トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お店紹介

お客様のメガネのご紹介。オーダメイドレンズでお作りいただきました

2019.05.25

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

当店のホームページとブログをご覧いただき、

兵庫県からメガネを作りに来ていただきました。

遠方からのご来店ありがとうございました。

 

 

フレームはMENS MARK (メンズマーク)のXM1170というモデル。

メンズマークはメタル(金属製)のフレームが多いのですが、

こちらのフレームは、フロント(前枠)にプラスチックが使われています。

 

 

 

以前にブログで紹介させていただいたフレームだったのですが、

その時の記事を読んで下さったそうです。

店頭で実物を試着していただき、こちらに決まりました。

 

メガネにとても詳しいお客様で、

HOYA社のウェブサイトなどもよくご覧になっておられるようで、

レンズの名前や違いなどもよくご存じでした。

新しいレンズが次々と発売されるので、

当店の社長などは最近は全然ついていけなくなっているのですが、

(セミナーなどにもほとんど参加しないので)

こちらのお客様くらいに熱心に勉強してくれたらなあ・・・

そんな風に思ってしまいました(笑)

 

 

 

お客様のご希望もあり、

レンズはHOYAの individual(インディビデュアル)レンズ

HOYA LUX 望(のぞみ)になりました。

実は、その前日にも別のお客様にをお買い上げ頂きました。

インディビデュアルレンズにされるお客様がじわじわと増えております。

 

 

インディビデュアルレンズはオーダーメイドタイプの新しいレンズです。

従来の遠近両用レンズとの大きな違いは、

度数だけではなく、目とレンズの距離や角度など、

メガネを掛けた時の装用データも反映してレンズが設計されます。

 

 

装用条件はフレームによって異なりますので、

お客様に実際にフレームを掛けていただき、

上の写真のような専用の測定器を使って装用状態を測定します。

その後にそれをデータ化し、そのデータをもとにレンズの注文を行います。

(写真のモデルはお客様ご本人ではありません。)

そのため、通常のメガネを作る場合よりも少しお時間をいただいております。

 

 

HOYA LUX 望には、目的によって選べる3つのタイプがあるのですが、

今回は通常の遠近両用レンズよりも中間と近用の見え方を重視した、

City (シティ)タイプになりました。

 

 

先日、出来上がったメガネを取りに来ていただきました。

individual レンズをお買い上げいただいた方には、

特別なレンズクオリティカードが付いており、

こちらもお渡しさせていただきました。

新しいメガネ、気に入っていただけると嬉しいです。

 

お買い上げいただき、ありがとうございました。

 

 

軒下ガーデン模様替え

2019.05.24

 

スタッフ長尾です。

急に暑くなりましたね。夏のようです。

 

今日はお店の軒下ガーデンのお話です。

よろしければお付き合いください。

 

 

春には綺麗な花を咲かせていたヴィオラやプリムラも大きくなり過ぎ、

花は小さくなって見た目も悪くなってきました。(暴れ放題、伸び放題)

 

急に夏のような暑さになったので、

ここはささっと(?!)夏仕様にすることにしました。

夏っぽい花で夏っぽい色を選んでみました。

一応まあ、イエローベース系の色です(*^_^*)

 

春のように大きな鉢にたくさんどっさり植え込むのは

「鉢自体が重くなる!」と不評なので(閉店時には店内に取り込みます)、

小さい目の鉢の数を増やすことにしました。

 

買って来た花苗プラス今ある植物の使いまわしをして\(^o^)/

鉢一杯ギュウギュウに寄せ植えして賑やか、華やかに!!

 

 

のつもりだったのですが、なんかさびしい・・・。

 

新たに苗を購入することも考えましたが、

植物の成長過程を観察するのもいいかなと、種まきすることにしました。

 

夏といえば「ひまわり」でしょ!?

