トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お店紹介

お客様のメガネのご紹介 メガネの使い分けで目への負担を軽く

2020.07.07

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネの紹介です。

大津市内からお越しいただいた女性のお客様で、二本のメガネをお作りいただきました。

 

上の赤いプラスチックフレームが日常使い

下の金属製(メタル)のフレームはお仕事用です。

 

二本とも植物をモチーフに可愛いをプラスしたPturi(プトゥリ)のフレームです

 

お客様は少し強めの近視度数がありますが、老眼鏡が必要という年齢ではありません。

ですがかなりハードなデスクワーカーで(言い方あってますか?)

眼精疲労がひどいそうです。

少し緩めの度数にしたお仕事用メガネ日常使いのメガネと二本、ピシッと使い分けることになりました。

 

日常使いのメガネは今お使いのものと同じイメージになるようなフレームに決定!    

前枠は上から見ると緩やかにカーブを描いています。

このカーブにレンズカーブを合わせることが出来る

内面非球面というレンズをチョイス!!

メガネの幅(両ウデ)が広がることなくカッコよく仕上がりました。

 

近視の方が気にされるレンズの厚みも気になることなくすっきり収まりました。

 

 

 

そしてもう一本はのお仕事用のメガネは、

肩や首の負担が少しでも減るように軽いフレームにしました。

フレームサイズはお顔に合わせつつ、金属製で細身のデザイン。

玉形の小さいも選び、レンズの重さが減らせるものにしました。

 

ただ軽さに拘り過ぎるとレンズとのバランスが崩れ、メガネが前にズレやすくなります。

そこを考慮してテンプル(ウデ)の先端についている先セルを太目なものにしました。

重心が後ろになるので、ずれにくくなると思います。

 

レンズ表面コートはブルーライトカットコートをお付けしています。

 

このメガネでお仕事がはかどり、目の疲れも軽減されると嬉しいです。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

クリーニングやメンテナンス、お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りください。

 

お客様のメガネのご紹介。カラー選びがなかなか難しいフレームでした

2020.07.06

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネが出来上がりました。

 

大津市の男性のお客様で、初めて当店でメガネをお作りいただきました。

 

 

選ばれたフレームは、spec ēspace(スペックエスパス)のES-7090。

 

 

スペックエスパスのフレームは、見た目がちょっと変わっておりますが、実はとても掛けやすいメガネフレームです。

 

スペックエスパスのコレクションの中でも、このES-7090は、男性、女性、どちらにも人気のあるモデルです。

 

人気モデルということもあり、こちらのモデル、どんどん追加カラーが発売されており・・・

 

 

ウェブサイトを見ると、カラーの種類がとんでもないことになっております!

(現在は発売中止になっているカラーもあるようです)

 

 

透明感のあるきれいなカラーが多く、お客様もカラー選びで随分悩まれておられました。

 

 

当店にあった他のカラーも色々お試しいただき・・・

 

 

最終的に 02カラーのbrown-gray sasaに決定!

フロントの上側半分がブラウンで、下側がグレーというカラーです。

 

当店にはパーソナルカラー診断ができるカラーアドバイザーがおりますので、カラー診断をご提案したかったのですが、お越しいただいた時に担当者がちょうど別のお客様を接客中だったので、ご提案ができませんでした。

 

 

カラー診断を希望されるのは女性のお客様が多いですが、過去には何度か男性のお客様も診断させていただいております。

男性のお客様でもフレームのカラー選びでお悩みの際は、気軽に声をおかけ下さい。

 

下見を含めて何度かご来店いただいたのですが、なぜか毎回お客様が重なってしまい、席を外させていただくことが多くなってしまって申し訳ありませんでした。

新しいメガネ、気に入っていただけると嬉しいです。

お買い上げいただきありがとうございました。

お客様のメガネのご紹介 車の中でも色が変わる調光レンズその2

2020.07.05

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネの紹介です。

昨日紹介したお客様のご友人で、当店をすすめてくださった方です。

 

