トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お店紹介

ニコンのレンズセミナー(に行かずにお店で)受講しました

2020.03.25

スタッフ今堀です。

 

コロナウィスルの影響で各地でイベントが中止となっておりますが、眼鏡業界でも新製品の発表会の中止が合い続いております。

 

そんな中、お店でオンラインで受講できるセミナーを開催したメーカーもあります。

 

レンズメーカーのNikon(ニコン)です。

 

 

昨日の開店前、店内でオンラインセミナーを受講しました。

 

4月に新しく発売されるレンズの説明がメインでしたが、こんな嬉しいお知らせも。

 

 

なんと、テレビコマーシャルをするそうです!

 

紫外線に反応して色が変わるニコンの調光レンズ、トランジションズレンズのCMのようですが、レンズメーカーがTVCMをするのはすごく久しぶりのことなので、販売店としては嬉しいニュースでした。

 

ちなみに、4月から「ひるおび」(金曜日)の合間に放送されるそうです。

 

 

さららに、夕方にはHOYAの担当営業さんが来店されました。

 

 

HOYAも新しいオーダーメイドレンズが発売するようです。

「紬(つむぎ)」という名前のレンズだそうです。

 

また詳細が分かったらブログでご紹介させていただこうと思います。

 

 

 

 

 

今日はレンズ選びを楽しんでいただきました

2020.03.23

スタッフ今堀です。

 

一時は閑散としていたメガネのイマホリですが、だいぶ自粛ムードが和らいできたのか、最近はちょっと忙しくなってきました。

本当にありがたいことです。

 

今日は、当店で補聴器をご購入いだいているお客様のご家族(息子さん)が、開店後早速ご来店下さいました。

 

先日の補聴器相談会の時にお母様と一緒にご来店いただき、お母様の補聴器のメンテナンスをさせていただいた後、「今お使いの遠近両用レンズが少し見にくい」とのことで、ご相談を受けておりました。

 

遠近両用レンズだけではどうしても見にくい場面もあることをお話し、最近はいろんなタイプのレンズが発売されていることをご説明させていただきました。

 

 

今のメガネの不満な点などをお聞きし、度数を測定して、レンズのご説明をさせていただきました。

 

 

当店で取り扱っているレンズメーカーの一つ、NIKON(ニコン)には、ロハスシリーズという老眼対策レンズがあります。

アクティブ、ウォーク、ホーム、クラフト、デスクという5タイプのレンズがあり、見たいシーンに合わせて選ぶことができ、レンズの見え方を比較できるテストレンズも用意されています。

 

このテストレンズを使ってタイプごとの見え方の違いを体験していただいたところ、「これは分かりやすくて良いなあ」と大変喜んでいただけました。

 

最終的に、アクティブホームクラフトの3タイプでメガネを3本お作りいただくことに決定。

 

ここまででだいぶ時間がかかってしまったので、フレーム選びはまた後日ということになりました。

今日のところはレンズ選びを楽しんでいただけたかなと思っております。

(お時間の都合等で、度数測定やフレーム選びは別の日にする、そんなことも時々あります。)

 

 

最近はレンズメーカー各社からいろんなレンズが発売されておりますが、ウェブサイトなどを見てもよく分からないことも多いかと思います。

そんな時はぜひ気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テイラーウィズリスペクトのコンセプトブックが入荷しました

2020.03.21

スタッフ今堀です。

 

毎年4月には東京や大阪で眼鏡の展示会(新作発表会)が開催されるのですが、今年はコロナウィルスの影響で中止が相次いでおります。

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドの一つ、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)も、東京の青山で開催する予定だった展示会を中止にすることにしたとのことで、展示会中止の案内が届きました。

 

 

展示会が中止になってしまったことは残念ですが、中止の案内とともに新作の紹介と新しいコンセプトブックも同封してくれていました。

 

展示会はなくなりましたが、今春は3つの新型が発売されるようです。

 

 

テイラーウィズリスペクトのデザイナーさんは、メガネのデザインだけでなく、新しい加工技術や塗装方法に意欲的にチャレンジされています。

 

実際に加工するのはもちろんメガネを製造している工場なのですが、「こういうアイデアを思いついたのだけれど、やってみてもらえませんか?」とお願いし、新しいことに取り組んでおられます。

 

今回の新作でも新しいパーツや表面処理の技術が使われているようです。

 

