トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

自宅用のメガネのレンズを交換。久しぶりにブルーライトカットにしてみました

2020.12.12

スタッフ今堀です。

 

先日のブログで、自分が使っているメガネをご紹介させていただきました。

 

①仕事用および外出用

②自宅用(主にパソコンを使ったり本を読む時に使う)

③自転車通勤用

 

現在上記の3種類のメガネを使い分けております。

 

先日、②の自宅用メガネのレンズを交換しました。

 

 

久しぶりにブルーライトカットレンズにしました。

 

最近では若い世代を中心に人気のブルーライトカットレンズなのですが、個人的にはあまり好きではありません(笑)

 

あの青い反射光がどうしても好きになれないのです・・・

 

 

反射光を見ると、「あっ、ブルーライトカットレンズだな」すぐに分かりますし、見た目がどうしても好きになれないのです。

(あくまでも個人的な意見です。)

 

なので、僕は普段はブルーライトカットレンズは使っておりません。

また、女性のお客様にもあまり積極的にはおすすめしておりません。何となく目元が暗く見えてしまう気がするからです。(あくまでも個人的な意見です。)

 

 

ただ、夜にコンタクトレンズを外した後に使われるメガネや、デスクワーク専用として使用される場合などには、おすすめさせていただいております。

 

 

今回レンズを入れ替えた自宅用のメガネは、家でパソコンやタブレットを使う時に使用するメガネなので、ブルーライトカットレンズにしました。

 

でも、実はブルーライトカットレンズについては、その効果についてまだはっきりと分かっていない部分も多いです。

 

「スマホなどの画面を見た時の眩しさやチラツキが抑えられて楽に感じられる」という方も確かにおられますが、「あまり違いを感じない」という方も結構多く、個人差があります。

 

また、スマホなどを見た時に目が疲れにくくなると思って、ブルーライトカットレンズを使われている方もおられるかもしれません。

 

 

でも、パソコンやスマホを長時間見た時の目の疲れは、ブルーライトよりも近くにピントを合わせるための調節力が影響している場合が多いです。

 

過去のブログにも書いておりますので、興味のある方はこちらをご覧下さい。

その目の疲れ、ブルーライトカットのメガネで大丈夫?

 

では、なぜブルーライトカットレンズに交換したのかというと、その理由はこちらです。

 

 

就寝前にブルーライトなどの強い光を浴びると、体内時計のサイクルが乱れ、睡眠に影響が出るからです。

 

本当は就寝前はパソコンやスマホを使わないのが一番なのですが、昼間仕事をしているとなかなかそういうわけにもいきません・・・

 

 

以前は某メーカーからナイトコートという夜専用のレンズが発売されていたのですが、残念ながら現在は販売中止となってしまいました。

 

ナイトコートを愛用していたのですが、レンズ交換することができなくなったため、その代用品としてブルーライトカットレンズにしました。

 

寝る前にパソコンやタブレットを使わなければならない場合は、ブルーライトカットレンズの入ったメガネを使うようにしております。

 

使わなくなったメガネがあれば、それをブルーライトカットレンズに入れ替えて夜用メガネにすることも可能です。

興味のある方は気軽にご相談下さい。