トップページ > お知らせ・Blog

トップページ > お知らせ・Blog

「目を守る」を思い知った一日でした

2018.03.17

スタッフ今堀です。

 

先日の定休日、天気もすごく良かったので、

久しぶりにサイクリングに行ってきました。

 

瀬田川(途中から宇治川)沿いに景色を見ながら

宇治の平等院の近くにあるカフェをめざして走行。

その日は花粉がかなり飛散していたようで、

道中、鼻はだいぶムズムズしていましたが、

目の痒みなどはありませんでした。

 

サイクリングに行く時には必ずこちらのアイウェアを使っています。

 

bolle (ボレー)6th SENSEです!

ホワイトとグリーンのこちらのカラーがお気に入りです。

 

写真をよ~く見ていただくと分かるかと思いますが、

内側にはインナーフレームが付いてあり、

中には度付のレンズが入っております。

 

なので、僕の場合、アイウェアを外してしまうと、

ほとんど物が見えなくなってしまいます。

(裸眼視力は0.1位です。)

 

とはいえ、カフェなどのお店の中でも

ミラー付きの濃いカラーのアイウェアを掛けていると、

見た目的にちょっと・・・・

な感じになってしまいますので、

サドルバッグ(サドルの下に付ける小さなバッグ)などに

普通のメガネを携帯しておき、

お店の中などでは掛け替えられるようにしています。

思いがけず帰りが遅くなってしまって、

日が落ちて周りが暗くなってしまった時などにも

普通のメガネがあると助かります。

 

この日もカフェに入るためにアイウェアをはずし、

普通のメガネに掛け替えていたのですが、

しばらくすると目に違和感が・・・・

痒い?というよりヒリヒリと痛い(笑)

 

仕方なく、しばらくその状態で耐えていました。

 

帰るために自転車に跨り、アイウェアに掛け替えると・・・

 

「あっ、目、めっちゃ楽や。」

 

本来は紫外線や撥ねた小石などから

目を守る目的で装着するアイウェアですが、

花粉からもしっかりと目を守ってくれていました。

 

 

いつもお世話になっている皮膚科の先生によると、

メガネを掛けるだけでも花粉対策になるとのことでしたが、

目の周りをすっぽりと覆ってくれるスポーツ用のアイウェアは、

さらに高い防御力(花粉に対して)があるようです。

今回の体験で思い知りました。

 

 

最近は、花粉用のメガネもいろいろ発売されていますが、

レンズが大きいスポーティーなタイプのものは、

かなり効果が高いのかもしれません。

「街の中で使うのに、ここまで大層なものは必要ないんでは?」

なんて思っていました。

すみません。

 

 

帰宅後は、インナーフレームをはずしてすぐに洗浄。

外で付いた花粉をしっかりと洗い流すことが大事です。

普通のメガネでも、花粉用メガネでも、

外で花粉が付着していますので、

今の時期は必ず洗浄してあげて下さい。

スポーツ用のアイウェアも同様です。

 

「本格的なスポーツ自転車に乗るわけじゃないから

そこまで本格的なアイウェアは必要ない。」

そんな方もおられるかもしれませんが、

使ってみると普通のメガネにはないメリットもたくさんあります。

スタッフもプライベートで使用しておりますので、

気になることがあれば気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です