トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

トマトグラッシーズのキッズCとキッズD、違いを比較してみました

2019.05.31

スタッフ今堀です。

 

当店で小さなお子さまに大人気の眼鏡フレーム、

トマトグラッシーズ

特に、弱視の治療用眼鏡を作りに来ていただくお子様は、

ほとんどがこのフレームを選ばれます。

 

当店で一番よく売れているのは、小さいお子様向けのキッズシリーズ。

(乳児用のベビーシリーズと少し大きめサイズのジュニアシリーズもあります。)

デザイン違いの、A、B、C、3つのタイプがあったのですが、

最近、新たにDタイプがラインナップに加わりました。

 

TKDC14

サイズ:42□17

カラー:14 クリアレッド/ブラック

15,600円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズと組み合わせた場合の価格

メガネ一式 21,800円(税込) 薄型加工なし

一番よくご購入いただいているレンズを組み合わせた場合の価格

メガネ一式 32,900円(税込) 薄型加工あり

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

パッと見た感じは、キッズCによく似ています。

左がキッズCで、右がキッズDです。

正面から見た印象はほとんど変わらない気がします。

 

 

横から見るとどうでしょうか?

テンプル(ウデ)のデザインはだいぶ違いますね。

上がキッズDで、下がキッズCです。

 

 

テンプルの入れ替えが出来るか試してみましたが、

結合部分のサイズも、使用しているネジの太さも違うため、

入れ替えはできませんでした。

 

 

もう一つ、意外な違いがあります。

それは、鼻幅(左右のレンズ間の距離)です。

メガネフレームのサイズは、50□16のように表記されますが、

☐の前の50という数字がレンズの横サイズで、

☐の後の16という数字が鼻幅になっています。

 

カタログでキッズCとキッズDのスペックを確認すると、

キッズCのサイズは小さいものから、

40□14、42□15、44□16、46□17となっています。

一方、キッズDのサイズは小さいものから、

38□17、40□17、42□17、44□17になります。

(色が同じものが同じレンズサイズになります)

 

同じ40サイズ同士で比べると、

どちらもレンズの横サイズは40(mm)と同じなのですが、

キッズCの鼻幅が14(mm)なのに対し、

キッズDの鼻幅は17(mm)と広めになっています。

 

鼻幅は目幅とも関わってくるのですが、

目幅が狭いお子様が鼻幅の広いフレームを掛けると、

目が内に寄っているように見えてしまうこともあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

小さめサイズ、鼻幅も重要ポイントです①

小さめサイズ、鼻幅も重要ポイントです②

 

ちなみに鼻幅が17というのは、キッズフレームとしては結構広めです。

キッズCはサイズが大きくなるにつれて鼻幅も広くなりますが、

キッズDは全てのサイズで鼻幅が17となっています。

大きいサイズになるとそれほど差はありませんが、

小さいサイズでは鼻幅の差が大きいので、

この点はちょっと注意が必要なのかなと思います。

 

「せっかくならNEWモデル良い」という気持ちも分かるのですが、

キッズDは他のものより鼻幅が少し広くなっている、

この点もしっかり考慮して選んでいただいた方が良さそうです。

文章だとなかなか分かりにくい内容かもしれませんので、

ご来店いただければ詳しくご説明もさせていただきます。

気軽にスタッフにお尋ね下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキットの新作が入荷しました②

2019.05.29

スタッフ今堀です。

 

当店で女性のお客様に大人気の眼鏡ブランド、

AKITTO (アキット)の新作が入荷しています。

先日のブログでradというモデルをご紹介しましたが、

今日はもう一つの新作をご紹介します。

 

cot

サイズ:51□14

カラー:LB(ライトブラウン)

48,100円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 53,500円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 63,100円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

フルーツチョコレートから着想を得たというテンプル(ウデ)の飾り。

「チョコレート chocolate」が名前の由来だそうです。

 

(こちらの写真はアキットのウェブサイトより使わせていただきました。)

 

展示会(新作発表会)でこのフレームを見た時に、

「面白いデザインだな」と思い、デザイナーさんの奥様に、

「これは何がデザインモチーフなんですか?」と尋ねたら、

そのチョコレートを見せて下さいました。

チョコレートの包装紙を両手でキュッキュッと捩じった感じが表現されています。

 

 

先セル(耳のところのプラスチックのパーツ)がないフレームです。

先っぽがどんぐりのデザインになっています。

 

カラー:SC

 

