トップページ > お知らせ・Blog

今度のメガネは以前のメガネより何段階度数が強くなった?

2018.09.12

スタッフ今堀です。

 

今日はメガネレンズの度数についてお話したいと思います。

 

 

メガネレンズの度数は人によって様々ですが、

ご自身のメガネのレンズの度数ってご存知でしょうか?

案外、よく知らないという方の方が多いのではないかなと思います。

 

眼科で処方してもらった処方箋を見たり、

眼鏡を購入したお店の保証書やレンズの袋などを見ると、

レンズの度数が書かれてあります。

 

という記号があって、その横に数字が表記されていると思いますが、

プラスやマイナスというのはレンズの種類です。

プラスの場合は凸レンズ、マイナスの場合は凹レンズになります。

眼科の先生の中には、+や-ではなく、凹と凸で書く先生もおられます。

 

+-の横の数字がレンズの度数になります。

数字の横にDと書かれている場合もありますが、

これはレンズの単位(ディオプトリー)です。

数字が大きくなるほど、度数が強くなります。

-2.00Dと-6.00Dでは、-6.00Dの方がより強い度数ということです。

 

 

 

一般に、眼鏡用レンズの度数は0.25刻みとなっています。

-3.00、-3.25、-350、-3.75、-4.00という感じで強くなっていきます。

「一段階強い度数」という場合、0.25だけ数字が大きくなります。

 

たとえば、これまで-2.00Dのレンズを使っていた方が、

新しいメガネのレンズの度数が-3.00Dに変わったとしたら、

-2.00 (以前の度数)

①-2.25 (1段階強くなる)

②-2.50 (2段階強くなる)

③-2.75 (3段階強くなる)

④-3.00 (4段階強くなる)

以前の度数に対して、4段階度数が変化したということになります。

この場合、数字が大きくなっているので、度数は強くなっています。

 

最近新しく作った老眼鏡の度数が+2.50Dだったという方がいたとして、

今まで使っていた古い老眼鏡の度数が+2.00Dだったとしたら、

新しく作った老眼鏡は古い老眼鏡よりも0.50D強くなっていますので、

2段階度数が強くなったということになります。

(ちなみに、既製品の老眼鏡では1.00D刻みになっているものあるので、

+2.00Dの次は+3.00Dになったりします。)

 

 

余談ですが、

当店の度数測定器には、0.12Dでレンズの度数を変化させる機能も付いているので、

やろうと思えば0.12D刻みで度数を測定することが可能です。

ただ実際には、0.12Dの度数の違いを感じるのは正直かなり難しいです。

(そういうレンズを注文できないという問題もあります。)

若い方や視力の良い方の中には、

0.12Dの変化でも敏感に反応される方もおられますが、

そういうケースは稀です。

白内障などがあって視力が出にくい方の中には、

2段階(0.50D)変化させても違いが分からないという方もおられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です