トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

シルエット

シルエットの眼鏡フレームを買うなら今がチャンスです

2019.07.10

スタッフ今堀です。

 

7月12日(金)より、

オーストリアの眼鏡フレーム、シルエットのフェアを開催します。

 

 

フェア期間中限定のお得な特典もございます。

 

シルエットフェア2019特典その1

フェア期間中、Essenceをご購入いただいたお客様には、

STYLE SHADESが特別価格でご購入いただけます。

 

Essence

42,100円(税込)

 

Essenceは、昨年末に発売されたシルエットのNEWモデルです。

テンプル(ウデ)にカラフルな軽量樹脂素材を用いたフレーム。

こちらのモデルをご購入いただいたお客様には、

 

STYLE SHADES

9,700(税込)

 

シルエットのフレームに取り付けて使うことが出来るサングラス、

STYLE SHADES特別価格にてご提案させていただきます。

(詳細は直接店頭でご確認下さい。)

 

 

シルエットのユーザー様に大変人気のアイテムです。

外出時や運転をする時だけこれを取り付けてサングラスとして使う、

そんな使い方もできます。

これからの時期、重宝すること間違いなしです。

 

シルエットフェア2019特典その2

旧モデル、廃版モデルがお買い得価格に。

 

 

シルエットのフレームは毎年、魅力的なNEWモデルが発売されますが、

同時に以前のモデルの中には廃版となる商品も出てきます。

そんな旧商品、廃版モデルの一部を特別価格にてご案内致します。

NEWモデルにこだわらないけど、シルエットを掛けてみたいという方は、

こちらの商品をご検討されてみてはいかがでしょうか。

在庫限りですので、気になる方はぜひお早目にお越し下さい。

 

シルエットフェアは今月末まで開催予定です。

ご来店をお待ちしております。

 

 

お客様のメガネのご紹介。調整が難しいフレームこそオーダーメイドレンズ

2019.06.24

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

 

 

フレームは、オーストリアの眼鏡ブランド、シルエットの、

Titan Minimal Art PULSE

 

現在お使いいただいているメガネもシルエットのフレームです。

室内用レンズが入ったメガネをお使い頂いていますが、

今回は遠近両用レンズで作らせていただくことになりました。

料理をしたり、テレビを見たり、パソコンをしたり、

室内用レンズは、いろんな場面で使えて大変便利なのですが、

遠くは少し見にくくなるので、車の運転には向いていません。

車の運転の時にも使えるメガネが欲しいということで、

今回は遠近両用レンズにしていただきました。

 

 

レンズは今話題のオーダーメイドレンズ、

HOYALUX 望(のぞみ)

 

DMでのご案内や、このブログでの紹介もご覧いただき、

以前から気になっておられたようです。

事前にお電話にてご予約をいただき、日時の調整をさせてもらいました。

おかげで当日はスムーズに対応させていただくことができました。

 

 

オーダメイドレンズを作らせていただく際には、

当店ではこのような専用の測定器を使用してデータを取るのですが、

その際にはスタッフが付きっ切りになるので、できるだけ予約をお願いしています。

 

オーダーメイドタイプのレンズは、indivisualレンズとも呼ばれ、

最近、レンズメーカー各社が力を入れて開発しているレンズです。

 

 

一般のレンズとの大きな違いは、

フレームを掛けた時の装用条件に合わせてレンズが設計されることです。

フレームを掛けた時のレンズと目の間の距離や、レンズの傾き具合など、

これらの値は選ぶフレームによって変化します。

特に遠近両用レンズでは、この装用条件が見え方に大きく影響します。

 

そのため、できるだけ正しい装用条件で掛けられるように、

フィッティング(フレームの調整)を行う必要があるのですが、

フレームのデザインや構造上、それが難しいフレームもあります。

 

 

今回お客様にご購入いただいたシルエットのフレームも、

レンズの傾き具合を自由に調整するのが難しいタイプのフレームです。

でも、お客様はこのフレームがとても気に入っておられるので、

できることならこのフレームで希望通りにメガネをお作りしたい・・・

 

なので、今回オーダーメイドレンズを選んでいただいたことが、

メガネを作る上で大いに役に立ちました。

掛け具合を見た時、横から見た時のレンズの傾き具合が、

遠近両用レンズを作る上での理想的な角度よりも少し浅かったので、

その角度に合わせてレンズを注文し、補正してもらうことにしました。

 

せっかくお客様に妥協せずに良いレンズにしていただいたので、

いつもはシルエットの加工は当店で行っていますが、

今回は見本のレンズが入った状態の角度と同じになるように、

HOYA社の最先端の加工機でレンズ加工もやってもらうことにしました。

 

お客様には朝一番にお越しいただいたのですが、

結局全ての作業が終わった時には昼を過ぎてしまっていました。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました!

