トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

シルエット

お客様のメガネの紹介です 老眼対策レンズ

2020.04.14

 

スタッフ長尾です。

先日お買い上げいただいたメガネの紹介です。

遠近両用メガネの近くが見にくくなったのでもう少し見やすくできないか?

とご来店いただきました。

お客様には遠近両用や運転用のサングラス等お買い上げいただいております。

 

 

詳しくお話を伺うと。

この春から教室で生徒さんに教えることになったので

近くの資料などが見えない(読めない)と仕事にならない、とのことでした。

これまでは歩きやすさを重視して加入度数(手元を見るための老眼度数)を

ゆるめに設定てお作りしていたので、近くの資料などは見にくいはずです。

 

だからと言ってお手元度数を強くすればよい。という単純な話ではないので

まずはレンズの説明から始めさせていただきました。

 

最近のメガネレンズは近くの見え方に重点を置いて

色々なタイプのレンズが発売されています。

例えばニコンのロハスシリーズ

車の運転から、おうちでの趣味までいろいろなシーンの手元の見やすさで

レンズ設計(デザイン)が5種類に分類されます。

青い部分が近くを見る範囲のイメージです。

 

お客様のお仕事は室内です。

近くがしっかり見えて生徒さんの顔も分かる室内用レンズ「ホーム」がよさそうです。

遠くの見え方は特に問題がないとのことでしたが、確認のため度数測定。

近くの見え方を良くするためにお手元度数は現メガネよりも強めに設定しました。

その後「ホーム」のテストレンズで見え方を試ししてもらいました。

 

「確かに近くは良く見えるし、歩くこともできる。

読みやすいんだけどちょっと離れたところが・・・」

 

お店から見える山の稜線までスッキリ見えないくてもいいが、

もうちょっとしっかり見えるようにできなないかな、との感想が。

よくよくお話させていただくと教室がこちらが思うより広いことが分かりました。

 

「ホーム」は半径5m以内であればまず快適に使っていただけますが、

(スタッフが色々試して実証?!済みです)

それを超えると確かに、離れたところの見え方がスッキリしません。

 

そこで遠近両用ではありますが中間の見え方を重視した「ウォーク」をお試し。

ホームよりは紫色の遠方範囲が広めになっています。

 

離れたところもスッキリ見える。

近くの見え方は「ルーム」ほどではないが、

今使っている遠近両用メガネより断然見やすい。

これなら大丈夫!

というこで、ウォークタイプのレンズに決定いたしました。

 

どんな場面で、どのような使い方(姿勢)をして

見たいものはどれくらい離れているのか?

それに応じたレンズを使い分けることが大事になってきます。

メガネ(見え方)に関するお困り事や、お悩み等お気軽にご相談くださいね。

 

それからフレームですが、

フレームは軽くて掛けやすく、カッコいいと大好評のシルエットです。

チタン素材のアイコンというシリーズでネジやヒンジを省いた究極の軽さです。

それゆえ、テンプル(ウデ)は折りたためないデザインです。

 

使い心地や見え方のご感想など、またお聞かせください。

お買い上げありがとうございました。

 

 

ここでお詫びでございます。

お客様のメガネの写真を撮り忘れまして上の画像は同じものの色違いでございます。

実際にお買い上げいただいたのはブラックでございます。

 

 

メガネもモデルさんも素敵過ぎるシルエットのジャーナルが入荷しております

2020.03.27

スタッフ今堀です。

 

当店で取り扱っておりますオーストラリアの眼鏡ブランド、シルエット

 

シルエットが定期的に発行しているシルエットジャーナルの最新版が入荷しております。

結構前に送られてきていたのですが、紹介するのを忘れておりました(笑)

 

 

こちらになります。

今回のテーマは、BEAUTY

 

 

中は全て英語なのですが、パラパラめくって写真を見るだけで十分に楽しめます。

 

相変わらず超個性的なサングラスが載っております。

(ジャーナルには日本では取り扱いのない商品も掲載されております。)

 

シルエットのジャーナルは、素敵な写真やモデルさんがたくさん載っているので、メガネのことはよく分からなくても、写真やファッション好きの方も楽しめます。

 