とあまり大きくならないミニひまわり

地面を這うように花を咲かせる松葉ボタンをまきました。

 

通勤通学、お買い物のついでに

ちょっと軒下ガーデンをのぞいてもらえると嬉しいです。

父の日のプレゼントにもおすすめなメガネケース入荷しております

2019.05.21

スタッフ今堀です。

 

眼鏡の展示会(新作発表会)で注文していたメガネケースが入荷しました。

メガネケースというと、

女性向けや子ども向けのデザインのものはたくさんあるのですが、

男性向けのデザインって意外と少ないです。

(あってもすごく地味だったり・・・・)

本日ご紹介するのは、男性の方におすすめのちょっとお洒落なメガネケースです。

 

1,080円(税込)

 

上下で色が異なるツートンカラーのメガネケースです。

上側がブラウン、下側がブラックになっていて、なかなかカッコいいデザインです。

 

 

グレーもあります。

 

1,080円(税込)

 

もう一つ、こちらは三角の形をしたメガネケースです。

さりげなく入ったメガネのロゴもなかなか良いですね。

 

 

ネイビーもあります。

 

 

こんな感じでパカッと開けてメガネを入れます。

見慣れない形ですが、使い勝手もなかなか良いですよ。

 

 

来月は父の日ということで、

店頭のディスプレイもそれに合わせて替えてみました。

本日ご紹介した眼鏡ケースも一緒に並べております。

気になる方はぜひご覧になってみて下さい。

価格もわりとお手頃なので、

学生さんの父の日のプレゼントにもおすすめですよ。

 

小さなお子さま向けのキッズメガネコーナー作りました

2019.05.20

スタッフ今堀です。

 

最近、店内の什器を少しずつ入れ替えて模様替えを行っております。

キッズコーナーもリニューアルしたので、

近いうちにブログで紹介しようと思っていたところ、

先月メガネをお作りいただいたお客様がちょうど調整に来て下さったので、

調整後に撮影のご協力をお願いしました。

(おかげでイメージ通りの写真が撮れました。

Rくん、お母さん、ありがとうございました!)

 

 

什器の高さが以前よりも低くなって、

小さなお子さまでも見やすい高さになりました。

3~4歳くらいのお子様が来られることが多いので、

そのくらいのお子様が見やすい高さにしています。

 

 

「子ども用の学習机を使ってフレームを並べたら楽しいんじゃないかな?」

そんなことを以前から考えていたのですが、ようやく実現しました。

 

 

当店ではおなじみの子ども用メガネフレーム、

トマトグラッシーズを各シリーズごとに陳列しています。

最近は、弱視の治療用眼鏡として圧倒的な支持を得ており、

このフレームを指定する眼科の先生もおられるそうです。

当店では、お子様が楽しく自分のメガネを選べるように、

いろんなカラーのフレームを並べています。

 

 

学習机の椅子はフレームを見る際には邪魔になりそうですが、

実はこれにも秘密(?)があります。

机のすぐ隣には鏡が設置されていて、

その前に椅子をセッティングすることで座ったままで試着ができます。

小さなお子さま用のフィッティングコーナーに早変わり。

 

 

フレームが並んでいる机の上を見上げると、

鏡の壁には可愛いお魚がいっぱい。

メガネ選びが楽しくなるように、いろんな工夫をしております。

ぜひ、親子で一緒に楽しみながらメガネを選んで下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

お客様のメガネの紹介 大人メガネデビュー

2019.05.19

 

スタッフ長尾です。

本日はお客様のメガネのご紹介です。

 

 

使用フレームはスペックエスパス。

カッコいいと男女問わず人気のフレームです。

ES-1874 サイズ50

小さめサイズにテンプル(ウデ)のラバーがピンク色

ちょっぴりかわいさをしのばせたフレームです。

お買い上げ頂いたのは女性のお客様です。

 

以前から軽いフレームをお使いいただいていて、

「今回もやっぱり軽いフレームがいいな。」

ということでスペックエスパスに決定しました。

 

見た目には重そうに見えるスペックエスパスですが

頭部を抱え込むような形状のテンプル(ウデ)により

とっても軽く掛け心地の良いフレームなんですよ。(写真は別モデルです)

 

 

使用レンズですが・・・・・

 

前回お作りした時から5年ほどが経ち、

ちょっと近くを見たりするのにメガネを外すことが多くなった。(近視の方です)

