当店でメガネをお作りいだだくお客様へ

おすすめ情報

トマトグラッシーズ

純国産跳ね上げ眼鏡

子ども用スポーツゴーグル

子ども用メガネ

パーソナルカラー診断

●当店でメガネをお作りいただくお客様へ

メガネのイマホリのホームページをご覧いただきありがとうございます。

ここでは当店がお客様のメガネをお作りする際の考え方や度数測定および当店の検査についてお話させていただいております。


良いメガネは簡単には作れません

この頃、店頭に「即日45分お渡し」、「最短45分お渡し」等と書かれたメガネ屋さんをよく見かけます。

メガネ業界全体が低価格化していく中で、短時間で加工してお渡しをするお店が増えているようです。


そういうお店が増えているということもあってか、当店に来店されるお客様の中にも、
「この頃はメガネってすぐにできるんやなあ」とか
「1時間もあればできるんでしょ」と
言われる方が時々おられます。


残念ながら当店では、そういう「スピードお渡し」はできません。


お客様の度数を測定し、フレームを選ぶお手伝いをさせていただき、レンズの説明をさせていただいて、そしてメガネのかけ具合を調整させていただく。


一本のメガネを作るためには結構時間がかかります。


セルフサービスでお客様自身にフレームを選んでいただいて、度数も器械でさっと測定して、掛け具合は調整せずにそのままお渡しすれば、もっと短時間で作るがことができます。

実際に、それに近いやり方でメガネを販売しているお店もあります。


でも、メガネのイマホリではそういう販売のやり方は行っておりません。

そういうやり方では、お客様にとって本当に快適なメガネを作ることはできないと思うからなのです。


メガネのイマホリでは、一人ひとりのお客様のためにその方の使用目的やライフスタイルに合った快適なメガネをお作りしたいと思っております。

だからこそ、じっくりとお話させていただいてメガネを作らさせていただいております。


 

度数測定は時間がかかります

初めて当店で度数をお測りしてメガネを作らせていただく場合には、過去のデータがないので少し時間をかけて測定させていただいております。

ただ時間をかければ良い度数測定というわけではありませんし、時間がかかればかかるほどお客様に負担がかかってしまいますので、なるべくお客様に負担がかからないように心がけているのですが、毎日の生活の中で使っていただく大切なメガネですので、やはりできるだけ正確な度数測定を行いたいと考えております。


度数測定が終わると、メガネを使用される目的、メガネの経験、今まで使ってきたメガネの度数、その他いろいろなことを考慮し、仮の度数を決めます。

そしてその度数で実際に掛けてもらって大丈夫なのかを装用テストしていただいたうえで、最終的な度数を決定します。


正確に度数を測定したうえで、お客様がメガネを使用される用途や目的に合わせてどんな度数にすれば良いのか、どんなレンズが使いやすいか、それを考え適切なアドバイスをすることこそが我々眼鏡店の仕事だと思っております。


当店の度数測定および検査について

当店では自動の測定器で度数を測定し、後は試験枠にレンズを入れてどれくらいの視力が出ているかをチェックして終わり、という度数測定はしていません。


最近ではどこの眼鏡店でも、オートレフラクトメーターという機器を使用します。オートレフラクターを使用すれば、大体の度数を自動的に測定してくれるので大変便利です。

ただし、この度数は強く出たり弱く出たりすることが多々あります。

特に若い方ですとかなり強く出たりします。また、高齢者の方で白内障などがあったり、瞳孔が小さくなってしまっている場合、全然違う度数が出ることもあります。


ですので、オートレフラクトメーターの度数はあくまでも参考にし、実際にレンズを交換しながらお客様の見え方の変化を尋ねて、度数測定を進めていきます。


当店では、よく見えて快適にかけられるメガネを作るために、通常の度数測定以外にも、コントラスト視力のチェック、両眼視機能の検査、立体視検査など、色々な検査を行い、お客様の眼に合ったメガネを作らせていただいております。(これらの検査は全てのお客様に必ず行うというわけではありません。過去に当店でお作りいただいているお客様や、こちらで検査ができなかったり必要ないと判断したお客様には省略させていただくこともあります。)

度数測定や検査についてもっと知りたいという方はこちらをご覧ください。


こうした様々な検査を行うためにはどうしても時間がかかってしまいます。

その点をどうかご理解いただき、お時間には十分余裕をもってご来店いただくことをお願い申し上げます。


毎年作りかえなければならないのなら面倒ですが、幸いメガネは大切にお使いいただければ3~4年間はちゃんと使っていただけます。(お子様や学生の方は別ですが)

せっかく新しいメガネを作るのですし、作る時くらいは時間を惜しまずに本当に自分に合ったメガネを作りませんか?


※当店では、眼鏡を作成する際に視力や眼鏡度数をを測定するだけではなく、米国21項目検査を中心とした視機能検査を行いますので、このホームページでは「検査」という言葉を使っていますが、眼科医やその他医師が行っている「検査」とは意味合いが異なります。あくまでも眼鏡を作るための度数を調べたり、両眼視機能を調べたりするための検査です。あらかじめご了承下さい。


 

当店で度数測定を希望されるお客様へのお願い

お客様の度数を測定する前にお客様への質問と予備検査を行っています

※予備検査は毎回全て行うわけではなく省略することもあります。

お客様への主な質問

  • メガネの使用目的(常用、運転用、手元用、コンタクトの予備等)
  • どんな時に不便を感じておられるのか
  • メガネの種類(現在どんなメガネを持っておられるか、使っておられるか)
  • 目の病気等はないか(もしあれば眼科で治療を受けておられるか、投薬があるか)
  • 視力に影響するる全身疾患の有無(糖尿病や高血圧など)
  • 予備検査

    • 現在お使いのメガネでどれくらいの視力が出ているかのチェック(メガネをお持ちでない場合は裸眼で)
    • 片目をカバー(隠す)した時の視線のズレのチェック
    • 物を顔に近づけていった時にスムーズに両目が寄っていくか、どこまで寄せることができるかのチェック

※現在お使いのメガネや、以前作ったけど合わなかったというメガネがもしあれば、ご来店の際にお持ちいただくようお願い申し上げます。


ページの先頭へ