トップページ > お知らせ・Blog

HOYAより新しいオーダメイドタイプのレンズが発売されました

2018.10.10

スタッフ今堀です。

 

先日、お店を少し早目に閉めさせて頂き、

夜に開催されたHOYA社のレンズセミナーに行って来ました。

今回のセミナーでは、

10月から発売開始となった新しいレンズの説明が行われました。

 

従来のHOYA社のレンズは、

MSV(エムエスブイ)、Wellna(ウェルナ)、Synchro(シンクロ)といった

英字を使った名前が多く、しかも似た名前も多かったので、

販売している僕らスタッフでも覚えるのが結構大変でした。

 

 

ところが、今回新たに発売されることになったレンズは、

なんと・・・

和名になりました。

 

その名も・・・

 

雅(みやび)

 

望(のぞみ)

 

なんだか急に親しみやすい名前になりました(笑)

実は僕自身もだいぶ前から、

「どうしてこんなややこしい名前のレンズばかりなんだろう。」

「もっと消費者が分かりやすいレンズ名にしたら良いのに。」

そう思っておりました。

 

HOYAの営業さんにも昔提案したことがあるのですが、

販売数も少ない小さな個人店の意見が採用されるわけもなく、

完全にスルーされていたのですが、

ようやく時代が僕に追いついて来てくれたようです(笑)

ちなみにその時に僕が提案したのは、

「大和」とか「武蔵」とか戦艦系。

「飛車」とか「角」とか将棋系。

そんな名前でした。身近な名前の方が覚えてもらいやすいだろうと(笑)

 

 

 

今回発売された雅(みやび)望(のぞみ)は、

HOYAのレンズの中では最上位グレードとなる

BOOM indivisualシリーズのレンズとなります。

詳しい説明はHOYA社のウェブサイトをご覧ください。

 

 

 

indivisual (インディビデュアル)レンズというのは、

最近、眼鏡業界では注目度が高くなってきているレンズです。

フレームの装用条件(掛けた時の状態)を測定し、

そのデータをレンズの設計に反映して作られる

オーダーメイドタイプのレンズです。

 

 

 

レンズと目の距離や顔に対するレンズの傾きといった装用時の状態は、

選ぶフレームによって微妙に変わって来ます。

そういったフレームの装用条件を特殊な測定器を使って測定し、

数値化されたデータを基にしてレンズの設計が行われます。

 

 

 

雅(みやび)の方が上のグレードで、お値段も少し高めになります。

本格的なindivisual (インディビデュアル)レンズを希望される方は

雅(みやび)をお選び下さい。

手頃な価格でindivisual (インディビデュアル)レンズを試してみたい、

そんな方は望(のぞみ)をお選びいただくと良いかなと思います。

2つのレンズの違いなど、詳しい説明は店頭でさせていただきます。

気軽にスタッフにお尋ね下さい。

 

 

indivisual (インディビデュアル)レンズをご希望される場合は、

事前にお電話での予約をお願いしております。

通常のレンズに比べて測定に時間がかかります。

その点、あらかじめご了承下さい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です