 

いろんなモデルさんがシルエットのメガネを掛けていますが、皆さん、とっても素敵。

 

フチなしフレームのイメージが強いブランドですが、最近では写真のようなフチありのメガネフレームも増えてきています。

 

 

僕がこの業界に入った頃は、それほど高価なメガネフレームというイメージはなく、それよりもとにかく軽くて機能的なメガネフレームというイメージでした。値段も割と手ごろな感じだったと思います。

 

ところが、最近ではブランディングにかなり力を入れており、どちかというと、ラグジュアリーブランドになってきています。そのため、フレームの価格自体もかなり高価になってきました。

(マーケティングに詳しくはないので、用語の使い方が間違っているかもしれません。)

 

正直、「最近高くなったよね」と言われてしまうことも多いのですが(笑)、これまでのような軽さや掛けやすさだけを追求するのではなく、高級感やファッション性も重視するブランドになってきています。

 

こちらのジャーナルはご来店いただければご自由にご覧いただけます。

また、ブランドのサイトからもご覧いただけますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

お手頃価格の旧モデル在庫あります

2019.12.11

スタッフ今堀です。

 

当店のお客様の中にも愛用者が多い人気眼鏡ブランド、シルエット

 

そのシルエットの定番モデルが、最近リニューアルされました。

 

 

TITAN MINIMAL ART THE ICON

 

「アイコン」と呼ばれるフレームで、当店でも大変人気の商品です。

 

 

カラーリングと耳にかかる“先セル”と呼ばれる部分のデザインが新しくなったようです。

 

ただ、ちょっと残念なお知らせが・・・・

 

リニューアルされた新モデル、値上がりしております。

それもかなりの値上げです(泣)

 

旧モデルのお値段が39,600円(税込)

新モデルのお値段が50600円(税込)

 

税込みで11,000円の値上がりです。

なかなかすさまじい上がり方ですね・・・

 

「フレームで5万かぁ・・・さすがにそれはなあ」

そう思われた方に朗報です。

 

当店、まだ旧モデルが残っております。

 

 

在庫がまだ数本残っており、それが売り切れたら新モデルを仕入れる予定です。

素材や機能などはほとんど同じにもかかわらず、先ほどお話した通り、価格はだいぶお安いです。

カラーさえ気に入っていただければ、こちらにするのもアリです。

 

さらに、只今キャンペーン開催中です。

 

ご褒美メガネキャンペーン

 

シルエットの眼鏡フレームも対象ブランドとなっておりますので、ご購入いただいたお客様にはオリジナルクオカードをプレゼントさせていただきます。

 

 

本日ご紹介したフレームは、今秋に新しくなったシルエットコーナーに展示しております。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

気分や場面によって使い分けられるユニークなメガネフレーム

2019.10.18

スタッフ今堀です。

 

メガネフレームに求める条件として、

「軽さ」を挙げられるお客様が多いです。

特に女性のお客様は、「軽いフレーム」を希望される方が多いです。

 

軽いメガネフレームの代表格ともいえるのが、

オーストリアの眼鏡ブランド、シルエット

「軽いメガネ」を通り越して、

あまりの軽さに、「掛けていることを思わず忘れてしまう」

そんな超軽量メガネフレームです。

そのシルエットの新しいフレームが入荷しておりますので、

ご紹介したいと思います。

 

 

Dynamics Colorwave. Accent Rings

5500 JD

サイズ:52□17-145

カラー:3832

49500円(税込)

 

<このフレームでレンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 56,100円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 66,000円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

5500 GZ

サイズ:48□17-145

カラー:9242

 

シルエットの眼鏡フレームは、

リムレス(フチなし)タイプのフレームが多いのですが、

最近はフルリム(フチあり)タイプのフレームも増えています。

(リムとはレンズの周辺のフチの部分のことです。

レンズ全体にフチがあるフレームをフルリムと言います。)

 

5500 GY

サイズ:49□17-145

カラー:6142

 

こちらのモデルも、一見、

フルリムタイプのフレームなのかなと思いますが・・・

 