アキットのフレームは、マットタイプ(つやなし)のカラーが多いのですが、

SCカラーはつやありのカラーです。

テンプルはアンティークっぽいゴールドになっています。

LBカラーとはまたちょっと違う雰囲気。

今ならどちらのカラーも店頭にありますので、

ぜひ、両方を掛け比べて見て下さい。

 

 

 

レンズサイズが51mmと少し小さめなことに加え、

鼻幅も14mmと一般的なレディースフレームより短めになっています。

小顔の女性の方や、目幅が少し狭い方におすすめのサイズです。

レンズの厚みが気になる強度近視の方にもおすすめですよ。

先日のradと、本日ご紹介したcot

 

アキットらしいとっても素敵な新作フレームとなっております。

アキットのフレームは、人気のモデルは結構すぐに完売してしまうので、

気になる方はぜひ早めのチェックをお願いします。

ラフォンコーナー  リニューアル

2019.05.28

 

スタッフ長尾です。

今月の半ばに店内の什器の入れ替えをしたので

各ブランドのコーナーのリニューアル計画続行中です。

 

 

その中のlafont(ラフォン)コーナー

木目のキレイな家具をそのままディスプレイ什器として使うので、

フレームを並べるトレイ(お座布と呼んでいます)の色にもこだわることにしました。

ですが、

思い通りの布がそう簡単に見つかる訳もなく・・・。

 

 

仕方がない(?!)ので、何時もの通り染色することにしました。

といっても、アクリル絵の具で色を塗るだけのことです。

乾いた後、一応染色と同じように水道水で洗い流すので

思い通りの色になるかは運次第。

こだわる割にはかなりいい加減です・・・^_^;

 

 

染あがった(塗りあがった?!)布で

土台の板と化繊綿を包んで出来上がったのがこちら⤵

おしゃれになったんじゃない?とスタッフ一同自画自賛です。<(_ _)>

 

新しいラフォンコーナーでは

フレームを数多く並べられるようになりました。

 

昨年秋の新作から人気フレームまで

 

たくさん並んでいますので、是非ご覧くださいませ。

ご来店をお待ちしています。

アキットの新作が入荷しました

2019.05.27

スタッフ今堀です。

 

当店で女性のお客様に大人気の眼鏡ブランド、

AKITTO (アキット)

先日のブログでも、スタッフ長尾が、

お客様のアキットのフレームをご紹介しておりましたが、

今月もすでに数人のお客様にご購入いただきました。

相変わらず大人気のブランドです。

 

今年の4月に東京のアキット直営店で、

展示会(新作発表会)が行われていたのですが、

その時に予約していた新作が入荷しました!

2型入荷しているのですが、本日はその内の一つをご紹介します。

 

rad

サイズ:51□15

カラー:GR(グリーン)

48,100円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 53,500円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 63,100円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

アキットのフレームは、

デザインモチーフとなった“モノ”から名前が付けられているのですが、

こちらのフレームは、「編み込み(braid)」がモデル名の由来。

 

 

テンプル(ウデ)を見ると、

「編み込み」をイメージした素敵な飾りが!

ここまで近づいて見ると、「おぉ~」という感じがしますが、

実際に掛けて少し離れたところから見ると、

全然派手ではなく、程よいアクセントになってくれます。

ご試着の際は、少し離れたところからもチェックしてみて下さいね。

 

 

アキットの最近のモデルは、

先セル(耳の部分のプラスチックのパーツ)がないものが多かったのですが、

このradには先セルが付いております。

「私、先セルがないメガネは嫌なんよ~」

という方にはおすすめです。

 

 

別色のLB(ライトブラウン)は肌なじみしやすく、

特にイエローベース系の方におすすめのカラーです。

フレームの色選びに迷ったら、

スタッフ長尾によるパーソナルカラー診断がおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

※諸事情により、現在パーソナルカラー診断を中止しております。

 6月前半には再開できるかと思います。

 

 

 

アキットらしい程よい丸みのあるやわらかいレンズシェイプ。

通常のメタルフレームよりも少し厚みのあるフロント(前枠)は、

お顔を引き締める効果もあります。

「顔の印象が大きく変わるのは嫌だけど、

ちょっと今までとは違うフレームを掛けてみたい。」

「イメージチェンジをしてみたいのだけど、

プラスチックフレームには抵抗が・・・」

そんな方にぜひおすすめしたいフレームです。

 

 

 

 

