トップページ > お知らせ・Blog

「ルティーナ」でアイケア 

2018.11.12

 

スタッフ長尾です。

先週の水曜日、11月7日はレンズセミナーと展示会に行ってきました。

 

先ずはレンズセミナーからのお話を・・・。

有害な光から目を守り、目の中のルテインを保護してくれるルティーナ

目の病気や日焼け予防など眼の健康を考え

当店でもルティーナを選ばれるお客様が増えて来ました

 

このルティーナ白内障の手術後にもオススメのレンズでもあるんですよ。

白内障術後に感じやすいことに

「良く見えるようになったけど、まぶしい。」

「景色が青白く(青っぽく)見える。」ということがあります。

 

白内障は水晶体が濁ることで光が通りにくくなり

視界が霞がかかったようになり視力が低下します。

その分、有害な紫外線やまぶしさを感じる青い光(ブルーライト)も

眼の奥まで届きにくくなります。

 

手術後は透明な眼内レンズになるので視界が明るく鮮明に見えるのですが

透明ゆえ手術前には通りにくかった光(ブルーライトなど)も眼に入りやすくなり、

まぶしく感じたり、景色を青白く感じたりするのだそうです。(個人差があります。)

 

その光の影響をを受けやすくなった白内障の手術後に「ルティーナ」です。

青い光(ブルーライト)も効果的に軽減、勿論紫外線もしっかりカットします。

レンズにカラーを入れるのは抵抗があるという方には特におすすめです。

「ルティーナ」でアイケアしませんか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です