トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

歩(AYUMI)

歩フレームをお使いのお客様へ。 イベントの案内を送らせてもらいました

2019.09.11

スタッフ今堀です。

 

熟練の職人の手によって一本一本削られ、

完璧なまでに磨き上げられて作られる眼鏡フレーム。

『歩』 AYUMI

 

眼鏡のまちとして知られる福井県鯖江市の眼鏡製造メーカー、

マコト眼鏡さんのオリジナルブランドです。

2000年にブランドが誕生した『歩』ですが、

来年は20周年を迎えます。

 

20周年を記念した特別企画を開催されるそうで、

先日、イベントのパンフレットが届きました。

 

 

小人数制のワークショップで、

当日は社長さんや『歩』のデザイナーさんも参加し、

ユーザーと一緒に20周年記念モデルの企画をする、

そんな面白いイベントになっています。

『歩』のユーザーさんなら無料で参加できるそうです。

 

当店で『歩』をご購入いただいたお客様にも、

こちらのパンフレットを同封した案内状を送らせていただきました。

11月は京都で開催されるそうなので、

お時間のある方はぜひ参加してみて下さい。

 

 

まだ『歩』を持っていないという方でも、

今からのご購入でも間に合います。

(ただし、先着10名となっているのでお急ぎ下さい)

増税前にちょっと奮発してみて、

この機会に『歩』ユーザーになってみませんか?

 

 

歩 (AYUMI)の新作が入荷しました②

2019.05.04

スタッフ今堀です。

 

セルロイド眼鏡、歩 (AYUMI)のNEWモデル。

先日はレギュラーシリーズの新作をご紹介しましたが、

本日ご紹介するのはL(ライトシリーズ)の新作になります。

 

AYUMI L(ライトシリーズ)とは、

職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ。

プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いるので、

形状変化に強く品質を保ちながら薄くできるのが特長。

重たさを感じさせない眼鏡。

 

L-1032

サイズ:52□16-140 (レンズ横サイズ、鼻幅、腕の長さ)

カラー:5122 (アユミブルー)

37,800円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 43,200円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 52,800円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

Lシリーズの魅力は何と言ってフレームの軽さです。

フレームを上から見るとよく分かるのですが、

レンズが入るフロント(前枠)部分がすご~く薄く作られています。

極限まで薄くして軽量化してあるので、

手に取ってもその軽さがよく分かります。

 

このL-1032というモデルは、

歩の製造元であるマコト眼鏡さんの説明によると、

同じLシリーズの定番モデルであるL-1017のすっきりした形と、

L-1021の可愛らしい形とのちょうど中間というような柔らかなラインをもち、

良い意味で「曖昧」というような優しい雰囲気を大切にしたとのこと。

 

 

ちなみに、左側がL-1021で、右側がL-1017です。

L-1017は男性のお客様に、

L-1021は女性のお客様に大変人気があるモデルです。

 

別色の0674(アユミパープル)

 

細身ですっきりしたフレームが多いので、

シンプルなデザインが好きな方にも歩のLシリーズは人気があります。

 

 

 

ありそうで意外にないレンズ玉型です。

新たな定番モデルになりそうな予感がしています。

レンズの縦幅もけっこうしっかりとあるので、

遠近両用や室内用レンズ、デスクワークレンズなど、

どんなレンズを入れても使いやすいと思います。

 

当店では歩のLシリーズはとても人気があり、在庫も充実しています。

売場には出ていないフレームもたくさんありますので、

試着をご希望のお客様は気軽にスタッフに声をおかけ下さい。

 

明日5日(日)は休業となります。

6日(月)も営業はしておりますが、

スタッフ2名が不在で、社長一人での営業となります。

 

 

 

歩 (AYUMI)の新作が入荷しました①

2019.05.03

スタッフ今堀です。

 

本日も新作フレームのご紹介です。

セルロイド眼鏡、歩 (AYUMI)のNEWモデルです。

 

model 048

サイズ:53□17-145 (レンズ横サイズ、鼻幅、腕の長さ)

カラー:7097 ブラック/ブラウン

38,900円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 44,300円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 53,900円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

カラー:5122 (歩ブルー)

 

歩のフレームにはいくつか種類があり、

こちらの048は、レギュラーシリーズというカテゴリーになります。

 

AYUMIレギュラーシリーズとは、

職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。

重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、

見た目よりも軽いのが特長。表情が変わる眼鏡

 

