トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お店紹介

お客様のメガネのご紹介 お仕事内容でおすすめのレンズ種類も変わります。

2021.04.06

 

スタッフ長尾です。

先日ご注文いただいたメガネが出来上がりましたので紹介します。

 

フレームは男性に大人気、(最近では女性のファンも増えて来ました)TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)から

molt(モルト)

サイズ:47▢20

カラー:3(Brown &Gold Gradation)

 

柔らかな印象のブラウンは肌なじみも良く、優しい印象になります。メリハリ感がある黒よりも、対面した人に安心感も与える色ということでブラウンカラーに決まりました。

 

何より決め手になったのが掛け心地です。

 

テンプル(ウデ)のダブルSラインというパーツはしなやかさがあり、掛け心地がいいんです。ダブルになっているので耐久性もアップしています。

 

 

 

さて、使用レンズですが。

今使っているメガネが見えにくく使い勝手が悪いとのことでした。

・購入して5年ぐらい経っている。

・多分室内用として作ったと思う。

(メガネをお預かりして調べたところ室内用のようでした)

・手元の本や新聞の文字がはっきり見えないし、室内の離れた所もあまりよく見えない。

 

どのような時にどんなところを見たいのか伺ったところ、

パソコンのモニター画面が見られて手元の本などの細かい文字が見たい。机の上のものを見たり読んだりしたい。とのことでした。

見たい範囲が机の上だけということであれば、室内用メガネは使い難いかもしれません。(私も経験あります)

 

これはデスクワーク用のメガネの方が良いかもしれません。

 

レンズ度数が変わっていることも考えらるので度数測定しました。(変化ありました)

 

実際に店のパソコンを使ってもらい、見え方の体験していただきました。

 

モニター画面までの距離、どれだけ細かい文字なのか。色々試していただき、やはりデスクワーク用メガネに決定しました。

 

デスクワーク時間も長いとのことなのでブルーライトカットコートもお付けしました。お仕事がドンドンはかどると思います。

お買い上げいただきありがとうございました。クリーニングや調整等お気軽にお立ち寄りください。

 

 

メガネのイマホリのインスタグラムもぜひご覧ください

2021.04.04

 

スタッフ長尾です。今日はお知らせです。

 

メガネのイマホリではブログと並行してインスタグラムもやっています。

 

 

パソコンホームページでは画面の右上、モバイルでは左上にカメラマークがあります。

そこをクリック(タップ)して覗いてみてください。

 

 

 

週2~3の更新で、フレームの紹介やイベントなどのお店情報を発信しています。

 

いいね!やアカウントのフォロー、よろしくお願いします。

 

メガネフレームの「表面処理」も実はとっても奥が深いものなのです

2021.04.03

スタッフ今堀です。

 

先月、新しい売り場コーナーを作った当店の人気眼鏡ブランド、TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)。

 

新作モデルがいよいよ発表され、今月の中旬にはオンラインでの展示会(新作発表会)が開催されます。

先日その案内が届いたのですが、案内状といっしょにオリジナルのタブロイド誌(第2号)が同封されておりました。

 

 

今回はブランドのコンセプトである“仕立て”がテーマになっており、テイラーウィズリスペクトのこだわりの一つであり、美しい仕上がりを生み出す「表面処理」について書かれてあります。

 

 

デザイナーさんと表面処理加工業者の社長さんとの対談というユニークな企画も載っており、普段店頭で商品を販売している僕らにとっても興味深い内容でした。

 

ブランド名であるTAYLOR WITH RESPECT、長い名前だなと思われる方もおられるかもしれませんが、このブランド名には、自分のブランドの制作に関わった全ての人への敬意が込められており、その中には今回取り上げた表面処理加工の職人さんたちも含まれています。

 

 

テイラーウィズリスペクトのフレームのカラーリングには、手作業によって行われているものもあり、一本のフレームを完成させるのに大変な時間がかかるそうです。

一度欠品すると(人気モデルは本当にすぐに完売してしまいます)、次の入荷までかなり時間がかかるのですが、その理由もよく分かります。

 

 

これまでのモデルで採用された表面処理の一覧も載っており、これを見るだけでもいろんな表面処理の技術が使われていることがよく分かります。

 

一般の消費者にとっては、「メガネの表面処理」と言われてもなかなかピンと来ないのが正直なところかなと思いますが、そういう目立たない部分にもあえて光を当てた興味深い内容になっております。

 

 

本日ご紹介したタブロイド誌は、テイラーウィズリスペクトのコーナーに置いております。

興味のある方はぜひ手に取ってご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

Reego CHARMANT(リーゴ シャルマン)の取り扱いを始めました

2021.04.02

スタッフ今堀です。

 