ただ、一般の眼鏡ユーザーの方にとっては、ピンとこないことも多いかと思いますので、それをできるだけ分かりやすくお伝えするのが、取扱店の仕事なのかなと思っております。

店頭でしっかりご説明できるように、がんばって勉強しないといけません(笑)

 

 

新作も載っている新しいコンセプトブックも入荷しております。

残念ながら店頭分しかないのですが、ご来店の際は気軽にご覧下さい。

補聴器相談会を開催しました

2020.03.17

 

スタッフ長尾です。

本日は春の補聴器相談会を開催致しました。

新型コロナウィルス感染の拡大で外出を控えらていることもあり、

普段より少ない人数でしたがご来店いただきました。

 

使用中の補聴器のお掃除や、聞こえの調整などをメーカー相談員の方と行いました。

使用年数も経ちそろそろ次の補聴器を検討されている方には試聴していただいたり、

使用場面に応じた機能について説明させていただきました。

 

 

補聴器も日々進化していて新しい機能、システムがあります。

今日はデジタルワイヤレス補聴援助システム「ロジャー」をお試しいただきました。

複数の人が同時に話す場所、広い会場などで補聴器だけでは聞き取りの難しい場所で

より快適な聞こえをサポートする周辺機器です。

矢印の先の小さな円形の機器がロジャーセレクトです。

ミーティングなどでテーブルにポンと置いておくと、

聞きたい方向からの声を選んで補聴器にとどけてくれるので聞き取りやすくなります。

今日はわざと煩い音を流して、

横から話しかけてどう聞こえるか試したもらったりしました。

写真には写っていませんが、右側から私がしゃべっています。

 

今のところ耳掛け式の補聴器にしか対応していなのですが、

この春に対応する耳穴式補聴器発売予定だそうです。

 

発売されるのを待って補聴器を新しくしてみるか?!(笑)

とおっしゃる方もあり反応は上々です。

 

その他にもテレビの音(テレビコネクターが必要)や

スマートフォンに掛かってきた電話の音を

補聴器で直接聞くことができる便利な機能もあります。

 

 

相談員来店による相談会は春と秋の年二回ですが

試聴や相談はいつでもできますのでお気軽にご来店ください。

 

聴力の測定や聞こえのチェック等でありますので

時間に余裕をもってお越しいただけると幸いです。

 


2月から毎週木曜日のほかに第2、第3水曜日も定休日となりました。

明日18日(水)、明後日19日(木)はお休みさせていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

メルマガ始めます。配信に向けてただいま準備中です

2020.03.06

スタッフ今堀です。

 

当店のお客様向けにメールマガジンの配信をスタートしようと思っております。

 

 

開店前の時間を使って少しずつ準備を進めて来たのですが、ようやく配信できそうです。

 

新型コロナウィルスの影響で今は外出を避けておられる方も多いかと思います。

ご自宅でお店の最新情報や新商品のご案内をご覧いただけたらと思っております。

 

メルマガ担当者(といっても2人しかおりませんが)からの一言や、メルマガ会員様限定のお得な情報も載せておりますので、ぜひご覧になって下さい。

 

お客様のメガネの紹介集中力を高めるメガネ

2020.03.01

 

スタッフ長尾です。

今日はお客様のメガネの紹介をさせていただきます。

 

お買い上げいただいたフレームはこちら、メンズマーク XM1172です。

 

レンズの下半分の枠がないタイプのフレームです。

メンズマークはカジュアルからビジネスシーンまで合う様々なデザインがあり、

男性からの支持が高いメガネ産地鯖江の代表的なフレームです。

 

今回のこのメガネは遠くを見るためでも近くを見るためのものではありません。

では遠近両用メガネ・室内用メガネなのかとなりますが、それでもありません。

実はこのメガネ、集中力を高めるためのアイテムとしてお作りしました。

(そういことなのでレンズに度数は入っておりません。)

 

普段は楽にスッキリきちんと見えるためのメガネを考えていますが

なるほど!そういう使い方もあるのか!!

目から鱗とでも申しましょうか、そんな驚きがありました。

 

それならばつけ心地が良いのはもちろんですが、

使っていて気分もあがるもの・楽しいものがいいですよね。

 

気分が引き締まるちょっと細めのレンズで

 

テンプル(ウデ)に適度のしなりを持てせる独特のデザインで掛け心地もふんわり軽く。

 

メガネが初めての方なのですが、かけ心地が良いと好評価をいただきました。

 

そしてこのフレームカラーはカーキー色です。

スタッフ長尾の写真の腕が悪いので

上から三つまでの画像ではグレーに見えるかと思いますが

グリーンっぽい素敵なカラーリングでございます。

 

ご自身のお好きなカラーのメガネをかけて集中力アップスイッチON!