見た目はかなり重そうなフレームに見えるのですが、

実際に掛けてみるとそれほど重さを感じず、掛け心地も良いです。

 

 

テンプル(ウデ)には流れるような大胆なカッティングが施されています。

こちらはぜひ実物をご覧になっていただきたいと思います。

正直、かなりカッコいいです。

 

 

 

カチッとしたカッコいい玉型で、全体的にボリューム感のあるフレームです。

カラー7097は、ブラックとブラウンのツートンカラー。

黒一色だとかなり重たい印象になってしまうかと思いますが、

フロントの下半分が明るいブラウンになっているので安心です。

個人的にはオススメのカラーです。

ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

明日はのLシリーズの新作をご紹介したいと思います。

 

 

 

歩 (AYUMI)の新作を見に行って来ました

2019.04.19

スタッフ今堀です。

 

先週、眼鏡の展示会(新作発表会)のために東京に行って来ましたが、

昨日は大阪で開催された展示会にスタッフ長尾と行って来ました。

 

こちらが会場です。

 

東京に比べると規模が少し小さくなりますが、

国内外のいろんな眼鏡ブランドが集まって新作フレームを発表していました。

 

今回の展示会の目的は、スタッフ長尾も愛用している眼鏡ブランド、

 

歩 (AYUMI)です!

 

先週僕が行った東京の展示会にも出展されていたのですが、

大阪の方がゆっくりいろんなお話が出来るので、

最近では大阪の展示会の方に行かせてもらっています。

今回も新作を見せていただきながら、

社長ご夫妻とスタッフ長尾と4人で色々おしゃべりしてきました。

 

 

今回の新作は、歩Lシリーズの人気モデルの大き目サイズ。

こちらが完成し、入荷してくるのは秋になります。

その代わりと言っては何ですが、

昨年の秋に発表された新しいモデルが間もなく完成するとのこと。

入荷したらまたご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。セミオーダーの鼻パッドで掛け具合もばっちりです

2019.03.29

スタッフ今堀です。

 

本日もお客様のメガネをご紹介します。

 

歩 (AYUMI) L1031

 

フレームはセルロイドフレーム、 です。

以前から歩のフレームが気になっておられたようで、

「次に買う時はこれにする!」と仰っておられたのですが、

見事に有言実行されました。

 

レンズは遠近両用レンズを入れさせてもらっています。

今まではずっと単焦点レンズをお使いでしたが、

老眼の症状がだいぶ進行し、目の疲れを感じやすくなられたようで、

今回から遠近両用レンズを使われることになりました。

これでもう無理をしなくても大丈夫そうです。

 

老眼の度数自体はまだそこまで強いわけではなく、

数年後には手元を見る度数が変化することは明らかなので、

最初から値段の高い遠近両用レンズを使うのではなく、

今回は遠近両用レンズに慣れることを優先し、

数年後にレンズを交換していただくようご提案しました。

 

 

遠近両用レンズを作る際には、

目の位置をしっかりと合わせて作る必要があります。

遠近両用レンズはレンズの見る場所によって度数が違うため、

視線がうまく通っていないと見え方が悪くなってしまうからです。

 

フレームを掛けてもらい、目の位置をチェックしてみたところ、

メガネが全体的にかなり下に下がってしまっていて、

フレームのかなり上側に目の位置が来ていました。

メガネをもう少し上に上げる必要がありました。

また、メガネが顔に近づいて頬が当たりそうになっていました。

 

そこで・・・

せっかく気に入っていただいたフレームをお買い上げいただくので、

お客様の鼻に合わせた鼻パッドのセミオーダーをご提案しました。

 

実は、歩のフレームは、

お客様の鼻の形状に合わせた鼻パッドに付け替えることができます。

加工のための日数と別途料金が必要にはなるのですが、

自分の鼻にピッタリの鼻パッドに変えられるのです。

(当店のスタッフ長尾も自分仕様のものに変えてもらいました。)

詳しいことは以前のブログで紹介しておりますので、

興味のある方はこちらをご覧下さい。

 

 

お客様からセミオーダーの了承が得られたので、

どれくらいサイズを変更すれば良いかをチェックしました。

鼻パッドのところにシールのようなものが貼り付けてありますが、

これには色んな厚みやサイズがありまして、

どのくらい厚みを増やしたらちょうど良い位置になるかを、

このシールを貼り替えながら調べます。

今回は鼻パッドを内側に少し狭くし、高さを出してもらうことにしました。

 