4月から新しい眼鏡ブランドの取り扱いを始めます。

 

(画像はシャルマンのWEBサイトのものを使わせてもらっております)

 

Reego CHARMANT(リーゴ シャルマン)というメガネフレームです。

 

当店で男性のお客様に大変人気の眼鏡フレーム、MENS MARK CHARMANT(メンズマーク シャルマン)を製造している株式会社シャルマンのオリジナルブランドです。

 

メンズマークはその名の通り、男性をターゲットにデザインされたメンズフレームですが、リーゴは女性をターゲットにデザインされたレディースフレームになります。

 

 

今回リーゴの取り扱いを決めたのは主に下記のような理由からです。

 

理由①掛け心地が良く、日本人女性の顔に合わせた設計になっている

 

まずは何と言っても掛け心地の良さです。

 

 

メンズマークと同じく、テンプル(ウデ)の一部にシャルマンが自社で開発した弾力性のある金属素材を使用しており、非常に掛け外しがしやすく、メガネを掛けた時のフィット感が良いメガネフレームです。

 

レディースフレームですが、一応僕も掛けて試してみました。

フニャフニャした柔らかいだけのテンプルではなく、適度なホールド感もあり、それでいて締め付けられるような窮屈感もないので、掛けていてすごく気持ちの良いフレームでした。

 

フレーム自体がすごく軽いというわけではありませんが、フレーム全体の重量バランスが良いので、掛けた時にとても軽く感じます。

 

 

メンズマーク同様、先セルと呼ばれる耳に掛かる部分のパーツが幅広になっており、耳の後ろのくぼみの形状に沿わせることで摩擦力が発生し、メガネが前方に下がる力を緩和することができるようになっています。

 

理由②価格が手ごろでコスパにも優れている

 

2つ目は価格です。

 

最近はメガネフレームの価格の二極化が進み、安いものはすごく安いのですが、日本製でそれなりのチタンフレームだと4万円位するのが普通になってきました。

2~3万円位の価格帯で選べる商品が非常に少なくなっている気がしています。

 

2~3万円位の価格帯、日本製で機能面でも安心してお客様におすすめできる、そういうメガネフレームが欲しいなという思いがありました。

 

 

リーゴのメガネフレームは、チタン素材をメインで使用した機能性に優れたメガネフレームでありながら、税込みで30,800円という価格になっており、機能面の割にはお手頃な価格だと思います。

(ラインナップの中にはもう少し高い価格の商品もあります。)

 

理由③日本人の肌や瞳の色に調和しやすいフレームカラー

 

3つ目の理由は、リーゴのフレームカラーです。

 

当店では女性のお客様を対象に、「シンデレラコース」というオリジナルサービスを行っております。

パーソナルカラー診断をさせていただき、お客様に似合うカラー(のグループ)を見つけ、お客様に似合うメガネフレームをご提案させていただくというサービスです。

 

 

リーゴのフレームには、日本人の肌や瞳、髪の色に調和しやすいカラーリングが使われているので、パーソナルカラー診断を受けていただいたお客様にご提案する商品としても良いなと思いました。

 

デザインや機能性以外だけでなく、フレームカラーでも女性のお客様にメガネ選びを楽しんでいただけたら良いなと常々思っており、そうした理由からリーゴを選びました。

 

少しずつですが商品も入荷してまいりましたので、また順次ご紹介したいと思っております。

 

 

isoTope(アイソトープ)の商品紹介ページを更新しました

2021.03.31

スタッフ今堀です。

 

ただいま当店ホームページのブランド紹介のページをリニューアル中です。

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドの商品を紹介しているページなのですが、掲載商品を入れ替え、商品画像も新たに撮り直したものに変更しております。

 

先月更新した『歩』(AYUMI)に続き、isoTope(アイソトープ)の商品紹介ページのリニューアルが完了しました。

こちらからご覧いただけます。

 

 

こんな感じになっております。

フレームのサイズや価格(税込価格)、簡単な紹介が見られるようになっております。

 

 

フレームの写真の右上にカラー名も入れてみました。

ブランドによってはカラー名がないものもあるのですが、カラー名が分かるものに関してはこのようなかたちで表示していこうかなと思っております。

 

※撮影に関しては素人がやっておりますので、実際の商品と色味が異なる場合がございます。その点はご了承下さい。

 

 

メガネの場合、フレームだけ見ている時と実際に掛けて見た時の印象が全然違う場合もありますので、メガネを掛けた時のイメージも確認できるようにマネキンに掛けさせた写真も掲載しております。

 

※入れられる画像の枚数に制限があるため、一部のモデルやカラーを載せております。

 

