遠近両用レンズ

トップページ > レンズ > 遠近両用レンズ

遠近両用レンズ

遠近両用レンズは、1枚のレンズで遠くから手元まで
様々な距離を見ることができるレンズです。

レンズ上部(遠くを見る部分)から下部(近くを見る部分)にかけて徐々に度数が変化し、視線を上下に動かすことにより、遠く・中間・近くを一つのメガネで見ることができます。特に遠くはすっきり見ることができるので、運転やショッピング、スポーツなどにおすすめのレンズです。
レンズの設計は、外面累進設計、内面累進設計、両面複合設計などがあり、レンズの設計が良くなるとレンズ価格も高価になります。

遠近両用レンズ

スタッフコメント

近視の方でメガネを外せば近くにピントが合うという方の場合、近くは見えるので遠近両用レンズは必要ないという方も多いですが、メガネを掛けたままで近くが見えるメリットは意外と大きいです。
たとえば、電車の中でスマートフォンや携帯を見る時もメガネを掛けたまま見ることができます。また、女性の場合、買い物の際に値札や賞味期限、成分表などを見ることも多いと思いますが、そういう時にも掛け外しの必要がありません。それに、近く見る時にメガネを上げたりずらして見ていると、周囲から年寄りっぽく見られてしまう心配も.... 見た目がスマートに見えるのも遠近両用レンズのメリットの一つです。

individualレンズ

遠近両用レンズ

これまでの遠近両用レンズの設計には、度数やPD(左右の瞳孔中心間の距離)などの情報は反映されていましたが、フレームの装用条件は反映されていませんでした。
indivisualレンズは、お客様が実際にフレームを掛けた時の装用条件を特殊な機器を使用することによって数値化し、その情報ををもとにレンズの設計を最適化することができるオーダーメイドレンズです。

詳細を見る

初めて遠近両用レンズを使うという方や以前に試してみたことがあるけど
うまくいかなかったという方も安心してご相談下さい

遠近両用レンズは使いこなせると大変便利なレンズなのですが、使いこなすためには少しの慣れと視線の動かし方のコツを覚えていただく必要があります。そのことを知らずに自分には合わないと思って使うのをあきらめてしまわれる方も結構おられます。

遠近両用レンズ

初めて遠近両用レンズをお使いいただくお客様には、メガネのお渡し時に少し時間をいただき、動画をご覧いただきながら遠近両用レンズをご使用いただく際の視線の使い方や注意事項をご説明させていただきます。

BOOM (両面複合累進設計)

メガネのイマホリのイチオシレンズはこちら

遠近両用レンズは、外面累進、内面累進など様々な設計のレンズが発売されていますが、当店がおすすめするのは、HOYAのBOOM (両面複合累進設計)レンズです。遠近両用レンズが敬遠される一番の理由であるレンズのユレ・ユガミを大幅に軽減し、今までの遠近両用レンズにはなかった快適な装用感が味わえます。
BOOM (両面複合累進設計)はHOYA独自のレンズ設計で、眼から遠い外面には上下の視線移動がラクになる縦方向の度数変化の要素を配置し、眼に近い内面には左右の視野が広がる横方向の度数変化の要素を配置しています。
そのため上下方向の視線移動が楽で、横方向の視野も広くなります。当店では最もよく売れている遠近両用レンズであり、多くのお客様にご愛用いただいております。

遠近両用レンズ

レンズ外面に縦方向の度数変化の要素を配置することで、上下の視線移動がラクになります。

遠近両用レンズ

レンズ内面に横方向の度数変化の 要素を配置することで、左右の視野 が広がります。

BOOM (両面複合累進設計)遠近両用レンズ
屈折率 レンズ価格
1.60 39,600円
1.67 51,500円

レンズは2枚一組の価格です。消費税を含みます。
価格は予告無く変更になる場合がございます。詳しくは店頭でご確認ください。