トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

偏光レンズRARTS、ツーリングや山歩きなどにもおすすめのカラーのご紹介

2019.09.17

スタッフ今堀です。

 

今年から取り扱いを始めた偏光レンズ、RARTS (アーツ)。

当店ではあまり偏光レンズに力を入れていなかったのですが、

(レンズがとても高価で、今まではそんなに売れなかったということもあります)

made in Japan の高性能な偏光レンズが、

わりと手頃な価格で購入できるということもあって、

お客さまの反応も良いです。

GWから夏にかけて何人かのお客様にご購入いただおります。

 

 

実は、最近、自転車で通勤することが多いので、

通勤用に欲しいな~と思っているのですが、一つ問題が・・・

 

試してみたいカラーがあり過ぎて、どれが良いか分からない(笑)

もうちょっと迷ってみてから考えてます。

 

RARTSには全部で12色のカラーが用意されています。

決してフィッシング専用のレンズというわけではないのですが、

バスフィッシング、海釣り、渓流釣りなど、

目的に合わせて使いやすいレンズカラーが揃っているので、

釣り好きの方には特におすすめです。

 

 

偏光レンズは、レンズの間に特殊なフィルムが入っています。

これがフィルターの役割を果たし、反射光や路面からの照り返しの眩しさをカットし、

目にやさしい光だけを通してくれます。

フィッシングをする時に偏光レンズを使うと、

水面がはっきり見えるようになるのはよく知られていますが、

運転時や外出の際に使用しても、

より視界がクリアになって快適に見ることができます。

 

ところで、RARTSのラインアップの中には、

この偏光の効果を少しだけ抑えたカラーがあります。

そのかわりに、レンズの色が少し明るくなっているので、

濃いサングラスだと見にくいシーンでも使いやすいというわけです。

 

それがこちらの、

 

スティングレイ

 

トリードベンドというカラーです。

 

真夏のように太陽の光がガンガンに降り注いでいる状況や、

雪山のように照り返しが強烈な環境では、

濃いカラーのレンズが必要になりますが、

少し暗い場所で使う場合にはちょっと不便になります。

 

レンズなしで撮影した状態。

 

スティングレイを前に置いて撮影。

グレイ系のカラーなので裸眼と色味が近いです。

 

トリードベンドを前に置いて撮影。

色味が黄緑っぽくなります。

 

※見え方のイメージをお伝えするための写真です。

 実際の見え方とは若干異なります。

 

明るい場所だけではなく、日陰や森の中といった暗所に入ることが多い状況、

急な天候の変化にも対応しなければならないような状況、

たとえば、ツーリングや山歩きなどのような時には、

本日ご紹介したスティングレイトリードベンドがおすすめです。

 

12色全てのカラーのレンズサンプルがございますので、

興味のある方は、ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

本日ご紹介したスティングレイトリードベンドは、

RARTSのWEBサイトでも紹介されておりますので、

興味のある方は下記の記事もぜひご覧になってみて下さい。

 

ロードバイクの走行に欠かせない偏光サングラス、『やさしい光』を届けるオススメのレンズは?