トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

お客様のメガネのご紹介。学会用のメガネをお作りいただきました

2020.02.28

スタッフ今堀です。

 

新型コロナウィルスの影響でイベントが中止になったり、学校が休業になっていることもあり、今日は一人も来客がないかも・・・と覚悟しながら出勤したのですが、今日は3名のお客様にメガネを作りに来ていただきました。それに加え、補聴器のお問い合わせのお客様にもご来店いただけました。

 

思いがけず忙しかった一日でしたが、こんな時期なので本当にありがたいです。

 

今日は先日ご注文いただいたお客様のメガネをご紹介します。

 

 

お客様がお使いのメンズマークのフレームを使い、レンズの交換をさせていただきました。

 

獣医の先生をされておられるお客様で、普段使いのメガネはもちろん、手術時に使用されるメガネなど、これまでいろんなメガネをお作りいただいております。

 

今回のご要望は、学会の時に見やすいメガネが欲しいということでした。

 

学会に出たことがないのであくまでもイメージなのですが、そこそこ広い会場で、ステージ上のモニターを見ながらお手元の資料を見られる、そんな使い方になるのかと思います。

 

遠近両用レンズが入ったメガネもお持ちいただいているのですが、それだと薄暗い会場でお手元の資料が見にくいということでした。

室内用レンズにすると手元は見やすくなるのですが、今度はステージ上のモニターが見にくくなってしまいます。

 

そこで、今回は昔ながらの二重焦点(バイフォーカル)レンズで作らせていただくことになりました。

 

 

レンズの下側に小玉レンズが付いたメガネレンズです。

手元を見る時はこの小玉部分を使います。

昔の遠近両用レンズといえばこのタイプのレンズでした。

 

二重焦点レンズの良いところは、最近の境目のないタイプに比べて、手元が見える範囲が広いということです。

遠くと近くの2種類の距離だけを見る場合には、とても見やすいレンズです。

 

ただ、見た目にすぐ分かってしまうのと、中間部分が見えないという欠点があります。

 

「学会の間に使用するだけだし、中間距離は人の頭しかないから(笑)それで大丈夫」と言っていただけたので、今回は二重焦点レンズで作らせていただくことになりました。

 

最近ではほとんど使われることがなくなったメガネレンズですが、今回のようなケースでは意外と使えるレンズだったりします。

 

使用された感想を聞かせていただけるのが楽しみです。