 

普通のレンズに比べると、時間もお金も余計にかかるレンズですが、

おかげさまでご注文数も増えて来ています。

今お使いのフレームを使って作ることもできますので、

気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛される定番フレーム。シルエット編

2019.04.17

スタッフ今堀です。

 

先日読んだ本の中に、

「良い商品とは量が売れるものだ」という言葉がありました。

販売する側は質を上げれば売れると考えがちだけれど、

(お客さんが求める)質は人によって全然違うので、

質にこだわり過ぎるのではなく、

量に目を向けた方が良いというような内容でした。

 

流行や宣伝などで一時的にはたくさん売れていても、

しばらく経つと消費者に飽きられてしまって、

その後はさっぱり売れなくなってしまう商品もありますが、

長く売れ続け、そして多くの人に支持されている商品というのは、

やはり良い商品と言えるのではないかなと思います。

 

メガネのフレームにもそういう愛され続ける定番モデルが存在します。

今日ご紹介するのは、

当店で取り扱ってい眼鏡ブランドの一つ、

オーストリアのシルエットの定番フレームです。

 

Titan Minimal Art Pulse (パルス)

Mod.5489 54□16

カラー:6055

49,700(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 55,100円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 64,700円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

「シルエットといえばこのフレーム」。

それくらい有名なモデルがTMA(チタンミニマルアート)です。

フレームにネジや蝶番を一切使用せず、

わずか1.8gという驚異の軽さを実現したシルエットを代表するモデルです。

NASAのスペースシャトルのミッションの際に着用されたこともあるフレームです。

現在はTMA The Must Collectionという名前になっております。

 

最初にご紹介したTMA pulseは、

The Must CollectionのNEWモデルになりますが、

(すみません、色々名前がややこしくて・・・)

カラーが違うくらいでThe Must Collectionとほとんど同じフレームです。

 

眼鏡フレームとしては結構高額なフレームかと思いますが、

それでもダントツで売れ続けている超人気モデルです。

当店でもこのフレームをずっと愛用されておられるお客様が大勢おられます。

毎年NEWモデルがたくさん発売されているのですが、

それでもTMAが売れなくなることはないそうです。

 

もう一つ、シルエットの定番モデルをご紹介します。

 

TMA Icon (アイコン)

Mod.4516 49□16

カラー:6059

38,900円(税込)

 

TMA(チタンミニマルアート)シリーズの一つで、

The Must Collectionとよく似たTMA Iconというモデルもあります。

当店で最も売れているのはこのTMA Iconです。

 

使用している素材などもほとんど同じなのですが、

Iconの方が価格がだいぶお安くてお得な商品になっております。

The Must Collectionが欲しいけれど、

さすがにフレームだけに5万円はちょっと・・・

という方がよく選ばれています。

ただ、近々仕様変更され、価格がMust Collectionと同等になるようです。

 

 

Titan Minimal Art PulseTMA Icon

この2つのモデルの違いは、テンプル(ウデ)の形状が若干違うのと、

 

 

耳に掛かるプラスチックの部分(先セル)の形状が少し違うくらいです。

じっくり見ないとなかなか違いが分からないと思います。

 

シンプルなデザインが好きな方や、

軽いメガネフレームが欲しいという方にはおすすめのフレームです。

世界中で愛用者がいるシルエットの定番フレーム、

掛けたことがないという方もぜひ一度お試しになってみて下さい。

 

今回はシルエットの定番モデルをご紹介させていただきましたが、

他のブランドにも定番モデルと呼べる人気モデルがたくさんありますので、

今後もご紹介していきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルエットジャーナルの最新号が入荷しました

2019.01.26

スタッフ今堀です。

 

オーストリアのアイウェアブランド、シルエット

シルエットの魅力がいっぱい詰まった情報誌、

シルエットジャーナルの最新号が入荷しました。

 

 

今回の表紙はウィーン国立歌劇場のバレエダンサーの女性。

白い衣装に白いメガネがすごく似合っていて、カッコいいです!

