トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

モニター体験 まずは準備から

2016.07.30

スタッフ長尾です。

 

モニター体験することにしたnikonの遠近両用レンズ、

 

Nikon 7 (セブン)

 

このレンズの特長は、

フレームに合わせてレンズカーブが指定できること。

カーブの付いたサングラスも度付レンズでかっこ良く仕上がります!

 

注文したレンズはまだ来ていませんが、

トライアルレンズでまずはお試しです。

 

 

遠くを見るための度数に、(ちなみに私は遠視でございます。)

手元を見るための加入度数(いわゆる、老眼用)、

2.00Dのトライアルレンズを付けます。

 

使用するサングラスのフレームカーブに合わせるように、

 

 

テスト用のフレームに傾斜をつけます。

 

 

こんな感じで角度を変えることができます。

ちなみに標準のテスト枠はこちらです。

 

 

テストレンズの傾きが違うのがお判りいただけると思います。

 

そして、いざ実装です。

 

 

店内から見えるお向かいの駐車場、その奥のビルや山もよく見えます。

 

・・でも、あらぁ?何か違う!?

なんだか駐車場が遠くにあるように見える!変な感じ・・・

(ものが小さく見えているわけではありません。)

 

次は近くの見え方の確認。店内を見回します。

 

 

置いてあるPOPや壁がいつもより遠くに感じられます・・・・

 

同じbolle (ボレー)のスポーツサングラスで、

インナーに度付レンズを入れて使っているスタッフ今堀も、

(私と違い近視です。)

装用当初は距離感がおかしくなって、

かなり違和感を感じていたそうですが、

現在はそれほど気にならずに使えているとのこと。

慣れはやはり必要なようです。

 

掛けていて怖いとか気持ち悪いというこはないので、

後はやっぱり慣れですかね。

新聞や、雑誌など近くを見ても問題なく読めます。

これなら、サイクリング中にスマホも見られます。

(自転車に乗りながらは見ませんよ。あくまでも休憩中。)

サングラスでも近くが見えるのって有難いです。

 

実際どれくらいに時間で慣れることが出来るのか?

サングラスが出来上がるのが楽しみになって来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です