 

実はレンズ周辺のパーツを外すことができます。

パーツを外すとリムレスフレームに早変わり。

(レンズに溝が掘ってあって、そこにはめ込んであります。)

 

 

 このAccent Ringというパーツを付けたり外したりすることで

フルリムのフレームとリムレスのフレーム、

両方を楽しむことができます。

今はまだできないのですが、

将来的にはAccent Ringのカラーも色々選べるようになるみたいです。

いろんなカスタマイズが楽しめるようになると楽しいですよね。

 

5500 JB

サイズ:52□17-145

カラー:7832

 

リムレスフレームは、どうしてもお顔がぼやけてしまうので、

引き締め効果のあるフルリムタイプが個人的には好きなのですが、

Accent Ringという名前の通り、

このリングがちょうどよいアクセントになってくれます。

 

カラフルなメガネフレームは掛けていると楽しいですが、

お通夜やお葬式など、フォーマルな場には避けた方が良いです。

そんな時はリングを取り外してリムレスフレームにすれば、

落ち着いた印象になって、周囲の目も気にしなくて大丈夫。

 

 

 

ちなみにですが、シルエットのラインナップには、

Dynamics Colorwaveというモデルもあります。

このフレームにAccent Ringを取り付けたのが、

Dynamics Colorwave. Accent Ringsなのです。

 

レンズに溝を掘る構造なので、

度数によっては作れない場合もありますが、

(レンズが薄すぎると欠けてしまう心配があるからです)

ありそうでなかった面白いメガネフレームではないかなと思います。

 

 

先日、シルエットコーナーがリニューアルしました。

本日ご紹介したフレーム以外にも、

シルエットのフレームがたくさんご覧いただけます。

ぜひ、店頭でいろんなモデルをお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

シルエットコーナーがリニューアルしました!

2019.10.16

スタッフ今堀です。

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドの中でも、

特に人気のブランドの一つ、オーストリアのシルエット

そのシルエットの売場コーナーが新しくなりました。

 

当店は、シルエットとの付き合いがまあまあ長く、

これまでもメーカーさんに協力してもらって、

数々のフェアを行ったりしてきたのですが、

今回はすごい什器(ディスプレイ)を用意していただくことができました。

 

それがこちらです。

 

 

お店に入ってすぐの場所がシルエットのコーナーになっており、

存在感ばっちりです。

フレームも現在50本ほど展示されております。

ちなみに、右側の什器が今回新たに導入したものになります。

 

当店の担当営業のYさんが車で持って来てくれて、

店の前の駐車場で組み立て、設置作業までしていただきました。

 

 

フレームがかかっているトレイは取り外しが可能。

こんな感じでトレイごと外すことができるようになっています。

気になるフレームがあれば、カウンターでゆっくりご試着もできます。

 

こちらの什器(ディスプレイ)ですが、

シルエットの展示会(新作発表会)で実際に使われているものと同じです。

展示会で初めて見た時に、担当営業のYさんに、

「これすごいですね~。こんなの店にあったらびっくりですね」

と冗談で話したところ、

「今堀さん、お店に置いてみます?」と尋ねられ、

「いやいや、これはさすがに置く場所(フレームも)ないです(笑)」

とその時は返事したのですが、

今年になって、お店の中の什器をいろいろ変更している内に、

「もしかしたらできるかもしれないな・・・」

段々とそんな気になってきて、担当営業のYさんに、

「サイズだけでも教えて下さい」と資料をいただいていました。

 

今年の春にお願いし、秋に納品予定だったのですが、

ようやくお店に置くことができました。

人間、やろうと思えばできるもんですね(笑)

と言っても、ほとんど担当営業のYさんの力なのですが。

 

 

シルエットのフレームを見に来られるお客様の中には、

「何件かまわったけど本数があんまりなかった」と仰る方がとても多く、

「シルエットのフレームが色々見られるお店があったら良いのに」

と思われておられる方が多いようなので、

少しでもいろんなフレームをご覧いただけるように頑張っております。

(それでもシルエットはコレクションがめちゃくちゃ多いので、

全コレクションの中のほんの一部にはなってしまうのですが・・・)