パラパラとめくっているだけでも、ついつい時間を忘れてしまうほど

素敵な写真がいっぱい載っております。

 

 

フレームと一緒に置いてありますので、ぜひ手に取ってみて下さい。

シルエット最新モデル、Essence。こんなカラーもございます。

2018.12.12

スタッフ今堀です。

 

オーストリアの眼鏡ブランド、シルエット

 

 

先日のブログでEssence (エッセンス)というフレームをご紹介しました。

今秋発売されたばかりのNEWモデルです。

その時の記事はこちら

 

先日のブログでご紹介したカラー以外にも入荷しておりますので、

そちらをご紹介したいと思います。

 

ESSENCE (エッセンス)

レンズ玉型:CV

サイズ:52□17

カラー:3042 RED PASSION

42,100円(税込)

 

レンズ玉型:GR

サイズ:52□17

カラー:5542 GREEN BALANCE

 

レンズ玉型:EV

サイズ:53□17

カラー:4042 SILKY LILAC

 

 

こちらの2色はマット(艶消し)タイプとなっております。

個人的には5542のグリーンが気に入っています。

レンズ玉型は変更することもできます。

カラーはこの色が良いけど、レンズの形はこっちが良い・・・

なんて感じで作れます。

気軽にスタッフにお尋ね下さい。

シルエットのNEWモデルが入荷しました

2018.12.01

スタッフ今堀です。

 

今秋発売されたシルエットのNEWモデルが入荷しました。

 

ESSENCE (エッセンス)

レンズ玉型:CV

サイズ:52□17

カラー:7532

42,100円(税込)

 

シルエットではおなじみのヒンジレスシリーズの最新作です。

ちなみに、ヒンジとはテンプル(ウデ)を折りたたむために

付いているパーツのことです。

 

 

一般的なメガネフレームはヒンジの部分にネジが付いていて

テンプルを折りたたむことができますが、

ヒンジレスフレームの場合はその名の通りヒンジがないので、

テンプルを折りたたむことができません。

 

左:カラー3642 右:カラー7532

 

シルエットを代表する人気モデル、

TMA Must CollectionやTMA Iconでは、

メタル素材(チタン)がテンプルに使用されていますが、

こちらのフレームのテンプルにはSPXという超軽量の

樹脂素材が使用されています。

樹脂素材ならではの透明感のあるカラーが魅力です。

 

 

これまでもSPX樹脂のテンプルのフレームは色々あったのですが、

樹脂素材の場合、メガネを掛け外しする時に力が加わりやすい

レンズとの結合部分が折れてしまうこともあったため、

ESSENCEでは金属(チタン)が使用されています。

 

カラー:7732

 

マット(艶消し)タイプのカラーも用意されています。

カラーバリエーションは全部で12色!!

その内の5色が入荷しております。

レンズの形も自由に選べますので、

お好きなフレームカラーにお好きな玉型を組み合わせて下さい。

選択肢が多すぎて迷うかもしれませんね(笑)

 

 

横から見た時にとってもきれいなフレームです。

検品中でまだ売場に出せていないのですが、

試着していただくこともできます。

気軽にスタッフまで声をおかけ下さい。

女性のお客様に大人気のフレーム、今なら全色揃っております。

2018.11.25

スタッフ今堀です。

 

当店で女性のお客様に大人気のフレームが再入荷しました。

こちらのフレームです。

 

シルエット

SPX ART FULLRIM

37,800円(税込)

 

SPXという非常に軽い樹脂素材でできたフレームで、

カラーも綺麗なのでとても人気があります。

購入されるのはほぼ女性のお客様です。

あまりの軽さにメガネを掛けていることを忘れていて、

思わずそのままメイク落としを付けそうになったという方もおられました(笑)

 

Mod.1556

カラー:6052

サイズ:49□15

 

カラーがすごく綺麗なので、このフレームを選ばれる方も多いです。

フロント(前枠)のカラーがグラデーションになっています。

 

カラー:6051

 

こちらはブラウンとグリーンのグラデーションカラー。

グリーンのフレームは皆さんなかなか手に取られないのですが、

このカラーはよく売れております。

初めてお買い上げいただいたのもこちらのカラーでした。

 

Mod.1557

カラー:6050

 

6050カラーだけは単色になっています。

同じSPX ART FULLRIMですが、

レンズの玉型が違う2種類のモデル(1556と1557)があり、

1557はレンズの玉型が少し丸くなったモデルです。

フレームのカラーは1556と共通です。

(1557に限り6052カラーは在庫がないそうです)

 

カラー:6053

 

ブルーとパープルのグラデーションカラー。

こちらもすごく綺麗なのでおすすめです。

 

1556で2色、1557で2色という感じで全4色揃っております。

どの色かが欠品してしまっていることが多いので、

全色見られる機会は結構レアです(笑)

ぜひ、この機会にいろんなカラーを掛け比べみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

シルエットのNEWモデルを予約しました

2018.11.17

スタッフ今堀です。

 