 

完成したのがこちらの鼻パッドです。

 

 

 

フレームの下側が頬にくっつかないように高さも高くなっています。

 

こちらは展示会の時に見せていただいたサンプルです。

 

元々付いていた鼻パッドは取り外され、

フレーム本体と同色のセルロイドの生地を新たに貼り直し、

こちらが指定した通りのサイズになるように、

熟練の職人さんがヤスリで削って作ってくれています。

 

通常の作業工程とは別の特別な作業をやっていただくので、

日数はどうしてもかかってしまうのですが、

自分の鼻に合わせた鼻パッドを作ってもらえるので、

掛け心地は格段に良くなります。

そして何よりも、

自分だけのメガネを作ってもらっているような気分が味わえます。

 

先日も、「もう出来てる?」と聞きに来てくださって、

出来上がりをかなり楽しみにして下さっているご様子だったので、

お渡しできるのが本当に楽しみです。

 

お時間がだいぶかかってしまいましたが、やっと完成しました。

お買い上げいただきどうもありがとうございました。

お客様のメガネご紹介掛け心地がいいフレーム 歩

2019.02.05

 

スタッフ長尾です。

先日お買い上げ頂いたメガネのご紹介です。

お選びいただいたのは(AYUMI)、L-1021です。

映画や演劇鑑賞用の遠くを見るためのレンズが入っています。

L(ライト)シリーズと呼ばれるとっても軽いモデルで

ちょっと小さめの48サイズです。

赤系の茶色がツヤツヤでとってもきれい。

最近当店でも人気上昇中のクラシックなレンズの形です。

左右のレンズをつなぐブリッジはキーホールと呼ばれる鍵穴の形の

これまたクラシックなデザインです。

 

お買い上げ頂いたのは女性の方。

メガネはここ最近使い始められたそうで(使い始めて3年ぐらい)

メガネは目立たない方がいいかなぁ。とおっしゃられたのですが・・・。

 

少し濃いめの色や

メガネのフチが太めの方がお顔立ちがハッキリするので、

色々掛け比べてみましょう(*^。^*)と、

とっかえひっかえ掛け比べていただきました。

 

メタル枠(金属製)やプラスチック製の枠。

 

色もブラックやブラウン、グリーン等々。

普段はまず掛けないだろうと思われるカラーもお試しいただきました。

 

色々試してもらう間に、

ちょっと太めのや濃いめのカラーがお顔全体を引き締める効果ある。

同じブラウンでも色味によってお顔映りに違いが出ることなどを実感していただき、

歩のフレームに決定しました。

 

お出かけのお供にピッタリなカジュアルな雰囲気に

何より掛け心地が良くとてもしっくりくるとのご感想でした。

勿論カラーも気に入っていただきました。

メガネは出来上がっております。お渡しする日が楽しみです。

 

************************************

メガネご購入の際は是非色々なフレームをお試しください。

私たちスタッフの提案フレームも「こんなの絶対無し!!」

と決めつけずに一度は掛けてみてくださいね。

意外な発見ができるかもしれませんよ(*^。^*)

お客様のメガネのご紹介。老眼鏡でもフレームは良いものを

2019.01.16

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネが出来上がりました。

近用専用メガネ、いわゆる老眼鏡です。

 

歩L-1010 カラー:0907

 

フレームはマコト眼鏡さんのセルロイドフレーム、歩(AYUMI)を使用。

カッコいいブラックのフレームです。

 

これまではすぐに失くしてしまうということで、

安物のメガネで済ませておられたそうですが、

今回はかなり良いフレームを選んでいただきました。

お買い上げいただきありがとうございました。

これならきっと失くさないと思います(笑)

 

そこそこの遠視と乱視がある方なので、

手元用の度数はなかなか強い度数になってしまい、

レンズの重量も結構重たくなってしまうのですが、

このフレームはレンズが入る前枠部分がとっても薄く作られています。

前枠が分厚いプラスチックフレームに重たいレンズを組み合わせると、

鼻にかかる重量がとんでもないことになってしまうのですが、

このフレームならそれをだいぶ軽減することができます。

ただ、こちらのフレーム、ただ薄く作られているだけではありません。

 

 

こちらはテンプル(ウデ)の写真なのですが、

写真の上側が前、つまりレンズが入っている方で、

写真の下側が後ろ、耳の方になります。

前の方は薄くて、後方では厚みが出ています。

レンズが入る前側を特に薄く仕上げて軽くし、

後ろ側はやや重たくなるように設計されています。

 

