トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

補聴器

フォナック バート マーベルの一番人気のカラーは・・・・やっぱりこれでした!

2020.09.23

スタッフ今堀です。

 

ようやく秋を感じられるようになった今日この頃。

だいぶ涼しくなってきて、日中も出かけやすくなってきたからでしょうか、補聴器のお客様の来店が増えて来ました。

 

補聴器といえば、当店で今一番よく売れているのが、フォナック補聴器の最新機種であるマーベルシリーズです。

昨年、充電タイプの「オーデオ マーベル」が発売され、今年の春には耳あなタイプの「バート マーベル」が発売されました。

 

先日、フォナックから送られてきたメルマガをチェックしていたところ、そのバート マーベルに関連するちょっと気になる内容を見つけました。

 

 

先日のブログでも少しご紹介しましたが、最近の補聴器はカラーを選ぶことができ、バート マーベルもいくつかの色の組み合わせの中からお好きなカラーを選んでいただくことができます。

 

一番人気のカラーは何か???

 

気になったのでブログをチェックしてみると・・・・

 

やはりこのカラーでした!

 

 

新色のブラックです!

 

 

当店でもすでに何人かのお客様にバート マーベルのご注文をいただいておりますが、ブラックを選ばれるお客様が圧倒的に多いです。

先月ご購入いただいたお客様も、補聴器を初めてご利用いただくお客様でしたが、ブラックカラーを選ばれました。

 

補聴器っぽくない、ワイヤレスイヤホンのようなルックスが支持されているようです。

 

 

機能性ももちろん大事なのですが、“見た目”もやっぱり大事だと思います。

 

以前に比べると補聴器のユーザーも増えてきたとはいえ、日本の高齢者の数から考えると、全然少ないのが現状です。

「補聴器を使いたくない」という方の中には、補聴器を装用した時の見た目に抵抗感をもたれている方も結構多いのではないかと思います。

 

 

先日、65歳以上の高齢者数が3617万人となり、過去最高の値を更新したというニュースを見ましたが、その割には補聴器のユーザーはまだまだ少なく、聞き間違いが増えたり、聞きにくさを感じていても、そのまま我慢しているという方も多いのではないかなと思っております。

 

スタイリッシュでカッコいいデザインの補聴器が登場することによって、見た目を気にして補聴器の装用に二の足を踏んでおられた方々が、「こんなデザインの補聴器ならちょっと試してみようかな・・・」と思ってくれるようになってくれれば良いなあと思います。

(上の写真はバート マーベルをお作りいただいた当店のお客様です。)

 

 

ちなみに、当店で今一番人気の充電式タイプのオーデオ マーベルにも、ベルベットブラックというカッコいいブラックのカラーが用意されております。

(写真のサンプルは、マーベルシリーズの一つ前のビロングシリーズです。)

 

 

耳掛けタイプでは、シルバーやホワイトといったカラーも選ぶことができます。

カラー見本もご用意しておりますので、補聴器ご購入の際はぜひご覧になって下さい。

 

秋の補聴器相談会を開催しました。

2020.09.15

 

スタッフ長尾です。

本日はフォナック補聴器の専門員による秋の補聴器相談会を開催しました。

密を避けるため完全予約制とさせていただきました。

 

ずっと同じ専門員の方に来ていただいているので、

今やすっかり顔なじみの方もいらっしゃって、

日頃使っていて気になることや、疑問に思っていることなど気軽にお話されてます。

 

 

今回の相談会で注目の的になっていたのはこちらの補聴器です。

 

「バートマーベル」今年の夏6月に販売が開始された耳穴型の補聴器です。

真っ黒なカラーが斬新で画期的!かっこいいと大好評です(^^)v

(他の色もありますのでご安心ください)

もちろん見た目だけじゃなく機能も画期的なんです!

