トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

少し離れた場所からも見てみて下さい

2016.11.14

スタッフ今堀です。

 

今月は毎週のように講習会やセミナーがあって、
なかなか店にいられない日が続いていおります。
本日は一日店にいたので、久しぶりに接客をさせていただきました。

 

最近体重が減って痩せてしまったため、
今使っているメガネのフレームが大きく見えてしまうので、
少し小さいフレームにレンズを入れ替えて欲しい。
そう言ってお使いのメガネを持ってこられたお客様。

 

最初はフレームの交換だけをご希望でしたが、
現在のフレームに入っているレンズも結構小さくて、
入れ替えできるフレームが非常に限られてくることをお伝えすると、
新しく一式作っていただけることになりました。

 

選べるフレームの自由度が一気にひろがったので、
どのようなフレームがお好みですかとお尋ねしたところ、
「春頃にお宅から届いたニュースレターに載っていたフレーム、
あれが気になっていていたんだけど、あれはありますか?」

とのご返事が。

 

実は、ニュースレターやチラシなどに載せた商品について、
だいぶ後になって反応がかえってくることが結構あります(笑)

 

僕もすぐに思い出せなかったのでバックナンバーを引き出してきて、
お客さまとともにバックナンバーを調べることを数分。
ようやく何のブランドだったのかが分かりました。

 

その時にニュースレターでご紹介していたのは、
AKITTO(アキット)でした。

 

「アキットなら、お客様にぴったりのフレームがありますよ。」
ということでご紹介したのがこちら。


fes(フェス)

 

レンズサイズがとても小さくて、
小顔の方や目幅の狭い方にすごくおすすめのフレームです。
ご本人も細めのフレームが良かったようで、
すっかり気に入っていただきました。


横から見るとこんな感じです。
プレス処理で柔らかな立体感をだしたチタンテンプルに
スワロフスキーが付けられています。
これだけ見ているとちょっと派手に見えるのですが、
メガネを掛けた状態で少し離れて見るとすごくきれいに見えます。

 

僕が実際に掛けたのを見てもらえると良かったのですが、
さすがにサイズが小さすぎるので掛けられず。
手に持って移動し、少し離れた場所から見てもらいました。

 

眼鏡屋さんでメガネを買う時には、
メガネを手に取って細部までじっくり見るかもしれませんが、
普段の生活ではそこまで近寄って見られることはあまりありません。
数メートル離れた所から見られることがほとんどです。

 

ですので、手元でじっくり見ることも大事ですが、
少し離れた場所からメガネを見た時の印象や、
実際に掛けた状態で離れた場所からどのように見えるのか、
そういうこともけっこう大事なんです。

 

お店で気になるフレームを見つけたら、
メガネを掛けた状態を少し離れた所から人に見てもらったり、
お店のスタッフさんに頼んで掛けてもらって、
それを少し離れた所から見たりすると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です