 

今回も撮影にあたりメーカーさんにご協力いただきました。

 

isoTope(アイソトープ)の販売元であるエイトオプティクの担当営業さんにフレームをお借りし、フレームの撮影をさせていただきました。

 

※掲載商品の中には、現在お店に在庫がないモデルやカラーもございます。あらかじめご了承下さい。

 

他のブランドに関しても少しずつ更新していく予定をしております。

更新が完了したものからまたご紹介したいと思います。

お客様のメガネのご紹介 度数が強めでもおしゃれなメガネ作れます

2021.03.30

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネのご紹介です。

 

フレームはAKITTO(アキット)のpin14です。

サイズ:45 カラー:WN(ワイン)

 

掌にすっぽり入りそうなほど小ぶりの可愛らしいフレームで、人気のモデルです。

テンプル(ウデ)先端の白鳥や、左右のレンズをつなぐブリッッジのデザインも人気で、細かいところまで可愛いアキットです。

(pin14は完売しました。)

 

 

主にお仕事で使われるメガネなので、ブルーライトカット機能がある薄めのカラーをお入れしました。

肌美人ボーテシアーグレー8%

フレームのとの相性もばっちりです。

 

パッと見色が入っているかどうか分からないほど薄い色ですが、青色光を大幅にカットして疲れ目を軽減する効果などがあり機能カラーと呼ばれています。(当店では薄い色で自然に見えるので勝手にナチュラルカラーと呼んでいます)

 

 

さらに肌美人というだけあって目元を美しく、美肌をきわだたせるカラーでもあります。

一日中使える薄い色から、昼間の太陽の眩ししさを防ぐサングラスカラーまで用意されています。

 

 

 

ところで、お客様がこの小さめのフレームを選ばれたのは、可愛いというだけではない理由があります。近視度数がちょっと強めのためゆえのお悩みがありました。

 

*度数が強めなので、レンズの厚みが気になる

*メガネを掛けた時にフェイスラインがへこみ、段差ができる

*レンズの厚みにこだわるとおしゃれなメガネがない  等々

 

 

まずレンズの厚み。これには薄型レンズを使用することをお勧めしますが、近視用レンズは中心に近づくほど薄くなるので、フレームも小さいものをおすすめします。

同じ度数でも使用するレンズの直径が小さい方が薄くなります。(図はイメージです)

 

そのことはお客様も良くご存知でいつも小さめのフレームを選んでおられるのですが、そうするとおしゃれなフレームが少ない(無い)。レンズの厚みとお洒落を天秤にかけて、レンズが薄くなることを選んでこられた経緯がありました。

 

 

そこで、フレームのサイズやお顔の幅、両目の中心間距離(PD)を考えて

 

様々な小さ目フレームをお試しいただきました。

 

 

ぼやけた印象になるカラーや、逆にはっきりしすぎて目立ちすぎるカラー。フレームの素材や色、形でガラリと変わる楽しさ面白さを体感していただきました。

 

 

気になるレンズの厚みはパソコンでシミュレーション。

 

どの程度の厚さが出るかサンプルレンズとともにイメージしていただきます。

*画像はイメージです。

 

 

そしてフェイスラインに段差が出来てしまうお悩みには両面非球面レンズがおすすめです。

 

お隣の画像は別のお客様のメガネです。

 

素顔のようにはできませんが、素顔を印象を保つことが出来るのが両面非球面レンズです。度数が強めだからって、おしゃれなメガネをあきらめる必要はないですよ(*^-^*)

可愛くて、おしゃれ。素敵なメガネが出来上がりました。お買い上げありがとうございました。

メガネのクリーニングや調整など、お気軽にお立ち寄りくださね。

 

本日は店内勉強会のため17時で閉店させていただきます

2021.03.29

スタッフ今堀です。

 

今日は補聴器メーカーの担当営業さんに来てもらい、スタッフ向けの勉強会を開催していただきます。

そのため、本日は17時にて閉店させていただきます

 

 

当店では眼鏡だけでなく補聴器も取り扱っておりますが、近年、補聴器のご購入が増えております。

今後は眼鏡同様、補聴器をご購入いただいたお客様や、補聴器のご相談にお越しいただいたお客様に対しても、充実したサービスをご提供できるようにしたいと考えております。

 

コロナの影響で社外での研修受講が難しい状況ということもあり、当面は今回のようなかたちでメーカーの担当営業さんに協力していただき、接客時と同じように感染予防対策を十分に行ったうえで、定期的に社内での勉強会を開催していきたいと思っております。

 

お客様にはご不便をおかけしますが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

店内の商品の価格は全て「総額表示」になっております

2021.03.27

スタッフ今堀です。

 

3月31日に総額表示義務の特例期間(税抜表示を認める措置)が終了し、4月1日からは「総額表示」が義務付けられます

 

 

当店では、レンズの価格表、メガネフレームの値札、備品類の値札、これら全ての価格を既に消費税込みの価格で表示しております。

(補聴器は非課税商品となります。)

 

4月以降もこれまで通りと同じ、消費税込みの価格で表示しておりますので、どうぞ安心してお買い物をお楽しみ下さい。

 

 

さりげなく目元を彩る”ナチュラルカラー”。女性のお客様に人気です!

