トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

深視力

深視力のご相談に来られたお客様が無事に合格されました②

2019.09.07

スタッフ今堀です。

 

昨日のブログの続きです。

 

深視力のご相談に来られたお客様ですが、

視力も良く、メガネで補正する必要がありませんでした。

ただ、検査中に少し気になることがありました。

 

「利き目」を調べた際に、左目が利き目だということが分かったのですが、

その際、かなり利き目が優位に働いているということが分かりました。

(利き目というのは、物を見る時に主に使っている方の目で、

利き目ではない方の目は補助的に使われます。)

深視力検査中も、次第に体が斜めになってきて、

利き目の方で見ようとされていました。

 

 

さらに、寄り目のチェックを行った際にも、

目の動きが何となくぎこちなく、

スムーズに寄っていきませんでした。

両目がそろってスムーズに動いてくれることで、

遠くを見たり、近くを見たりすることができるのですが、

この両目のチームワークに問題がありそうでした。

 

利き目だけで見るクセがあり、両目をバランスよく使えておらず、

両目のチームワークが上手くできていないことによって、

棒の動きが分からないタイプなのかもしれない・・・

そんな風に考えました。

 

深視力の検査では、

棒が手前に動く時にはそれに合わせて目を寄せて、

逆に奥へ動く時にはそれに合わせて目を離す、

そういった動きがスムーズにできる必要があります。

 

幸い斜視もなく、両眼視機能には問題が見られなかったので、

“目の使い方”を覚えてもらえば改善できそうと思い、

メガネを作るのではなく、トレーニングをご提案しました。

 

寄り目の練習と、2本のペンを交互に見ていただく練習をしていただき、

目を寄せたり離したりすることに慣れていただきました。

 

 

さらに、専用の道具(上の写真)で目のトレーニングを行いました。

ビジョントレーニングではおなじみの道具です。

案の定、最初は全然できませんでした。

集中して見ると、身体が斜めになってきて、

どうしても利き目を使って見ようとされていました。

 

トレーニングのやり方をご説明し、

できれば自宅で練習をして欲しいとお伝えし、

次回またご来店いただくことになりました。

(専用の道具がなくても100均などで代用ができます。)

 

深視力のご相談に来られる方の中には、

「メガネを作れば簡単に合格できるようになる」

そんな風に思って思られる方もたまにおられるのですが、

決してそういうわけではありません。

(メガネだけで解決する方も中にはおられます)

 

自宅でのトレーニングというと、

どうしても面倒な感じがしてしまうものですが、

今回のお客様は、とても熱心に僕の話を聞いていただき、

道具も作られて、ご自宅でも真面目に練習をしてくださいました。

 

近江八幡から来られたお客様だったのですが、

その後も数回通っていただき、

トレーニングの進行具合を確認させていただきました。

 

いよいよ明日試験を受けに行かれるということで、

前日の夜に深視力検査の練習に来られたのですが、

その時は、最初の時とはまるで別人のようになれていました。

 

 

本番を想定し、普通は2cmで合格となるところを、

1cm以内で止めるという厳しめの条件でやってみたのですが、

それでもきっちりと止められていたので、

「これなら大丈夫だろう」と安心しました。

先日お電話をいただき、

「無事に合格できました!」とご報告をいただきました。

仕事の都合上、免許が取れないと困るということだったので、

無事に合格できて本当に良かったです。

 

今回のお客様の場合は、

眼科で相談をされてもおそらく駄目だったと思います。

(目の病気や薬で治る問題ではないので)

眼鏡が売れたわけではないのですが、

自分の知識や技術が役に立ってお客様のお悩みが解決でき、

お客様にも喜んでいただくことができたので良かったです。

 

免許の取得、本当におめでとうございます。

 

深視力のご相談は完全予約制で対応させていただいております。

メガネをお作りいただかない場合でも検査料をいただいておりますが、

目のトレーニングや深視力検査の練習もさせていただいております。

 

深視力のご相談に来られたお客様が無事に合格されました①

2019.09.06

スタッフ今堀です。

 

大型免許や2種免許を取得する際に必要となる深視力検査。

通常の視力検査とは全然違う内容の検査であり、

苦労される方が結構おられます。

視力が良好でもなかなか上手くいかないことも多いです。

今回、ご相談を受けたお客様もそんな一人で、

免許センターでこの試験を受けてた際、棒の位置が全然分からなくて、

このままでは合格できないということで当店に相談に来られました。

 

 

お話を伺ってみると、

真ん中の棒を見ている内に棒がぼやけてしまって、

瞬間的に棒が分からなくなるということでした。

お近くのお店でメガネも作られたそうなのですが、

それを掛けても全然改善されず、困っているとのことでした。

 

とりあえず、現在の状態を確認させていただくことにしました。

 

 

視力は左右ともに裸眼でしっかりと視力が出ています。

両目で1.5の視力が出ているので、全く問題なし。

次に両目でちゃんと見えているかを確認します。

何らかの原因で、実は片目でしか見ていないということがたまにあります。

片目でしか見えていないと精密な立体視ができなくなります。

こちらも問題ありませんでした。

 

念のためにお客様の目の度数を確認し、

視線のずれなどの両眼視機能もチェックしましたが、

メガネで度数補正をする必要がほとんどない方でした。

立体視のチェックも問題なし。

通常、ここまでの検査で問題がある方がほとんどなのですが、

今回のお客様の場合は全く問題がありませんでした。

 

メガネを作ってみたけど、改善されなかった・・・

お客様が言っておられたことがよく分かる結果です。

 

とりあえず、当店の深視力計で深視力検査をやってみてもらうことに。

「緊張していただけで、案外落ち着いてやったらすんなりできるかも?」

そんな風に思って実際にやってみたところ、

やはり、棒の動きが全然分からないご様子でした。

何回かやってみましたが、合格基準を大きく外れる結果に・・・

 

さて、どうしたものか・・・

 

結論から先に言うと、

今回のお客様、

メガネは作ってもらっていません。

 

メガネを作る以外の方法で深視力の試験に合格されました。

 

メガネを作らずに一体どうやって合格されたのか?

