トップページ > お知らせ・Blog

シルエット

お客様のメガネのご紹介。シルエット SPX MATCH

2018.08.27

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

 

 

フレームは、シルエットのSPX MATCH。

ブラックと蛍光イエローのカッコいいカラーです。

レンズは遠近両用レンズが入っております。

 

 

ミニマルXなどのシリーズでおなじみのSPXという素材を使っています。

(SPXはシルエットオリジナルの超軽量樹脂素材です。)

同じSPXですが、ミニマルXはクリアー系のカラーで、

SPX MATCHはマット(艶消し)カラーが採用されています。

 

 

ミニマルX(先ほどの画像の左側のフレームです)では、

ブリッジ(左右のレンズをつなぐ真ん中の部分)も、

テンプル(ウデ)と同じSPXが使用されていましたが、

MATCHはチタンのブリッジになっています。

さらにこのフレームには、上の画像のようなSPXのパーツが付属しており、

ブリッジに取り付けることも可能となっています。

(取り付けた状態が一番最初の画像です。)

 

 

ブリッジがチタン製なので、

シルエット専用のサングラス、Style Shadesを取り付けることもできます。

こちらはシルエットのユーザーさんに大人気の商品で、

当店でシルエットをお買い上げいただいたお客様の多くが、

この商品も一緒に購入されています。

 

 

ブリッジにパチンとはめ込むだけで、

お使いのフレームがカッコいいサングラスにチェンジします。

(Style Shadesは、Style Shades対応のブリッジの付いたフレーム専用です。

一般のフレームには使えません。)

 

お買上いただきありがとうございました。

 

 

 

自宅で楽に掛けられるメガネのご紹介

2018.07.20

スタッフ今堀です。

 

毎月欠かさず某女性向け雑誌を読んでいます。

昔行ったセミナーで、経営コンサルタントの講師の先生が、

「40~50代の女性に来てほしいと言うのなら、

せめてその年代の女性が読んでいる雑誌くらいは読んで下さい。」

ということを話しておられたからです。

 

先日、最新号を本屋で買って来て早速読んでみたのですが、

今月の特集は、「楽に暮らす」がテーマでした。

「楽=怠けている」ではなく、「楽=賢い」と考えて、

生活を楽にする方法を考えてみませんか?という内容でした。

楽な暮らしに役立つ家電なども紹介されていましたが、

本日は、「楽に暮らす」ためにもきっと役に立つと思われる

「自宅で楽に掛けられるメガネ」をご紹介したいと思います。

 

まずは、こちらのフレームです。

 

シルエット SPXフルリム

37,800円(税込)

 

SPXという軽量の樹脂素材で作られていおり、

掛けた時にほとんど重さを感じないフレームです。

 

 

サイズもかなり小さいので、レンズを薄く軽く仕上げることができます。

夜に家で、コンタクトを外した時用のメガネとしてもオススメです。

当店では、女性のお客様に大変人気のあるフレームで、

室内用メガネや、老眼鏡として使われる方も多いです。

 

続いても軽量フレームです。

 

歩(AYUMI) L(ライト)シリーズ

 

プラスチック素材の中でも硬くて耐久性のあるセルロイドを使い、

薄く、軽く仕上げられています。

テンプル(ウデ)の芯金にもチタンを使っているので、

一般的なプラスチックフレームに比べるとかなり軽く、

掛け心地も良いメガネです。

 

 

鼻パッド部分は、職人さんが手で削って仕上げており、

形状をカスタマイズすることもできます。

詳しくはこちらをご覧ください

鼻パッドの厚みや大きさを変えることで、

睫毛が当たらないようにメガネを目から離したり、

メガネの位置を上に上げたりということもできます。

(別途、加工料金がかかります。)

 

最後はちょっとユニークなフレームです。

 

Choco Sea (ちょこシー)

19,400円(税込)

 

こちらは、“鼻に跡がつかないお手元メガネ”です。

鼻パッドが付いておらず、側頭部を挟みこむようにして固定します。

 

 

鼻の上に浮くように掛けるので、鼻パッドが当たりません。

鼻が痛くなったり、跡が付く心配がありません。

鼻の当たりが気になる女性の方におすすめです。

 