でも、メガネ無しではちょっと離れた所も見えない・・・。

どうにも困る大人の事情が起きていました。

 

ということで、ここは大人メガネデビューですね。

遠近両用レンズ

一枚のレンズの中に遠く・近く、その間の距離といろんな度数の入ったレンズで

足下がぼやける、少し歪んで見える。階段の上り下りがこわい・・・。

というイメージがあるかと思いますが、慣れればとっても便利なレンズで、

遠くを見る度数と近くを見る度数の差が少ない時から使い始めると慣れやすいんです。

それに近視の方は比較的慣れやすい人が多いなと感じます。

 

実際にテストレンズで試していただくと

 

言われているほど足元の見え方が歪んだりはしない。

近くがメガネを外さずさなくても見える。

これは使いやすい。

使えそう。と感想を頂きました。

 

 

とは言っても、

今までのメガネとは違う見えになりますので

メガネを取りに来られた時に遠近両用メガネの使用方法の動画をご覧いただきました。

 

動画に合わせて視線や顎の使い方を見て実践していただきました。

 

この日はそのまま掛けて帰れそうなほど見え方もバッチリでした。

もう少し時間が経てばもっと見え方になじみ、車の運転も出来るようになります。

大人メガネデビュー成功!!です。

 

遠近両用メガネはフレームが歪んだりすると見え方が全く違ってしまうことがあるので、

お買い物ついでなどお気軽にお立ち寄りくださいね。

クリーニング、メンテナンス致します。

 

お買い上げありがとうございました。

本日は17時で閉店させていただきます

2019.05.15

いつもメガネのイマホリをご愛顧いただきありがとうございます。

 

店内什器入れ替え作業のため、本日は17時で閉店させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

明日16日(木)は定休日となります。

お客様のメガネのご紹介 室内用メガネをお作りしました

2019.05.14

 

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネのご紹介です。

 

使用フレームはATITTO(アキット) Rey

 

アキットはメガネが初めての方から、既に複数本お持ち方まで大人気です。

可愛いけれど甘すぎない、お洒落だけれど奇抜過ぎないところが

女性の心をギュッと掴んで離さないフレームなのです(*^。^*)

 

このreyはテンプル(ウデ)のデザインがポイントです

麦の穂がデザインモチーフです。(今が刈入れ時ですよね)

 

 

そして使用するレンズですが・・・・。

お客様には前回遠近両用メガネをお作り頂いていて、

次は室内用(中近両用)メガネを作りたいなとおしゃっていました。

 

お客様は少し強めの近視です。

お家ではメガネ無しでも新聞や本は読んだりできるんだけど、

やっぱりメガネがないとパソコン作業やお料理がちょっと不便なの。

ということでした。

 

 

遠近両用メガネがあれば問題ないのでは?

と思われるかもしれませんが、

実は遠近両用レンズは長い時間近くの物を見るのにはちょっと不向き。

 

遠くはすっきり見えますが、

近くが見える範囲が狭く

その位置もレンズのかなり下になります。

 

 

 

顎を少し上げた状態で視線を下げることになるので

長い時間この姿勢では目も首も疲れやすくなります。

 

 

テレビの画面もメガネの遠くを見る部分よりもちょっと下の

中間(図の黄緑色の部分)と言われる部分で見る方が楽だったりします。

料理をしたり、テレビを見たり。

パソコン作業の時も顎を上げてるのって疲れますよね。

「中近を作りたいな」とおっしゃるのはよくよく分かります。

 

 

室内用メガネなら真直ぐ正面を向いた時に

   

中間距離(テレビ等)が良く見える度数に視線が入ります。

右の遠近両用レンズの図と比べるとよくお分りいただけると思います。

 

近くを見る時も

うつむくと自然に近くが見える部分(ピンクの部分)に

視線が通るので無理な姿勢をしなくて済みます。

今回はより近くが見やすい20mmタイプの室内用レンズをおすすめしました。

 

お出かけには現在お使いの遠近両用メガネを。

お家では室内用メガネを使えばストレスなしの日常生活も可能です\(^o^)/

ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

お買い上げありがとうございました。

 

 