 

使用レンズは車のフロントガラス越しでも色が変わる調光レンズカラーはグレーと決まったのですが

フレーム選びはちょっと慎重に・・・ふたつのフレームで結構悩まれました。

 

悩んで悩んで、決定したのがこちらのフレーム。

TAYLOR WITH RESPECT(テイラーウィズリスペクト)のpulral(プルーラル)

レンズを囲むリムがグラーデションになった美しいフレームです。

 

テイラーウィズリスペクトは男性に人気のフレームですが、

最近は女性の方の購入も増えて来ました。

カッコいい!!この一言に尽きるようです(*^^)v

「メタリックで艶あり」はレディースフレームにはなかなか無いですもんね。

 

ちなみに悩まれたもうひとつのフレームは

同じくテイラーウィズリスペクトのフレームdome(ドーム)

柔らかなカーブのレンズシェイプにブラウンのグラーデーションカラーのフレームです。

こちらもサングラスにしても素敵です。

 

二週間、トライアルレンズでお試しいただいていたので

完成したたサングラスはご友人とお二人で早速掛けてお帰りになりました。

楽しそうな様子にこちらもうれしくなりました(*^-^*)

お買い上げいただきありがとうございました。

メンテナンスやクリーニングなどお気軽にお立ち寄りください。

ご感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

 

 

レンズの色が変わった様子を写真に撮りたいとお願したところ、

サングラスを装用している写真をブログに使ってもよいと許可をいただきました。

当日はくもりでの天気でしたが、

ほんの数分お店の外に出ただけでここまで濃い色になりました。

 

お客様メガネのご紹介。車の中でも色が変わる調光レンズを気に入ってもらいました

2020.07.04

スタッフ今堀です。

 

本日はお客様のメガネのご紹介です。

 

大津市の女性のお客様で、以前から当店でメガネをお作りいただいているお客様のご友人です。

先日、お二人でお越しいただき、一緒にメガネを作っていただきました。

 

 

spec ēspace(スペックエスパス)のフレームをお選びいただきました。

ES-1971というモデルです。

 

 

同じスペックエスパスのES-7090というモデルと悩まれておられたのですが、最終的にES-1971に決まりました。

どちらも本当によくお似合いだったので、アドバイスを求められたスタッフも真剣に悩んでしまいました(笑)

 

 

レンズは、車のフロントガラス越しでも色が変わる調光レンズ、トランジションズ・エクストラアクティブを入れさせてもらいました。

 

運転時の眩しを抑えつつ、室内では普通のメガネと同じようにお使いいただけます。

日差しが強い日中は濃い色に変化しますが、夜はほとんど色が濃くならないので、車通勤の方でも安心してお使いいただけます。

 

 

トランジションズ・エクストラアクティブのトライアルレンズをメルマガでご紹介したところ、当店のお客様から「試してみたい」とお問い合わせをいただき、ご友人にも紹介して下さいました。

 

元々はブラウンのカラーサンプルしか用意していなかったのですが、急遽グレーも用意し、2週間ほど貸し出しさせてもらいました。

それぞれのカラーをお二人で交代でお試しいただくことになりました。

 

運転時に実際に試してみていただき、便利さを感じていただけたようです。

お二人ともこのレンズでメガネを作っていただくことになりました。

 

 

レンズの厚みも気にしておられましたが、プラスチックのフロントの中に隠れてほとんど見えなくなりました。

 

レンズの色が変わるとこんな感じです。

 

このメガネを使えば、車の運転の時に度付きのサングラスを別に用意しなくても良いので、とても便利です。

スペックエスパスのフレームは軽くてフィット感もあるので、スポーツをするときなどにもサングラスとして使えます。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

補聴器のお客様の接客用にこんなものを導入してみました

2020.07.01

スタッフ今堀です。

 