先週、大阪で眼鏡の展示会(新作発表会)が開催され、

スタッフ長尾といっしょに見に行くつもりをしていたのですが、

その数日前から風邪をひいて体調を崩してしまい、

結局、展示会に行くことが出来ませんでした。

 

展示会で発表されていた新作を見ることができなかったので、

先日、シルエットの担当営業さんがお店に来てくれてました。

 

 

おなじみのヒンジレス(ウデを折りたためないタイプのフレーム)の

新型を見せてもらいました。

 

 

リムレス(フチなし)タイプのフレームで、

ESSENCEという名前のモデルです。

 

 

左右のレンズをつなぐブリッジ部分はメタル素材で、

テンプル(ウデ)の部分がSPXという樹脂素材になっています。

樹脂素材ならではの透明感のある質感がきれいで、

カラーバリエーションも12色と豊富です。

 

 

樹脂タイプのフレームでは、

これまでミニマルXという超人気モデルがあったのですが、

残念ながらこちらは廃版となってしまうようです。

 

早速予約をしておきました。

入荷は12月以降の予定となっております。

入荷次第またブログでもご紹介したいと思います。

軽いフレームに室内用レンズ、デスクワークもサクサクすすみますよ

2018.10.26

スッタフ長尾です。

とっても軽いフレーム、シルエットのSPXフルリム。

掛けやすいと女性にとても人気です。

今回はこちらの赤いフレームに室内用レンズを入れさせていただきました。

 

スタッフ今堀が担当させていただいたお客様で、

パソコン作業中心ではあるけれど、会議にはホワイトボードなども見たい。

(これはスタッフ長尾イチオシ。室内用レンズがぴったりです。)

そして軽~いメガネならなお良い、というご要望でした。

 

まず最初にご提案させていただいたフレームがSPXフルリム。。

軽さでは当店一番。(フチなしフレームは除く)

掛けているのを忘れて顔を洗いかけたというのは

本当によくある「あるある話」です(笑)

カラーが豊富なのも人気の一つです。

テンプル(ウデ)が折りたためないので、掛けはずして使うのには不向きなのですが、

パソコン作業から会議まで、一日中掛けっぱなしのメガネなら問題はありません。

太すぎない枠のクリアレッドのカラーはお顔映りもバッチです。

 

ちょっとデザイン性のあるフレームやシンプルなフレームも試したいただきましたが。

 

軽さとカラーでシルエットのフレームに決まりました。

デスクワークで手元を見ることも多いので、やはり軽さは重要なポイントですね。

 

軽いフレームをお探しの方。

シルエットのSPXフルリムを体感してみませんか?

 

レンズの形も丸いモノや、四角い形のものもあります。黒やカーキもありますよ。

男性の方も是非、お試しください。

シルエットのフレームにはこんなモデルもあります

2018.09.26

スタッフ今堀です。

 

シンプルなデザイン、圧倒的な軽さと掛けやすさ。

世界中のファンから愛されている眼鏡ブランド、

オーストリアのシルエット。

「一度このフレームの良さを知ってしまうと、他のフレームは掛けられない」

そんな風に2本目、3本目とシルエットを購入されるお客様も多いです。

本日はそのシルエットのフレームの中から少し面白いモデルをご紹介します。

 

TITAN NEW WAVE

mod.4371

サイズ:52□18

カラー:6055

52,900円(税込)

 

 

シルエットといえば、ネジなどを一切使用しないフチなしフレーム、

TMA (TITAN MIMAL ART)シリーズが大変有名ですが、

このTITAN NEW WAVEは、TMAのハーフリム※バージョンです。

(※レンズの半分だけフチがないタイプのフレームのことです。)

 

 

ナイロールとも呼ばれるタイプのフレームで、

レンズに溝を掘って、そこにナイロンの糸を掛けてレンズを固定します。

TMAと同じようにネジは一切使用せず、

フロント(前枠)とテンプル(ウデ)は一体となっています。

シルエットらしいシンプルなデザインです。

TMA同様、折りたたむことはできないのですが、

余計な部品が一切ない分、スマートな見た目になっています。

 

カラー:6052

 

こちらは別色。

TMAシリーズをお使いいただいている方で、

「軽さや掛け心地の良さはそのままに、フチなし以外のフレームも掛けたい。」

そんな方にぜひおすすめしたいフレームです。

 

シルエットの日本の代理店でもある三共社のウェブサイトでも

TITAN NEW WAVEが紹介されていました。

興味のある方はぜひこちらもご覧になってみて下さい。