お客さのメガネのご紹介 イメージチェンジです

2019.05.26

 

スタッフ長尾です。

本日もお客様のメガネのご紹介です。

 

お客様は普段はコンタクトレンズを使用されています。

そのコンタクトを外した時用のメガネを作りたい。

そして、

ちょっとイメージチェンジしてみたいな・・・というご要望でした。

 

 

選んでいただいたのは・・・

太めの枠が多いアキットのフレームの中では珍しい

こちらの細身のメタル(金属)枠です。

 

ATITTO(アキット) pin1 サイズ48

 

ピンクのカラーがアクセントで

フレームの両サイドがくびれているちょっと変わった形。

でもそこが、リフトアップ効果の期待できるかしこかわいいフレームです。

 

 

このフレームに決まるまでには色々お試しいただき、

たくさん、たくさん悩んでいただきました。

 

 

はじめは同じプラスチック製のフレームでの

イメージチェンジを考えておられました。

現在お使いのフレームはプラスチックの赤系統のフレーム。

 

ブルー系の色が好きということでこちらのフレームをお試し。

きりっと引き締め効果がある濃いめの色ながら、

鼻パッドの白いラインが暗くなりがちな目元を

明るくしてくれるという賢いフレーム。

 

でもちょっと重たい印象になっちゃうかなぁ・・・・

それに今のメガネと同じ上下の短い形だし・・・・

 

そしてこちらのフレーム

 

シンプルなデザインで派手すぎず、丸いレンズの形が優しい雰囲気に。

 

でも、カジュアル過ぎるかな・・・

カラーが今と同じ赤系でもあるし・・・

 

そこで思い切ってメタル(金属)のフレームをお試しいただいたのです。

 

お客様は少し強めの近視です。

レンズの厚みが気になるので、

プラスチック製のフレームを希望されていたんですね。

 

でも、お顔と目幅に合わせて小さめのフレームを選び、

薄型レンズを使えばレンズの厚みを抑えることができる。

ということをご説明しました。

 

 

ここで最初に紹介しましたアキットのフレームです。

48サイズとかなり小さめですが、

鼻幅と言われる左右のレンズをつなぐ部分が少し広めで、

お顔の幅、目幅にしっかり合わせることが出来ます。

 

それから、パソコンでレンズの厚みをシュミレーション。

薄型レンズを使えば厚みも抑えられることが分かりました。

(写真は既にレンズが入っている状態です)

 

今までのフレームとは全く違う素材で違うテイスト。

金属のツヤがキラキラし過ぎて派手じゃないの??

と心配されましたが、

このツヤがお客様の肌を明るくして、存在感を引き立てる効果が大!!

だからと言って派手ってことではありません。

 

あれこれお試しいただき、

たくさんごの質問、疑問に一つ一つ応えてく、

お客様と一緒にフレームを選ぶ楽しい時間でした。

 

お買い上げありがとうございました。

 


フレーム選びの最中。

「誰かに一緒に来てもらって、見てもらう方がいいかな?」

とおっしゃいましたが

「イメージチェンジの最大の敵は身内」

といわれるほどで、

近しい人ほど意見を求めてはダメって言われてるんですね。

 

イメージチェンジを考えている皆さま、

ご家族と一緒にお買い物に行ったら、ダメですよ。

辛口のお知り合いと行ってくださいませね(笑)。

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。オーダメイドレンズでお作りいただきました

2019.05.25

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

当店のホームページとブログをご覧いただき、

兵庫県からメガネを作りに来ていただきました。

遠方からのご来店ありがとうございました。

 

 

フレームはMENS MARK (メンズマーク)のXM1170というモデル。

メンズマークはメタル(金属製)のフレームが多いのですが、

こちらのフレームは、フロント(前枠)にプラスチックが使われています。

 

 

 

以前にブログで紹介させていただいたフレームだったのですが、

その時の記事を読んで下さったそうです。

店頭で実物を試着していただき、こちらに決まりました。

 

メガネにとても詳しいお客様で、

HOYA社のウェブサイトなどもよくご覧になっておられるようで、

レンズの名前や違いなどもよくご存じでした。

新しいレンズが次々と発売されるので、

当店の社長などは最近は全然ついていけなくなっているのですが、

(セミナーなどにもほとんど参加しないので)

こちらのお客様くらいに熱心に勉強してくれたらなあ・・・

そんな風に思ってしまいました(笑)

 

 

 