 

耳に掛かる先端部分にもそれなりの厚みがもたせてあります。

フレーム全体を薄く仕上げれば重量は当然軽くなるのですが、

フレームには度の入った(重量のある)レンズが入ることになるので、

重たいレンズが入ったメガネは重心が前側に偏ることになります。

フレームの後ろ側をあえて少し重く作っておくことで、

前側にかかる重さを軽減できるように考えられています。

手に取った時の軽さだけでなく、バランスも大事なのです。

 

老眼鏡はどうしても掛け外しが多くなるので、

レンズが傷つきやすく、フレームにかかる負担も大きいです。

最初からちょっと良いフレームを購入していただき、

(たんに値段が高ければ良いというわけではなく、

作りがしっかりしているという意味です。)

度が変わったらレンズだけを交換するということもできます。

それに何よりも、妥協せずに良いメガネを選べば、

「大切に使おう」という気持ちが生まれますよ。

 

 

 

 

「こっちのメガネの方が大きいのにどうして軽いの?」

2019.01.13

スタッフ今堀です。

 

先日、当店でメガネを作っていただいているK君(小学生)が

お母さんと一緒にDMハガキを持って抽選会に来てくれました。

ブログもご覧いただき、Wチャンスのクイズの解答も持って来てくれました。

(3問ともちゃんと正解でしたよ。)

 

せっかくなので、親子でベストグラスコンテストも参加していただきました。

(ベストグラスコンテストについてはこちらをご覧下さい。)

K君のお気に入りは、先日もご紹介した歩(AYUMI)046

昔ながらの眼鏡素材、セルロイドで作られている眼鏡フレームです。

 

 

実際に顔に掛けてくれて、とても気に入ってくれている様子でした。

今はキッズ用のフレームを使っていただいているので、

このフレームは今のK君にはちょっと大きすぎ・・・(当たり前ですね)

もう少し大きくなったらぜひ歩を掛けて欲しいと思います。

 

ところで、

ベストグラスコンテストにはもう一本、歩のフレームを出しています。

それがこちらです。

 

L-1030

 

こちらは昨年発売された新しいモデルです。

スタッフ長尾がK君に、

「こっちのフレームはとっても軽いんだよ」と紹介し、

手に取ったK君も、

「ほんとだ、すっごく軽い」と驚いていました。

その後、K君からこんな質問がありました。

 

「どうしてこっちの方が大きいのに軽いの???」

 

 

左のフレームがL-1030、右のフレームが046です。

K君の言う通り、L-1030の方がたしかに大きく見えますよね。

実際、L-1030はやや大きめサイズのフレームです。

なのにどうしてそんなに軽いのか?

 

 

K君も驚いた軽さの秘密。

その秘密はフレームの厚みにあります。

レンズが入るフロント(前枠)部分の厚みが全然違うのです。

変形したり割れないギリギリのところまで薄く仕上げられているので、

その分軽量化することができます。

当然、鼻にかかる重さも軽くなります。

 

 

テンプル(ウデ)の部分も、

一番力のかかる根元部分は厚みがありますが、

そこから先はとっても薄く仕上がっています。

 

 

テンプルの先端、耳にかかる部分を見比べても、

ボリュームが全然違います。

 

実はL-1030は、L(ライト)シリーズと呼ばれる

フレーム全体が薄くて軽いフレームなのです。

(品番の前にLが付くのがLシリーズです。)

堅くて変形しにくいセルロイド素材と、

薄く薄く削り込むことができる職人さんの技術。

その両方があって実現できた超軽量フレームなのです。

 

当店ではLシリーズのフレームをたくさん取り扱っていますので、

その軽さを実際に体感していただくことができます。

ぜひ、店頭で試着してみて下さい。

 

 

一方、K君が気に入ってくれた046。

こちらはR(レギュラー)シリーズのフレームになります。

(品番だけで表記されているのがレギュラーシリーズです。)

職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズで、

見る角度によって表情が変わる眼鏡フレームです。

 

どちらのフレームが良いかは使われる方によって変わると思います。

軽いフレームが好きな方やソフトな掛け心地が好きだという方は、

Lシリーズが断然おすすめです。

見た目がごっつい感じのボリューム感のあるプラスチックフレームや、

テンプルにホールド感があって、かっちりした掛け心地が好きな方には

Rシリーズが良いと思います。

当店ではちょっと珍しい歩レギュラーシリーズのフレームです

2019.01.12

スタッフ今堀です。

 

