トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お店紹介

お客さまのメガネのご紹介。ベビーサイズからキッズサイズへ

2019.09.21

スタッフ今堀です。

 

先日ご購入いただいたお客様のメガネが出来上がりました。

 

 

フレームは、トマトグラッシーズのキッズAシリーズ。

 

昨年の夏に初めてメガネをご購入いただき、

今回はメガネの買い替えにお越しいただきました。

 

 

前回お越しいただいた時はまだ1歳。

普通の子ども用メガネではサイズが合わないので、

トマトグラッシーズのベビーシリーズで作らせてもらいました。

それから1年が経ち、すっかり大きくなられていて、

ベビーシリーズでは小さくなってしまったので、

今回は少し大きめのキッズシリーズとなりました。

 

 

新しいメガネのフロント(前枠)は、前回と同じクリア。

テンプル(ウデ)はご本人が好きな飛行機の柄になっています。

フロントとテンプルを別々のカラーで取り寄せし、

組み合わせた特別仕様となっております。

自分が好きな乗り物などの柄が付いていると、

メガネを掛けるのがちょっと楽しくなります。

そういうことも考えてデザインされた眼鏡フレームです。

 

 

小さなお子さまの場合、

目幅はすごく狭いんですが、頭の横部分は結構張っていたりします。

なので、頭のサイズに合わせると、

フレームのフロントサイズが大きくなりすぎてしまうことが多いです。

今回は目幅にちょうど合ったサイズをお選びし、

左右のテンプルの間隔が広がるように調整させてもらいました。

 

 

まだ2歳ということもあり、目幅と頭のサイズ差がかなりあったので、

写真のようなツールを使って頭の横幅を事前に測定し、

テンプル素材の弾力性も考えながら幅を調整させてもらいました。

また1年位経ったらきっと体も大きくなられると思うのですが、

今の内から無理に大き目サイズにするのではなく、

今はちゃんとご本人の顔に合ったサイズにさせていただいて、

保険を活用して買い替えていただくようにアドバイスをさせていただきました。

 

昨年メガネをお渡しした際には、

メガネを嫌がってすぐに外されていたのですが、

ご両親の努力の甲斐もあって、すっかりメガネを掛けることに慣れてくれました。

順調に視力も出るようになっていて、

治療用メガネの効果がしっかり出ているようで、僕らも安心しました。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

シルエットの超人気モデルが今年20周年を迎えるそうです

2019.09.20

スタッフ今堀です。

 

先日、シルエットの担当営業さんがお店に来てくれて、

来月の展示会(新作発表会)に向けた最新情報を教えてくれました。

 

「シルエットって何?」という方のために簡単に説明しますと、

シルエットはオーストリアの眼鏡ブランドです。

シンプルながら非常にデザイン性に優れ、世界中に愛用者がいます。

 

シルエットの代表モデルとして、

TMA(Titan Minimal Art)というフレームがあります。

1.8gという驚異的な軽さを実現したフレームで、

NASAのスペースシャトルのミッションでも着用されました。

シルエットにはたくさんのモデルがありますが、

シルエット、イコールTMAと思っておられる方がいるほど、

シルエットの中では、圧倒的な人気を誇るモデルです。

 

そのTMAが発売されたのが1999年だったそうで、

今年、20周年を迎えるそうです。

20周年を記念した特別モデルが発売されるそうで、

営業さんに写真で見せてもらいました。

 

 

なかなかすごいことになっています(笑)

シルエットのWEBサイトでご覧いただけますので、

興味のある方はご覧になってみて下さい。

(当店では今のところ取り扱う予定はありません)

 

そんな話をしながら、他にも色々と見せてもらいました。

 

 

こんなフレームや、

 

 

こんなフレームなど。

いろんなフレームを見せてもらいながら、

今後の商品展開の見通しなどを聞かせてもらいました。

シルエットに限らないのですが、やはり海外のブランドは、

マーケティング活動をとても重視していますね。

WEBサイトも含め、プロモーション活動がすごい。

 

それからもう一つ、営業さんと大事な話し合いを行いました。

実は今秋、シルエットの取扱い店として、

さらにパワーアップ(?)する予定をしています。

 

 

完全には決まっていないので、ブログでは詳しく書けないのですが、

興味のある方は店頭でスタッフにお尋ね下さい。

 

 

 

 

 

アキットの人気モデルが再入荷しております

2019.09.14

スタッフ今堀です。

 

女性のお客様に大人気のAKITTO (アキット)の眼鏡フレーム。

年4回新作が発表されることになっており、

夏に2019年の3rdモデルが発表されました。

 

