トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

紫外線で色濃度変わるレンズについて

2020.11.17

 

スタッフ長尾です。

先日お客様の眼鏡で紹介しました

紫外線で色が変わる(発色する)レンズサンテックについて少し説明します。

レンズメーカーHOYAから発売されているSUNTECH(サンテック)は紫外線によって色が変わる調光レンズ(フォトクロミックレンズ)です。

 

室内では透明の普通のレンズですが、屋外では紫外線に反応してレンズが色づきます。

太陽のまぶしさによる眼の疲れをやわらげ、眼の健康に配慮したレンズです。

発色の程度にかかわらず紫外線をほぼ100%カットします。

 

 

カラーはとても濃くなるSUNTECHがグレー、ブラウン、グリーンの三色。

 

 

ほんのり色づくSUNTECHMISTY(サンテックミスティ)は

ロゼ、ブルー、パープル、アッシュグレイの四色があります。

 

通勤時はサングラス、オフィスでは掛け替えいらずでクリアなメガネに。という使い方もできますよね。ただ色が濃くなるのは早いのですが、戻るのはちょっと時間がかかるにでご注意ください。本人は気づきにくいですがかなり濃くなっているので、びっくりされることが多いです。

 

 

私スタッフ長尾も自転車に乗る時に調光レンズを使っています。最近は日没が早くなって来たので、気が付くと辺りが薄暗くなってる!!ってことがありますが、濃かったレンズも日没とともに透明に戻っています。クリアな視界でおうちまで帰れます。色付き・色なしサングラス2本持ち歩く面倒がないのがとても重宝なんです。

 

普通のメガネと度付きのサングラスと掛け替え、持ち歩きは面倒ですが、調光レンズならそのわずらわしさがなくなります。サングラスをお考えの方、調光レンズも候補に加えてみてくださいね。