以上、「自宅で楽に掛けられるメガネ」をご紹介しました。

興味のある方は、ぜひ店頭で試着してみて下さい。

ちょっとしたカスタマイズ気分が楽しめます

2018.06.11

スタッフ今堀です。

 

趣味で休みの日にはロードバイクに乗っているのですが、

ロードバイクのカラーを自分の好きなカラーに

カスタマイズできるというサービスがあって、

近頃はそれに夢中になっています。

 

 

パソコンの画面などで好きな色やパーツを選ぶと、

それが画面上に反映されます。

やってみるとこれがなかなか楽しいのです。

実際に買えるともっと楽しいのですが(笑)

 

こういうサービスがメガネにもあったら楽しいのになあと

ついつい思ってしまいます。

色んなカラーの中から自分の好きなカラーが選べて、

「フロント(前枠)はこのカラー、テンプル(ウデ)はこのカラー、

耳に掛かる部分のパーツはこのカラー・・・」

なんて選べると楽しそうですよね。

わざと変な色ばかりを選んで、

どんなフレームになるのかを試してみたりして(笑)

想像するだけでワクワクしますよね。

 

ただ、現状ではそういうことができるフレームはありません。

(僕が知らないだけかもしれませんが・・・・)

ただ、先ほどのロードバイクのカスタマイズに近いことができる

そういう眼鏡ブランドがあります。

 

それが、オーストリアのシルエットです。

 

シルエットのWEBサイトこちらをご覧ください。

 

 

シルエットのサイトでは、いろんなモデルが見られます。

ためしに人気モデル、TMA Iconを見てみましょう。

 

中央にフレームの写真が表示され、

下の方にレンズの形状とカラーが表示されます。

カラーパレットから別のカラーを選択してみます。

 

 

すると、表示されていたフレームのカラーも変わりました。

さらに別のカラーを選択してみます。

 

 

別のカラーに変わりました。

こんな風にして、いろんなカラーのイメージを見ることができます。

 

 

次に、別のレンズの形状を選択してみます。

 

 

レンズの形状もこのようにいろんな形から見ることができます。

カラーとレンズの形状を色々組み合わせて、

自分好みのフレームを見つけることができます。

 

 

フレームの画像の下の360°ビューを使えば、

正面から見たり、横から見たり、

様々な角度からフレームを見ることができます。

 

※このWEBサイトでは、日本では取り扱いがない

 カラーやレンズの形状も表示されます。

 詳しくは取扱店にお問い合わせ下さい。

 

 

シルエットのフレームは非常に軽くてかけ心地が良く、

フレームそのものが優れていることは間違いありませんが、

このWEBサイトのような新しい取り組みをどんどん考えてくる

そういう眼鏡ブランドでもあります。

 

シルエットが好きな方や、

シルエットのフレームを使用されている方はもちろんですが、

シルエットを全く知らない眼鏡ユーザーの方でも

楽しめるサービスだと思います。

ぜひ、一度シルエットのWEBサイトにアクセスしてみてもらって、

自分なりのカスタマイズを楽しんでみて下さい。

 

 

 

シルエットのユーザーさんに大人気のアイテムです

2018.06.07

スタッフ今堀です。

 

当店で大変人気のある眼鏡ブランドの一つ、

オーストリアのシルエット

おかげさまで、毎月たくさんのお客様に

シルエットのフレームをお買い上げいただいているのですが、

そのシルエットのフレームをお買い上げいただいたユーザー様に

大変ご好評をいただいているアイテムがこちらです。

 

Style Shades

9,700円(税込)

 

シルエットのリムレス(フチなしタイプのこと)フレームに

取り付けて使うことができるサングラスです。

(一部使用できないモデルもあります。)

こちらの商品、お客様からの反応もすごく良く、

今月も早速一本注文をいただいております。

 

 

使い方もとっても簡単です。

左右のレンズをつなぐブリッジと呼ばれる個所にはめ込むだけです。

逆に少しひねれば取り外すこともできます。

 

 

前から見るとこんな感じです。

見た目はサングラスそのもの。

サングラス自体の重量もほとんどありませんので、

フレームの軽さを生かしたとっても軽いサングラスになります。

掛け心地もとっても良いです。

 