2021.03.24

スタッフ今堀です。

 

少し前のブログでもご紹介しましたが、最近、メガネのレンズに薄めのカラーを入れられるお客様が増えております。

 

眩しさが気になって薄めのカラーを入れられるお客様が多いですが、最近は、特に眩しさを感じておられなくても、「目元をきれいに見せる」というメイクアップ効果を期待して薄めのカラーレンズを使用される女性のお客様も増えております。

 

最近はレンズメーカー各社から、色が入っているのがほとんど分からないくらい薄いカラーレンズが発売されており、当店ではこれらの商品を勝手に“ナチュラルカラー”と名付け、お客様にご提案させていただいております(笑)

(実際にそういった名前の商品があるわけではないのでご注意下さい。)

 

 

お客様の反応も良いので、店頭にナチュラルカラーのコーナーも作ってみました。

(繰り返しになりますが、あくまでも当店で勝手にそう呼んでいるだけです。

実際にそういった名前の商品があるわけではないのでご注意下さい。)

 

 

ただ、コーナーをご覧いただくと分かるのですが、カラーの種類も結構色々あります。

 

中にはご自身のお好きなカラーを選ばれる方もおられますが、大抵の方が、「自分にはどの色が良いんだろう???」と悩まれます。

 

ですが、どうぞご安心下さい!

 

 

当店にはパーソナルカラーアドバイザーの資格をもったスタッフがおりますので、「どの色を選んだら良いか分からない」というお客様に、ぴったりのカラーをアドバイスさせていただきます。

 

カラーレンズをお客様の目元に当ててみて、レンズカラーと肌との相性や、お顔の印象の変化を客観的に見させていただきます。

お客様自身のご希望や、メガネフレームのカラーとの相性も考慮しながら、最も良いカラーをご提案させていただきますので、気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

 

 

こちらは最近ナチュラルカラーでメガネをお作りいただいたお客様のメガネです。

あえて色が分かるように白いマネキンに掛けさせておりますが、普段の生活の中で自然に掛けられるカラーレンズなので、ご近所や職場でもメガネを掛けるのに抵抗感が少ないです。

 

見た目だけでなく、UVカットはもちろん、ブルーライト(青色光)も軽減する機能も付いており、有害な光から目を守る効果もあります。

(※ナチュラルカラーは眩しさを抑える効果はそれほどないので、眩しさを感じておられる方の場合は、もう少し濃いカラーにしていただいた方が良い場合もあります。)

 

マスクをすることが多くなり、人の視線が目元に集中しがちな今日この頃。

せっかくメガネでお洒落するなら、目元もきれいに見せたいですよね。

 

今お使いのメガネのレンズをナチュラルカラーに交換することもできますので、気軽にスタッフにご相談ください。

 

 

お客様のメガネのご紹介 もしもの時のために早めに準備していただきました 

2021.03.23

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネの紹介です。

 

長年ご愛用いただいているお気に入りのメガネが、ズレやすくなったとご来店いただきました。折角なのでメガネの点検も一緒にさせていただいたのですが、両テンプル(ウデ)を内側に入るように調整しても少し広がりやすくなっていました。金属部分が疲労しているかもしれません。

 

今は問題がなくてもある日突然メガネが使えなくなることが起こるかもしれないので、早めに次のメガネを準備していただきました。

フレームはプトゥリEPー879

 

シンプルなデザインですっきりしたフレームですが、カラーがちょっと変わっています。前枠は上半分だけブラックで下側はシルバー。

 

ナイロールフレーム(レンズの下半分の枠がないフレーム)の様にも見えます。

さりげなく凝ったところが気に入っていただけたようです。

 

メガネの見え方は「見にくさや目の疲れはない。」とのことでしたが、前回測定させていただいてから年数が経っていたので念のため測定させていただきました。

もっとよく見えるようにもできますが、お仕事や日常生活で使いやすい今のレンズ度数でお作りしました。(免許更新できる視力です。)

 

メガネは二本あると安心です。クリーニングや調整はいつでもお越しくださいね。

お買い上げいただきありがとうございました。