トップページ > お知らせ・Blog

これならまつ毛が当たる心配もなし!やっぱり自分仕様は違います

2018.06.03

スタッフ今堀です。

 

4月に大阪で開催された歩(AYUMI)の新作発表会にて、

当店のスタッフ長尾が、

自分用に注文していたフレームが入荷してまいりましたので、

本日はそちらをご紹介したいと思います。

 

歩L1016

サイズ:52□16

カラー:6052 (クリアマロン)

 

堅くて変形しにくいセルロイドの特長を生かし、

一般的なプラスチックフレーム用の材質では出来ない位まで

薄く薄く仕上げることで軽量化したモデルです。

ちなみに、こちらは新型というわけではなく、

以前からあったモデルです。

 

こちらのフレームですが、

製造されているマコト眼鏡さんにお願いし、

ちょっと特別な加工をしていただいています。

 

それがこちら・・・

 

鼻パッドです!

 

これだけでは何のことか分からないと思いますので、

当店が在庫している同じフレームの鼻パッドをご覧下さい。

(カラーは別のカラーです。)

 

 

違いが分かりますでしょうか???

 

下の方が標準サイズの鼻パッド、

そして上の方が今回特別な加工をしてもらった鼻パッドです。

 

そうなんです、

通常のものよりも大きくて厚みのある鼻パッドが付いております。

 

女性の方で、プラスチックフレームを使われたことがある方なら

経験されたことがあるかもしれませんが、

スタッフ長尾が通常の鼻パッドのフレームをそのまま掛けると、

まつ毛がレンズに当たってしまい

レンズの位置も掛けたい位置よりも下にずれてしまいます

 

そこでこの加工をお願いしていたのです。

 

 

当店で在庫している同じフレームに、

このようなシールを貼って掛け具合を確認します。

元々はプラスチックフレームのずれ防止のためのシールなのですが、

いろんなサイズ(厚み)があるのでこれを使って鼻パッドの大きさを決めます。

 

 

今回のスタッフ長尾の場合は、

鼻幅を狭くしてメガネが上に上がるようにするのと、

奥行きを出すことでレンズと目の距離が広くなるようにしました。

(そうするとまつ毛が当たらなくなります。)

標準のものからかなり大きめの鼻パッドになっています。

並盛からメガ盛に変更になりました(笑)

このシールを貼った状態のフレームをそのまま送ります。

 

待つこと数週間、

送ったフレームをもとに、職人さんが削り出して新たに付けてくれたのが、

 

 

このスタッフ長尾仕様の特別な鼻パッドなのです。

ちなみに、最初に付いている鼻パッドを外して、

新たに生地を張り付けて一から削り出して下さるそうです。

手間暇が大変かかる作業なのです。

 

そうして出来上がったフレームを掛けると、

差は歴然!

 

 

左側が標準の鼻パッド。

目とレンズの距離が近過ぎて、まつ毛がレンズに当たります。

それに対し、右側の特別仕様の鼻パッドだと、

目とレンズの距離が広くなり、

まつ毛もレンズに当たらなくなります。

正面から見た時にずれて下がっていたフレームも、

ちゃんと正しい位置で掛けられるようになりました。

 

レンズと目の間の距離はあまり広すぎてもダメなのですが、

今回のスタッフの長尾のケースでは、

明らかに近すぎていたので、ちょうど良い距離になりました。

 

若干の時間と加工料金はかかりますが、

自分仕様の鼻パッドを作ってもらえるって嬉しいですよね!

歩のフレームにはこの他にも、

お買い上げ一年後にフレームを磨き直してもらえるなど、

メガネを購入して使用するお客様の目線で考えられた

「こんなことしてもらえると嬉しいな」

を可能にしたサービスがあります。

 

ぜひ、店頭にていろんな歩のフレームを試着してみて下さい。

また、今回の鼻パッドに興味のある方は、

スタッフ長尾までお問い合わせいただければ、

実物をご覧いただくことも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

2 thoughts on “これならまつ毛が当たる心配もなし!やっぱり自分仕様は違います”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です