トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

歩(AYUMI)

お客様のメガネのご紹介。男性に大人気の"大きい歩”

2020.09.12

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネのご紹介です。

 

 

フレームは、セルロイド眼鏡、(AYUMI)のL1033

 

以前、ご家族のメガネの調整に一緒について来られた際、歩のフレームを気に入っていただき、「次はこれでメガネを作ろう」と仰っておられました。

 

先日、新しいメガネを作りに来ていただき、こちらのフレームをお選びいただきました。

 

 

レンズは東海光学のアイリーフシリーズのプラチナグレードをお選びいただきました。

運転をされるので、遠くが一番見やすいデイリー(遠近両用)タイプをお選びいただいております。

 

 

現在お使いのメガネは、数年前に当店でお作りいただいたシルエットのフチなしフレームなのですが、このフレームが、めちゃくちゃ軽いです!

シルエットのユーザー様の中には、「一度シルエットの軽さを知ってしまうと他のメガネを掛ける気になれない」とまで仰られる方もおられるほどです。

 

 

今回お選びいただいた歩のフレームは、歩のコレクションの中でもかなり大きなフレームになります。

 

このような大きいプラスチックフレームを掛ける時に気になるのが、そう、重量です。

 

「見た目がカッコいいと思ってごっついプラスチックフレームを購入したけど、すぐにメガネが下がってくるし、長い時間掛けていると鼻が痛くなって掛けていられない・・・」

 

そんな辛い経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

しかも今回は、フチがない超軽量のフレームからの掛け替えです。

ちょっと心配ですよね。

 

 

普通のプラスチックフレームの場合は、確かにちょっとおすすめしにくいところなのですが、こちらのフレームの場合は心配ありませんでした。

 

というのも、今回お選びいただいたのはL(ライト)シリーズといって、歩のコレクションの中でもすごく軽いフレームだからです。

 

 

 

ちょっと不思議な感じがしますが、大きいフレームなのに軽いのです。

 

軽さの秘密はこのフレームの薄さにあります。

 

通常のプラスチックフレームの場合、あまり薄くすると変形したり割れてしまう心配があるのですが、歩のフレームの場合は、堅くて変形しにくいセルロイド素材を使用しているので、ギリギリまで薄く仕上げることができます。

 

 

さすがにシルエットのフレームの軽さに比べると少し重くはなってしまいますが、それでも十分に軽くて掛けやすいフレームなので、安心しておすすめすることができました。

 

実は、以前にも長年シルエットのフチなしフレームをお使いいただいているお客様に、歩のLシリーズでメガネを作っていただいたことがあり、「シルエットに比べたらそりゃ少し重いけど、でも、全然気になるほどではないよ」と言っていただいたことがあります。

 

 

べっ甲柄のきれいなセルロイド生地も良い感じです。

フチなしフレームからフチがあるプラスチックフレームに変わり、メガネを掛けた時のお顔の印象もだいぶ変わります。

メガネの楽しみの一つですね。

 

お買い上げいただきありがとうございました!

 

 

 

今回お買い上げいただいたL1033というモデルの他にも、L1030、L1031というLシリーズの中ではちょっと大きめのモデルが発売されており、少し大き目サイズのプラスチックフレームを希望される男性のお客様に大変人気があります。

 

大きな見た目に反し、驚くほど軽くて掛けやすいメガネフレームです。

興味のある方は、ぜひ、店頭でお試しになってみて下さい。

 

 

 

 

 

お客様のメガネのご紹介。鼻の形状に合わせて鼻パッドをカスタマイズ

2020.09.02

スタッフ今堀です。

 

お客様にお作りいただいたメガネのご紹介です。

 

昨年、メガネをお作りいただいたばかりのお客様なのですが、初めて使ってみた遠近両用レンズの使い勝手が予想以上に良かったということで、予備のメガネとしてもう一本メガネをお作りいただきました。

 

 

フレームは、前回お作りいただいたのと同じで、歩(AYUMI)のL1030。

レンズ同様、フレームの方も大変気に入っていただいたようで、今回も歩のメガネフレームをご希望でした。

 