 

この補聴器はスマホにかかってきたきた電話をワイヤレスイヤホンのようにハンズフリーで話すことができます。両耳から聞こえるのでとても聞き取りやすくなります。耳穴型補聴器では初の機能です。(もちろん機能はこれだけじゃないです)

 

 

また最近人気なのが充電式の耳掛け型補聴器です。

夜寝る前にチャージャーにセットしておけば朝にはフル充電されています。

電池交換が不要なので簡単で楽なのが好評です。

 

 

相談員来店による相談会は秋と春の二回ですが、試聴や相談はいつでもできますのでお気軽にご来店ください。

聴力の測定や聞こえのチェック等がありますので事前にご予約いただけると助かります。

フォナック補聴器のマーベルシリーズのカラー見本が入荷しました

2020.09.14

スタッフ今堀です。

 

当店ではメガネだけでなく、補聴器の販売も行っております。

スイスのフォナック補聴器をメインで取り扱っておりますが、最近は補聴器のご購入のお客様も増えております。

 

先日、フォナック補聴器から荷物が届き、開封してみるとこんなものが入っておりました。

 

 

何か分かりますでしょうか???

 

実はこれ、補聴器のカラー見本なのです。

 

当店ではフォナックのマーベルシリーズという補聴器がよく売れているのですが、マーベルシリーズの耳掛けタイプの補聴器では、現在9種類のカラーが選べるようになっております。

 

「補聴器って色が選べるんだ・・・」

そんな風に思われた方もおられるかもしれませんが、最近の補聴器は補聴器本体のカラーを選ぶことができるのです。

 

 

どんなカラーがあるかは、カタログで確認することができるのですが、カタログを見ているだけではなかなかイメージしづらいです。

 

補聴器はとても高価なものですし、「カタログでこの色が良いなと思って注文したのに、実際に届いた補聴器を見ると、全然イメージしていた色と違った・・・」

そんなことになるとショックですよね。

 

このカラー見本を使って実際に耳に当てていただだくことで、補聴器を装用した時のイメージが分かりやすくなるのではないかなと思います。

 

最近の補聴器は、機能面ももちろん進化しているのですが、補聴器本体のカラーもこのように好きなカラーを選ぶことができるようになっております。

 

 

今年発売されたマーベルシリーズの耳あなタイプのバートマーベルでは、ブラックカラーが新たに発売されましたが、お客様の反応もすごく良く、先月ご購入いただいたお客様もブラックカラーを選ばれました。

 

上の写真は、バートマーベルのトライアル補聴器をお作りいただいた当店のお客様です。

お願いして写真を撮影させていただきました。

 

「これが補聴器?」

そんな風に思ってしまうくらいカッコいい見た目ですよね。

 

 

補聴器というと、肌の色に近いベージュのカラーをイメージされるかたも多いかもしれません。

たしかに以前はこのカラーを選ばれる方が多かったのですが、今はベージュ以外のカラーも選べるようになっており、他のカラーを選ばれる方もどんどん増えて来ています。

 

 

10年後の補聴器の機能が果たしてどんなものになっているかはなかなか想像できませんが、カラーに関しては確実にベージュ以外のカラーがスタンダードになっていると思いますし、もっとカラーバリエーションも豊富になり、カラフルなカラーを選ばれる補聴器ユーザーが増えているのではないでしょうか?

 

お客様に職場の会議でロジャーを実際に使ってみていただきました

2020.07.27

スタッフ今堀です。

 

先月、フォナックの最新補聴器の試聴会を開催したのですが、その時にお越しいただいたお客様にトライアル用の補聴器をお作りし、1カ月ほど補聴器をお試しいただきました。

 

その際、お客様から「ロジャーも試してみたい」という声をいただきました。

 

 

「ロジャー」というのは、騒音下や離れた距離のことば、グループでの会話の理解を改善するために、話者の声を直接聞き手の補聴器へワイヤレスで届ける技術のことで、いろんなタイプの商品が発売されています。

 

 

