縫、ボタン付けや繕い物も大丈夫です。

 

車の運転や自転車に乗る以外は、

ほぼこのメガネ室内楽々メガネで過ごしています。

(室内用レンズで車の運転はできません)

 

老眼が始まり、近くが見にくくなってくると、

老眼鏡を使うという方が多いと思いますが、

室内用レンズにすれば掛け外しが不要なのでとっても便利です。

 

スタッフ長尾が、体験談等交えご説明させて頂きます。

お気軽にご相談くださいませ。お待ちしています。

イラストでわかる。遠近両用レンズのメリット

2017.05.28

スタッフ今堀です。

 

人は誰しも齢をとります。

そして、齢をとると様々な変化が体にあらわれます。

その一つが、老眼です。

 

 

老眼(ただしくは老視といいます)は、

40歳を過ぎたあたりから症状があらわれて、

加齢とともに進行していきます。

老眼というと、近くがぼやけて見えないイメージがありますが、

それはある程度進行した状態です。

最初の内は、長い間近くを見ていると目が疲れたり、

長時間近くを見た後に遠くを見ると、

ピントが合うのに少し時間がかかるようになったりします。

 

近視のメガネを掛けている方の場合、

遠くがしっかり見えるように近視を補正したメガネを掛けていると、

その状態では近くを見ることが出来なくなってきます。

遠近両用レンズのようないろんな距離が見られるレンズが必要になります。

 

ところで、遠近両用レンズを使うと何が良いか知っていますか?

 

メガネを掛けたまま近くが見えること?

メガネを掛け替えたり、外したりしなくて済むこと?

もちろん、それもありますが、

実はもう一つ良いことがあります。

意外とご存じでない方が多いのですが・・・・

 

それは・・・

 

見た目がスマートに見え、若々しく見えることです。

 

視力が良くて、メガネが必要ない方が老眼になると、

こんな風になります。

(イラストの女性はメガネを掛けていますが、

メガネを掛けていない人も同じです。)

 

 

今までピントが合っていた近くの距離にピントが合わなり、

このように物を離して見ないとピントが合わなくなります。

もし、「心当たりがある」という方がおられたら、

老眼が始まっている可能性が高いです。

 

では、近視のメガネを掛けている人はどうでしょうか?

近視の人でも、メガネを掛けたままの状態では、

近くの距離にはピントが合わなくなってしまいます。

そのため、こんな風になります。

 

 

どうでしょうか、

皆さんのまわりにもこんな感じの方がおられるのではないでしょうか?

電車に乗ると、こういう方をよく見るのではないかと思います。

もし、「うちのお父さん、お母さんだ!」

という方がおられましたら、

ぜひ遠近両用レンズをすすめてあげて下さい(笑)

 

このように、老眼が進んでくると、

見え方だけなく、しぐさにも現れてきます。

周りの人からはよく分かるのですが、

やっている本人は案外気が付いていないことが多いのです。

 

では、遠近両用レンズを使うとどんな感じになるのでしょうか。

ちょっと見てみましょう。

 

遠近両用レンズは、レンズの中に近くを見る度数も入っているので、

お買い物の時に、値札などを離して見なくて大丈夫です。

上のイラストを見てもよく分かるように、

見た目も若々しく見えますよね。

 

 

近視の方なら、メガネを頭の上に掛けなくて大丈夫です。

(これをするとフレームがすぐに広がってしまいますし、

フレームが壊れる原因にもなります。)

電車でよく見かける光景でもあります。

 

 

近くを見る時に老眼鏡を使っているという方でも、

手元の度数だけが入った遠近両用レンズを掛ければ、

いちいち老眼鏡を取り出して見なくても大丈夫になります。

「ちょっと待って、今メガネを出すから!」

そんな手間が必要なくなります。

 

 

スーパーに買い物に行くと、

鬼のような形相で値札や成分表を見ている方がたまにおられますが、

そんな必要もなくなります。

ご近所さんの目も安心ですよね。

「あそこの奥さん、スーパーですごい顔して値札見てはったで!」

そんな風に噂好きのご近所さんに言いふらされる心配もありません(笑)

 

どうでしょうか?