 

シルエットが好きな方はもちろん、掛けてみたことがないという方も、

ぜひ、気軽にお試しになってみて下さい。

 

 

20年経っても愛され続けるシルエットを代表するロングセラーモデル

2019.09.28

スタッフ今堀です。

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドの中でも、

インターネットを見てお問合せいただくことが一番多いブランドが、

オーストリアの眼鏡ブランド、シルエットです。

 

当店のお客様だけでなく、世界中にシルエットの愛用者がおられ、

老若男女問わず眼鏡ユーザーに人気のあるブランドです。

 

 

今日まで様々なモデルが発売されていますが、

その中でも特に人気のあるモデルが、

TMA(TITAN MINIMAL ART)

「チタンミニマルアート」です。

1999年に発売され、今年20周年を迎えたロングセラーモデルです。

このTMAがシルエットだと勘違いされておられる方がいるくらい、

(シルエットはブランド名で、シルエットの色んなモデルの中の一つです。)

シルエットのフレームの中では、代表的なモデルになります。

 

 

名前は知らなくても、どこかで見たことがあるという方は多いと思います。

ショッピングセンターや電車の中でも掛けている人をよく目にします。

また、海外の映画やドラマなどを見ると、いろんな俳優さんが掛けていたりします。

 

こちらのフレームの特長の一つが、圧倒的な軽さ。

フレームの重量はわずか1.8g

身に着けていることを思わず忘れてしまうほど、軽い掛け心地のフレームです。

 

さらに、このフレームにはネジが一切使用されていません。

それまでのリムレス(フチなし)フレームでは、

レンズをネジで固定するのが当たり前だったので、

発売された当時は、とても革新的な眼鏡フレームでした。

「ネジやヒンジはあるから緩み歪むのであって、無ければ不具合は生じない」

そんな確固たる信念のもとデザインされた眼鏡フレームで、

この考え方はシルエットの他のモデルにも受け継がれています。

 

TITAN MINIMAL ART

直訳すれば、

チタンを使った必要不可欠なもののみの芸術(アート)

著明なアーティストやデザイナーにもTMAの愛用者が数多くおり、

その洗練されたデザインが、多くの人の心を惹きつけています。

 

 

 

先日送られてきたシルエットのニュースレターですが、

そこには11,500,000という数字が記されていました。

1,150万・・・これ、何の数字か分かりますか?

実はこれ、TMAの発売以来の累計販売本数だそうです。

1,150万本!!そして100ヵ国もの国で売れている、

世界的に大変人気のある眼鏡フレームなのです。

 

 

実物を見ると、非常にシンプルなフレームに見えますが、

完成までに260を超える製造工程があるそうです。

しかも、その260超の製造工程のうち約80%が緻密な手作業だとか・・・

 

10月と11月には、東京と大阪で展示会(新作発表会)が開催されますが、

20周年を記念した特別モデルやサングラスも発売されるなど、

今年はかなりアツい展示会となりそうです。

また展示会の様子もブログでご報告できたらと思っております!

 

 

 

 

シルエットの超人気モデルが今年20周年を迎えるそうです

2019.09.20

スタッフ今堀です。

 

先日、シルエットの担当営業さんがお店に来てくれて、

来月の展示会(新作発表会)に向けた最新情報を教えてくれました。

 

「シルエットって何?」という方のために簡単に説明しますと、

シルエットはオーストリアの眼鏡ブランドです。

シンプルながら非常にデザイン性に優れ、世界中に愛用者がいます。

 

シルエットの代表モデルとして、

TMA(Titan Minimal Art)というフレームがあります。

1.8gという驚異的な軽さを実現したフレームで、

NASAのスペースシャトルのミッションでも着用されました。

シルエットにはたくさんのモデルがありますが、

シルエット、イコールTMAと思っておられる方がいるほど、

シルエットの中では、圧倒的な人気を誇るモデルです。

 

そのTMAが発売されたのが1999年だったそうで、

今年、20周年を迎えるそうです。

20周年を記念した特別モデルが発売されるそうで、

営業さんに写真で見せてもらいました。

 

