トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

歩(AYUMI)

お客様のメガネご紹介掛け心地がいいフレーム 歩

2019.02.05

 

スタッフ長尾です。

先日お買い上げ頂いたメガネのご紹介です。

お選びいただいたのは(AYUMI)、L-1021です。

映画や演劇鑑賞用の遠くを見るためのレンズが入っています。

L(ライト)シリーズと呼ばれるとっても軽いモデルで

ちょっと小さめの48サイズです。

赤系の茶色がツヤツヤでとってもきれい。

最近当店でも人気上昇中のクラシックなレンズの形です。

左右のレンズをつなぐブリッジはキーホールと呼ばれる鍵穴の形の

これまたクラシックなデザインです。

 

お買い上げ頂いたのは女性の方。

メガネはここ最近使い始められたそうで(使い始めて3年ぐらい)

メガネは目立たない方がいいかなぁ。とおっしゃられたのですが・・・。

 

少し濃いめの色や

メガネのフチが太めの方がお顔立ちがハッキリするので、

色々掛け比べてみましょう(*^。^*)と、

とっかえひっかえ掛け比べていただきました。

 

メタル枠(金属製)やプラスチック製の枠。

 

色もブラックやブラウン、グリーン等々。

普段はまず掛けないだろうと思われるカラーもお試しいただきました。

 

色々試してもらう間に、

ちょっと太めのや濃いめのカラーがお顔全体を引き締める効果ある。

同じブラウンでも色味によってお顔映りに違いが出ることなどを実感していただき、

歩のフレームに決定しました。

 

お出かけのお供にピッタリなカジュアルな雰囲気に

何より掛け心地が良くとてもしっくりくるとのご感想でした。

勿論カラーも気に入っていただきました。

メガネは出来上がっております。お渡しする日が楽しみです。

 

************************************

メガネご購入の際は是非色々なフレームをお試しください。

私たちスタッフの提案フレームも「こんなの絶対無し!!」

と決めつけずに一度は掛けてみてくださいね。

意外な発見ができるかもしれませんよ(*^。^*)

お客様のメガネのご紹介。老眼鏡でもフレームは良いものを

2019.01.16

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネが出来上がりました。

近用専用メガネ、いわゆる老眼鏡です。

 

歩L-1010 カラー:0907

 

フレームはマコト眼鏡さんのセルロイドフレーム、歩(AYUMI)を使用。

カッコいいブラックのフレームです。

 

これまではすぐに失くしてしまうということで、

安物のメガネで済ませておられたそうですが、

今回はかなり良いフレームを選んでいただきました。

お買い上げいただきありがとうございました。

これならきっと失くさないと思います(笑)

 

そこそこの遠視と乱視がある方なので、

手元用の度数はなかなか強い度数になってしまい、

レンズの重量も結構重たくなってしまうのですが、

このフレームはレンズが入る前枠部分がとっても薄く作られています。

前枠が分厚いプラスチックフレームに重たいレンズを組み合わせると、

鼻にかかる重量がとんでもないことになってしまうのですが、

このフレームならそれをだいぶ軽減することができます。

ただ、こちらのフレーム、ただ薄く作られているだけではありません。

 

 

こちらはテンプル(ウデ)の写真なのですが、

写真の上側が前、つまりレンズが入っている方で、

写真の下側が後ろ、耳の方になります。

前の方は薄くて、後方では厚みが出ています。

レンズが入る前側を特に薄く仕上げて軽くし、

後ろ側はやや重たくなるように設計されています。

 

 

耳に掛かる先端部分にもそれなりの厚みがもたせてあります。

フレーム全体を薄く仕上げれば重量は当然軽くなるのですが、

フレームには度の入った(重量のある)レンズが入ることになるので、

重たいレンズが入ったメガネは重心が前側に偏ることになります。

フレームの後ろ側をあえて少し重く作っておくことで、

前側にかかる重さを軽減できるように考えられています。

手に取った時の軽さだけでなく、バランスも大事なのです。

 