遠近両用レンズを使うことで、

見た目がスマートに見え、若々しく見えるということが、

分かっていただけたのではないでしょうか。

 

案外、気にされていない方が多いのですが、

老眼って、しぐさに表れます。

 

以前、

「見る姿は見られている」

というキャッチコピーを某レンズメーカーさんが使っておられましたが、

まさにその通りだと思います。

遠近両用レンズを使えば、見た目の印象がずっと良くなります

 

「よく見える」だけではなく、「よく見られる」

実はそれが遠近両用レンズのメリットです。

メガネ選びのポイントの一つ

2017.05.27

スタッフ長尾です。

 

先日、店内でじ~っとフレームをご覧になっていたお客様から、

こんなことを聞かれました。

 

ここの形って色々あるんだね。」

「全部一緒じゃないのね。」

 

ここ とは、左右のレンズをつないでいるところ、

ブリッジと呼ばれる部分の事です。

 

 

スッと横に真直ぐなものもあれば、

少しカーブがついたもの、

 

 

こんな風にちょっと下向きになったものもあります。

 

色々なデザインがあり、見比べると楽しいパーツでもあるんですが、

ただ楽しいだけじゃなく、

フレーム選びの重要なポイントでもあるんです。

 

例えばこちらをご覧下さい。

 

 

写真の二本のフレームを比べると、ブリッジの長さが違います。

 

 

これは目幅、瞳と瞳の中心間距離と大きく関係して来ます。

選び方によっては、寄り目に見えてしまったり、

反対に目が離れたように見えたりします。

フレーム全体から見ると小さな部分なのですが、

実はフレーム選びの上で重要なところなんですよ。

 

 

他にもこんな太目でちょっと目立つブリッジや、

 

 

少し前に飛び出た立体的なものもあります。

お顔のちょっと気になるポイントを、

目の錯覚を利用してカバーしてくれる効果があるんです。

 

どんな効果が有るのか?

 

お店でフレーム選びの際にご説明いたしますね。

ちょっと気になるお顔のポイント、こっそり教えてくださいね。

 

スポーツサングラスに遠近両用レンズ。その②

2017.05.26

スタッフ長尾です。

 

昨日に続き、「スポーツサングラスに遠近両用」です。

 

装用感想の前に。

遠近両用を作る際の重要ポイント、

アイポイント(眼の位置)の決め方などを少々。

 

 

まず遠方を見る時の目の位置、近くを見る時の目の位置を確認し、

視線が正しい位置を通っているかをチェックします。

今回使用したレンズは、Nikon の遠近両用レンズ、

 

 

「ニコン セブン」というレンズ。

カーブの強いサングラスなどにも対応しているレンズです。

 

通常は椅子に座った状態で確認しますが、

今回はサイクリング用なので実際に自転車に乗った状態で行いました。

 

 

「ローラー台」というトレーニング用の道具ですが、

自転車の後輪を固定して自転車にまたがり、

実際にペダルを漕ぐことができます。

これを使って実際に自転車に乗っている時と同じ状態で、

アイポイントを確認しました。

 

私の自転車(ロードバイク)のハンドル部分には、

サイコン(サイクルコンピューター)というのが付けてあるのですが、

(スピードとかペダルの回転数とかが表示されます)

老眼があると、これが見えないのです・・・

なので、遠近両用レンズの手元部分を見た時に、

ちゃんとサイコンが見える位置に視線が来るかを、

自転車に乗った状態で確認する必要があるのです。

 

 

そして、肝心の出来上がったサングラスを試した時の見え方、

使い心地はどうだったかというと・・・・

普通にサングラスを掛けた時はそれほど違和感がなかったのですが、

自転車にまたがってみると、

斜め下方向を見る時、違和感が出ました。

具体的には、地面が遠い!!と感じました。

私、身長が伸びた?と思うほど。

でも、真直ぐ遠くを見ている分には問題なしです。

 

当店のスタッフ今堀も、同じように違和感を感じたようで、

(度数が私よりも強いので、かなり違和感があったようです)

1週間ほど室内で使い続けたそうです。

私も、まずは室内で使用して見え方に慣れていきました。

テレビを見たり、ご飯を食べたり。

室内でスポーツサングラスを掛けるのは、

ちょっと異様な感じではありましたが(笑)

 

最初は違和感もありましたが、とりあえず慣れられました。

遠近両用レンズでスポーツサングラスを作ってみましたが、

私の場合は大丈夫でした。

 

 

カーブの強いサングラスの見え方を疑義体験できるテスト枠もあります。

どんな見え方になるのか体験していただくことも可能です。

 

 

スポーツサングラスに遠近両用レンズ

2017.05.25

スタッフ長尾です。

 

運動不足解消のため自転車であちこち出かけるようになって、

そろそろ3年になります。

最初はクロスバイクから始まり、ついにロードバイクに手を出しました。

ロードバイクに乗るようになってすすめられたのが、

スポーツサングラスです。

 

 

当店でもフランスのbolle (ボレー)のサングラスを取り扱っています。

琵琶湖周辺で時折すれ違うローディーさんが掛けているのを見て、

「カッコいいなぁ」と思ってはいました。

(ローディー:ロードバイクに乗っている人をそう呼ぶそうです。)

 

でも、自分が掛けるとなるとちょっと抵抗が(笑)

なかなか掛けてみようという気になれませんでした。

 

そんな時、店で新しいレンズのモニターをしてみることになり、

フレームカーブの強いスポーツサングラスに、

遠近両用レンズを入れて見え方を試す、

という目的のためにサングラスを作ることになりました。

 