歩のフレームを色々試していただきましたが、やはりこちらが良いということで、同じモデルになりました。

フレームの生地(カラー)だけが前回と別のものに変わっています。

 

 

前回メガネを作らせていただいた時は、出荷時のフレームをそのまま掛けるとメガネが下がってしまい、レンズと目の距離も近付き過ぎていたので、お客様の鼻の形状に合わせた鼻パッドに交換させていただきました。

 

左右の鼻パッドの間隔を狭くしてもらって、レンズが目から離れるように鼻パッドの高さを少し高くしてもらいました。

 

普通のメガネではまずできないことなのですが、歩のメガネのフレームの場合は、このような鼻パッドのカスタマイズが可能です。

 

当店のスタッフ長尾も歩のメガネフレームを持っておりますが、まつ毛がレンズに当たってしまうということで、鼻パッドのカスタマイズをしております。

その時の様子を過去のブログで紹介しておりますので、興味のある方はぜひこちらの記事もご覧下さい。

 

これならまつ毛が当たる心配もなし!やっぱり自分仕様は違います

 

 

歩の鼻パッドのカスタマイズをさせていただく場合は、お客様にフレームを掛けていただき、鼻パッドをどれくらいの幅や高さにすれば良いかを当店で確認させていただきます。

 

そのデータとフレームを製造元であるマコト眼鏡さんに送り、お客様の鼻の形状に合った鼻パッドを作ってもらっています。

 

 

こちらが出来上がったお客様専用の新しい鼻パッドになります。

最初に付いていたものよりも左右のパッドの幅が少し狭くなり、パッドの高さも高くなっています。

 

 

歩のフレームの鼻パッドは、フレーム本体と同じセルロイドの生地を貼り付け、それを職人さんが手で削って作られています。

 

今回のように鼻パッドのカスタマイズをお願いする場合は、元々付いていた鼻パッドを一度取り外したうえで、新たにセルロイド生地を貼り付けてもう一度作り直してもらうことになります。

 

 

一から作り直してもらうことになるので、どうしても時間はかかってしまうのですが、その分、出来上がってきたときの喜びは格別です。

 

まだメガネを取りに来ていただいていないのですが、お渡しするのが今から楽しみです。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

 

お客様のメガネの紹介 大人メガネとキレイを叶えるカラーレンズ

2020.08.04

 

 

スタッフ長尾です。

大人メガネデビューをされたお客様のメガネの紹介です。

フレーム:歩1018 サイズ52

レンズ :ベルーナイージーワン(遠近両用レンズ)

 

歩1018は前枠とテンプル(ウデ)のカラーが違っていてとてもお洒落な配色です。

とても人気のカラーで、掛け心地も見た目も軽やかです。

 

ベルーナイージーワンは足元などのゆれ・歪みを抑えて、

初めて遠近両用レンズを使われる方でも違和感が少なく慣れやすいレンズです。

 

特に遠くを見る度数と近くをみる度数の差が少ない老眼初期の方であれば

問題なく使っていただけると思います。

(*メガネそのものが初めての方は違和感があるかもしれません)

 

お客様は当初は遠近両用レンズは全く考えていらっしゃいませんでした。

ですが、お話をしている中で「近頃書類が見にくい」と仰ったので

遠近両用のテストレンズを試していただいたところ・・・。

歩き回っても何の違和感もないし、近くは見えやすい。

ということで急遽遠近両用レンズでメガネをお作りすることになりました。

 

自分では気づきにくいですが、

近くを見る時はピント合わせをするために目はとても頑張っています。

40代に差し掛かったら近くの見え方もチェックしてみてください。

 

 

 

今回の遠近両用レンズにはブラウンカラーがうす~く入っています。濃度は8%です。

 

美白・透明感をきわだたせたカラー、肌美人BEAUTE(ボーテ)といいます。

お客様のカラーはノーブルブラウンです。。

 

*      

 

他に二色、クリアモーヴ、シアグレーがあります。

 

 

紫外線カットの他にチラツキの原因となる青色光もカットするのですが、

一般的な青色光カットよりもレンズの反射光が青くならないので女性に好評です。

 

 

