トップページ > お知らせ・Blog

B-ROCKを使う理由

2018.03.12

 

スタッフ長尾です。

サイクリング用に作ったbolle(ボレー)のサングラス、B-ROCK

ハイカーブレンズにも度付を可能にするRXプログラムで遠近両用になっています。

(レンズカラーはクリア調光、紫外線量で色の濃さが変わります)

 

度付ゆえの掛けた瞬間の違和感に対する慣れも早くなってきました。

そろそろ大丈夫かなと、

先週サイクルショプ主催のモーニングライドにB-ROCKで参加してきました。

自転車で出かける時は、ほとんどの場合ひとりぼっちなので

前の人との距離をうまくとれるかなと、前の晩から緊張してました。

 

が、当日はいいお天気に惑わされたか(笑)

掛けた瞬間の違和感にも30分もかからず馴染み、楽しく走ってきました。

車間距離もとれ、参加された方々に迷惑をかけずにすみました。一安心。

 

ただ一つの問題が、スマホの画面が少し歪んで見えること。

でも、自転車に乗っている時は手元はそんなに見ることないし、

そのうち慣れるでしょう!!問題無し!!ってことで、

半年ほどジタバタしましたが、度付サングラスB-ROCK使っていけそうです。

 


わたし、B-ROCKを作る前にVortex(ボルテックス)でもサングラスを作りました。

まだRXプログラムが始まる前だったのでインナーフレームに度付レンズを入れましが、

最近はほとんど使用していません。

RXプログラムのB-ROCKが一枚レンズで眼前がすっきり見やすい。

という事もありますが、実はもうひとつ理由がありまして。

それは色、レンズカラーです。

 

Vortex(ボルテックス)のレンズカラーは赤みの強いブラウン系

コントラストが付いて物がくっきり見やすいのが特長です。

(写真はイメージです)

でもこのブラウン系の色、私には景色が夕方になったかのように見えるのです。

「ああもう日が暮れる。急いで帰らなきゃ!」

気が焦って落ち着かないんですよね・・・。

 

グレーのレンズのB-ROCKではそれが無いので

こちらの方が使う機会が多くなったわけです。

(見かけ倒し感は半端ないですが・・・・・)

 

色の感じ方は人それぞれ、個人差があります。

実際にかけてみて色をどんなふうに感じるか、

なんてこともいろいろ試してみてください。

自分もまさか、こんな風に感じてしまうとは思ってもいませんでした。

 

*Vortex(ボルテックス)は他にもレンズカラーがあるので、

レンズのみの交換は可能です。(レンズ代が別にかかります)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です