先月、デザイナーさんから新作のフレームを送ってもらい、

スタッフでどれを仕入れるかチェックしました。

アキットに限らず、どのブランドでもそうなのですが、

新作ならとにかく何でも仕入れるというわけではなく、

当店に来られるお客様に受け入れられるかなども考えて、

どの商品を仕入れるかを決めております。

(お店の地域性や顧客の年齢層も違うので、

その辺りのことも考えながら自店に必要な商品を選んでいます。)

 

そういう事情もあり、今回の新作は仕入れを見送ることにし、

そのかわりに人気があったモデルが再生産されていたので、

そちらを仕入れることにしました。

 

sal

サイズ:4918

カラー:SB(左) WN(右)

48,100円(税込 ※8%)

 

 

scallops(=ホタテガイ)がデザインモチーフのテンプル(ウデ)。

フロント(前枠)とは違った明るいカラーで、

横顔がとっても素敵に見えます。

写真はかなりアップで撮っているので柄が目立ちますが、

実際にメガネを掛けて、少し離れて見ると印象が変わります。

 

デザイナーさんいはく、

アキットのメガネフレームは、メガネが主張するのではなく、

少し離れたところから見た時に、

「ああ、何か素敵なメガネで、とてもよく似合っているな」

という印象を相手にもってもらえて、

近づいてじっくりとメガネを見てみると、

「こんなにお洒落で凝ったデザインだったんだ」と、

その時に初めてメガネが表に出てくるような、

そんなデザインを心掛けているとのことです。

 

ブログなどではどうしてもアップで撮影しているので、

(特徴を分かりやすく伝えなければならないので)

目立ちそうなメガネに思えるかもしれませんが、

実際に掛けて少し離れて見てみると、全然そんなことはありません。

お店に来られた際は、手に取って見るだけでなく、

試着して、少し離れたところから鏡に映った姿をご覧になってみて下さい。

 

こちらのsalは、昨年発売されたモデルなのですが、

当店では初回入荷後にすぐに売れてしまい、

リピート注文した分も今年に入ってまた売れてしまいました。

なので、新作よりもこちらを優先して仕入れることにしました。

 

 

ただし、前回入荷分とカラーだけは変えております。

前回はマット(艶なし)カラーでしたが、

今回は艶ありのカラーをチョイスしてみました。

光沢感があるとまた違った印象になります。

(上の写真の茶色のフレームは過去入荷分。今は在庫がございません。)

 

 

アクセサリーのように女性らしさを引き立てるメガネフレーム。

大人の女性にぴったりの眼鏡です。

アキットに関しては、売れてなくなってしまうことも多いので、

気に入ったモデルやカラーがある場合は、

ぜひ、早めにチェックして下さいね。

 

 

ラフォンの新作フレーム、入荷しております

2019.09.13

スタッフ今堀です。

 

フランスの眼鏡ブランド、

lafont.(ラフォン)の新作が入荷しております。

 

EXTRA

サイズ:47□20

カラー:1063

30,200円(税込 8%)

 

 

最近のトレンドを取り入れながらも、

ラフォンらしさもしっかり感じられるフレームです。

ゴールドのフレームに、レンズの前側だけがブラックカラー。

温かみのあるゴールドが顔全体を明るく見せ、

正面のブラックがキリッと引き締めてくれます

 

カラー:7142

 

こちらのカラーは、パープルのフレームに前側のみゴールド。

同じフレームでもカラーによって印象が変わるので、

ぜひ、先ほどのカラーと掛け比べてみて下さい。

 

 

ラフォンのフレームというと、

デザインが個性的で、大胆なカラーリングのものが多いので、

メガネを掛け慣れられていない方にしてみると、

なかなか手に取りにくいフレームですが、

このモデルは結構掛けやすいのではないかなと思います。

お店で見つけたらぜひチャレンジしてみて下さい。

 

こちらのモデルは、ラフォンのISSY &LAシリーズと言って、

通常のレディースラインよりもシンプルなデザインで、

お値段も少しお手頃価格となっております。

 

 

丸ではなく、オクタゴン(8角形)シェイプ。

個性的な形に思えるかもしれませんが、

掛けてみると、「いいかも!」と思える玉型なので、

ぜひ、試着してみて下さい。

 

 

細身でシンプルなテンプル(ウデ)が好きという方にも、

おすすめのフレームですね。

「今までとはちょっと雰囲気を変えてみたいけど、

あんまり大胆すぎるデザインはちょっと抵抗がある・・・」

そんな方にぜひ試してみていただきたい一本です。

 