とても濃度の薄いカラーですがモニター画面や、タブレット画面が見やすくなります。

カラーレンズをお考えの方はこのレンズカラーも候補の一つに加えくださいね。

(スタッフ長尾も現在使っていますので見え方などお気軽にお尋ねください)

 

お買い上げいただきありがとうございました。

使い心地など(まわりの方からの評判など)ご感想をお聞かせいただけると嬉しいです。

お客様のメガネの紹介。運転用のサングラスをお作りいただきました。

2020.06.12

スタッフ今堀です。

 

先日ご注文いただいたお客様のメガネが完成しました。

 

今年の春にメガネをお作りいただいたばかりだったのですが、今度は車を運転する時に使うサングラスが欲しいということでご来店下さいました。

 

 

フレームはプラスチックフレームを希望されており、いくつかお試しいただき、こちらのフレームに決定しました。

セルロイドフレーム(AYUMI)の048というモデルです。

 

 

こちらのフレーム、テンプル(ウデ)をよく見ると、大胆なカッティングが施されております。

 

プラスチックフレームをいくつかご覧いただき、最終的にこちらのフレームを気に入っていただいたのですが、その理由の一つに、「このウデのデザインがカッコいい」ということがありました。

 

 

カラーは、歩の定番カラーの一つ、5122カラー。

こちらのカラーは、歩のフレームにだけ使用されているセルロイド生地で、アユミブルーとも呼ばれています。

 

ブルーというよりは紺色に近い色味で、生地に厚みがあるので離れて見ると黒のように見えます。

普通に並べていると黒だと勘違いされる方も結構おられます。

 

 

ただ、光を当てると青いのがよく分かり、ブラックに比べると涼し気ですっきりした印象を与えてくれます。

 

今回のお客様は、最初は黒縁を希望されおられたのですが、あえてこちらのカラーをおすすめしました。

 

ブラックもカッコいいのですが、他のブランドでもよく使われているカラーですし、今回のように厚みのあるフレームの場合、お顔によってはメガネが強調され過ぎてしまう場合もあります。

 

 

普段お使いのメガネと掛け替えをし、日中、車の運転をする時にだけ使うということだったので、偏光レンズRARTS(アーツ)をおすすめしました。

 

 

フィッシングで使われることが多い偏光レンズですが、車の運転の時にもおすすめです。

(ただし、夜間に運転される場合は使用不可となります。)

 

 

RARTS(アーツ)には全部で12色のカラーが用意されていますが、お客様にもいろんなカラーで見え方を確認していただき、最終的にスティングレーというグレー系のカラーになりました。

 

市販のサングラスと違い、度付きのサングラスを作る場合はどうしてもお値段が高くなってしまいますが、自分の好きなフレームをお選びいただき、目的に合わせてレンズのカラーや濃さを組み合わせることができるというメリットもあります。

 

しばらくはすっきりしない天気が続きそうですが、梅雨が明けたらきっと大活躍してくれると思います。

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

今回ご購入いただいた偏光レンズをはじめ、紫外線や光に反応してレンズが濃くなる調光レンズ、薄めのカラーで眩しさを抑える機能カラーレンズなど、様々なカラーレンズを取り扱っております。

 

お客様の目的に合わせて使いやすいカラーレンズをご提案させていただきますので、眩しさ対策用にメガネをお考えの方は気軽にご相談下さい。

 

歩-AYUMIの新作が入荷しました

2020.05.18

スタッフ今堀です。

 

昨年の秋に予約をしていた歩-AYUMIのNEWモデルが入荷しました。

 

C-311

サイズ:48□20-145

カラー:5399(マーブルレッド)

39,600円(税込)

 

<レンズ付きにした場合のメガネ一式参考価格>

一番お安いレンズ(単焦点)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 46,200円(税込)

一番お安いレンズ(遠近両用)と組み合わせた場合の価格

メガネ一式 56,100円(税込)

 

※メガネ一式購入時の大体の目安としてお考えいただけると幸いです。

※度数やレンズの種類によって価格は変わりますので、

詳しい価格につきましては店頭でご説明させていただきます。

 

 