お客様のご希望もあり、

レンズはHOYAの individual(インディビデュアル)レンズ

HOYA LUX 望(のぞみ)になりました。

実は、その前日にも別のお客様にをお買い上げ頂きました。

インディビデュアルレンズにされるお客様がじわじわと増えております。

 

 

インディビデュアルレンズはオーダーメイドタイプの新しいレンズです。

従来の遠近両用レンズとの大きな違いは、

度数だけではなく、目とレンズの距離や角度など、

メガネを掛けた時の装用データも反映してレンズが設計されます。

 

 

装用条件はフレームによって異なりますので、

お客様に実際にフレームを掛けていただき、

上の写真のような専用の測定器を使って装用状態を測定します。

その後にそれをデータ化し、そのデータをもとにレンズの注文を行います。

(写真のモデルはお客様ご本人ではありません。)

そのため、通常のメガネを作る場合よりも少しお時間をいただいております。

 

 

HOYA LUX 望には、目的によって選べる3つのタイプがあるのですが、

今回は通常の遠近両用レンズよりも中間と近用の見え方を重視した、

City (シティ)タイプになりました。

 

 

先日、出来上がったメガネを取りに来ていただきました。

individual レンズをお買い上げいただいた方には、

特別なレンズクオリティカードが付いており、

こちらもお渡しさせていただきました。

新しいメガネ、気に入っていただけると嬉しいです。

 

お買い上げいただき、ありがとうございました。

 

 

軒下ガーデン模様替え

2019.05.24

 

スタッフ長尾です。

急に暑くなりましたね。夏のようです。

 

今日はお店の軒下ガーデンのお話です。

よろしければお付き合いください。

 

 

春には綺麗な花を咲かせていたヴィオラやプリムラも大きくなり過ぎ、

花は小さくなって見た目も悪くなってきました。(暴れ放題、伸び放題)

 

急に夏のような暑さになったので、

ここはささっと(?!)夏仕様にすることにしました。

夏っぽい花で夏っぽい色を選んでみました。

一応まあ、イエローベース系の色です(*^_^*)

 

春のように大きな鉢にたくさんどっさり植え込むのは

「鉢自体が重くなる!」と不評なので(閉店時には店内に取り込みます)、

小さい目の鉢の数を増やすことにしました。

 

買って来た花苗プラス今ある植物の使いまわしをして\(^o^)/

鉢一杯ギュウギュウに寄せ植えして賑やか、華やかに!!

 

 

のつもりだったのですが、なんかさびしい・・・。

 

新たに苗を購入することも考えましたが、

植物の成長過程を観察するのもいいかなと、種まきすることにしました。

 

夏といえば「ひまわり」でしょ!?

とあまり大きくならないミニひまわり

地面を這うように花を咲かせる松葉ボタンをまきました。

 

通勤通学、お買い物のついでに

ちょっと軒下ガーデンをのぞいてもらえると嬉しいです。

深視力検査について

2019.05.22

スタッフ今堀です。

 

最近、深視力検査のお問い合わせをちょくちょくいただきます。

先日も免許センターで深視力検査が通らなかったという方が相談に来られ、

度数測定と深視力検査をしてメガネを作らせていただきました。

 

深視力検査は大型免許や二種免許を取得するためには必須の検査なので、

そういった免許をお持ちの方ならよくご存じかと思いますが、

一般の方(普通免許しか持っていない方)にはなじみのない検査です。

「何それ?」「初めて聞いた」という方も多いのではないでしょうか。

 

「視力」という言葉が付いているので、

学校の視力検査や健康診断などでよく行われる、

ランドルト環の切れている方向を答える検査をイメージされるかもしれませんが、

深視力の検査は通常の視力検査とは全然内容や目的が違います。

 

 

検査には深視力計(三棹深径覚計)と呼ばれる器具を使います。

深視力計の中には棒が3本あり、両端の2本は固定されています。

真ん中の棒のみが前後に動き、

手前に近づいたり、奥に離れて行ったりを繰り返します。

 

検査を受ける人は、前後に動く真ん中の棒が、

両端の棒と同じ位置に揃ったと思ったらスイッチを押して棒を止めます。

左右の棒とのずれが少ないほど良く、

左右の棒とのずれが大きいと不合格となります。

 

 

(上の動画では、棒の動きが分かりやすいように斜めから撮影していますが、

実際に検査をする時には真正面から見ます。)

 

 