シルエットのフレームはお値段もそれなりにしますので、

サングラスも欲しいけど、予算的にちょっと・・・・

そんな時に1万ほどで手に入るのは嬉しいですね。

メガネレンズの度数を通してそのまま見られるので、

見え方も普段の見え方と全く同じ。

 

 

 

外出時にだけパチッとはめてサングラスにしたり、

旅行に行く時にも、一緒にStyle Shadesを持って行けば、

現地でサングラスとして使うこともできます。

シルエットのメガネを2本お持ちの方でしたら、

(フレームを複数持っておられる方もけっこうおられます。)

どちらかに付けたままにしてサングラスとして使ったり、

いろんな使い方ができるのもStyle Shadesの魅力です。

 

レンズカラーはグレーブラウン2種類から、

レンズシェイプは5つのパターンからお選びいただけます。

店頭でサンプルをご覧いただき、

それから注文をさせていただきますので、

お渡しまで少し時間がかかります。

旅行などでご使用の予定がある場合には、

ぜひ早目のご注文をお願いいたします。

 

 

 

 

先日ご紹介したシルエットのパーツ交換。早速ご来店いただきました。

2018.05.27

スタッフ長尾です。

 

先日のブログで、スタッフ今堀が、

シルエットのパーツ交換について書いておりましたが、

偶然にも全く同じ個所が壊れたお客様にご来店いただきました。

 

こちらが先日ご紹介したお客様のフレーム。

レンズとテンプル(ウデ)をつなぐ部分の金属が切れてしまっています。

 

たまたまですが、フレームも全く同じでした。(今回は左側でした)

毎日掛け外しをする際にどうしても力が加わる場所なので、

壊れてしまうことが多いようです。

先日と同じようにパーツを取り寄せて交換させていただくことに。

ついでにレンズも交換していただくことになりました。

ご紹介した情報が役に立って良かったです。

 

 

さらに、もう一本新しいメガネも作っていただくことに。

フレームはもちろんシルエットです。

お選びいただいのは、SPX  ART+というフレーム。

ブリッジ部分はミニマルアートと同じチタンですが、

テンプル(ウデ)部分には樹脂素材を使ったモデルです。

 

 

ブルーのカラーが涼しげでとってもきれいです。

樹脂素材だからこそ出せる色ですね。

 

同じシルエットのフレームでも、

モデルやカラーが違えば掛けた時の印象も違います。

場面や気分に合わせて使い分けていただけたらと思います。

お買い上げありがとうございました。

当店で大人気のモデル、入荷しています。

2018.05.24

スタッフ今堀です。

 

シルエットの人気のモデルが入荷しております。

 

TITAN MINIMAL ART.THE ICON.

38,900円(税込)

 

僕たちは、長いので「アイコン」と呼んでいます。

シルエットの代表作、チタンミニマルアートと

ほとんど同じ作りなのですが、

なぜか価格はこちらの方が安いです。

そんな価格の手頃感もあってか、非常に人気があるモデルです。

 

けっこう在庫があったので、

「最近よく売れているなぁ」と思いながらも

そのままにしていたのですが、

先日、あらためて在庫をチェックしてみたら、

3本しか残っておりませんでした・・・

さすがに3本だけでは来ていただいたお客様に

申し訳ないので、在庫補充しました。

 

カラー:6073

 

こちらは女性のお客様に大変人気のあるカラーです。

 

カラー:6059

 

こちらは、元々あったカラーに後から追加されたカラーです。

一般にガンメタと呼ばれる色に近いのかなと思います。

このフレームを掛けたポスターのモデルさんは女性でしたが、

男性にもおすすめのカラーです。

 

 

ちなみに、レンズのシェイプ(玉型)が全然違うので、

上の2本は別のフレームのように思えるかもしれませんが、

こちらは全く同じモデルです。

互換性がありますので、

好きなフレームカラーに好きな玉型を入れることができます。

 

たとえばですが、

本日ご紹介した2本をご夫婦でお買い上げいただいたとして、

ご主人が6059を、奥様が6073をお選びいただき、

レンズの玉型だけを反対にするなんてこともできます。

レンズの形は変更できますので、

好きなフレームカラーで選んでもらえば良いと思います。

 