作業もサクサク進むこと間違いなしですね!

 

レンズに度数が必要になればご相談ください。レンズの入れ替えいたします。

お買い上げありがとうございました。

お客様のメガネのご紹介。学会用のメガネをお作りいただきました

2020.02.28

スタッフ今堀です。

 

新型コロナウィルスの影響でイベントが中止になったり、学校が休業になっていることもあり、今日は一人も来客がないかも・・・と覚悟しながら出勤したのですが、今日は3名のお客様にメガネを作りに来ていただきました。それに加え、補聴器のお問い合わせのお客様にもご来店いただけました。

 

思いがけず忙しかった一日でしたが、こんな時期なので本当にありがたいです。

 

今日は先日ご注文いただいたお客様のメガネをご紹介します。

 

 

お客様がお使いのメンズマークのフレームを使い、レンズの交換をさせていただきました。

 

獣医の先生をされておられるお客様で、普段使いのメガネはもちろん、手術時に使用されるメガネなど、これまでいろんなメガネをお作りいただいております。

 

今回のご要望は、学会の時に見やすいメガネが欲しいということでした。

 

学会に出たことがないのであくまでもイメージなのですが、そこそこ広い会場で、ステージ上のモニターを見ながらお手元の資料を見られる、そんな使い方になるのかと思います。

 

遠近両用レンズが入ったメガネもお持ちいただいているのですが、それだと薄暗い会場でお手元の資料が見にくいということでした。

室内用レンズにすると手元は見やすくなるのですが、今度はステージ上のモニターが見にくくなってしまいます。

 

そこで、今回は昔ながらの二重焦点(バイフォーカル)レンズで作らせていただくことになりました。

 

 

レンズの下側に小玉レンズが付いたメガネレンズです。

手元を見る時はこの小玉部分を使います。

昔の遠近両用レンズといえばこのタイプのレンズでした。

 

二重焦点レンズの良いところは、最近の境目のないタイプに比べて、手元が見える範囲が広いということです。

遠くと近くの2種類の距離だけを見る場合には、とても見やすいレンズです。

 

ただ、見た目にすぐ分かってしまうのと、中間部分が見えないという欠点があります。

 

「学会の間に使用するだけだし、中間距離は人の頭しかないから(笑)それで大丈夫」と言っていただけたので、今回は二重焦点レンズで作らせていただくことになりました。

 

最近ではほとんど使われることがなくなったメガネレンズですが、今回のようなケースでは意外と使えるレンズだったりします。

 

使用された感想を聞かせていただけるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペックエスパスの新作フレームが入荷しました①

2020.02.24

スタッフ今堀です。

 

当店で人気の眼鏡ブランドの一つ、spec ēspace(スペックエスパス)の新作が入荷しております。

本日はその中の一つをご紹介します。

 

ES-1975

サイズ:52□17

カラー:06 khaki sasaⅡ / khaki (shiny color)

41,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 48,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 58,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

スペックエスパスのメガネフレームは、デザインがちょっと変わっているので、初めてご覧になられたお客様は大抵驚かれるのですが、実はとても掛けやすいメガネフレームでもあります。

 

 

シート状のチタンを使ったフレームに、プラスチックのフロント(前枠)が付いたモデルです。

フロント部分には、軽量な特殊ナイロン系樹脂が使用されています。

ちょっと珍しいカーキのカラーを選んでみました。

 

03 brown sasa / brown

 

もう一本、別色もあります。

フロントの素材は同じなのですが、こちらはマット(ツヤなし)になっているので、雰囲気がだいぶ変わります。

濃いめのブラウンの単色だと、掛けた時に重たい印象を与えてしまうことがありますが、こちらは所々に明るい色が混ざっているので、そういう心配もありません。

 

 

おなじみのシート状のチタンを使用したヒンジレスフレームです。

ヒンジとはテンプル(ウデ)を折りたたむ部分のパーツのことで、それが付いていないフレームなので、普通のメガネフレームのようにテンプルを折りたたむことができません。

 

スペックエスパスのフレームでは、サイドの空間にテンプルの先端部分が引っ掛けられるようになっております。

 

 