補聴器を使うとそれだけで言葉が聞き取れるようになると思われている方も多いですが、話者との距離が離れていたり、周囲が騒がしい環境では、補聴器だけでは会話の内容を理解することは難しくなります。

 

そういった補聴器の欠点を補うことができるのが、このロジャーです。

ロジャーを使うことで補聴器だけでは聞き取ることが難しい少し離れた人の声も聞き取りやすくなり、大事な会議の時などにはすごく助かります。

 

 

現在お使いいただいている補聴器ではロジャーが使えなかったのですが、今回お客様にお試しいただくことになったバートマーベルという補聴器は、ロジャーマイクロホンからの音声を直接受信することができます。

 

そのことをお客様にご説明したところ、それならばぜひロジャーも試してみたいと言われました。

 

デモ機を貸し出しさせていただき、早速会議の時にお試しいただくことになりました。

 

 

こちらが今回お試しいただいたロジャーのマイクロホンです。

テーブルの中心に置くと、話者の声が自動的に集音され、別の話者が話し出すと切り替わります。

 

 

もちろん、同時に複数の話者が話し出すこともあるので、そういった場合には手動で聞きたい相手の方向を選択することができます。

指でタッチした方向に緑のランプが点灯しているのがお分かりいただけるかと思います。

 

当店ではこれまではロジャーは取り扱っていなかったのですが、お客様に使ってみていただいた感想をお聞きすると、「これはすごく便利!!」と感激しておられました。

 

「次回、補聴器を買い替える際にはぜひロジャーも購入したい」とまで言っていただき、非常に喜んでいただくことができました。

 

 

自分としては、高価な補聴器をご購入いただいたお客様に、さらに高価な付属品も購入していただくみたいなイメージがあったのですが(笑)、そうではないのだなということがよく分かりました。

 

今回は会議でお使いいただきましたが、家族や友人で集まってみんなでおしゃべりしている時などにも、ロジャーを使えば話の内容が聞き取りやすくなって、会話をより楽しむことができると思います。

 

聞こえにお悩みの補聴器のユーザー様に大変喜んでいただけるということが分かったので、ロジャーの使い方についてもっと勉強し、今後は試聴や貸し出しのサービスも充実させていけたらと思っております。

 

 

 

 

 

 

補聴器のお客様の接客用にこんなものを導入してみました

2020.07.01

スタッフ今堀です。

 

当店ではメガネだけでなく補聴器も取り扱っております。

補聴器にもいろんなメーカーがあるのですが、当店ではスイスのフォナック補聴器をメインで販売させていただいております。

 

おかげさまで、最近は補聴器のお問い合わせがかなり増えて来ております。

 

補聴器のご相談に来られるお客様の中には、補聴器を付けるだけで会話がしっかり聞き取れるようになれると思われている方もおられるのですが、実際には補聴器だけでは聞き取りが難しい場合もあります。

 

たとえば、レストランなどのにぎやかな場所や、話し手が遠い場所にいる時などには、補聴器だけで会話の内容を全て聞き取るのは難しくなります。

 

補聴器だけでは聞き取りが難しい場所での聞こえをサポートするために、フォナック補聴器には、「ロジャー」と呼ばれるデジタルワイヤレス補聴援助システムがあります。

 

 

先日、最新補聴器の試聴会を開催したのですが、その時に補聴器のお試しをしていただくことになったお客様から、新しい補聴器と一緒にこのロジャーも試してみたいというご要望がありました。

 

当店としても、今後は補聴器だけでなく、ロジャーもお客様にご提案できたらと思っておりましたので、店頭でお試しいただけるようにデモ機をご用意させていただきました。

 

 

先日入荷したばかりで、まだ使い方を勉強している最中なのですが(汗)、積極的に試してみたいと言って下さるお客様がおられるので、せっかくならお客様モニターになっていただき、職場などでお試しいただこうと思っております。

 

 

