室内用レンズ

トップページ > レンズ > 室内用レンズ

室内用レンズ

室内用レンズは、1枚のレンズで遠くから手元まで
様々な距離を見ることができるレンズです。

遠近両用レンズとの大きな違いは、遠近両用レンズが遠くがすっきり見える設計になっているのに対し、室内用レンズは中間や近くの見え方を重視する設計になっています。遠くの見え方は遠近両用レンズに劣りますが、手元の見え方は遠近両用レンズに比べると見やすくなります。
遠近両用レンズと同様に、視線を上下させることによって、中間距離から近くまでスムーズに見ることができます。
遠くはあまりはっきり見えないので運転や屋外での使用には向いておりませんが、会社の会議の時、友人とカラオケをする時、ご自宅で料理やガーデニング時など、様々なシーンで大変使いやすいレンズです。レンズの設計は、外面累進設計、内面累進設計、両面複合設計などがあり、レンズの設計が良くなるとレンズ価格も高価になります。

室内用レンズ

スタッフコメント

遠近両用レンズに比べると認知度は低いのですが、実はとても使い勝手の良いレンズです。当店のスタッフも仕事の時は室内用レンズを使っています。伝票の入力をしたりブログを書いたりする時などにパソコンを使うことも多く、そういう場合には遠近両用レンズよりも室内用レンズの方がずっと使いやすいです。
通勤時には遠近両用レンズを使用していますが、それ以外の時間は室内用レンズを入れたメガネを掛けっぱなしです。デスクワークや室内で過ごす時間が多い方には遠近両用レンズよりも室内用レンズがおすすめです。

individualレンズ

室内用レンズ

これまでの室内用レンズの設計には、度数やPD(左右の瞳孔中心間の距離)などの情報は反映されていましたが、フレームの装用条件は反映されていませんでした。
indivisualレンズは、お客様が実際にフレームを掛けた時の装用条件を特殊な機器を使用することによって数値化し、その情報ををもとにレンズの設計を最適化することができるオーダーメイドレンズです。

詳細を見る

室内用レンズ

女性におすすめのレンズコートSFTコートICE

室内用レンズは家事をする時に大変使いやすいレンズです。そういうこともあって、当店では女性のお客様に特に人気があります。レンズコートも色々お選びいただけるのですが、当店が女性のお客様におすすめしているのはSFTコートICEです。 通常のメガネレンズは反射防止コートが施されているため、レンズ表面に蛍光灯の光などが反射すると、反射光の色がグリーンやブルーに見えます。
SFTコート ICEは、この反射光の色が白色系の自然な色に見えるレンズコートです。 反射色による色つきがないため、メガネを掛けた時に目元を明るく自然に見せてくれます。また、白色系の反射光はレンズカラーの邪魔をせず、本来の美しさを引き出してくれるので、レンズにカラーを入れられる方にも大変おすすめです。

BOOM (両面複合累進設計)

メガネのイマホリのイチオシレンズはこちら

室内用レンズも様々な設計のレンズが各レンズメーカーから発売されています。その中で当店がおすすめするのは、HOYAのBOOM (両面複合累進設計)レンズです。
BOOM (両面複合累進設計)はHOYA独自のレンズ設計で、眼から遠い外面には上下の視線移動がラクになる縦方向の度数変化の要素を配置し、眼に近い内面には左右の視野が広がる横方向の度数変化の要素を配置しています。
そのため上下方向の視線移動が楽で、横方向の視野も広くなります。レンズのユレ・ユガミを大幅に軽減し、快適な装用感が味わえます。

室内用レンズ

レンズ外面に縦方向の度数変化の要素を配置することで、上下の視線移動がラクになります。

室内用レンズ

レンズ内面に横方向の度数変化の 要素を配置することで、左右の視野 が広がります。

BOOM (両面複合累進設計)遠近両用レンズ
屈折率 レンズ価格
1.60 39,600円
1.67 51,500円

レンズは2枚一組の価格です。消費税を含みます。
価格は予告無く変更になる場合がございます。詳しくは店頭でご確認ください。