正面から見ると、プラスチックフレームを掛けているような印象。

どんなお顔にも合わせやすいレンズの形で、少し上下に余裕をもたせたサイズとなっております。

遠近両用タイプや室内用タイプのレンズを使われる方にもおすすめです。

 

 

フレーム本体からレンズが浮き上がっているように見えるスペックエスパスのデザイン。

サイドの空間が顔に立体感を与えてくれて、横顔がとってもカッコ良く見えるメガネフレームです。

 

ご試着される際は、正面からだけでなく、少し斜め方向からも鏡をご覧になっていただき、横顔の印象もぜひチェックしてみて下さい。

 

他にも新作や新色が入荷しておりますので、また紹介していきたいと思います。

 

お子さまの目に乱視があると言われた親御様、こんな冊子ありますよ

2020.02.21

スタッフ今堀です。

 

当店には弱視の治療用眼鏡を作りに来られるお客様が多く、特に遠視のお子さまが多いのですが、遠視だけでなく乱視もあるというケースがよくあります。

親御さんからも「乱視ってどういう目なんですか?」という質問をよく受けます。

 

先日、子どもメガネをお作りいただいたお客様宛にニュースレターを送らせていただいたのですが、その中に乱視についての説明も載せさせてもらいました。

 

ただ、光学の話も絡んでくるので説明が何となく分かりづらい・・・

 

できるだけ分かりやすく説明しようと思うのですが、ちょっと小難しい印象になってしまいました(実際はそんなことはないのですが)。

 

ところがその後、レンズメーカーの東海光学の担当営業さんが来られ、こんな冊子をもらいました。

 

見てなっとく、読んでなっとく。乱視とメガネレンズのお話

 

乱視の説明がうまくまとめてあって、なかなか分かりやすいです。

 

ニュースレターに長々と書かずに、これをそのまま同封すれば良かった(笑)

 

 

乱視がどういう目なのか?

乱視があるとどのように見えるのか?

強い乱視のある人におすすめのレンズは?

などなど、イラスト入りで分かりやすく説明されています。

 

ちなみにこの冊子、ぼくも卒業した名古屋のキクチ眼鏡専門学校が監修をしております。

 

乱視度数の入ったメガネをお作りいただいたお子様には、メガネと一緒にこの冊子をお渡しさせていただこうと思っております。

ぜひ、ご覧になってみて下さい。

 

お客様のメガネのご紹介。偏光レンズRARTS、今回は少し薄めのカラーで

2020.02.15

スタッフ今堀です。

 

本日はお客様のメガネ(サングラス)のご紹介です。

今お使いのスポーツサングラスに度付きのレンズを入れさせていただきました。

 

 

レンズは、当店イチ押しの偏光レンズ、RARTS(アーツ)が入っております。

 

 

12色のカラーの中から少し薄めのスティングレーをお買い上げいただきました。

 

実はこちらのお客様、RARTSをお買い上げいただくのは今回が2度目となります。

昨年、当店でRARTSを取り扱い始めたばかりの時に、「こういうレンズもありますよ」と僕がご紹介させていただき、お買い上げいただきました。

 

当時はまだカラーのサンプルが店頭になくて、営業さんに電話してサンプルを貸していただき、それを見てレンズのカラーを選んでいただきました。

 

実際に使ってみて気に入っていただき、今度は別のカラーでお買い上げいただくことになりました。

 

 

サングラスも以前当店でお買い上げいただいたもので、専用のアダプターを使うことで度付きのレンズを入れて使用することができます。

 

フレーム本体はそのままで、アダプターを新しくお買い上げいただき、そちらに新しいレンズを入れさせていただきました。

 

 

ちなみに、昨年お作りさせていただいたのは、ロスカボスというカラーで、かなり濃い色になります。

日差しがガンガン照り付ける夏場はとても使いやすいカラーなのですが、今の時期や曇りの日にはちょっと使いづらいということもあって、今回は薄めのカラーをお選びいただきました。

 

 

アダプターは簡単に取り外して入れ替えができますので、天候や季節に合わせて使いやすいカラーに交換していただくことができます。

 

レンズが2組必要なので、最初はちょっとお金がかかってしまいますが、濃いめの色と薄めの色、両方あると大変便利です。

 

お買い上げいただきありがとうございました!

 

 

僕も自転車用にRARTSを作ってみようかなと思っているのですが、最近はなかなか自転車に乗る時間がなくて、先延ばしになっておりました。

自分用を作った際には、また使用した感想をご紹介できたらと思っております。