歩-AYUMIのフレームには、職人の手仕事による究極のカッティングを追求したR(レギュラー)シリーズと、職人の手仕事による究極の薄さを追求したL(ライト)シリーズがありますが、今回の新作はそのどちらでもないC(コレクション)シリーズに属しています。

 

Cシリーズは数年に一度しか発表されないモデルで、今回は3年ぶりの新型となっております。

ちなみに、C312というモデルも発売されましたが、今回はC311のみ仕入れております。

 

 

製造元のマコト眼鏡さん曰く、

「外見はきちんとエッジが効き、しっかりしたイメージが強調されていますが、内側は掛け心地を重視して、より優しく、柔らかに肌に当たるように作りこんでいます」

という今回の新作。

 

 

 

最近は上の写真のようなクラウンパント型と呼ばれるデザインのフレームが流行っておりますが、このC-311は、ヘキサゴン(六角形)とクラウンパントの中間のようなデザインになっています。

トレンドも意識しながら、時代の流れを歩らしく反映させたモデルです。

 

 

別色のcol.5122 (アユミブルー)もあります。

ブラックもカッコよかったのですが、少し印象が重たくなり過ぎるかなと思い、今回はアユミブルーを選びました。

 

 

同じセルロイド生地なのですが、L(ライト)シリーズとはフレームの厚みがかなり違うこともあって、別のカラーのように見えるのが面白いです。

Lシリーズに比べるとかなり濃い色に見えます。

店頭で見比べていただくとよく分かりますよ。

 

 

クラシックなデザインのフレームは鼻幅が広いものが多く(とくに女性が掛けると大抵メガネが下がってしまいます)、このC311もカタログ上は20mmとちょっと広めになっておりますが、よ~く見てみると、鼻パッドが内側に盛った形状になっています。

鼻パッドの間隔は実際にはもう少し狭くなるので、鼻にしっかりと当たってくれます。

 

見た目のデザインだけでなく、掛け心地のこともちゃんと考えて作られてあるところが、さすが歩-AYUMIです。

 

 

フレームだけを見ていると、結構ボリューム感があって重そうなフレームに見えるのですが、実際に掛けてみるとそうでもありません。

知的な印象を与えてくれるメガネフレームですね。

 

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

お客様のメガネのご紹介。同じフレームで予備のメガネを

2020.05.15

スタッフ今堀です。

 

本日はお客様のメガネのご紹介です。

 

当店は毎週木曜日は店を休ませてもらっておりますが、連休中ずっと休みにしていたので、7日の木曜日だけは営業することにしました。

たまたま店の前を通られたお客様が、「木曜日やのに空いてるんだね」と寄って下さり、メガネも作って下さいました。

 

 

フレームは歩(AYUMI)のLシリーズ、L1015というモデルです。

レンズは単焦点の内面非球面レンズをお入れしました。

 

実は、今お使いのメガネもL1015の色違いです。

とても気に入っているので予備にもう一本欲しいと言っていただきました。

 

男性のお客様ですが、お顔が細くて目幅もやや狭めの方だったので、小さめサイズのこちらのフレームがぴったり合います。

 

 

かなり近視の度数が強いお客様なのですが、サイズが小さめのフレームであるのと、1.76素材の超薄型レンズを使っていただいているので、横から見た時のレンズの厚みも良い感じに。

 

非球面レンズには、外面非球面、内面非球面、両面非球面などの種類がありますが、レンズカーブが指定できる内面非球面レンズを使っていただきました。

フレームのカーブに合わせたレンズカーブでお作りしております。

 

 

こちらのお客様の度数ですと、普通にレンズを注文するとかなりカーブの浅いレンズになってしまいます。

それをそのままフレームに入れると、レンズカーブにつられてテンプル(ウデ)が広がりやすくなってしまいます。

 

 

フレームのカーブに合わせたレンズを入れるとことで、見た目も良くなり、テンプルも広がりにくくすることができます。

お客様のお顔の幅とフレームの横幅を考慮して、ちょうど良いレンズカーブを選ばせてもらっています。

 

お買い上げいただきありがとうございました。

 

 

 

今回ご紹介した歩(AYUMI)のLシリーズは、フレーム全体が薄く仕上げられており、とても軽いフレームです。

 