現在、全部で17色販売されているらしいのですが、

当店にないカラーをカタログで見ていただいて

注文することも可能です。

詳しくはスタッフにお尋ね下さい。

 

 

フレームが壊れた!大丈夫、パーツ交換できますよ。

2018.05.19

スタッフ今堀です。

 

先日、当店でシルエットのフレームを買っていただいたお客様が、

「メガネを踏んでしまって壊してしまったんです・・・」

そう言って来られました。

 

 

こちらのメガネです。

テンプル(ウデ)が折れてしまっています。

 

大変気に入って使っていただいていたようで、

「やっぱり買い替えないといけないですかね?」と

心配そうに尋ねられました。

 

「フレーム自体を買い替えなくても、

パーツ(ウデ)を交換すれば使えるようになると思うので、

とりあえず見させていただけますか?」

そのようにお答えし、壊れたフレームを見させていただくと・・・

 

 

上の画像を見ていただくと分かるように、

レンズとテンプル(ウデ)をつなぐ金具部分が折れていました。

これを見て、心の中で、

「あっ、良かったぁ」と思いました。

お客様がショックを受けているのに、

何が良かっただと怒られそうですが、

 

 

実はこちらの金具、このように取り外すことができます。

そして、テンプル自体にはダメージがなければ、

この金具部分だけを取り換えれば良いのです。

その方が費用も安くて済みます。

テンプルごと交換となると結構高くなってしまいます。

 

 

メーカーが在庫を持ってくれていたので、

注文後すぐにパーツが入荷しました。

写真の下側が新しいパーツです。

 

 

新しいパーツに付け換えてレンズをはめます。

パーツを交換することによって

テンプルの開き具合が少し変わってしまったので、

そちらも修正しました。

これでまた壊れる前と同じように使っていただけます。

 

シルエットのフレームには、

このようにパーツを取り寄せて交換できるものが多いです。

 

メガネが壊れたらすぐに買い替えないといけないというわけではなく、

パーツ交換や修理で対応できる場合も多々あります。

まずは購入されたお店で相談してみましょう。

当店では修理にかかる費用と日数を考慮して

より良い方法をご提案させていただきます。

ただ、フレームにも寿命はありますので、

あまりにも古いものは買い替えた方が良いこともあります・・・

 

 

ちなみに、シルエットのフレームの中でも、

写真のようにレンズの固定部分とテンプルが一体型のものは、

(テンプルを折りたたむことができないタイプのフレーム)

テンプルの交換となります。

この場合はちょっとお値段が高くなってしまいます。

 

フレームとはまた違う魅力があるシルエットのサングラス

2018.04.26

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのは、

オーストリアのブランド、シルエットのサングラス。

 

世界的にも有名な眼鏡ブランドであり、

当店でも毎月必ず売れる人気のブランドです。

超軽量フレームとして有名なブランドなのですが、

フレームの軽さ以外にも、

シンプルなデザインを気に入って購入されるお客様も多いです。

 

フレームに関しては、

それほど主張しないシンプルなデザインのものが多いのですが、

サングラスは結構、挑戦的なデザインになっています。

本日ご紹介するExplorer Line Extensionというモデルも、

なかなかに刺激的なデザインです。

 

レンズ形状:8690

フレームカラー:6220

38,900円(税込)

 

 

ツーブリッジタイプのフロント。

ミラーコートが施されたレンズが目をしっかり隠し、

何となく近未来的な雰囲気も感じさせるデザインです。

フロントの一部をくり抜くようなかたちでレンズが入れらています。

 

 

写真では分かりにくいですが、

フロント部分は、薄いシート状の樹脂素材でできています。

形も非常にカッコいい感じなので、男性におすすめの形です。

 

レンズ形状:8155

フレームカラー:6220

38,900円(税込)

 

同じタイプですが、こちらはブリッジが一本で、

左右が少し吊り上ったような形になっています。

こちらは女性のお客様におすすめの形です。

 

 

日本ではなかなか見慣れない形なので、

最初はちょっと抵抗があるかもしれませんが、

掛けてみると結構大丈夫です。

こちらのカラーの他にもう一色あったのですが、

そちらは女性のお客様にご購入いただきました。

 

 

