トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

コスパに優れたお手頃価格の日本製フレームです。

2019.10.14

スタッフ今堀です。

 

今月から新しく取り扱いを始めた眼鏡フレームのご紹介です。

AQUALIBERTY (アクアリバティ)という商品です。

 

AQ22501

サイズ:48□20-143

カラー:LG

15,800円(税込)

 

<このフレームでレンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 22,400円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 32,300円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

当店は決して高級志向のお店ではないのですが、

「販売しているスタッフ自身が欲しいと思える、

デザイン性や機能性に優れた眼鏡フレームをお客様におすすめしたい」

という思いがあって、そういったフレームを求めてしまうと、

どうしても価格が高いフレームが多くなってしまいます。

 

さらに最近は、原材料の高騰の影響などもあって、

眼鏡フレームの価格がどんどん高くなっております。

メガネのレンズもそうなのですが、

フレーム価格はかなり上がっていて、僕らもちょっと困っています。

 

安い眼鏡フレームもあることはあるのですが、

デザインや品質的に「これはちょっと・・・・」というものも多く、

価格の二極化が起こってしまっているのが現状です。

 

AQ22502

サイズ:47□21-143

カラー:DB

15,800円(税込)

 

安さを売りにしているお店ではないのですが、

もう少し手頃な価格の商品も置きたいなという思いもありました。

なかなかそういった商品が見つからなかったのですが、

「これなら良いかな」と思って取り扱うことになったのが、

このアクアリバティという眼鏡フレームです。

 

 

当店の人気商品の一つに、

MENS MARK(メンズマーク)という眼鏡ブランドがあるのですが、

このメンズマークを作っているのと同じメーカーさんの商品で、

日本国内で生産されたMade In Japanのメガネフレームです。

さすがにメンズマークとは使用されいる素材などが異なりますが、

日本を代表する眼鏡メーカーの商品なので、品質的には安心です。

 

 

テンプル(ウデ)などの装飾はほぼなく、非常にシンプルなデザイン。

ただ、掛け心地や機能性に関わる部分はしっかりと作ってあって、

デザインに関わる工程を大きく減らすことで価格を抑えています。

眼鏡のフレームは、製造工程が多くなるほど価格が高くなるのですが、

その部分を工夫することでリーズナブルな価格になっています。

 

AQ22503

サイズ:48□20-143

カラー:DA

15,800円(税込)

 

メンズマークもそうなのですが、

フラッグシップモデルのLine Art (ラインアート)など、

このメーカーは、日本人の頭部形状のデータを収集したりして、

掛け心地の良いフレームを作ることを得意としているメーカーです。

なので、アクアリバティも価格は抑えてありますが、

なかなか掛け心地の良いフレームとなっております。

 

 

鼻パッドや耳に掛かる先セルと呼ばれる部分のパーツにも、

掛け心地を良くするために考えられた独自のパーツを使用しています。

 

こちらの商品は、オープン価格となっております。

当店よりも安い価格設定をしてあるお店もあるかもしれませんが、

眼鏡店ではフレームだけを販売しているわけでなく、

接客や度数測定、加工やフィッティング、アフターケアなど、

メガネを作るために様々なサービスが必要となります。

そうしたことも踏まえて、適切と思える価格設定にしておりますので、

その点をご理解いただけると幸いです。