トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

視力が良くても乱視が隠れていることもあります

2019.10.23

スタッフ今堀です。

 

先日、子ども用メガネのお客様が、お父さんと一緒にメンテナンスに来てくれました。

視力測定もしてみると、ちょっと右目が見にくそうだったので、度数を測定することに。

やはり近視の度数が進んでいたので、レンズの交換をしていただきました。

 

小学生の子どもさんなので、大人の時と検査のやり方がだいぶ違います。

テストフレームにプラスレンズを入れてわざと見にくくして、

できるだけ調節が入らないように度数を測定します。

 

その時に、いっしょに来られていたお父さんが、

「大型の免許を持っているんですけど、深視力が良くなくて・・・」

ということを仰られたので、

少し時間をいただき、お父さんの度数と両眼視機能のチェックも行いました。

 

※深視力については当店のブログの深視力カテゴリーをご覧下さい。

 

左右の視力が裸眼でどちらも1.0出ており、両目なら1.5くらい見えておられました。

視力だけなら全く問題ありません。

 

ただ、しっかりと度数を確認してみると、

弱い遠視で、乱視の度数も必要だということが分かりました。

試しに乱視のレンズを入れたテストフレームで試しもらうと、

「全然違う!はっきり見える!」と効果を実感してもらえました。

 

 

乱視が未補正のために深視力が上手くいかないというケースも多く、

今回のお客様の場合もそのケースでした。

深視力計も試してもらいましたが、問題なく合格できそうでした。

免許の更新はまだだいぶ先とのことだったので、

今回はメガネは作らず記録だけ残させていただくことにしました。

 

少しくらいの乱視であれば視力も良好である場合が多いのですが、

乱視を補正することでより見やすくなったり、立体視が良くなる場合もあります。

乱視がある方は、せめて運転の時だけでも乱視を補正したメガネをおすすめします。