当店ではメガネだけでなく補聴器も取り扱っております。

補聴器にもいろんなメーカーがあるのですが、当店ではスイスのフォナック補聴器をメインで販売させていただいております。

 

おかげさまで、最近は補聴器のお問い合わせがかなり増えて来ております。

 

補聴器のご相談に来られるお客様の中には、補聴器を付けるだけで会話がしっかり聞き取れるようになれると思われている方もおられるのですが、実際には補聴器だけでは聞き取りが難しい場合もあります。

 

たとえば、レストランなどのにぎやかな場所や、話し手が遠い場所にいる時などには、補聴器だけで会話の内容を全て聞き取るのは難しくなります。

 

補聴器だけでは聞き取りが難しい場所での聞こえをサポートするために、フォナック補聴器には、「ロジャー」と呼ばれるデジタルワイヤレス補聴援助システムがあります。

 

 

先日、最新補聴器の試聴会を開催したのですが、その時に補聴器のお試しをしていただくことになったお客様から、新しい補聴器と一緒にこのロジャーも試してみたいというご要望がありました。

 

当店としても、今後は補聴器だけでなく、ロジャーもお客様にご提案できたらと思っておりましたので、店頭でお試しいただけるようにデモ機をご用意させていただきました。

 

 

先日入荷したばかりで、まだ使い方を勉強している最中なのですが(汗)、積極的に試してみたいと言って下さるお客様がおられるので、せっかくならお客様モニターになっていただき、職場などでお試しいただこうと思っております。

 

 

それから、もう一つ、新たにこんなものも導入しました。

 

 

当店で取り扱っている、メンズマークやアクアリバティなどのメガネフレームを製造している鯖江の眼鏡フレームメーカー、シャルマンが作ったフェイスシールドです。

 

接客時にはマスクを着用させていただいておりますが、口元を隠すと話の内容が分からなくて困るというお客様もおられるので、こちらを導入しました。

 

基本的にはマスクを着用して接客をさせていただきますが、読唇の必要性があるお客様の場合には、マスクを外させていただいてフェイスシールドで接客をさせていただこうと思っております。

 

先ほどのロジャーも上手く活用できれば、補聴器を装用されているお客様とでも一定の距離を保った状態で接客が可能になるかもしれません。

 

現在は少し落ち着いておりますが、秋冬になればまたコロナウィルスの感染が拡大する可能性も十分にありますので、今の内から色々試してみて、お客様に安心してご来店いただける方法を考えていこうと思っております。

 

お客様のメガネの紹介 イメージチェンジのメガネがさらっと決まりました

2020.06.28

 

スタッフ長尾です。

イメージを変えるというのは結構勇気がいるものですよね。

特にお顔の真ん中にあるメガネはイメージチェンジのハードルがかなり高めです。

今日はそんなイメージチェンジがサラッとあっさりできたメガネのご紹介です。

 

こちら、AKITTO(アキット)のemi(エミ)です。

読書用のレンズでお作りしました。

 

ご家族とご一緒にフレームを選んでいただきました。

フチなしフレームや、レンズを囲む枠が細身のフレームを使ってこられたので

少しだけイメージチェンジをしてみませんか?

 

と少し太めのフレームや、カラフルなフレームをお試しいただきました。

「今までと同じでいいよ、今さらねぇ(笑)」と仰っていましたが、

私、スタッフ長尾が掛けている太目の金属フレームを見て興味がわいてこられご様子。

 

それでは、とお試しいただいたのが冒頭写真のAKITTOのemiです。

今までのフレームと比べると、ちょっとどころかかなり太目の枠ですが

「こういうのも案外いいかも」と良い反応が(*^^)v

 

ここでご家族から一言が!

「あれ?!なんだか頬がキュッと上がったように見えてすっきりした感じがする。」

そうなんです!!