室内用メガネでは車の運転はできません。

便利なメガネですが苦手なこともあるのでご注意ください。

お客様のメガネのご紹介。サングラスと普段用で度数を変えて作りました

2019.05.13

スタッフ今堀です。

 

連休中にご注文いただいたメガネの加工がなんとか終わり、

週末はメガネを取りに来ていただくお客様が続きました。

今日は、昨日お渡ししたばかりのお客様のメガネをご紹介したいと思います。

 

昔から当店でメガネをお作りいただいているお客様で、

隣の草津市に引っ越しされた後もご夫婦でご来店いただいております。

なので、度数測定と販売は社長が担当させていただき、

運転用のサングラスと普段用のメガネをお作りいただきました。

 

僕は奥で加工をしながら売り場をのぞいていたのですが、

ご夫婦ともに植物がお好きなようで、

スタッフ長尾と3人で植物の話で盛り上がっておられました。

その間、社長は沈黙・・・・

「どんな花なんですか?」とか、「きれいなんでしょうね」とか、

何か話せよと思いながら見ていました(笑)

 

 

サングラスに使用するフレームは、

spec ēspace (スペックエスパス)のES-1862というモデル。

こちらにカラー入りレンズを入れさせていただきました。

 

 

こちらのフレームは、

左右のレンズをつないでいるブリッジと呼ばれる部分に、

フレームのテンプル(ウデ)の先を引っ掛けて専用ケースに収納します。

お客様も、「面白いねぇ」と言っておられました。

 

 

普段用のメガネには、丸いメガネフレームをお選びいただきました。

丸いメガネ、男性のお客様に人気です。

 

 

フレームのカラーはアンティークゴールド。

テンプルのデザインもとってもおしゃれです。

 

運転用のサングラスの方は度数を少し強めにし、

普段使い用は度数を少し弱めにさせてもらっています。

フレームだけでなく、レンズの種類や度数も、

使用する目的に合わせて使いやすいものをご提案させていただきます。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。遠近両用レンズが入ったスポーツサングラスです。

2019.05.11

スタッフ今堀です。

 

本日もお客様のメガネのご紹介です。

昨年、遠近両用レンズでメガネをお作りいただいたお客様。

「スポーツ用にサングラスを作りたい」と来店され、

遠近両用レンズの入ったサングラスを作らせていただきました。

 

 

フレームはspec ēspace (スペックエスパス)のサングラス、

ES-9604Rというモデル。

フレームの内側とテンプル(腕)のラバー部分の色がグリーンで、

とってもかっこいいサングラスです。

 

来店された時には、

本格的なスポーツ用サングラスを考えておられたのですが、

 

 

ハイカーブ用のテストフレームで疑似体験をしていただくと、

「ちょっとこれは掛けられないわ」ということだったので、

なるべく自然な見え方に近くなるフレームをおすすめしました。

また、使用される目的をお聞きすると、

ランニングと登山、それからテニスにも使えたらということだったので、

オールマイティーに使えるエスパスのサングラスが良さそうでした。

 

 

僕もジムで筋トレやランニングをする時には、

スペックエスパスの眼鏡フレームを使用しております。

フレーム自体がとても軽くて掛けやすく、

テンプルにラバーが付いているので汗をかいてもすべりにくいので、

スポーツをする時にもとても使いやすいフレームです。

 

 

サングラスにはシリコン製の鼻パッドが付いていて調整もできます。

お値段はちょっと高めですが、とっても使い勝手の良いサングラスです。

 

 

以前にも別のお客様にスポーツ用サングラスとして、

度入りで作らせていただいたことがあります。

その時にも大変使いやすいと気に入っていただきました。

 

 

 

レンズはHOYAのスポーツフレーム対応遠近両用レンズ、

HOYALUX RF SPORTS (ホヤラックス アールエフ スポーツ)。

ハイカーブレンズに対応して設計された遠近両用レンズです。

最初は普通のカラーレンズにされる予定だったのですが、

「せっかく作るなら良いものを作りたい」と言っていただき、

このレンズにポラテックコートというコーティングを付け、

反射光もカットできる偏光レンズとなりました。

 