 

なかなかすごいことになっています(笑)

シルエットのWEBサイトでご覧いただけますので、

興味のある方はご覧になってみて下さい。

(当店では今のところ取り扱う予定はありません)

 

そんな話をしながら、他にも色々と見せてもらいました。

 

 

こんなフレームや、

 

 

こんなフレームなど。

いろんなフレームを見せてもらいながら、

今後の商品展開の見通しなどを聞かせてもらいました。

シルエットに限らないのですが、やはり海外のブランドは、

マーケティング活動をとても重視していますね。

WEBサイトも含め、プロモーション活動がすごい。

 

それからもう一つ、営業さんと大事な話し合いを行いました。

実は今秋、シルエットの取扱い店として、

さらにパワーアップ(?)する予定をしています。

 

 

完全には決まっていないので、ブログでは詳しく書けないのですが、

興味のある方は店頭でスタッフにお尋ね下さい。

 

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。聞いてみて「なるほど!!」と思った購入理由

2019.08.28

スタッフ今堀です。

 

新規でご来店いただいたお客様のメガネが完成しました。

当店のブログをご覧いただき、彦根からご来店いただきました。

最近は県内のいろんな場所からご来店いただいておりますが、

彦根からの来店は珍しいので、ちょっと嬉しかったです。

 

TITAN ELEMENTS (チタンエレメンツ)

 

フレームはオーストリアの眼鏡ブランド、シルエット。

このチタンエレメンツは、愛用者も多い人気のモデルです。

ただ、残念ながら廃版になることが決まっており、

そのことを先日のブログでご紹介したのですが、

その時の記事をご覧いただき、お問い合わせをいただきました。

ちなみにその時のブログの記事はこちらです。

 

・人気のフレームも残りわずかとなりました

 

 

ご購入いただいたのは、6058 Black-kiwi Partyというカラーで、

明るめの(黄)緑のフレームです。

お電話でお問い合わせをいただいた時からこのカラーをご希望でした。

僕は緑色が好きなので、個人的にも良い色だと思うのですが、

こちらのカラーを選ばれたのは、ちょっと意外な理由からでした。

 

その理由は・・・・

 

お客様が東京ヤクルトスワローズのファンだから。

 

ユニフォームなどに使われているチームのカラーが、

ちょうどこんな感じの緑色なんだそうです。

試合を観戦しにいく時に、チームカラーのメガネを掛けられたらと思い、

こういうカラーのフレームを探しておられたようです。

 

僕は野球は全然分からないのですが、

後からヤクルトのウェブサイトを調べてみたところ、

確かにこんなカラーでした。

もっと早くに知っていれば、

「ヤクルトファンにおすすめのフレーム!」

なんて感じで紹介していたのですが(笑)

 

そういえば、キッズメガネのトマトグラッシーズでも、

 

 

黒黄カラーが大阪では人気があるというのを聞いたことがあります。

(そこのお店だけなのかもしれませんが・・・・)

自分の好きなチームのカラーのメガネを掛けて観戦すれば、

観戦がより楽しくなること間違いなしです。

ぜひ、このメガネを掛けてヤクルトの応援に行って来て下さいね。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

お客様のメガネのご紹介 軽い室内用メガネ

2019.08.26

 

スタッフ長尾です。

軽いメガネを探して大津市外からお越しいただきました。

 

当店で一番軽いフレーム、といえばオーストリアのシルエット

NASAのミッションでも使用されたフチなしフレームが知られています。

 

ですが、

今回お作りいただいたのはこちらのぐるっとフチがあるタイプのフレームです。

SPX樹脂という軽~いプラスチックで出来ています。

 

軽いフチなしフレームが色々あるのに

なぜわざわざフチ有フレームにしたのか?