本日ご紹介するのは、

鯖江の眼鏡メーカー、マコト眼鏡のオリジナルブランド、

歩 (AYUMI)のフレームです。

 

たまたま年末年始は歩ユーザーのお客様の来店が続き、

いろんな方から「気に入っているんだわ」という声をお聞きました。

当店でも歩ファンのお客様がじわじわと増えてきているようです。

人気のブランドの一つとなってきており、大変うれしく思っています。

 

AYUMI 046

サイズ:53 □18

カラー:7098

 

歩のフレームにはいくつか種類があります。

当店では、フレームの薄さと軽さにこだわったL(ライト)シリーズ

メインで取り扱っておりますが、

この046はR(レギュラー)シリーズになります。

 

 

Lシリーズに比べるとだいぶ厚みがあり、少し重くはなりますが、

その分ボリュームがあってカッコいいです。

写真ではちょっと分かりにくいのですが、

左右のレンズをつなぐブリッジと呼ばれる部分の上側、

ここのカッティングがすごく凝っています。

手で触るとよく分かりますよ。

 

 

テンプル(ウデ)には光と影をモチーフにしたこんな加工が。

スワロフスキーなどで装飾するのではなく、

あくまでも職人の技で表現するあたりが、さすが歩です。

 

カラー:674 アユミパープル

 

ボリューム感のあるフレームなので、

ブラックだとちょっと重たくなるなという方には、

別色のパープルがオススメです。

職人さんの手で丁寧に磨き仕上げられているので、

ツヤツヤでとっても綺麗です。

 

 

最近流行のクラシックフレームによくある丸型とはちょっと違う、

カッコいい丸型のレンズシェイプ。

 

現在開催中のベストグラスコンテストのコーナーに並べておりますが、

「これカッコいいな」と手に取られる方も多いです。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

お客様のメガネのご紹介。大きい歩と小さい歩

2018.12.28

スタッフ今堀です。

 

先日お買い上げいただいたお客様のメガネのご紹介です。

お選びいただいたフレームは歩 (AYUMI)

歩のコレクションの中でも、職人の手仕事による、究極の薄さを追求した

L(ライト)シリーズと呼ばれるとっても軽いモデルです。

 

L-1031

カラー:5198

 

お買い上げいただいたお客様は、昔、スタッフ長尾が猫を飼っていた時に

お世話になっていた獣医の先生です。

手術用のメガネなど、いろんなメガネを作っていただいております。

今回は中間距離が見やすいように室内用レンズでお作りしました。

 

 

先日メガネの調整にお越しいただいた時に、

店内で流していた歩のオリジナルムービーをご覧になられて

歩のフレームに興味をもっていただきました。

その時に教えていただいたのですが、実は鯖江のご出身だそうです。

ご親戚のお墓もそちらにあるとのことで、

年に何回かは鯖江に行かれているそうです。

鯖江の話や、歩を作っているマコト眼鏡さんの話をさせていただき、

「次作る時はこのフレームにするわ」と言って帰られたのですが、

その言葉通り、歩で新しいメガネをお作りいただきました。

 

レギュラーシリーズとLシリーズの両方を掛けていただき、

僕:「こちらはすごく軽いんでびっくりしますよ~」

お客様:「まあ、そうは言っても同じプラスチックやしそんなに変わらんやろ」

僕:「どうですか? (ニヤニヤ)」

お客様:「うゎ、ほんまや、めちゃくちゃ軽いな!!」

そんな期待通り(笑)のリアクションをしていただきました。

 

L-1027

カラー:6052

 

こちらは京都の山科からお越しいただいた別のお客様のメガネです。

今年の春に前のメガネと同じ度数でお作りしていたメガネだったのですが、

今回、度数を少し強くしてレンズだけ交換していただきました。

 

元気な赤ちゃんを出産されたばかりで、

(赤ちゃんがさわって壊すのが)こわくてあまり使えておられないそうですが、

丈夫で長くお使いいただけるフレームなので、

もう少しお子さんが大きくなられたら、

ぜひ毎日お使いいただけたらと思っております。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

本日ご紹介したフレームは、

2本とも今年発売されたばかりのNEWモデルです。

サイズが極端に違う2本ですが、

どちらも人気のモデルになりそうな予感がしております。