軽いフレームを希望されるのは、どちらかという女性のお客様が多いので、取り扱いを始めた当初は女性のお客様をメインターゲットに考えていたのですが、これまでの購入履歴を見てみるとほぼ半々になっておりました。

女性だけでなく、男性にも人気のあるフレームです。

 

今日ご紹介したL1015は完売してしまいましたが、他にもいろんな歩のフレームを置いておりますので、興味のある方は気軽にお試し下さい。

 

お客様のメガネの紹介 歩ブルー

2020.04.26

 

スタッフ長尾です。

今日はお客様のメガネの紹介をします。

こちら、「歩」のフレームです。

歩AYUMI L-1025 カラー:5122W

美しいブルーは歩オリジナルカラー、「歩」にしかない青色です。

 

さらにもう一つのポイントが鼻パッドのホワイトラインです。

このラインには目元周りを明るく見せる効果あります。

そして何より、カッコいい!!!と好評で、

男性・女性ともに人気のカラーです。\(^o^)/

 

掛け具合もお仕事中ズレないようしっかり調整させていただきました。

 

そのかけ心地を損なわないようにレンズ選びが重要になります。

 

歩1025のフロント(前枠)は少し強めのカーブが付けられています。

このカーブも「歩」のカッコ良さのひとつ。

ここに一般的な非球面レンズを入れてしまうと・・・

フロントのカーブが無くなってしまい、フレームの横幅が広がってしまいます。

掛け心地が悪くなりますし(ズレやすくなる)、カッコよさも半減してしまいます。

 

そこで、

フレームのカーブに合わせてレンズのカーブが指定できる内面非球面レンズをご提案。

 

見え方よし!

見られ方よし!

カッコいいメガネが完成いたしました。

 

メガネの横幅は使っている内に広がったりすることもあります。

あれっ?と思うことがありましたら早めにお越しくださいね。

お買い上げありがとうございました。

 

 

お客様のメガネの紹介 色と形の迷宮(?!)

2020.04.19

 

スタッフ長尾です。

お買い上げいただいたお客様のメガネの紹介です。

今年のお正月イベント「お年玉抽選会」にお越しいただいた際に、
次のメガネフレーム探しでチェックされていたフレームです。

フレーム:歩AYUMI L-1022 カラー:ローストブラウン

強くて丈夫、なおかつ軽いと好評のセルロイド製フレーム歩の「Lシリーズ」です。

 

赤みや黄みさのない半透明のブラウンが柔らかさとやさしさを演出。

渋さもちょっぴりプラスした一本です。

このフレームに決まるまでいろいろお試しいただきました。

 

歩のフレームは形はもちろん、

カラーも豊富でいろいろと迷ってしまわれる方が多いのですが、

今回も色と形の迷宮(?!)に踏み込まれてしまわれました。

 

こちらは同じ形の色違い、ブラックです。

黒のシャープさでお顔のメリハリがはっきりして,きりっとした印象に。

 

こちらは少し丸みのある四角形。

歩ブルーと呼ばれる歩オリジナルの青色で、男女ともに人気があります。

 

納得いくまでじっくり時間をかけ

途中で休憩をいれながら選んでいただいたのがL-1022のローストブラウンです。

 

レンズは遠近両用レンズの遠用重視タイプField(フィールド)

お仕事で車の運転をされますので、遠方から手元まで広い範囲に対応したレンズです。

現在のメガネより少し見やすくなるように度数を少しだけ変更しました。

 

使い心地や、見え方の感想などまたお聞かせください。

お買い上げありがとうございました。

 

お客様のメガネの紹介です

2020.03.29

 

スタッフ長尾です。

今日はお客様のメガネをご紹介します。

お持ちのフレームにレンズを入れたいということでご来店いただきましたが、

(余程特殊なフレームでない限りレンズの交換はさせていただいております。)

レンズのコーティングやお好きなフレームの形などいろいろなお話させていただく中で

もう一つメガネをお作りいただくこととなりました。

 

それがこちらのフレーム、「歩」です。

歩-1028 サイズ48

小さめサイズで女性や小顔の男性におすすめのフレームです。

 

