トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

快適さを優先した手元用メガネ

2016.08.13

スタッフ今堀です。

 

日本人は近視が多いと言いますが、

当店に来られるお客様は、けっこう遠視の方が多いです。

 

先日、手元用のメガネを作っていただいたお客様も遠視の方で、

+6.00Dというなかなか強い度数の処方箋を持って来られました。

 

これくらいの度数のメガネを何も考えずに作ってしまいますと、

かなりレンズが分厚くなり、けっこうな重量になってしまいます。

 

詳しくお話を伺うと、

家の中でしか使わないということでしたので、

見た目やデザインよりも、掛けた時の快適さを優先して作ることにしました。

 

 

まず、選んだのはこちらのフレーム。

もともとは強度近視用にデザインされたフレームで、

レンズのサイズは42とすごく小さくなっています。

 

遠近両用レンズなどを使用するのであれば、

レンズの大きさもある程度必要になってくるのですが、

手元だけを見る単焦点レンズを使うなら、

このような小さなレンズであっても問題なく作れます。

緑色がお好きということだったので、カラーは緑で決定。

 

さらに、レンズにも一工夫。

このレンズサイズに合うように極限まで薄くレンズを仕上げる、

薄型加工を組み合わせます。

(フレームに合わせてメーカーが最も薄くなるレンズを作ってくれます。)

そして出来上がったレンズがこちらです。

 

 

ほとんど厚みを感じないくらいまで薄くできました。

そして何よりも軽い!!

 

お渡し時、あまりの軽さに驚いておられました。

今までお使いのメガネよりも度数は強くなっているのですが、

メガネ全体の重量はむしろ軽く出来上がっています。

 

フレームを選ぶうえでデザインはもちろん大切なのですが、

たとえば夜や休日に家の中で使用するだけのメガネであれば、

見た目よりも快適さを優先することもアリだと思います。

 

 

ちなみに、こちらのフレーム、

カラーバリエーションが豊富なので、カラーで楽しんでいただけます。

 

家の中だけ使用する手元用メガネ、

お悩みがあれば気軽にご相談下さい。