メガネフレームにはメイクにも負けないリフトアップ効果あるのです。

 

emiのポイントは両サイドのツン摘まんだようなデザインと、アクセントのカラーです。

視線がポイントに向くためお顔全体がキュッと上がったように見えるのです。

女性には(男性も)とっても嬉しい効果ですよね。

さらに太目の枠によりお顔にメリハリがつき、すっきりした印象にもなるのです。

 

メガネにそんな効果があるのかとその場が大盛り上がり(*^^)v

見るためだけじゃなく、見られてても素敵に見えるメガネなら当然こっちのフレームで決まりでしょ!!

ということで、サラッとあっさりとイメージチェンジメガネが決まった次第です。

 

今までのメガネももちろん良いですが、

ちょっと目先を変えて新しい自分に出会ってみませんか?

イメージチェンジフレーム選びい気軽にご相談くださいませ。

 

リフトアップ効果フレーム他にもこのようなものがございます。

 

 

 


メガネレンズはお手元専用(老眼鏡)にするか、室内用にするかで悩まれました。

「どっちがいいんかなぁ?どっちがおすすめ?」

それはですね・・・と説明する前に。

こちらもご家族からのアドバイスがありました。

 

「それはお母さんにとってどっちが便利か?ってことよ。

何かを読みながらテレビを見たりしたいと思うなら室内用だし、じっくり落ち着いて読書をしたいなら老眼鏡ね」

とても分かりやすいご家族の説明に読書専用の老眼鏡に決まりました。

スタッフは出る幕がありませんでした(*^-^*)

お客様のメガネのご紹介。遠近両用レンズと室内用レンズで使い分けいただきます

2020.06.27

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

大津市の女性のお客様です。

 

 

AQUALIVERTY(アクアリバティ)のフレームに、今回は遠近両用レンズをお入れしました。

 

昨年の秋にご家族のご紹介で初めてご来店いただき、その時は室内用レンズが入ったお仕事用のメガネをお作りいただきました。

 

 

その時はアキットのcotというフレームでメガネをお作りいただきました。

すごく気に入っていただき、今も毎日お使いいただいているとのことでした。

 

前回おすすめした室内用レンズで快適に使えているとのことでしたが、たまに広い会議室でスクリーンの画面を見なければならない時があって、その時には室内用レンズでは少し見にくいということでした。

 

もう少し遠くが見える方が良いのと、運転時にもメガネを使いたいということだったので、今回は遠近両用レンズでメガネをお作りいただくことになりました。

 

 

室内ではかなり快適に使える室内用レンズですが、遠くの見え方はやはり遠近両用レンズの方が良いです。

 

弱い遠視と乱視がそこそこあるお客様なので、「今回お作りする遠近両用のメガネを掛ければ、目も楽になりますし、もっと見やすくなりますよ」とお話しし、仕事の時だけでなく、可能であれば普段からメガネを使っていただくようにお話させていただきました。

 

 

ご予算の都合で今回はアキットのフレームにはならなかったのですが、アキットコーナーをじっと眺めておられて、「やっぱり良いな~」と言っておられました。

 

「今まではメガネなんて何でも良いと思っていたし、お店も安いところで良いと思っていたけど、ここに来てからはメガネにこだわるようになりました。」と、眼鏡屋としては大変嬉しいお言葉をいただきました。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

最近はいろんなレンズが発売されており、レンズによって得意としている距離や使いやすいシーンが異なります。

 

ご来店いただければ、テストレンズで見え方の違いを体験していただき、レンズについても説明をさせていただきます。

気軽にご相談下さい。

お客様のメガネの紹介 イメージチェンジを

2020.06.21

 

スタッフ長尾です。

お客様のメガネの紹介です。

ご夫婦でご利用いただいている守山のお客様。

今回は奥様のイメージチェンジのお手伝いをさせていただきました。

カジュアルな感じで装飾も控えめなシンプルなフレームをご希望でした。

 

選んでいただいたのはPutri(プトゥリ)のフレームです。

EP-876 サイズ:46

 

プトゥリは植物や自然をモチーフにしたデザインのフレームで、

花などをイメージしたかわいらしいものが多いのですがEP-876はとてもシンプル。

 

