トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

シルエットユーザーに大人気です

2016.06.04

スタッフ今堀です。

 

紫外線とともに、強い日差しが気になる今日この頃。

サングラスをお求めになられるお客様や、

メガネを作る際に薄めのカラーを入れられるお客様が多くなってきました。

 

そんな中で、シルエットのフレームをお使いのお客様に、

特に人気があるのがこちらのアイテムです。

 


スタイルシェイズ

 

 

シルエットのフレームに取り付けることができます。

 

 

こんな感じで簡単にサングラスに変身します。

 

 

取り付け方法もとっても簡単です。

スタイルシェイズの裏側を見ると、

レンズとレンズの間のブリッジと呼ばれる部分がフックのようになっており、

 

 

この部分に、フレームのブリッジを差し込むだけです。

ちょっと押してやれば、パチンとはまります。

 

一部対応していない商品もありますが、
ブリッジの素材がチタンのものであれば大体使えます。

 

 

外出の時だけサングラスとして使ったり、

車を運転する時にだけスタイルシェイズを装着。

お買い物やお友達とランチにはいつもの眼鏡。

場面に合わせて使い方がいろいろできて、とっても便利です。

 

ただ、人気商品のため、

ご注文いただいてから2~3週間お待ちいただいております。

お時間がかかりますことご了承くださいませ。

白内障手術後に

2016.06.03

スタッフ長尾です。

 

昨日に続き、本日もカラーレンズのお話です。

白内障の手術をされると、眼の中のレンズが真っ新になるため、

まぶしさを訴えられる方がとても多いです。

特にこれからの季節は陽ざしが強いのでつらいですよね。

 

ならばサングラスをということになるのですが、

難しいのが色の濃さ、濃度です。

多くの女性が希望されるカラーは、

色の濃度は薄め、日常使いで違和感のないもの。

つまり・・・

まぶしくなくて、近所にお買い物にも行けるサングラスを希望されます。

 

ですが、

 

市販されているサングラスはまぶしさをやわらげるためのものなので、

可視光線の透過率が50%以下のものが大多数です。

 

 

このようにかなり濃い目です。

そこでおすすめしているのが、

お手持ちのメガネのレンズをカラーレンズに交換すること、です。

当店では度数の入っていないカラーレンズを常備しています。

 

 

お好きな色で、お好みの濃度のレンズをその場でお入れいたします。

(*フチなしフレームなど対応できないものもあります。)

 

お気に入りのフレームをサングラスに変身!!

させませんか?

もちろん、サングラスカラーの濃いレンズもございますよ!

 

カラーレンズの片玉交換

2016.06.02

スタッフ長尾です。

 

「カラーレンズの片方だけキズ付いてしまったので、

片側だけ交換できますか?」

 

そんなお問い合わせを時々いただきます。

 

無色のレンズなら全く問題ないのですが、

おしゃれ用カラーレンズの場合はちょっと注意が必要です。

 

カラーレンズの交換自体は可能です。

 

 

ですが、現在使われているレンズと色が揃わない場合があります

できるのであれば、

左右一組での交換をおすすめします。

レンズの染色はその日の気候(温度や湿度)に左右され、

同じカラーの同じ濃度で注文しても、

全く同じ仕上がりになるとは限らないのです

(色の確認は人間の目でおこなっています。)

 

特に長く使っているレンズについては、

紫外線の影響などで色が多少変化していることもあります。

左右を完全に同じ色にするというのはすごく難しいのです。

 

その点を納得していただいたうえでの交換なら良いのですが、

多くのお客様は両方同時に交換されます。

やはり左右で色が違うのは嫌ですもんね。

 

調光レンズ(紫外線などに反応して色が変わるレンズ)や、

偏光レンズ(魚釣りの時水面の反射が気にならないレンズ)は、

一組での交換 となりますのでご注意ください。