老眼鏡はどうしても掛け外しが多くなるので、

レンズが傷つきやすく、フレームにかかる負担も大きいです。

最初からちょっと良いフレームを購入していただき、

(たんに値段が高ければ良いというわけではなく、

作りがしっかりしているという意味です。)

度が変わったらレンズだけを交換するということもできます。

それに何よりも、妥協せずに良いメガネを選べば、

「大切に使おう」という気持ちが生まれますよ。

 

 

 

 

「こっちのメガネの方が大きいのにどうして軽いの?」

2019.01.13

スタッフ今堀です。

 

先日、当店でメガネを作っていただいているK君(小学生)が

お母さんと一緒にDMハガキを持って抽選会に来てくれました。

ブログもご覧いただき、Wチャンスのクイズの解答も持って来てくれました。

(3問ともちゃんと正解でしたよ。)

 

せっかくなので、親子でベストグラスコンテストも参加していただきました。

(ベストグラスコンテストについてはこちらをご覧下さい。)

K君のお気に入りは、先日もご紹介した歩(AYUMI)046

昔ながらの眼鏡素材、セルロイドで作られている眼鏡フレームです。

 

 

実際に顔に掛けてくれて、とても気に入ってくれている様子でした。

今はキッズ用のフレームを使っていただいているので、

このフレームは今のK君にはちょっと大きすぎ・・・(当たり前ですね)

もう少し大きくなったらぜひ歩を掛けて欲しいと思います。

 

ところで、

ベストグラスコンテストにはもう一本、歩のフレームを出しています。

それがこちらです。

 

L-1030

 

こちらは昨年発売された新しいモデルです。

スタッフ長尾がK君に、

「こっちのフレームはとっても軽いんだよ」と紹介し、

手に取ったK君も、

「ほんとだ、すっごく軽い」と驚いていました。

その後、K君からこんな質問がありました。

 

「どうしてこっちの方が大きいのに軽いの???」

 

 

左のフレームがL-1030、右のフレームが046です。

K君の言う通り、L-1030の方がたしかに大きく見えますよね。

実際、L-1030はやや大きめサイズのフレームです。

なのにどうしてそんなに軽いのか?

 

 

K君も驚いた軽さの秘密。

その秘密はフレームの厚みにあります。

レンズが入るフロント(前枠)部分の厚みが全然違うのです。

変形したり割れないギリギリのところまで薄く仕上げられているので、

その分軽量化することができます。

当然、鼻にかかる重さも軽くなります。

 

 

テンプル(ウデ)の部分も、

一番力のかかる根元部分は厚みがありますが、

そこから先はとっても薄く仕上がっています。

 

 

テンプルの先端、耳にかかる部分を見比べても、

ボリュームが全然違います。

 

実はL-1030は、L(ライト)シリーズと呼ばれる

フレーム全体が薄くて軽いフレームなのです。

(品番の前にLが付くのがLシリーズです。)

堅くて変形しにくいセルロイド素材と、

薄く薄く削り込むことができる職人さんの技術。

その両方があって実現できた超軽量フレームなのです。

 

当店ではLシリーズのフレームをたくさん取り扱っていますので、

その軽さを実際に体感していただくことができます。

ぜひ、店頭で試着してみて下さい。

 

 

一方、K君が気に入ってくれた046。

こちらはR(レギュラー)シリーズのフレームになります。

(品番だけで表記されているのがレギュラーシリーズです。)

職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズで、

見る角度によって表情が変わる眼鏡フレームです。

 

どちらのフレームが良いかは使われる方によって変わると思います。

軽いフレームが好きな方やソフトな掛け心地が好きだという方は、

Lシリーズが断然おすすめです。

見た目がごっつい感じのボリューム感のあるプラスチックフレームや、

テンプルにホールド感があって、かっちりした掛け心地が好きな方には

Rシリーズが良いと思います。

当店ではちょっと珍しい歩レギュラーシリーズのフレームです

2019.01.12

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのは、

鯖江の眼鏡メーカー、マコト眼鏡のオリジナルブランド、

歩 (AYUMI)のフレームです。

 