 

現在、ボレーにはRXプログラム(度付対応)がありますが、

昨年の秋にはまだそれがなかったので、

インナーフレームにレンズを入れるという方法で作りました。

使用したモデルはボレーのVORTEX(ボルテックス) です。

 

このサングラスを使ってみて、まず感じたことは、

涙が出ない! ということでした。

怖がりなので、たいしたスピードは出せないのですが、

長い下り坂では嫌でもスピードが出ます。

スポーツサングラスを使う前は、

風がびゅんびゅん目に当たり、目尻から涙が飛んでいました。

このサングラスを使うようになってからは、それが全くなくなりました。

 

 

ご覧の通り、顔に沿うようにカーブしたレンズ。

レンズの下側が頬にあたるぐらいなのですが、

それにより風が巻き込まれることがなく、目に直撃しないのです。

プロの自転車選手がレースで使っているモデルなので、

当然といえば当然なのですが、

駆け出し素人サイクリストには感動モノでした。

使い勝手は想像以上に良かったです。

 

肝心の遠近両用レンズの使い心地については、

次回のブログであらためて、お話したいと思います。

 

サングラスのケース

2017.05.24

スタッフ長尾です。

 

サングラスが大活躍の季節になりました。

サングラスは普通のメガネに比べると大きいものが多いので、

「メガネ用のケースに入らなくて困った!」

そんな経験のある方もおられるのでは?

 

 

たとえば、こんな顔に沿ってカーブするサングラス。

「サングラスを入れられるケースが無い」

とお困りの方はいらっしゃいませんか?

 

そんな方におすすめの良いケースがありますよ。

 

780円(税込)

 

「大きいケースだなあ・・・」と思われるかもしれませんが、

これくらいじゃないとなかなか入らないんです。

持ち運びが多くなるサングラス、

メガネ同様、ケースに入れて大切に扱ってくださいね。

 

ボレーのレンズカラー見本あります

2017.05.23

スタッフ今堀です。

 

僕も愛用しているスポーツサングラス、Bollé (ボレー)

 

 

僕がこのサングラスにしたきっかけは、

フレームのデザインがとにかくカッコ良かったから。

正直、レンズのこととか全然考えていませんでした(笑)

フレームのカラーによって使われているレンズの種類も違うのですが、

とりあえず自分が好きなグリーンのサングラスを選びました。

 

でも、実はボレーのサングラスは、

プロのアスリートをサポートしているブランドだけあって、

レンズもすごいんです!

いろんなスポーツ向けに使いやすいレンズカラーが用意されています。

 

たとえば、僕がたまたま選んだモデルは、

「モジュレーターレンズ」という、

紫外線量に応じて色の濃さが変化する調光レンズが入っていますが、

これが非常に使いやすいです。

 

他にもいろんなレンズが用意されていますので、

ぜひ、くレンズにもこだわっていただきたいです。

 

でも、せっかくいろんなレンズが発売されていても、

カタログで見ているだけではよく分からないですよね。

カタログと実物では色とかもだいぶ違いますし・・・

やっぱり実物を見てみたいですよね!

 

そのためのアイテムが先日入荷しました。

 

 

レンズカラーのサンプル(見本)です。

 

 

代表的なカラーが揃っているので、じっくりレンズを選んでいただけます。

 

 

最近スタートしたRX(度付)プログラムに対応したカラーもあるので、

度付レンズのカラーを決める際の参考にもしていただけます。

 

 

RXプログラムといえば、

お店のサンプル用に注文していた度付レンズも入荷しています。

 

 

こちらは実際に度数が入ったレンズになっておりますので、

仕上がり具合をご覧いただくことが可能です。

 

詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。

通勤時にお試しを。偏光機能付き前掛けサングラス

2017.05.22

スタッフ長尾です。

 

メガネを使っている人がサングラスを使う場合、

度の入ったレンズが必要になります。

でも、わざわざ度付のサングラスを作るほどではないし・・・

そこまでお金の余裕が・・・・

 

そんな方におすすめなのがこちらのアイテムです。

 

 

今お使いのメガネにパチッとはめるだけでサングラスに早変わり。

前掛けサングラス、クリップオン

 

サングラスを付けるだけでなく、

カパッと跳ね上げられるのも便利なところです。

偏光機能も付いてるので、

釣りやドライブ用としてもおすすめのグッズです。

 

本格的な偏光レンズは結構なお値段になりますが、

この前掛けサングラスは3,240 (税込)なので、

お試し使いにもちょうど良いかなと思います。

 

こんな前掛けサングラスもあります。

 

2,600円(税込)

 

 

使用時には、クリップでレンズをはさみ込みますので、

レンズにキズが付いてしまうことがあります。

キズ防止の保護のカバーは付いていますが、

付け外しの際はくれぐれもお気を付けください。