 

それは・・・・

 

会員登録をしていただいた方だけにこっそりお教えします。

というのは冗談で(笑)、

長くなりそうなので、次回のブログでお話させていただきます。

 

深視力検査について

2019.05.22

スタッフ今堀です。

 

最近、深視力検査のお問い合わせをちょくちょくいただきます。

先日も免許センターで深視力検査が通らなかったという方が相談に来られ、

度数測定と深視力検査をしてメガネを作らせていただきました。

 

深視力検査は大型免許や二種免許を取得するためには必須の検査なので、

そういった免許をお持ちの方ならよくご存じかと思いますが、

一般の方(普通免許しか持っていない方)にはなじみのない検査です。

「何それ?」「初めて聞いた」という方も多いのではないでしょうか。

 

「視力」という言葉が付いているので、

学校の視力検査や健康診断などでよく行われる、

ランドルト環の切れている方向を答える検査をイメージされるかもしれませんが、

深視力の検査は通常の視力検査とは全然内容や目的が違います。

 

 

検査には深視力計(三棹深径覚計)と呼ばれる器具を使います。

深視力計の中には棒が3本あり、両端の2本は固定されています。

真ん中の棒のみが前後に動き、

手前に近づいたり、奥に離れて行ったりを繰り返します。

 

検査を受ける人は、前後に動く真ん中の棒が、

両端の棒と同じ位置に揃ったと思ったらスイッチを押して棒を止めます。

左右の棒とのずれが少ないほど良く、

左右の棒とのずれが大きいと不合格となります。

 

 

(上の動画では、棒の動きが分かりやすいように斜めから撮影していますが、

実際に検査をする時には真正面から見ます。)

 

 

深視力計にはこのような目盛りが付いており、

検査をする人は、棒が止まった位置を確認することができます。

上の赤い範囲が合格ラインで、この中に止まっていれば合格です。

 

 

こちらは赤い範囲をはみ出してしまっているので不合格です。

深視力に問題がない方であれば、練習次第で0で止めることもできます。

深視力が良いと、奥行きを認識する感覚がしっかりとあるということになります。

車の運転以外にも、スポーツにおいても大切とされる能力です。

 

免許センターなどで深視力検査が不合格となった方の中には、

棒が前後どちらに動いているのかさえ分からないという方もおられます。

普通免許では深視力の検査は行われませんので、

そういう状態の方でも免許が取れて運転ができてしまいます。

これはなかなか怖いことなのですが・・・・

(深視力に問題があるけど運転をしているという人は、

実は結構おられるのではないかなと思っています。)

 

深視力検査がうまくいかない場合には、いろんな原因が考えられます。

当店では予約制とさせていただき、

度数測定に加え、両眼視機能のチェックや立体視の有無の確認など行い、

深視力計で練習を行ってもらっています。

 

深視力検査をご希望されるお客様へ

完全予約制とさせていただいております。

事前にお電話で予約をお願いいたします。

077-537-1789

検査料として4,000円(税込)をいただいております。

 

 

 

深視力検査

2017.07.18

スタッフ今堀です。

 

当店では「深視力計」という機具を置いています。

一般の方にはあまり馴染がないので、

「深視力?何それ??」

という感じの方が多いのではないかと思います。

 

普通免許の取得には必要ないのですが、

大型免許や2種免許を取得する場合には、

「深視力検査」という検査が行われます。

筆記試験や実技試験に受かっても、

この検査に合格しなければ、

免許がもらえなかったり、更新させてもらえません。

そして、この深視力検査に使用されるのが、深視力計なのです。

 

 

深視力計には窓が付いていて、そこから中が見えます。

中にはこのように棒が3本並んでおり、真ん中の棒だけが前後に動きます。

スイッチを押すと動いている棒が止まるので、

ちょうど両端の棒と並んだ時にスイッチを押して動いている棒を止めます。

 

 

両端の棒と真ん中の棒のズレが一定内なら良いのですが、

大きくずれてしまう場合には不合格となります。

話だけ聞いているとゲームみたいで楽しそうですが、

実際にやってみると、結構難しい検査です。

 

大型トラックやタクシーを運転する人が対象になるので、

合格できないと仕事ができず、生活にも関わってきます。

そういうこともあって、最近は深視力のご相談が増えております。

 

 

左右の視力がちゃんと出ていて、視力検査では問題がない方でも、

深視力検査になると上手くいかないこともあります。

両目のチームワークがうまく働いていないことが原因で、

深視力がうまくいかないという方も多いです。

そういう方には、写真のような専用のトレーニングを指導し、

自宅でやってみてもらうこともあります。

 

深視力検査がうまくいかない場合には、様々な理由があります。

近視や乱視など、目の度数測定を行い、

両眼視機能に問題がないかをチェックします。

深視力検査がうまくいかない理由を考えながら、

解決方法を探っていくという流れになります。

 

深視力検査の料金

4,000円(税込)

度数測定・両眼視機能検査・深視力検査アドバイス

(必要な方には目のトレーニング方法の紹介)

※メガネ一式をご購入いただく場合には半額とさせていただきます。

 

深視力のチェックのみ

1,000円(税込)

度数測定などは行いません。

深視力検査のみと練習(30分)をしていただけます。

 

深視力検査は予約制となっております。

事前にお電話でご予約をいただくようお願いします。