それから、もう一つ、新たにこんなものも導入しました。

 

 

当店で取り扱っている、メンズマークやアクアリバティなどのメガネフレームを製造している鯖江の眼鏡フレームメーカー、シャルマンが作ったフェイスシールドです。

 

接客時にはマスクを着用させていただいておりますが、口元を隠すと話の内容が分からなくて困るというお客様もおられるので、こちらを導入しました。

 

基本的にはマスクを着用して接客をさせていただきますが、読唇の必要性があるお客様の場合には、マスクを外させていただいてフェイスシールドで接客をさせていただこうと思っております。

 

先ほどのロジャーも上手く活用できれば、補聴器を装用されているお客様とでも一定の距離を保った状態で接客が可能になるかもしれません。

 

現在は少し落ち着いておりますが、秋冬になればまたコロナウィルスの感染が拡大する可能性も十分にありますので、今の内から色々試してみて、お客様に安心してご来店いただける方法を考えていこうと思っております。

 

補聴器の試聴希望のお客様が続いております

2020.06.26

スタッフ今堀です。

 

先日、当店で取り扱っているフォナック補聴器の営業さんに来ていただいて、最新補聴器の試聴会を開催しました。

 

店頭で補聴器を試聴していただき、希望される方にはご自宅や職場でもお試しいただけるトライアル用の補聴器を貸し出させていただくことになっていたのですが、「せっかくなら自宅や職場でも使ってみたい」というお客様が多く、トライアル用の補聴器を貸し出しをさせていただくことになりました。

 

 

先月発売されたばかりの耳あなタイプの補聴器、バート マーベル

これまでの耳あな型の補聴器といえば、ベージュカラーが定番でした。

新たにブラックカラーが選べるようになったのですが、こちらの評判がすごく良く、2名のお客様がブラックカラーを選ばれました。

 

 

長年補聴器を使われているお客様には、「黒色、カッコいいね!」と言っていただき、今回初めて補聴器を試されることになったお客様は、「職場で部下に「これ、何に見える??実は補聴器やねん」って言ってみよう」と笑顔で話しておられました。

 

 

黒い補聴器なのでとても目立つのですが、補聴器っぽく見えないところが良いですよね。

これから補聴器のユーザーとなる世代には、こういうデザインの方が受け入れられるのではないかなと思います。

 

 

補聴器がスマホとつながり、スマホを置いたままでも通話ができます。

両耳で音声を聞くことが出来るので聞き取りやすく、お仕事でスマホを使うことが多い方にはとても便利な機能かなと思います。

 

お二人とも、積極的に補聴器を試してみようというお客様だったので、周囲の人の反応も含めていろんな感想が聞けそうな気がしております。

 

 

充電式の補聴器も大変好評で、毎月お問い合わせをいただいております。

 

試聴会には来られなかったのですが、別の日に充電式の補聴器を試してみたいというお客様が来られ、当店のデモ機を貸し出させていただくことにしました。

 

今月は試聴希望のお客様が続いております。

 

聞こえがどう変わったか?

周囲の反応はどうだったか?

 

最新補聴器をお試しいただいたお客様の感想が聞けるのが、今から楽しみです。

 

 

 

補聴器の試聴会を開催しました

2020.06.19

スタッフ今堀です。

 

先日、当店で取り扱っているフォナック補聴器の営業さんに来ていただき、最新補聴器の試聴会を開催致しました。

 

 

来店が重なるのを避けるのと、じっくりと試聴をしてもらえるように、今回は人数を限定しての試聴会とさせていただきました。

 

ちょうど試聴会の日が天気がすごく良かったこともあってか、メガネを作りに来てくださったお客様も重なり、予想以上にバタバタしてしまいました。

試聴会当日の様子を撮影しようと思っていたのですが、それどころではなくなってしまいました・・・

 

 