カラーはブラックとブラウンで悩まれたのですが

パーソナルカラー診断の結果「春」ということが分かりブラウンに決定しました。

柔らかく軽やかな印象で春の人のキュートさがさらにアップしますね\(^o^)/

 

ブラックには引き締め効果や色白効果がありますが

全体的に重く、地味な感じになってしまうこともあり

春の人が苦手とする色です。

 

 

そしてレンズですが、

表面の反射光が青いのはブルーライトカットコートのためです。

お客様はデスクワークの多いお仕事と伺いました。

パソコン作業などの疲れ目対策にはブルーライトカットコートを使えばそれでOK

と思われる方も多いですが、実はそんなに単純なことではないんですね。

そこの詳しいことはスタッフ今堀がブログに書いていますのでこちらをご覧ください。

 

 

人の眼は近くを見る時にピント合わせのために調節力を使います。

そのためデスクワークでは目は常に緊張状態にあるので、

調節力をちょっとお手伝いするレンズにブルーライトカットコートをお付けしました。

 

スマホ・パソコン世代おすすめ、一日の終わりの眼の疲れが軽減できるレンズです。

でも時々(一時間に一度)は遠くを見るなどして眼を休めてくださいね。

お買い上げありがとうございました。

 

 

 

こちらはレンズ交換させていただいたフレームです。

 

クラウンパントのカッコいいフレームです。

 

こちらにもブルーライトカットコートをお付けしてます。

『歩』”AYUMI”試着会終了しました

2020.01.13

スタッフ今堀です。

 

年明けから開催しておりましたセルロイド眼鏡『歩』”AYUMI”の試着会、本日で終了でございます。

 

 

お借りしていたフレームを全てケースに片付け、製造元のマコト眼鏡さんにお返しします。

 

 

短い期間ではありましたが、試着会期間中は、『歩』のいろんなモデルやカラーがご覧いただけたかと思います。

 

フレームのデザインは、『歩』のウェブサイトや当店のブログの画像などでも見ることができますが、カラー(セルロイドの生地の色)は、なかなか画像では分かりにくいと思います。

光の当たり具合などで写真とだいぶ違うこともよくあります。

 

 

実物をご覧いただくのが一番良いのですが、なかなか全色を揃えることは難しくく、ウェブ画像などでご確認いただくしかありません。

 

でも、メーカーさんに協力していただける今回のような機会であれば、ご来店いただいたお客様にいろんなカラーをご覧いただくことができます。

 

 

フレームだけを見ていて「良い色だな」と思っていても、実際に顔に掛けてみると、「あれっ、何か違うな?」と感じることもよくあります。

逆に、「これは自分には合わないだろうな・・」と思っていた色が、掛けてみると、「おっ、これ良いかも」と思うことだってあります。

 

今回の試着会は、そういった“体験”をしていただける良い機会になったのではないかなと思います。

 

 

当店スタッフは趣味でスポーツ自転車に乗っているのですが、ショップでよく試乗会が開催されています。

メーカーも積極的に協力して大々的に行われていたりするので、いろんな自転車を乗り比べたりすることができ、ユーザーとしてはとても楽しい企画です。

 

メガネのフレームの場合はなかなかそういう機会が少なく(一部のショップではありますが)、一般の眼鏡ユーザーさんが、いろんなメガネフレームを気軽に試せる機会はそう多くありません。

 

 

でも、『歩』”AYUMI”は、ほぼ毎月、全国の取扱店で今回のような試着会を開催しています。

一般の眼鏡ユーザーさんが、気軽に『歩』”AYUMI”のフレームを見たり、試したりすることができる機会を積極的につくっています。

 

当店のブログをご覧いただいて、「滋賀はちょっと遠くて行けないな~」と思っておられた方や、『歩』”AYUMI”のメガネフレームに興味をもたれた方がおられれば、ぜひ、『歩』”AYUMI”のブログをチェックしてみて下さい。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”ブログ

 

試着会の情報が掲載されていますので、もし、お住まいの地域で『歩』”AYUMI”の試着会が開催される予定があれば、気軽に参加してみて下さいね。