 

それはお客様の使用目的とレンズ度数が関係します。

 

お作りしたのは、

パソコン作業やミィーティング等、室内で便利に使える室内用メガネです。

 

レンズの中心が厚くなる凸レンズ私と同じ遠視系の方です。

 

この凸レンズは

使用するフレームに入れられるギリギリまで小さくする特殊加工をおこなうと

 

 

 

レンズの厚みを抑えることができるのですが、

この極限まで薄く出来ることがフチなしフレームには不利に働いたのです。

 

フチなしフレームはレンズに穴をあけ

ピンを差し込んだり、太めのネジを入れ固定します。

 

 

しっかり固定するためレンズの端(ネジ等を差し込む位置)には

一定以上の厚みが必要となります。

 

ですが、特殊加工で薄くなったレンズではしっかり固定できず

緩みやガタツキが起こりやすくなります。

また、薄すぎるレンズは穴をあけた部分に力がかかった時に

欠けたり割れたりすることもあります。

 

そのためレンズの厚みをわざわざ増やさなくてはなりません

その結果、重いメガネになってしまうのです。

 

なるべく軽いメガネをお探しなのに

軽いフチなしフレームを選ぶことでかえって重いメガネになる。

矛盾したことが起きてしまいます。

 

 

フチがぐるっとあってもシルエットのプラスチックフレームはとても軽いこと。

とてもぶりの玉型なので、よりレンズを薄く出来ること。

カラーも色々あって、似合う色でメガネを作れますとご説明し、

 

SPX樹脂製フチ有りフレームになったわけです。

 

テンプル(ウデ)も耳に合わせ調整致しました。

鼻と両耳と3点で支えると重さも感じにくくなります。

軽いお仕事用メガネ出来上がりました。

 

 

はじめての室内用メガネ。

会議など、少し離れたホワイトボードを見ながら、

手元の資料も読めちゃいます。

最初にちょっと違和感があるかもしれませんが

慣れるととても便利なメガネなんですよ。

良い相棒になると思います。

お買い上げありがとうございました。

 

書き遅れましたが(?!)

レンズ表面にはブルーライト(青色光)カットが施してあります。

反射光が青っぽいのがお判りいただけるかと思います。

 

 

軽くするにはフチなしが一番!と思われる方も多いのですが、

そうじゃないこともあります。

レンズやフレームに関する事なんでもご相談くださいね。

最適のメガネ作りをお手伝い致します。

人気のフレームも残りわずかとなりました。

2019.08.12

スタッフ今堀です。

 

明日13日(火)から15日(木)まで夏季休業とさせていただきます。

16日(金)から通常営業となりますので、よろしくお願い致します。

 

 

本日ご紹介するのは、

オーストリアの眼鏡ブランド、シルエットの人気モデルでもある、

こちらのフレームです。

 

TITAN ELEMENTS (チタンエレメンツ)

レンズ玉型:4234

サイズ:54□17-140

カラー:6052 Purple-yellow Rhythm

38,900円(税込)

 

当店でもかなり人気のモデルで、

たくさんのお客様にご愛用いただいております。

同じカラーを何度かリピート注文したこともあり、

合計すると結構な販売本数になるのではないかなと思います。

 

 

シルエットらしい細身のシンプルなデザインですが、

テンプル(ウデ)を折りたたんで収納できるので、大変人気がありました。

ネジを一切使用していないので、写真のようなパーツが付いています。

カラーリングもきれいで、女性のお客様にも好評でした。

3万円台という価格も魅力的でしたね。

(最近のシルエットのフレームは、ほとんどが4万円以上となっております。)

 

一時はシルエットの主力商品でもあったこちらのモデルですが、

残念ながら廃版モデルとなることが決定しております。

メーカーの方でも在庫は残り僅かとなってきているようです。

 

非常に人気のモデルだったということもあって、

当店でもそれなりの本数を揃えていたのですが、

残りがだいぶ少なくなってきました。

先ほどの黄色の6062カラーの他には、

 

カラー:6072 Violet-purple Amethyst

 

カラー:6070 Grey-white Stones

 

カラー:6058 Black-kiwi Party

 

カラー:6075 Red-black Passion

 

以上の4色となっております。

(レンズの玉型は自由に変えられます。)

今後、リピート生産される予定も今のところはなさそうなので、

チタンエレメンツが欲しいなと思っておられるお客様は、

ぜひ早めにご購入をご検討下さい。