深視力計にはこのような目盛りが付いており、

検査をする人は、棒が止まった位置を確認することができます。

上の赤い範囲が合格ラインで、この中に止まっていれば合格です。

 

 

こちらは赤い範囲をはみ出してしまっているので不合格です。

深視力に問題がない方であれば、練習次第で0で止めることもできます。

深視力が良いと、奥行きを認識する感覚がしっかりとあるということになります。

車の運転以外にも、スポーツにおいても大切とされる能力です。

 

免許センターなどで深視力検査が不合格となった方の中には、

棒が前後どちらに動いているのかさえ分からないという方もおられます。

普通免許では深視力の検査は行われませんので、

そういう状態の方でも免許が取れて運転ができてしまいます。

これはなかなか怖いことなのですが・・・・

(深視力に問題があるけど運転をしているという人は、

実は結構おられるのではないかなと思っています。)

 

深視力検査がうまくいかない場合には、いろんな原因が考えられます。

当店では予約制とさせていただき、

度数測定に加え、両眼視機能のチェックや立体視の有無の確認など行い、

深視力計で練習を行ってもらっています。

 

深視力検査をご希望されるお客様へ

完全予約制とさせていただいております。

事前にお電話で予約をお願いいたします。

077-537-1789

検査料として4,000円(税込)をいただいております。

 

 

 

父の日のプレゼントにもおすすめなメガネケース入荷しております

2019.05.21

スタッフ今堀です。

 

眼鏡の展示会(新作発表会)で注文していたメガネケースが入荷しました。

メガネケースというと、

女性向けや子ども向けのデザインのものはたくさんあるのですが、

男性向けのデザインって意外と少ないです。

(あってもすごく地味だったり・・・・)

本日ご紹介するのは、男性の方におすすめのちょっとお洒落なメガネケースです。

 

1,080円(税込)

 

上下で色が異なるツートンカラーのメガネケースです。

上側がブラウン、下側がブラックになっていて、なかなかカッコいいデザインです。

 

 

グレーもあります。

 

1,080円(税込)

 

もう一つ、こちらは三角の形をしたメガネケースです。

さりげなく入ったメガネのロゴもなかなか良いですね。

 

 

ネイビーもあります。

 

 

こんな感じでパカッと開けてメガネを入れます。

見慣れない形ですが、使い勝手もなかなか良いですよ。

 

 

来月は父の日ということで、

店頭のディスプレイもそれに合わせて替えてみました。

本日ご紹介した眼鏡ケースも一緒に並べております。

気になる方はぜひご覧になってみて下さい。

価格もわりとお手頃なので、

学生さんの父の日のプレゼントにもおすすめですよ。

 

小さなお子さま向けのキッズメガネコーナー作りました

2019.05.20

スタッフ今堀です。

 

最近、店内の什器を少しずつ入れ替えて模様替えを行っております。

キッズコーナーもリニューアルしたので、

近いうちにブログで紹介しようと思っていたところ、

先月メガネをお作りいただいたお客様がちょうど調整に来て下さったので、

調整後に撮影のご協力をお願いしました。

(おかげでイメージ通りの写真が撮れました。

Rくん、お母さん、ありがとうございました!)

 

 

什器の高さが以前よりも低くなって、

小さなお子さまでも見やすい高さになりました。

3~4歳くらいのお子様が来られることが多いので、

そのくらいのお子様が見やすい高さにしています。

 

 

「子ども用の学習机を使ってフレームを並べたら楽しいんじゃないかな?」

そんなことを以前から考えていたのですが、ようやく実現しました。

 

 

当店ではおなじみの子ども用メガネフレーム、

トマトグラッシーズを各シリーズごとに陳列しています。

最近は、弱視の治療用眼鏡として圧倒的な支持を得ており、

このフレームを指定する眼科の先生もおられるそうです。

当店では、お子様が楽しく自分のメガネを選べるように、

いろんなカラーのフレームを並べています。

 

 

学習机の椅子はフレームを見る際には邪魔になりそうですが、

実はこれにも秘密(?)があります。

机のすぐ隣には鏡が設置されていて、

その前に椅子をセッティングすることで座ったままで試着ができます。

小さなお子さま用のフィッティングコーナーに早変わり。

 

 

フレームが並んでいる机の上を見上げると、

鏡の壁には可愛いお魚がいっぱい。

メガネ選びが楽しくなるように、いろんな工夫をしております。

ぜひ、親子で一緒に楽しみながらメガネを選んで下さいね。