試聴会に参加されたお客様の中には、補聴器を使ったことが全くないという方もおられました。

奥様と一緒にご来店いただいたのですが、普段の生活の中で会話がかみ合わない時があるそうで、奥様の方は、「ご主人がちゃんと聞いてくれない」と思われていて、ご主人の方は、「奥様の話し方が悪い」と思われていたようです。

 

難聴は少しずつ進んでいくので、自分の耳が聞こえにくくなってきていることに気が付かないという方も多いです。

今回のお客様のように、初期の段階で「もしかしたら聞こえが悪くなっているのかな??」と思われる方は意外と少ないです。

 

 

聞こえのチェックと補聴器の試聴をしていただき、せっかくなので最新の補聴器ならではの機能も体験していただきました。

自分の聞こえに合わせた補聴器を装用してテレビの音を直接補聴器から聞いたり、ハンズフリーで電話ができる機能も体験していただきました。

 

今回の参加特典として、耳の形に合わせて作成するオーダメイドタイプのトライアル補聴器をご提案させていただいていたのですが、早速、ご注文をいただきました。

職場でぜひ使ってみたいとのことでした。

 

 

先月発売された新しい耳あなタイプのバート マーベルという補聴器です。

新たにブラックカラーが追加されました。

 

 

今回の試聴会では、2名のお客様にバートマーベルのトライアル補聴器を作らせていただくことになりましたが、お二人とも選ばれたのは、このブラックカラーでした。

 

お二人とも現役バリバリで仕事をされておられる若いお客様だったということもありますが、ブラックカラーの反応は思っていた以上に良かったです。

 

以前のように「できるだけ補聴器は目立たないものにしたい」という考え方から、これからは「補聴器も見た目がカッコいいものや、お洒落なカラーが良い」という考え方に少しずつ変化していく気がしています。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

 

お客様のトライアル補聴器が完成したらまたご紹介させていただこうと思います。

「隠す」から「見せる」へ。カッコいいブラックの補聴器が新登場!

2020.05.22

スタッフ今堀です。

 

個人的にとても楽しみにしていた補聴器の新製品が、ついに発売となりました。

 

 

ワイヤレスイヤフォンのように楽しむスタイリッシュな補聴器・・・

 

フォナック バート マーベル

 

フォナック補聴器の人気商品、「マーベル」シリーズの耳あなタイプの補聴器です。

 

 

 

「マーベル」シリーズは、全世界で200万台以上出荷された実績をもつ人気商品です。

昨年、耳掛け(RIC)タイプのオーデオ マーベルが発売されましたが、当店でもこの補聴器がよく売れています。

 

 

本日お渡しさせていただいたお客様の補聴器も充電式のオーデオ マーベル。

初めて補聴器をお使いになられるので、今日の時点ではまだあまり詳しくご説明はしていませんが、補聴器に慣れられたらいろんな機能の紹介もさせていただこうと思っています。

 

 

マーベルシリーズの最大の特長が、すぐれた接続性です。

Bluetooth対応のスマートフォンとダイレクトにつながり、ハンズフリー通話ができたり、中継器なしで直接テレビの音を補聴器で聞くことができます。

専用のアプリをダウンロードすれば、スマートフォンをリモコンとして使用することができます。

 

最近はスマートフォンをお持ちのお客様も増えてきたので、そういう方にはマーベルシリーズをおすすめさせていただいております。

 

ただ、これまでは耳掛けタイプしか発売されていなかったので、耳あなタイプを希望される方には「マーベル」シリーズをおすすめすることができず、一つ前のモデルの「ビロング」シリーズをご購入いただくしかありませんでした。

 

早く発売して欲しいと心待ちにしていた商品でもあります。

 

耳掛けタイプと使える機能などは基本的には同じなのですが、カタログを見た時にちょっとした驚きがありました。

 

 

「黒い補聴器?!」

 

耳あなタイプの補聴器といえば、これまでは肌の色に近くて目立ちにくいベージュが当たり前でした。

それに見慣れていたこともあって、ちょっとびっくりしました。

 