たまたま年末年始は歩ユーザーのお客様の来店が続き、

いろんな方から「気に入っているんだわ」という声をお聞きました。

当店でも歩ファンのお客様がじわじわと増えてきているようです。

人気のブランドの一つとなってきており、大変うれしく思っています。

 

AYUMI 046

サイズ:53 □18

カラー:7098

 

歩のフレームにはいくつか種類があります。

当店では、フレームの薄さと軽さにこだわったL(ライト)シリーズ

メインで取り扱っておりますが、

この046はR(レギュラー)シリーズになります。

 

 

Lシリーズに比べるとだいぶ厚みがあり、少し重くはなりますが、

その分ボリュームがあってカッコいいです。

写真ではちょっと分かりにくいのですが、

左右のレンズをつなぐブリッジと呼ばれる部分の上側、

ここのカッティングがすごく凝っています。

手で触るとよく分かりますよ。

 

 

テンプル(ウデ)には光と影をモチーフにしたこんな加工が。

スワロフスキーなどで装飾するのではなく、

あくまでも職人の技で表現するあたりが、さすが歩です。

 

カラー:674 アユミパープル

 

ボリューム感のあるフレームなので、

ブラックだとちょっと重たくなるなという方には、

別色のパープルがオススメです。

職人さんの手で丁寧に磨き仕上げられているので、

ツヤツヤでとっても綺麗です。

 

 

最近流行のクラシックフレームによくある丸型とはちょっと違う、

カッコいい丸型のレンズシェイプ。

 

現在開催中のベストグラスコンテストのコーナーに並べておりますが、

「これカッコいいな」と手に取られる方も多いです。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

お客様のメガネのご紹介。大きい歩と小さい歩

2018.12.28

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

お選びいただいたフレームは歩 (AYUMI)

歩のコレクションの中でも、職人の手仕事による、究極の薄さを追求した

L(ライト)シリーズと呼ばれるとっても軽いモデルです。

 

L-1031

カラー:5198

 

お買い上げいただいたお客様は、昔、スタッフ長尾が猫を飼っていた時に

お世話になっていた獣医の先生です。

手術用のメガネなど、いろんなメガネを作っていただいております。

今回は中間距離が見やすいように室内用レンズでお作りしました。

 

 

先日メガネの調整にお越しいただいた時に、

店内で流していた歩のオリジナルムービーをご覧になられて

歩のフレームに興味をもっていただきました。

その時に教えていただいたのですが、実は鯖江のご出身だそうです。

ご親戚のお墓もそちらにあるとのことで、

年に何回かは鯖江に行かれているそうです。

鯖江の話や、歩を作っているマコト眼鏡さんの話をさせていただき、

「次作る時はこのフレームにするわ」と言って帰られたのですが、

その言葉通り、歩で新しいメガネをお作りいただきました。

 

レギュラーシリーズとLシリーズの両方を掛けていただき、

僕:「こちらはすごく軽いんでびっくりしますよ~」

お客様:「まあ、そうは言っても同じプラスチックやしそんなに変わらんやろ」

僕:「どうですか? (ニヤニヤ)」

お客様:「うゎ、ほんまや、めちゃくちゃ軽いな!!」

そんな期待通り(笑)のリアクションをしていただきました。

 

L-1027

カラー:6052

 

こちらは京都の山科からお越しいただいた別のお客様のメガネです。

今年の春に前のメガネと同じ度数でお作りしていたメガネだったのですが、

今回、度数を少し強くしてレンズだけ交換していただきました。

 

元気な赤ちゃんを出産されたばかりで、

(赤ちゃんがさわって壊すのが)こわくてあまり使えておられないそうですが、

丈夫で長くお使いいただけるフレームなので、

もう少しお子さんが大きくなられたら、

ぜひ毎日お使いいただけたらと思っております。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

本日ご紹介したフレームは、

2本とも今年発売されたばかりのNEWモデルです。

サイズが極端に違う2本ですが、

どちらも人気のモデルになりそうな予感がしております。

 