こちらのフレームは海外のフレームなので、

入荷時はかなり鼻パッドの間隔が広かったのですが、

試着した際にメガネが下がらないように、

あらかじめ鼻パッド部分の金属を調整しています。

ぜひ、お店で試着してみて下さい。

歩フレームをお使いのお客様へ。 イベントの案内を送らせてもらいました

2019.09.11

スタッフ今堀です。

 

熟練の職人の手によって一本一本削られ、

完璧なまでに磨き上げられて作られる眼鏡フレーム。

『歩』 AYUMI

 

眼鏡のまちとして知られる福井県鯖江市の眼鏡製造メーカー、

マコト眼鏡さんのオリジナルブランドです。

2000年にブランドが誕生した『歩』ですが、

来年は20周年を迎えます。

 

20周年を記念した特別企画を開催されるそうで、

先日、イベントのパンフレットが届きました。

 

 

小人数制のワークショップで、

当日は社長さんや『歩』のデザイナーさんも参加し、

ユーザーと一緒に20周年記念モデルの企画をする、

そんな面白いイベントになっています。

『歩』のユーザーさんなら無料で参加できるそうです。

 

当店で『歩』をご購入いただいたお客様にも、

こちらのパンフレットを同封した案内状を送らせていただきました。

11月は京都で開催されるそうなので、

お時間のある方はぜひ参加してみて下さい。

 

 

まだ『歩』を持っていないという方でも、

今からのご購入でも間に合います。

(ただし、先着10名となっているのでお急ぎ下さい)

増税前にちょっと奮発してみて、

この機会に『歩』ユーザーになってみませんか?

 

 

9月から取り扱いレンズを一部変更させていただきます

2019.09.09

平素よりメガネのイマホリをご愛顧いただき、

誠にありがとうございます。

 

当店ではHOYA社のレンズを中心に取り扱ってきましたが、

取引上の都合により、9月から価格が見直されることになりました。

その結果、これまで通りの店頭価格での販売が困難となり、

大幅な値上げをせざるを得なくなりました。

創業当初からずっとHOYA社のレンズを中心に販売し、

これまで数多くのお客様にご購入いただいてきたのですが、

できるだけお客様がお求めやすい価格で販売できることを考え、

他社レンズを中心に販売させていただくことになりました。

(取引は残りますので、HOYA社のレンズのご購入は可能です)

 

このブログでも、これまでHOYA社のレンズをたくさんご紹介し、

それをご覧いただいてお越しいただいたお客様もおられたのですが、

このようなことになってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

 

また、オーダメイドタイプのレンズにつきましても、

当面は販売を休止させていただきます。

いろんなメーカーのレンズを検討してみて、

性能と価格の両方でバランスの取れた良いレンズを、

お客様にはご提案したいと考えております。

もう少しお時間をいただけたら幸いです。

 

お客様には大変ご不便をおかけしますが、

諸事情ご拝察いただき何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

深視力のご相談に来られたお客様が無事に合格されました②

2019.09.07

スタッフ今堀です。

 

昨日のブログの続きです。

 

深視力のご相談に来られたお客様ですが、

視力も良く、メガネで補正する必要がありませんでした。

ただ、検査中に少し気になることがありました。

 

「利き目」を調べた際に、左目が利き目だということが分かったのですが、

その際、かなり利き目が優位に働いているということが分かりました。

(利き目というのは、物を見る時に主に使っている方の目で、

利き目ではない方の目は補助的に使われます。)

深視力検査中も、次第に体が斜めになってきて、

利き目の方で見ようとされていました。

 

 

さらに、寄り目のチェックを行った際にも、

目の動きが何となくぎこちなく、

スムーズに寄っていきませんでした。

両目がそろってスムーズに動いてくれることで、

遠くを見たり、近くを見たりすることができるのですが、

この両目のチームワークに問題がありそうでした。

 

利き目だけで見るクセがあり、両目をバランスよく使えておらず、

両目のチームワークが上手くできていないことによって、

棒の動きが分からないタイプなのかもしれない・・・

そんな風に考えました。

 

深視力の検査では、

棒が手前に動く時にはそれに合わせて目を寄せて、

逆に奥へ動く時にはそれに合わせて目を離す、

そういった動きがスムーズにできる必要があります。

 

幸い斜視もなく、両眼視機能には問題が見られなかったので、

“目の使い方”を覚えてもらえば改善できそうと思い、

メガネを作るのではなく、トレーニングをご提案しました。

 