 

先日、オンラインでの新商品セミナーが開催されたのですが、その中でもブラックカラーの説明がありました。

これまでのように「隠す」のではなく、「見せる」ためのデザインからブラックカラーが誕生したそうです。

 

 

最近はワイヤレスイヤホンを使用されている方が多いですが、補聴器を付けているというよりはワイヤレスイヤホンを付けているイメージですね。

 

 

これを見て補聴器だと思う人の方が少ないかもしれませんね。

もちろん、定番のベージュなど黒以外のカラーを選ぶこともできます。

 

来月はメーカーの担当営業さんにお店に来ていただき、「マーベル」シリーズの試聴会を開催する予定です。

密にならないように完全予約制とさせていただき、お一人ずつじっくり試聴をしていただこうと思っております。

 

 

 

 

マスクを着用するだけでなく、こんなことにも気を付けております。

2020.04.20

スタッフ今堀です。

 

3、4月はメガネのご来店は激減しましたが、補聴器のお問い合わせが例年よりも多かったです。

 

感染予防のために多くの人がマスクを着用されているので、聞こえにお困りの方は、いつも以上に話の内容が聞き取りにくくなって困っておられるようです。

 

マスクをして話すと、声が小さくなってしまったり、こもって聞き取りにくくなります。

聞こえにお困りの方の中には、近づいてもらって耳のそばで話をしてもらわないと聞き取れない方もおられますが、密接を避けなければならない現在の状況だと、近づいて耳のそばでお話しすることができません。

 

また、聞こえにお困りの方の中には、耳から入ってくる情報だけでなく、相手の口の動きを見て会話の内容を理解されておられる方も結構おられます。

(スパイ映画に出てくる読唇術のようなものではなく、聞き取りにくい言葉を聞き分けるために口の動きを見ておられるという意味です。)

 

時々、「聴力の割には会話の内容をよく理解されておられるな」と思うことがありますが、そういう方の中には、相手の口の動きをよく観察して、会話の内容を聞き分けておられる方も結構おられます。

そういう方の場合、こちらが口元を紙などで隠すと、途端に「えっ?」と聞き返されるようになります。

 

今のように周囲の人がみんなマスクをしていると、口の動きを見ることができなくなり、耳からの情報だけで会話の内容を聞き取らなければならなくなるので、かなり不安に感じておられる方も多いようです。

 

そうした理由から補聴器の必要性を余計に感じられるのかなと思います。

 

 

もちろん、感染を拡大させないためにマスクを着用することは大事なので、それを否定する気は全くありません。

当店でも接客をさせていただく際には、マスクを着用させてもらっております。

 

ただ、ご高齢の方や聞こえにお困りの方の中には、マスク越しに話されることで、いつもよりずっと会話の内容が分かりにくくなるという方も多いのです。

 

その点を配慮させていただき、ご高齢のお客様や補聴器の相談に来られるお客様には、いつもより少しだけ大きめの声で、ゆっくりはっきりと話させてもらっております

 

 

また、パンフレットやタブレットなどの視覚情報をいつも以上に活用し、できるだけ内容が理解しやすくなるように努めさせてもらっております。

 

日本は高齢者の数が多く、補聴器の装用の有無にかかわらず、聞こえにお困りの方がとても多いです。

普段はそれほど困っていなくても、今のようにマスク越しに話されることで、会話の内容が聞き取りづらくて困っておられる方も結構おられるのではないかなと思います。

 

まだまだマスクを着用せねばならない日が続きそうですし、もし、身近にご高齢の方や聞こえにお困りの方がおられましたら、そういった点にも少し配慮してお話をしてもらえたらと思います。

決して怒鳴る必要はありませんので、少しだけ大き目の声でゆっくりと話し、分かりにくい言葉や難しい言葉は紙などに書いて見せるようにすると、相手の方も分かりやすくて安心されるのではないかなと思います。

お客様の補聴器のご紹介。”焦点”がわかるようになった??