テンプル(ウデ)にも装飾が一切なく、

ブラウンからゴールドへのカラーの切り替えしがあるだけです。

でもこのカラーの切り替えしがポイント!なのです。

 

下の画像をご覧ください。

前枠のブリッジ(左右のレンズをつなぐ部分)と左右の耳側にゴールドの色が使われています。

正面から横へと一本のゴールドのラインが出来上がり、アクセントになっています。

 

完成したメガネを掛けていただいたところ、

奥様

「とてもいい、素敵。」

ご主人様も

「変わった、変わった。イメージずいぶん変わった(ほほえみ)!」

とても喜んでいただきました。

 

パーソナルカラー診断もさせていただいたので

形、カラーを気に入っていただけてこちらもとても嬉しかったです。

 

 

お買い上げいただきありがとうございました。

お近くにお越しの際は点検やクリーニングなどお気軽にお立ち寄りくださいね。

 

 

プトゥリのフレームには専用ケースが付いています。

今ならお好きな柄がお選びいただけます。

 

 

補聴器の試聴会を開催しました

2020.06.19

スタッフ今堀です。

 

先日、当店で取り扱っているフォナック補聴器の営業さんに来ていただき、最新補聴器の試聴会を開催致しました。

 

 

来店が重なるのを避けるのと、じっくりと試聴をしてもらえるように、今回は人数を限定しての試聴会とさせていただきました。

 

ちょうど試聴会の日が天気がすごく良かったこともあってか、メガネを作りに来てくださったお客様も重なり、予想以上にバタバタしてしまいました。

試聴会当日の様子を撮影しようと思っていたのですが、それどころではなくなってしまいました・・・

 

 

試聴会に参加されたお客様の中には、補聴器を使ったことが全くないという方もおられました。

奥様と一緒にご来店いただいたのですが、普段の生活の中で会話がかみ合わない時があるそうで、奥様の方は、「ご主人がちゃんと聞いてくれない」と思われていて、ご主人の方は、「奥様の話し方が悪い」と思われていたようです。

 

難聴は少しずつ進んでいくので、自分の耳が聞こえにくくなってきていることに気が付かないという方も多いです。

今回のお客様のように、初期の段階で「もしかしたら聞こえが悪くなっているのかな??」と思われる方は意外と少ないです。

 

 

聞こえのチェックと補聴器の試聴をしていただき、せっかくなので最新の補聴器ならではの機能も体験していただきました。

自分の聞こえに合わせた補聴器を装用してテレビの音を直接補聴器から聞いたり、ハンズフリーで電話ができる機能も体験していただきました。

 

今回の参加特典として、耳の形に合わせて作成するオーダメイドタイプのトライアル補聴器をご提案させていただいていたのですが、早速、ご注文をいただきました。

職場でぜひ使ってみたいとのことでした。

 

 

先月発売された新しい耳あなタイプのバート マーベルという補聴器です。

新たにブラックカラーが追加されました。

 

 

今回の試聴会では、2名のお客様にバートマーベルのトライアル補聴器を作らせていただくことになりましたが、お二人とも選ばれたのは、このブラックカラーでした。

 

お二人とも現役バリバリで仕事をされておられる若いお客様だったということもありますが、ブラックカラーの反応は思っていた以上に良かったです。

 

以前のように「できるだけ補聴器は目立たないものにしたい」という考え方から、これからは「補聴器も見た目がカッコいいものや、お洒落なカラーが良い」という考え方に少しずつ変化していく気がしています。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

 

お客様のトライアル補聴器が完成したらまたご紹介させていただこうと思います。

お客様のメガネのご紹介。今回はあえて遠近両用レンズを選択

2020.06.15

スタッフ今堀です。

 

先日お渡しさせていただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

 

今回はこちらのメガネのレンズを交換させていただきました。

 