寄り目の練習と、2本のペンを交互に見ていただく練習をしていただき、

目を寄せたり離したりすることに慣れていただきました。

 

 

さらに、専用の道具(上の写真)で目のトレーニングを行いました。

ビジョントレーニングではおなじみの道具です。

案の定、最初は全然できませんでした。

集中して見ると、身体が斜めになってきて、

どうしても利き目を使って見ようとされていました。

 

トレーニングのやり方をご説明し、

できれば自宅で練習をして欲しいとお伝えし、

次回またご来店いただくことになりました。

(専用の道具がなくても100均などで代用ができます。)

 

深視力のご相談に来られる方の中には、

「メガネを作れば簡単に合格できるようになる」

そんな風に思って思られる方もたまにおられるのですが、

決してそういうわけではありません。

(メガネだけで解決する方も中にはおられます)

 

自宅でのトレーニングというと、

どうしても面倒な感じがしてしまうものですが、

今回のお客様は、とても熱心に僕の話を聞いていただき、

道具も作られて、ご自宅でも真面目に練習をしてくださいました。

 

近江八幡から来られたお客様だったのですが、

その後も数回通っていただき、

トレーニングの進行具合を確認させていただきました。

 

いよいよ明日試験を受けに行かれるということで、

前日の夜に深視力検査の練習に来られたのですが、

その時は、最初の時とはまるで別人のようになれていました。

 

 

本番を想定し、普通は2cmで合格となるところを、

1cm以内で止めるという厳しめの条件でやってみたのですが、

それでもきっちりと止められていたので、

「これなら大丈夫だろう」と安心しました。

先日お電話をいただき、

「無事に合格できました!」とご報告をいただきました。

仕事の都合上、免許が取れないと困るということだったので、

無事に合格できて本当に良かったです。

 

今回のお客様の場合は、

眼科で相談をされてもおそらく駄目だったと思います。

(目の病気や薬で治る問題ではないので)

眼鏡が売れたわけではないのですが、

自分の知識や技術が役に立ってお客様のお悩みが解決でき、

お客様にも喜んでいただくことができたので良かったです。

 

免許の取得、本当におめでとうございます。

 

深視力のご相談は完全予約制で対応させていただいております。

メガネをお作りいただかない場合でも検査料をいただいておりますが、

目のトレーニングや深視力検査の練習もさせていただいております。

 

深視力のご相談に来られたお客様が無事に合格されました①

2019.09.06

スタッフ今堀です。

 

大型免許や2種免許を取得する際に必要となる深視力検査。

通常の視力検査とは全然違う内容の検査であり、

苦労される方が結構おられます。

視力が良好でもなかなか上手くいかないことも多いです。

今回、ご相談を受けたお客様もそんな一人で、

免許センターでこの試験を受けてた際、棒の位置が全然分からなくて、

このままでは合格できないということで当店に相談に来られました。

 

 

お話を伺ってみると、

真ん中の棒を見ている内に棒がぼやけてしまって、

瞬間的に棒が分からなくなるということでした。

お近くのお店でメガネも作られたそうなのですが、

それを掛けても全然改善されず、困っているとのことでした。

 

とりあえず、現在の状態を確認させていただくことにしました。

 

 

視力は左右ともに裸眼でしっかりと視力が出ています。

両目で1.5の視力が出ているので、全く問題なし。

次に両目でちゃんと見えているかを確認します。

何らかの原因で、実は片目でしか見ていないということがたまにあります。

片目でしか見えていないと精密な立体視ができなくなります。

こちらも問題ありませんでした。

 

念のためにお客様の目の度数を確認し、

視線のずれなどの両眼視機能もチェックしましたが、

メガネで度数補正をする必要がほとんどない方でした。

立体視のチェックも問題なし。

通常、ここまでの検査で問題がある方がほとんどなのですが、

今回のお客様の場合は全く問題がありませんでした。

 

メガネを作ってみたけど、改善されなかった・・・

お客様が言っておられたことがよく分かる結果です。

 

とりあえず、当店の深視力計で深視力検査をやってみてもらうことに。

「緊張していただけで、案外落ち着いてやったらすんなりできるかも?」

そんな風に思って実際にやってみたところ、

やはり、棒の動きが全然分からないご様子でした。

何回かやってみましたが、合格基準を大きく外れる結果に・・・

 

さて、どうしたものか・・・

 

結論から先に言うと、

今回のお客様、

メガネは作ってもらっていません。

 

メガネを作る以外の方法で深視力の試験に合格されました。

 

メガネを作らずに一体どうやって合格されたのか?