 

 

 

 

 

歩ユーザーの皆さまへ。本日発送いたしました

2018.12.03

スタッフ今堀です。

 

先日のブログでも少しご紹介しましたが、

当店で歩-AYUMIのフレームをお買い上げいただいたユーザー様向けに

今年発売されたNEWモデルをご紹介したパンフレットを作りしました。

 

 

本日発送しましたので間もなく到着すると思います。

ぜひご覧になってみて下さい。

パンフレットに載っているフレームの在庫もございますので、

気になるフレームがあれば試着していただくことも可能です。

歩のメンテナンスがてら気軽にお立ち寄り下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

当店で歩のフレームをお買い上げ頂いたお客様へ。

2018.11.23

スタッフ今堀です。

 

当店で取り扱っている眼鏡ブランドのフレームを

ホームページやブログでご紹介させていただいているのですが、

最近はそれを見て買いに来てくださる方も多くなってきました。

とても嬉しいことです。

 

せっかくそのブランドのフレームをご購入いただいたので、

さらにそのブランドについて深く知っていただいたり、

ブランドのファンになっていただけるような取り組みもしたいなと

以前から考えておりました。

 

その第一弾というと少し大げさですが、

現在こんなものを作っております。

 

 

今年発売された歩-AYUMIの新作フレームを紹介したパンフレットです。

こちらを当店で歩のフレームをお買い上げいただいたお客様に

送らせていただこうと思っております。

 

 

今年は春に小顔の方向けのとても小さいモデルが3型発売され、

この秋には真逆の大きなモデルが2型発売されました。

そのフレームをご紹介させていただいております。

 

 

フレームの紹介だけではなく、

歩フレームの鼻パッドのカスタマイズの話や、

製造元であるマコト眼鏡さんの紹介なども載せております。

 

まもなく入稿ができると思いますので、

配送の準備が出来次第送らせていただきます。

 

 

 

女性にもぜひ掛けてみていただきたいフレームです

2018.11.09

スタッフ今堀です。

 

先日大阪で行われた歩 (AYUMI)の展示会。

来年の春に発売になるNEWモデルを予約してきましたが、

それ以外にも既存のモデルの追加注文もしていました。

そのフレームが入荷してきたのでご紹介します。

 

L-1025

サイズ:52□15

カラー5122W アユミブルー

35,600円(税込)

 

 

歩のカラーの中でも特に人気があるブルーのセルロイド生地で、

当店でも気が付くとなくなっているカラーです。

最近では定番のブラックよりもこちらのブルーの方が人気です。

 

 

5122カラーに限り、

鼻パッド部分に白の生地を重ねた特別仕様となっております。

(その分お値段も少し高くなっております。)

 

カラー:6052 クリアマロン

32,900円(税込)

 

最近女性のお客様に人気急上昇中のカラーです。

別の品番ですが、当店のスタッフ長尾はこちらのカラーを使っております。

ブラウン系の色ですが、少し青みが入っております。

 

 

男性っぽいデザインに思われるかもしれませんが、

サイズも大きくなく、鼻幅が狭めのフレームなので、

女性の方におすすめのフレームです。

フレームのサイドに少し張り出しがあるので、

目幅の狭い女性が掛けてもサイドの隙間が気になりにくいです。

 

 

すっきりとしていて知的な印象も与えてくれるフレームです。

最近はクラシックなデザイン一辺倒になってしまっている

メガネフレームのデザインですが、

まん丸い形のメガネよりも、横長のメガネの方が断然似合う。

そんな方も大勢おられます。

ぜひ、興味のある方はお店で試着してみて下さい。

 

 

 

 

 

この状態から手で削られて仕上げられていきます

2018.11.01

スタッフ今堀です。

 

昨日、大阪で行われた眼鏡の展示会(新作発表会)に

スタッフ長尾と二人で行って来ました。

来週も大きな展示会が大阪であるのですが、

今回の展示会には当店で取り扱っている眼鏡ブランド、

歩-AYUMIが出展されていたので新作を見に行って来ました。

 

すっかり話に夢中になってしまって、

肝心のフレームの写真を撮り忘れてしまったのですが、

その時にこんな面白いものを見せてもらいました。

(これだけはちゃんと撮影して来ました。)

 

 

何だか分かりますか?