フレームは、以前に当店でご購入いただいたものです。

とても小さいサイズのフレームですが、実は強度用のフレームで、-12.00Dという結構強い近視のレンズが入っております。

 

 

メガネが壊れてしまうと生活ができなくなってしまうくらいの度数なので、もう一本ちゃんとメガネを持っておられ、今はそちらをメインで使っておられます。

(万一の場合に備えて予備のメガネを持っておくことは本当に大事です。)

 

こちらのメガネは予備のメガネだったのですが、できればレンズを調光レンズに交換したいとのご希望でした。

 

 

ちなみに、調光レンズというのは、紫外線に反応してレンズの色が濃くなるレンズです。

室内では普通のメガネとして使え、屋外ではサングラスとして使える便利なレンズです。

 

上の写真は僕が自転車通勤時に使用しているメガネですが、室内ではほぼ無色で(写真左)、外に出るとレンズの色が濃くなります(写真右)。

(天候や気温、紫外線量によって濃さが変わります)

 

 

ところが、ここで一つ問題が発生・・・・

 

 

 

現在お使いいただいているのが、屈折率1.76素材の両面非球面レンズ。

おそらくプラスチックの単焦点レンズとしては最も薄く作ることができるレンズです。

(一般に、同じ度数のレンズであれば、屈折率の高い素材の方が薄く仕上げることができます。)

 

ところが、この屈折率の高い素材に対応した調光レンズがなかなかないのです。

 

市販されているプラスチックレンズの主な屈折率は、1.50、1.60、1.67、1.70、1.74(東海光学は1.76)などで、先ほどもお話した通り、数字が大きくなるほど薄型のレンズということになります。

レンズの性能は薄さだけではないのですが、度数の強い方や見た目を気にされる方には重要な要素です。

 

どこのメーカーも、1.60や1.67素材に対応した調光レンズは作っているのですが、1.74素材に対応した調光レンズとなると、ほとんど作っていないのが現状です。

 

色々探してみて、一応、あることはあったのですが、値段がかなり高額になりそうでした。

 

 

そこで、今回は単焦点レンズで作ることはあきらめて、遠近両用で作らせていただくことにしました。

ちなみに、使用したのは、東海光学の「ベルーナ イージーワン」というレンズです。

 

こちらのレンズは、1.60、1.70、1.76の3種類の屈折率から選ぶことができ、全て調光レンズに対応しております。

 

一般には、単焦点レンズよりも遠近両用レンズの方がお値段は高くなるのですが、高屈折の調光レンズに関しては、こちらを使う方がお安く作れることが分かりました。

(レンズの仕入れ価格や販売価格はお店ごとに異なります。上記はあくまでも当店の場合です。)

 

 

年齢的にはまだ遠近両用レンズは必要ないお客様ですので、当然、遠近両用レンズを使われるのは今回が初めてです。

遠近両用レンズ特有のゆれや歪み、違和感などの心配もありましたが、おそらく大丈夫だろうと判断しました。

 

というのも、実は僕自身もこのレンズを現在使っているからです。

 

僕の場合、手元が見にくいから遠近両用レンズを使うというわけではなく、近業作業時の目の負担を少し減らせたら良いかなという感じでこのレンズを使っています。

(遠近両用レンズの使い勝手がどういうものなのか知りたかったということもあります。)

 

自分が使っているので大丈夫という自信があったので、お客様に事情をお話し、今回はこちらのレンズを使わせていただくことになりました。

 

 

ずっと雨が続いていたので、外で試していただくことはできなかったのですが、取りに来ていただいた時に、店内のUVテスターで色の変わり具合をご確認いただきました。

見え方も特に問題なさそうでした。

 

今回は、「調光レンズを使ってみたい」というご希望だったので、それが叶って喜んでいただけました。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

調光レンズのテスターも作ってみたのですが、「試してみたい」というお客様から、早速レンタルのご予約をいただきました。

 

店頭にサンプルもございますので、天気の良い日であれば店の外でお試しいただくことも可能です。

気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。