近々お友達とマラソン大会にもエントリーされる予定だそうです。

気温とともに日差しもどんどん強くなる今日この頃。

新しいサングラスがトレーニングの強い味方になってくれるはずです。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。ポイントは目とレンズの距離です

2019.05.10

スタッフ今堀です。

 

毎年連休はヒマで、開店休業状態のことが多かったのですが、

今年は10連休だったせいなのかもしれませんが、

ほとんど毎日メガネを作りに来ていただき、

バタバタしている間にあっという間に連休が終わりました。

ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました。

 

ブログで紹介させていただきたいメガネもたくさんあるので、

おかげで今週はブログのネタに困らずに済みそうです(笑)

それでは早速その内の一本をご紹介します。

 

 

フレームは当店で男性に大人気の眼鏡ブランド、

TAYLOR WITH RESPECTROOTS(ルーツ)。

お客様がブルーが好きということで、こちらのカラーになりました。

 

当店でメガネをお作りいただくのは初めてのお客様だったのですが、

普段はコンタクトレンズを使用されていて、

自宅でコンタクトを外した時にだけメガネを使われるとのこと。

数年前に他店で作られたメガネを使っていると、

しばらくすると目が痛い感じがしてくるということでした。

 

度数測定と視機能のチェックも行いましたが、

視機能についてはほとんど問題なしでした。

近くを見た時の視線のズレが少し大きめでしたが、

目を寄せる力は十分にあるので特に問題なさそうでした。

度数の方も今のメガネの度数で大体良さそうでした。

 

では、目が痛い感じがしてくるのはなぜかということになるのですが、

今お使いのメガネフレームには鼻パッドが付いておらず、

目とレンズの距離がかなり近づいておりました。

それがどうやら影響しているようでした。

 

少し専門的なお話になってしまいますが、

レンズと目(レンズの後面と角膜頂点)の距離が変化すると、

レンズの屈折効果というものが変化してしまいます。

実際にメガネに入っているレンズの度数よりも、

強い度数や弱い度数のレンズが入っているのと同じになってしまう

そういうことが起こってしまいます。

 

 

 

近視を補正するためにはマイナスのレンズを使いますが、

マイナスのレンズの場合の屈折効果は、

レンズが目に近づくほど強くなり、逆に目から離れると弱くなります。

度数が強くなるほどその影響が大きくなります。

目とレンズの距離が数ミリ変化することによって、

実際に入っているレンズの度数よりも1~2段階強いレンズや、

弱いレンズを入れているのと同じことになってしまう場合もあります。

 

今回のお客様のレンズの度数も-10.00Dという強めの度数だったので、

レンズと目の距離が近づくことによって屈折効果が強くなってしまい、

実際の度数よりも少し強い度数のレンズを使用しているのと同じになっていました。

今お使いのフレームをそのまま使用するのであれば、

レンズの度数を少しゆるめにしたいところなのですが、

フレームも新しいものにしたいと言っていただいたので、

度数はそのままでフレームの調整をさせていただくことにしました。

 

 

今回販売させていただいたROOTSは、

鼻パッドを付けるための金属パーツが付いたType Cというモデル。

テスト枠にレンズを入れて見え方を確認してもらい、

その状態での目とレンズの距離を測定し、

それに合わせて目とレンズの距離も調整させてもらいました。

 

 

レンズは1.74素材の超薄型のレンズを使用していただき、

フロント(前枠)の厚みがあるフレームをお選びいただいたので、

レンズの厚みも隠れてほとんど目立たなくなりました。

 

 

TAYLOR WITH RESPECTの特長である、

日本人の骨格形状に合わせてデザインされたテンプル(腕)。

幅が一番広くなる側頭部にかけてテンプルが広がるようにデザインされています。

とっても掛けやすいフレームです。

 

度数測定や見え方の確認にだいぶ時間をいただいてしまいましたが、

その分、しっかりと作らせていただきました。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

本日ご紹介したROOTSは完売してしまいましたが、

今月から来月にかけてNEWモデルも入荷する予定です。

TAYLOR WITH RESPECTに興味のあるお客様は、

ぜひ、店頭で実物をご覧になってみて下さい。