忘れてはいけないのが、

このサングラスをデザインしているのがシルエットだということ。

当然、メガネフレーム同様、サングラスも非常に軽量です。

実際に手に取ってみてもらえば、

あまりの軽さに驚かれると思います。

 

海外のアパレルブランドのサングラスなどは、

機能性よりもデザインが重視されているので、

非常に重いものや掛けにくいものも多いです。

今使っているサングラスがすぐにずれてきてしまったり、

しばらく掛けていると鼻が痛くなってくる、

そんな方にもぜひお試ししてもらいたいサングラスです。

 

フレームとはまた違った魅力があるシルエットのサングラス。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

2つのモデルの良いところを合わせたフレームです

2018.04.05

スタッフ今堀です。

 

今日はたまたま同じタイミングで2組のお客様が来られたのですが、

どちらのお客様も、お使いのフレームがシルエットでした。

毎月ほぼ必ず売れているブランドでもあるので、

ユーザー様の数は結構な数になっています。

 

本日ご紹介するのもシルエットのフレームです。

 

SPX ART+

Mod 5352

カラー:6210

36,700円(税込)

 

シルエットではおなじみのフチなしフレームなのですが、

こちらはちょっと面白いフレームです。

どこが面白いかをお話しする前にこちらをご覧ください。

 

 

写真の右側のフレームがシルエットの代表作、

TITAN MINIMAL ARTシリーズ。

写真の左側のフレームが同じくシルエットの人気シリーズの

minimalXシリーズです。

フレームに使用している素材が異なり、

TITAN MINIMAL ARTはチタンを、

minimalXはSPXという樹脂素材を使用しています。

 

では、SPX ART+はどちらの素材を使用しているのか?

 

正解は両方です。

 

レンズをつなくブリッジ部分には、

TITAN MINIMAL ARTと同じようにチタンを使用。

樹脂素材に比べて細身なのですっきり見えます。

 

テンプル(腕)にはminimalXと同じSPX樹脂素材を使用。

どちらかというとシンプルな見た目のチタン素材に比べると、

カラフルでちょっとおしゃれな感じになります。

樹脂素材ならではの透明感のある綺麗な見た目も良い感じです。

 

まさに両シリーズの良いところを合わせたモデルです。

 

col:6200

 

テンプルのカラーは白に見えますが、実はクリアー(透明)です。

内側を白く塗ることで外側から見た時に白に見えるようになっています。

 

 

シルエットには、STYLE SHADESという

ブリッジにはめ込んでメガネの上から使えるサングラスがあって、

こちらがすごく人気があるのですが、

残念ながらminimalXの樹脂製のブリッジには使用できません。

でも、SPX ART+ならブリッジがチタンなので、

このようにブリッジにはめ込んで使うことができます。

 

TITAN MINIMAL ARTminimalX

チタンにするか、樹脂にするか・・・・

思い切って両方を使ったSPX ART+にしてみるのもアリですよ。

 

 

 

 

 

 

 

女性におすすめのツーブリッジのサングラス

2018.03.09

スタッフ今堀です。

 

ブログでご紹介するフレームは、

店の外で撮影をしていることが多いのですが、

最近は風が非常に強くて、

撮影中にフレームが風で飛ばされそうになって

怖い思いをすることが何度かありました。

特に細身で軽いフレームは怖いです。

 

今日ご紹介するのは、

そんな風で簡単に飛んで行ってしまうような

羽根のように軽いフレームを次々と生み出している

オーストリアの眼鏡ブランド、シルエットのサングラスです。

 

8694

38,900円(税込)

 

 

以前このブログでもご紹介した

Dynamics Colorwave Fullrimというフレームがあったのですが、

それのサングラスバージョンです。

レンズにカラーが入るだけなのですが、

印象がだいぶ変わりますよね。

 

 

シルエットらしい細身のフレームなのですが、

湾曲したユニークなツーブリッジのデザインや、

女性でも掛けやすい丸っこいレンズシェイプ。

全体のサイズ感は小さめなので、

女性の方におすすめです。

 

 

余計な装飾のないシンプルなテンプルデザイン。

驚くほど軽く仕上げられています。

まさに羽根のように軽いサングラス。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

お買い上げの際は、風で飛ばされないようご注意下さい(笑)