 

それは・・・・

 

会員登録をしていただいた方だけにこっそりお教えします。

というのは冗談で(笑)、

長くなりそうなので、次回のブログでお話させていただきます。

 

たまたまなのか、駆け込みなのか?今月もバタバタしそうな予感・・・

2019.09.03

スタッフ今堀です。

 

9月に入ってからは少し来客も落ち着き、

今日も午前中はとてもヒマだったのですが、

午後からはメガネご購入のお客様が続き、気が付けば閉店時間となりました。

ご来店本当にありがとうございました。

 

それにしても、先月後半からちょっとバタバタした日が続いております。

メーカーの営業さんとお話していると、

増税前の駆け込み需要はあまり起こっていないという話なのですが、

どうなんでしょうか???

 

今のところはまだ通常通りお渡しできておりますが、

もしかすると、日にちをいただかなければならなくなるかもしれません。

増税前が忙しくなるのか、増税後が忙しくなるのか・・・

ちょっと予想がつかない状態です。

今のところ通常通りとなっておりますが、

お渡しまでの日数をいただかなければならない状態になれば、

またご連絡させていただきます。

 

 

 

初めてご来店いただくお客様向け。店内のご案内です

2019.09.02

スタッフ今堀です。

 

8月の後半はかなりバタバタしていて、

ブログもお客様のメガネをご紹介するので精一杯という感じだったのですが、

9月に入ってようやく少し落ち着きました。

 

最近は、当店のホームページやブログなどをご覧いただいて、

「ネットを見てメガネを作りに来ました!」

という新規のお客様が増えて来ているので、

(結構遠い所からもお越しいただき、本当にありがとうございます)

初めて当店にお越しいただくお客様向けに、

本日は店内のご紹介をしたいと思います。

 

 

店内の自動ドアを入って正面、および左側の壁沿いに商品が並んでいます。

(店内入って右側がカウンターです。)

 

 

入口正面のコーナーは、現在は偏光レンズをご紹介しております。

こちらは特に決まった商品が並んでいるというわけではなく、

季節などに合わせて変えていこうかなと思っております。

そろそろ秋になるので、内容を変えないといけませんね。

 

 

店内中央のテーブルには、

MENSMARK (メンズマーク)、isoTope (アイソトープ)、

Putri (プトゥリ)などのフレームが並んでおります。

他のお店でも取扱っていることが多い商品ではありますが、

価格と機能性のバランスも取れていて、

コスパの良いフレームが多いです。

他にも、比較的お手頃な価格のフレームなども置いております。

 

壁沿いはハウスブランドやデザイナーズブランドの商品が並んでおります。

昔からのお客様のお好みやご希望も考慮しながら、

スタッフ自身が、「このメガネが欲しい、これを掛けたい!」

そんな風に思える眼鏡ブランドをセレクトしております。

量販店などのフレームに比べると、正直かなり価格は高めのものが多いですが、

それぞれにブランドの個性があり、魅力的なフレームが多いです。

滋賀県内ではほとんど取扱い店舗がない商品もありますので、

遠方からそのブランドの商品を買いに来られるお客様も多いです。

なので、できる限り品数も充実させられるように配慮しております。

 

入口側から順番にご紹介します。

 

「軽いメガネ」といえばこれ、

オーストリアの眼鏡ブランド、シルエット

 

弱視の治療用眼鏡として安心しておすすめできる子どもメガネ、

トマトグラッシーズ

 

個性的なフォルムとスポーツにも使える抜群の機能性を備えた眼鏡フレーム、

スペックエスパス

 

熟練の職人の手で削られ、磨き上げられたセルロイドフレーム、

歩 (AYUMI)

 

仕立て屋(テイラー)が作るオーダーメイド服のように、

掛け心地とデザイン性のあるメガネを追求した眼鏡ブランド、

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)

 

装いに華やぎを添えるアクセサリーのように、

掛けることでより女性らしさが引き立つレディースフレーム、

AKITTO (アキット)

 

そして一番奥には、

フランスの眼鏡ブランド、lafont. (ラフォン)

こちらは今年の春に什器を入れ替えて新しく誕生した新コーナーです。

 

ご来店の際は、ぜひいろんなフレームをお試しになってみて下さい。

スペースの都合で店頭に出ていないフレームもありますので、

気になるブランドがあれば、気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

今までメガネを使ったことがない方や、

どんなフレームを選んだら良いのか全然分からないという方も、

ぜひ、気軽にお越し下さい。