実は製造途中の歩のフレームです。

テンプル(ウデ)も付けられておらず、前枠だけの状態です。

表面の磨きもまだされていないほんとの初期の状態です。

 

 

鼻の部分にひげみたいなものがくっていていますが、

実はこれ、前枠と同色のセルロイドの生地が貼りつけてあります。

これが鼻パッドになるのですが、想像できますか?

この状態ではとても掛けられないですよね?

 

では、どうするのか???

 

 

こちらは歩を製造されているマコト眼鏡さんのホームページにある

製造工程の動画の写真です。

これを見ていただくと分かるように、

先ほどの鼻の部分にくっつけた大きなセルロイド生地を

職人さんが一本一本削って鼻パッドに仕上げていきます

 

 

製造元であるマコト眼鏡さんのホームページをご覧いただくと、

その様子を動画でご覧いただくことができます。

職人さんの手仕事によって仕上げられているのがよく分かる動画なので、

ぜひ、ご覧になってみて下さい。

(リンク先のページの下の方に動画があります。)

 

歩の製造工程のムービーはこちら

 

 

 

 

通常のプラスチックフレームのほとんどは、

鼻パッドを接着するので透明のものが付いておりますが、

 

 

歩の場合はフレームと同じ色の生地を使って鼻パッドが作られるので、

フレームと同じ色になっています。

鼻への当たりの良さも考えて丸みのある形状に仕上げられています。

 

 

出荷状態の鼻パッドでどうしても合わない場合には、

お客様の鼻の形状に合わせて再度作り直してもらうことも可能です。

当店のスタッフ長尾が使用している歩のフレームは

実際に鼻パッドの加工をしてもらっております。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

スタッフの商品レビュー

これならまつ毛が当たる心配もなし!やっぱり自分仕様は違います

 

店頭で歩のフレームをご覧いただく際には、

ぜひ鼻パッドにも注目してみて下さい。

 

 

セルロイド眼鏡「歩」、新作入荷しました②

2018.10.07

スタッフ今堀です。

 

秋らしい気持ちの良い天気ですね。

 

昨日に引き続き、本日も歩 (AYUMI)の新作をご紹介します。

 

L-1031

サイズ:55□16

カラー:0610 ブルーグレー

34,600(税込)

 

先日ご紹介したL-1030同様、

このL-1031もL(ライト)シリーズの新作です。

 

カラー5198 トートイス

 

L-1030に比べるとレンズの横サイズが若干大きめで、四角い形。

Lシリーズは、男性でも女性でも掛けられる52サイズ位のフレームが

わりと多いのですが、

それだとちょっと小さいという方、

特に男性におすすめのフレームです。

 

 

職人が一本一本ヤスリがけをして作り上げられる歩の鼻パッド。

ノーマルの鼻パッドだと睫毛が当たってしまったり、

メガネが下がってしまうという方には、

鼻の形状に合わせた鼻パッドに付け替えることも可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

職人の手仕事による究極の薄さを追求したLシリーズ。

大きめのサイズながら、

フレーム全体をギリギリまで薄く仕上げることによって、

重さを感じさせないメガネフレームに仕上げられています。

余計な脂肪をそぎ落とし、必要な筋肉だけを残したアスリートのような、

そんなストイックなフレームです。

 

歩のLシリーズのフレームは、

写真だけ見ていてもなかなか良さが伝わりにくいフレームです。

実際に手に取ってもらったり、顔に掛けてみていただくことで、

その良さを分かってもらえるのではないかなと思います。

お店に来ていただければ試着も出来ますので、

「どんなフレームなのか見てみたいな」という方や、

「一度掛けてみたいな」という方は、

ぜひ、気軽にお越し下さい。