デスクワーク用レンズ

トップページ > レンズ > デスクワークレンズ

デスクワーク用レンズ

机の上に広げた新聞を隅々まで読みたい時などに
大変便利なレンズです。

加齢とともに目の調節力が低下し、手元が見づらくなった時に使用するのが近用単焦点レンズ、いわゆる老眼鏡です。ただ、近用単焦点レンズは特定の距離にしかピントが合わないため、見える範囲が限定されます。
たとえば、細かい数字が書かれた書類を手元で読むのにちょうど良い度数にすると、少し離れたパソコンのモニターは見にくくなってしまいます。デスクワーク用レンズは、一枚のレンズの中に手元がはっきり見える度数と、それよりも少し離れた場所も見える度数を設けることで、通常の老眼鏡では見にくい距離も一つのメガネで見えるようにしています。長時間のパソコン作業、特に伝票入力のような手元で細かい数字や文字を見ながらのパソコン作業や、机の上に広げた新聞を隅々まで読みたい時などに大変便利なレンズです。

デスクワーク用レンズ

スタッフコメント

パソコン用にメガネを作られるお客様のほとんどがデスクワーク用レンズを使われています。だからといってパソコン用のレンズということはなく、いろんな目的で使えます。たとえば、こんなケースがありました。
趣味で書道をされておられるお客様がおられ、以前は普通の老眼鏡でされておられたのですが、半紙の上の方が見にくく困っておられました。デスクワーク用レンズをご提案したところ、ぼやけていた半紙の上の方もすっきりと見え、書道をするのが楽になったと喜んでいただけました。

デスクワーク用レンズ

パソコン用メガネにおすすめ
ブルーライトカットコート

パソコン、スマートフォン、テレビ、携帯ゲーム機にいたるまで、現代社会に浸透する多くのデジタル機器のモニター画面からは、眩しさやチラツキの原因と言われる「青色光」が発せられています。当店のデスクワーク用レンズには、青色光を軽減するブルーライトカットコートが標準で付いております。
(ブルーライトカットコートなしにすることも可能です。)
反射により青色光をカットするため、レンズの反射光はブルーに見えます。また、若干暗く感じたり、黄色味がかって見える場合があります。