2020.04.10

スタッフ今堀です。

 

今日はお客様の補聴器のご紹介です。

 

お使いの補聴器が古くなり、メーカーの修理対応が今年の春で終了してしまうということで、買い替えのご相談を受けておりました。

 

「一度試聴してみて調子が良さそうだったら新しい補聴器を購入したい」と試聴のご希望をいただきました。

 

ただ、お使いの補聴器が耳穴型タイプだったので、お店で試聴用として置いている耳掛けタイプの補聴器だと聞こえの感じが違うため、十分に聞こえの違いを比較していただくことができませんでした。

 

そこで、メーカーの担当営業さんに相談し、実際にお客様の耳に合わせてオーダーメイドで作った補聴器で試聴していただくことになりました。

 

それがこちらの補聴器です。

 

 

フォナック補聴器ビロングシリーズという補聴器になります。

 

4つのクラス(クラスによって補聴器に備わっている機能が違います)の中では、上から2つ目のアドバンスクラス、70シリーズの補聴器になります。

 

 

フォナックのカタログを見ると、片耳で37万円(両耳だとその2倍)となっており、中古の自動車が買えるようなお値段です。

 

店頭で最初聞いてみていただいた時には、「今の補聴器に比べてすごく違和感がある」と仰られました。

そこで、営業担当さんに来てもらい、以前お使いの補聴器になるべく近くなるようにフィッティング(補聴器の調整)をしてもらいました。初期調整の状態だと以前に比べて音量感が足りなかったようです。

 

「これなら何とか使えそう」と言っていただけたので、1週間くらい使って試していただくことになりました。

 

それから1週間ほど経ち、再来店いただきました。

 

「どうでしたか?」と感想をお尋ねすると・・・・

 

「"しょうてん"が分かるようになった!」とすごく嬉しそうに仰られました。

 

一瞬、「焦点??ん、どういうことだろう?」と思ったのですが、よくよくお話を聞いてみると、テレビの「笑点」だということが分かりました。

職業柄、ついつい「焦点」だと思ってしまいました(笑)

 

 

ご主人といつも「笑点」を見ておられるそうなのですが、隣でご主人は一人で大笑いしているのに、自分は何が面白いのか分からなかったそうです。

 

それが新しい補聴器だと内容がはっきりと聞き取れて、「主人と一緒にお腹をかかえて笑ったわ。笑点ってこんなに面白い番組やったんやね」と仰っておられました。

 

他にも、

「掃除機の音が以前に比べてずっと静かになった」

「ご近所さんに離れた場所から話かけられてもちゃんと反応できた」

今までお使いの補聴器と新しい補聴器の聞こえの違いを感じていただけたようです。

 

メーカーの担当営業さんには、「上位クラスの補聴器になると、雑音を抑える機能がすごく良くなるので、周りの音がかなり静かになるんですよ」と言われていたのですが、僕自身、「本当かなぁ」と半信半疑でした(笑)

 

個人差ももちろんありますが、分かる方にはちゃんと分かっていただけるようです。

 

 

「確かに高いなとは思うけど、こんなに聞こえるなら価値があるわ」

そんな風に言っていただけました。

 

高価な補聴器をお買い上げいただけたことも嬉しいですが、お客様にそんな風に喜んでいただけたことがとても嬉しかったです。

 

補聴器を装用したからといって昔のように聞こえるわけではありませんが、「聞こえ」が改善されると生活がとても楽になりますし、今回のお客様のように家族とテレビを見て一緒に笑ったり、楽しい時間を共有することができます。

 

正直、補聴器に関してはまだまだ経験不足で分からないことも多いのですが、「見ること」と「聞くこと」、両方でお客様のサポートができるように、頑張って勉強していこうと思っております。

 

今回はお買い上げいただきありがとうございました。